<   2018年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

都内、某KY病院併設のコンビ二ストア・ヤマザキに
出没してるわけです。
週3ペースでリハビリする家族を待つわけです。

おかげですっかり常連気取り。
ヤマザキ=イートインスペースのぬし、気取り。

病院併設のコンビ二の席で
安いコーヒーで居座る患者の家族がやることといったら

読書!
でしょう!

読書!といったら・・
この2冊しかないでしょう!!!!



d0266590_17012680.jpeg


























というわけで、
なんべんもなんべんも同じような本のことを雄叫んで
恐縮ですが、
定期的にめぐってくる「激辛韓流映画本」熱に、
今年はこのタイミングで襲われてます。

先日、会社の同僚にも力説しまくったんですが、
(何度目かの説得の結果めでたく同僚もこの本にハマり)
ほんとうに、この、



「激辛韓流映画」っちゅう本は、、、


すばらしい。







他国に好意をもつひとも、嫌悪感をもつひとも、
どうでもいいと思ってるひとも、
映画を好きなひとも、映画なんて興味がないひとも、
文化論とかってめんどくさそうってひとも、
そういう理屈をこねるのがすきなひとも、
本読むのが苦手なひとも、純文学しか興味ないってひとも、

なんもかんもぜんぶそのままでオッケーだから、
とにかく誰にでもみんなみんなにゴリ押しの嵐。
いっぺん読んでみてほしい激熱最高書籍です。
とくに「ギンティ小林さん」の担当ページ。

これほどに、
韓国っていう場所、人、空気を
直球で感じさせてくれる本は、
ほかにそうそうないんじゃないでしょうか。
ほかに本、そんなに読んでないけど、断言してやる。

映画について紹介している文章しかないんだけど、
そこから伝わってくるのはまるごと、かの国のエキスです。
下手な文化論歴史論を読むより、よっぽど理解を深められ
る気がします。

頭はよくならないけど、
ハートは爆発させられます。さささらんへー。

これを読むと、
かの国って、、、なんて、

いいかげんなんだ
おっそろしいんだ
うっとおしいんだ
あつくるしいんだ

と、まあ、
文字化するとこういう表現になるわけですが、
これをまるっと一言、ハートで表現すると、

さささらんへーーー


そこには、
激熱な愛の激流が生まれる仕組み。

いいかげんもおそろしいもうざいもカオスも
言い換えればすべてが「愛」。
ってことになっちゃう、
このいいかげんさ!ビバ!カオス!


映画を紹介する文字を読んだだけでこうなんですもの、
ここにある映画をすべて視た日にゃあ、
愛の激流熱に溶接されて私は消滅するじゃろう。


こういうの読むと、
ある対象を好きとか嫌いとか
ある対象が良いとか悪いとか
ある対象に共感するとか拒絶するとか
ある対象が敵か味方か中立かとか、

そういうんじゃないんだなぁ。
どうでもいいんだなあ、そういうの。


って、
思わず独り言ダダ漏れですわ@デイリーヤマザキ。

やっぱり偉大だ。
ブルースリーおじさん。
Don't think. Feel...だっけか?


これ!と獲物(=対象)を心に決めたら、
あとはまっしぐら。
獲物に突進して、ズボっと頭突きくらわして、
獲物もわたしも一心同体クラックラ

ソレに尽きます。
ささささらんへ。




頭突きくらわす準備万全、
鼻息荒くしてたら、

頭突きくらわしたい我が獲物は
明日から(?)しばし、別のお仕事につかれるとのこと。

猛暑なのに、
首もとがスーカスカしちゃうような妙な、ぼっち感を
感じたりしながらも、まずは獲物には感謝しかないっす。

親分。
ここまで私を連れてきてくれてほんとありがとう。
こんな激流世界に触れる機会は
親分がいなかったら私には訪れなかった。

親分が生きている、
親分がなにより大切にしてる場所での
新しい仕事と、しばしの芸人活動の休業と。
その時間が親分にとって
かけがえのないものになりますように。

その時間、
わたしゃ、激辛本やら、
衝撃の「世界のカルト監督列伝」やらを熟読し、
珠玉のカルトゾンビ映画エログロ映画等に挑戦耽溺しつつ、
親分の再臨にそなえて激しく自習学習しときますよー。




病院内で、
「血で血を洗う壮絶映画」
「ハッタリ上等。毒々しくも鮮烈な残酷絵巻」
とかって文章をむさぼり読む自分。
ページを繰るごとに脳内にかすかにちらつく親分の影。
そして心に残る一節。




私にとって創作とは狂気と向かい合うこと。
危険な領域に深く踏み込みたい欲望を抑えられないんだ。
なんでも限界まで推し進めてみること。
でないと人生は退屈でしょう?
私は映画をつくるたび、すこしづつ変わる。
蛇が脱皮するようにね。
だから、完成した作品は他人の映画のように思えるんだ。
私の人生と経歴は、私自身の冒険記なんだよ。
       (残酷映画作家 ダリオアルジェント)







おーやーぶーん。
あんじょうおきばりやす。
元気におかえりやす。
つつがなくおかえりやす。


(↑ファン仲間の方たちが
  先日親分話題のときに放った
  おやぶんに贈るあいさつ言葉を借用w
  素敵なあいさつ。みんな万歳)



























by aloetree | 2018-07-15 17:05 | Comments(0)