<   2012年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

チャングンソク、「みなさん、一緒に歩いて行きましょう!」

元記事→スポーツ ソウルドットコム

2012/11/28 17:35

d0266590_18101483.jpg


[スポーツソウルジャパン|小川典子記者]


チャン・グンソクが、今年7月から展開しているアジアツアー
「2012 THE CRISHOW Ⅱ」の追加公演が、11月26日からさいたまスーパー
アリーナでスタートし、大盛況を収めている。

7月にソウルから始まったこの「2012 THE CRISHOW Ⅱ」は、横浜、大阪、
名古屋、福岡と日本全国を回り、中国や台湾でも開催され、総動員が約15
万人という、まさしくアジアを股に掛けた大規模なこのツアー。参加でき
なかったファンや、「もう一度、グンソクに会いたい!」という多くのフ
ァンのリクエストにより、26日のみならず、27日、29日と3日間の追加
公演が実現した。

そして、注目すべき点が、“新しい可能性を見いだすツアー”とグンソク
が位置付け、企画段階から参加し、ステージに関わるすべてを本人がプロ
デュースしていることである。

“Welcome To Magic world”と、遊園地をイメージしたセットや演出が
会場には施され、多くのファンが、開演時間を待ちわびていた。

ジェットコースターやメリーゴーランドなどが映し出されたオープニング
映像が流れた後、アリーナ席を囲むように作られた花道に、大道芸人や
ピエロが現れ、会場がまるで、おもちゃ箱をひっくり返したような雰囲気
に包まれた。

まもなく、マジシャンに扮したグンソクがメインステージにせり上がりで
登場したと同時に、バーンと花火が散り、いよいよ、1曲目の「200miles」
がスタート!アジアのプリンスが、ここに降臨した!客席を埋め尽くす、
たくさんのペンライトの波がうねりをなした。のっけからテンションが
高い観客に、グンソクもぐるりと会場を見渡す。その視線の先には、悲鳴
のような歓声が沸いていた。

最初のMCは、“チュッ!”っと、グンソクの投げキスの音から。
「今日も、うなぎのにおいがする~!」と、自身のファンの呼称である
“うなぎ”に愛情をたっぷりと注ぐ。「チャン・グンソクが、うなぎたち
のために作った“Magic World”、楽しんでください!」と、「お願い!
My Bus」などのロックテイストあふれる楽曲を続けた。

メインステージに用意されたベンチに座り、しっとりとしたバラード曲
「STAY」を歌い上げた後、「さいたま、久しぶり!」と客席に呼びかけ
る。実はこのさいたまスーパーアリーナは、昨年行われたアリーナツアー
「2011チャン・グンソクARENA TOUR THE CRI SHOW IN JAPAN 〜AL
WAYS CLOSE TO YOU〜」で最後の会場となった思い入れの深い場所。
そして同じ日である、11月26日には東京ドームで追加公演行っている。
グンソクも、自身のケータイに登録しているスケジュールを見ながら、
「1年は早いですね…」と当時を振り返った。「でも、1年経って、体力が…
と、ポロリとこぼし、会場から笑いを誘った。そして「今日も追加公演が
なかったら、今ごろ家でテレビを見ているところです」と、グンソクらし
い言葉で、感謝の気持ちを伝えていた。

東京ドームでは、金髪のカツラをかぶり王子様となってファンを楽しま
せたグンソク。「今日はマジシャンになって、みなさんをMagic Worldに
招待したかったんです!」と、今回のコンセプトにも触れながら、
「そして…月曜日に来てくれてありがとう!」とすかさずシャレが飛び出す。

雨男として知られるグンソク。ちょうどこの日も、朝から冷たい雨が。
「雨が降っているときには、これからも私のことを考えてください」と、
「Rain」を続ける。実際にステージへ雨を降らせた演出に、会場をドラマ
ティックな雰囲気へと変えた。

かと思ったら、「Crazy Crazy Crazy」などで、ワイルドさを前回にした
ナンバーをたたみかける。アーティストとしてさまざまな顔を持つグンソク
ゆえに、めくるめく変化を遂げる彼の表情に、観客たちは酔いしれていく。

その後、「Hello Hello」で、外周ステージを回った後、「広いですね~!」
と、会場の広さを実感しながら、「正直、緊張をしています…」と、おも
むろに語りかける。1か月前に中国で公演をした後、リハーサルがなかった
らしい。どんなことをしたら、自分のファンが楽しめるのかと、毎日、毎日
考えていたそうだ。そんな心の内を見せながら、「でも…ボク、カンペキ
じゃないですか?」とVサインでいたずらっぽく笑顔を振りまいた。

d0266590_18104489.jpg


先ほどから黄色い声援が飛んでいる会場には、男性ファンである“うな男”
の姿も見られ、グンソクが、客席を見て、1人、2人、3人と確認していく、
その視線の先から、野太い掛け声が寄せられる場面も見られた。

そんなたくさんの声援を一身に受けても、
「来年、『THE CRISHOW』ができるかどうかと、考えたりします…」と、
素直な心境を明かす。しかしながら、「『THE CRISHOW Ⅲ』のために、
がんばってみます!みなさん、一緒に歩いて行きましょう!」と、
会場の心をひとつにした。

グンソク自らが作詞作曲をした「In my deram」では、アコースティック
ギターの演奏を披露。ハートウォーミングなラブソングで、観客の心を
わしづかみに。

主演ドラマ「メリは外泊中」のOSTから、「I Will Promise You」では、
フレーズの合間に、会場から“チャン、グン、ソク”コールが巻き起こり、
グンソクとの一体感を楽しんだ。

そろそろ、最後の曲になった。名残りを惜しむ観客に、
「一緒に歌いましょう!」と、「一緒につくったメロディ」を披露。
客席からは、彼の芸能活動20周年を祝福する、色とりどりの紙飛行機が、
一斉に飛ばされるサプライズ企画もあり、会場が大合唱に包まれた。

アンコールでは、自身が参加するユニット“TEAM H”のBIG BROTHERが、
スペシャルゲストに登場!「GOTTA GETCHA」などアゲアゲなナンバーを
披露し、広大な会場をクラブ化させた。

ここまで、アンコールを含むのべ21曲を、さまざまな表情で表現し、
エンターテイナーぶりを十分に発揮したグンソク。現在、アルバムなどの
新しい企画が進行中のようだ。年が明けたら、良い知らせが届くそうだ。
紙飛行機に記された“We are with you”の文字通り、ファンとともに歩き
続ける、チャン・グンソクの今後が、ますます期待されるステージであった。



チャン・グンソク、アジアツアー半年の大長征終了…本当の意味は?

元記事→OSEN

2012.11.30

d0266590_18314817.jpg


アジア プリンス・俳優チャン・グンソクが計9都市、16回公演にわたった
大長征のツアー「2012チャン・グンソク アジア ツアー」を成功裏に終えた。

アジア全域を自身のペンドムで作った‘アジア プリンス’チャン・グンソク
は今年7月、大長征の序幕を開いた都市、大韓民国・ソウルを始め日本の横浜、
中国上海、台湾台北、日本の大阪、名古屋、福岡、中国・深川、そして去る
29日ツアーのフィナーレを飾った日本、埼玉公演まで毎回2時間半以上、
計9都市、16回公演、総16万 3千人の観客を動員して真のアーティストとして
新たに生まれ変わった。

韓国、ソウル。その意味のある出発
日本、埼玉スーパーアリーナ。美しいフィナーレ


昨年11月、日本歌手も立つのが難しいという夢の東京ドーム舞台まで占領した
彼が今年自身の名を連ねた公演ブランド「THE CRI SHOW」の二回目ツアーで
あり、固く確立されたCRI SHOWの新しい可能性をリリースする場所として選択
した最初の都市はまさに大韓民国・ソウルだった。

今年、日本初めての正規アルバム「Just Crazy」のタイトル曲「Crazy Crazy
Crazy」がオリコン デイリーとウィークリーチャート1位をさらって、帰ってきた
チャン・グンソクは明らかに、昨年東京ドーム公演の時からは変化していた。
2時間半以上のライブとパフォーマンス、ファンたちとコミュニケーションする
会話で豊かに満たされた初めてのソウル公演で、彼は俳優でない歌手として、
クォリティーある公演を導いてアーティストとして新たに生まれ変わった。

ソウルで光った「可能性」は、最後の地・埼玉で「確信」に変わった。
昨日(29日)埼玉フィナーレ公演では、3時間以上オールライブ、完ぺきなパフォー
マンスでアーティストとして、一層成長した姿を見せた、チャン・グンソクが
ファンたちと感動の共鳴、ファンたちと共に「最高の最後の公演」をつくりあげた。

約3時間の公演「オールライブ+パフォーマンス+トーク」まで完璧に消化

2012・アジア ツアーで最も注目すべき点は、彼が約3時間のランニングタイム
を19曲以上の歌とパフォーマンス、そして才覚と率直さを織り交ぜた話術で多
彩に満たして観客を大満足させたという点。

彼は別名 "ブラックストーン"と称する致命的でありながらラフなコンセプトの
ロック、ダンスの舞台から 、"ホワイトストーン"の甘いコンセプトのロックバラ
ードと、真正性がにじみでる、自作曲の舞台まで、自身の歌だけで公演をいっぱ
いつらかった。
広い舞台を縦横無尽に、ファンに近付くことはもちろん、約3時間の長い公演を
オールライブで完璧に消化し、9つの都市の様々な観客にカタルシスをプレゼン
トした。

映像、舞台デザイン、セルフ プロデュース..
歌手&公演プランナー二匹のウサギ捉えた


2010年アジアツアーから2011年東京ドーム公演までセルフ プロデュースして
きたチャン・グンソク。
もう名実共に一つの公演ブランドとして地位を獲得した‘2012チャン・グンソク
アジア ツアー’の公演プランナーとして、彼は俳優と歌手以外にも、絶えず新し
い挑戦をしたし、いよいよツアーのファイナル舞台まで盛況裡に終えて、二兎の
ウサギを両方とも得た。二匹のウサギをみな捉えた。

特に今回のツアーは映像、舞台デザインはもちろん、ファンたちと一つになって
ファンたちが喜ぶことをを生かすために、すみずみまで彼の手が行き届いていな
い部分はなかったほど。同じレパートリーでありながらも、一方変わった構成と
アイディアを加味して、いつも新しい公演を誕生させたし、これには、ファンは
もちろんスタッフにも感動を与えた。

チャン・グンソクがプランナーになって導く今年ツアーは、昨年のアジア ツアー
と同じく、CRI SHOW というブランド ネームだが、前回とはは全く違っていた。

公演の初めから最後まで、ストーリーと映像が完璧に構成されている中で、歌と
ストーリーが交差するミュージカル仕立てで構成し、チャン・グンソクだけが
見せることができる公演のケージが開かれたことを確信させた。

フィナーレ舞台を終えたチャン・グンソクは
“半年の間応援の心を送ってくださった観客の方々に心より感謝の言葉を伝え
たい。 残念な気もするが、終わりでなく、また新しいスタートだと思う。いつ
も挑戦という言葉を好む。 失敗することも、成功することもあるだろうが、
私のエネルギーが尽きない限り、絶え間なく、挑戦と情熱を燃やすだろう。
今後の姿もたくさん見守ってくださるように、応援をお願いする”
とツアー
を終了した所感を伝えた。




アジアを飲み込んだ 、アジアプリンス・チャン·グンソクが
計9都市、16回公演にわたった大長征のツアー
「2012チャングンソクアジアツアー 'THE CRI SHOW 2」を成功裡に終える。


d0266590_18373886.jpg


アジア全域に自分のファン層をひろげた、 "アジアプリンス 'チャン·グンソクは
今年7月に大長征の幕を開いた都市、大韓民国ソウルを皮切りに、日本の横浜、
中国の上海、台湾の台北、大阪、名古屋、福岡、中国深川、29日(木)にツアー
のフィナーレを飾っ​​た日本の埼玉公演まで、毎回2時間半以上、合計9つの都市、
16回公演、計16万3千人の観客を動員して、真のアーティストとして生まれ
変わった。

今年の日本初の正規アルバム "Just Crazy"のタイトル曲 "Crazy Crazy Crazy"
がオリコンデイリーとウィークリーチャート1位を席巻して帰ってきたチャン·
グンソクは明らかに昨年の東京ドーム公演の時とはまた違った姿で観客を魅了した。
2時間半以上のライブとパフォーマンス、ファンたちと交流するコミュニケーション
で豊かに満たされた、初めてのソウル公演で、彼は俳優ではなく歌手としてクオリ
ティの高い公演を繰り広げた。

ソウルで輝いた可能性は最後の埼玉から確信に変わった。
昨日(29日)埼玉フィナーレ公演では、3時間以上来ライブ、完全なパフォーマ
ンスでアーティストとして一層成長した姿を見せてくれたチャン·グンソクがファン
と感動の共鳴でファンと一緒に最高の最後の公演をとかした。

特に、彼が全く予想できなかったファンたちのサプライズ、デビュー20周年
イベントと、会場外で行われたサプライズ20周年記念大型飛行船イベントの
様子は、チャン·グンソクと観客の両方を泣いて笑わせたという。
チャン·グンソクとファンが一緒に作った感動のフィナーレ公演は、次のツアー
への確信を残し、約半年間、進行された大長征ツアーの美しい終わりを結んだ。




記事たくさん。
印象的だったものだけ抜粋。
by aloetree | 2012-11-30 18:42 | 記事/ CRI & ZZ | Comments(0)
"ロックスピリット、見せてあげる" チャン·グンソク、初アルバム国内発売

元記事→ディスパッチ

2012.11.28

d0266590_13272290.jpg


チャン·グンソクが初の正規アルバムを国内で披露する。


チャン·グンソクは28日、 "ジャストクレイジー(Just Crazy)"を発売した。
このアルバムは去る5月、日本で発売した初めての正規アルバム。 日本では
オリコンデイリー·ウィークリーチャート1位を記録するなど、多くの愛を
受けたアルバムだ。


チャン·グンソクの多様な魅力を詰め込んだのが特徴だ。
タイトル曲 "クレイジークレイジークレイジー(Crazy Crazy Crazy)"は、
導入部夢幻的な感じで始めてラフロックな感じで変わるコンセプト。
チャン·グンソクの水準級ボーカル実力を鑑賞することができる。


最初の自作曲も収録された。
チャン·グンソクは "インマイドリーム(In my dream)"を使って作詞·作曲の
実力を誇った。 この歌はKBS-2TV '愛の雨'で一緒に演技呼吸を合わせた
'少女時代'のユナを見て書いた曲で甘美なメロディーが印象的だ。


実力派スタッフたちとの共同作業でクオリティを高めた。
今回のアルバムには 'チュノ'、 'メリーは外泊中 "のチェ·チョロ監督、
ギムジョン、チョン·ソヒョンイルPDなどが一緒に作業した。
また、スタッフとのセッションも国内メンバーで構成され、国内ファン
たちの期待感を催した。


チャン·グンソク側は
"今回のアルバムでチャン·グンソクだけの熱狂的でセクシーな魅力を垣間
見ることができる"とし、
"アルバム名の"ジャストクレイジー "からすべての仕事に狂ったように
のめり込んで熱狂するという意味を込めている。チャン·グンソクの歌唱力
と感性を鑑賞することができる"と伝えた。


チャン・グンソク、アジアツアーがあす埼玉でフィナーレ

元記事

2012年11月28日

d0266590_1317132.jpg

d0266590_13172778.jpg


チャン・グンソクが6カ月間続けてきた
「2012チャン・グンソク アジアツアー‘THE CRI SHOW2’」を終える
感想を語った。

チャン・グンソクは来る29日、日本・埼玉で行なわれる3度目の公演で、
「THE CRI SHOW2」のフィナーレを迎える。今年7月から始まった今回の
公演は、全9都市で16回公演を行ない、チャン・グンソクのパワーを見せ
つけた。

チャン・グンソクは、
「もう長かったツアーも最後に向かっている。ファンとより共感すること
ができた」と伝えた。

彼は、
「最後まで良い結実を結ぶことができるように思う。最後の公演も情熱を
傾けて歌をうたうつもりなので、たくさんの声援を寄せてほしい」と伝えた。

フィナーレを飾る埼玉の全3回の公演のうち、26、27日の2日間にわたって
行なわれた2回の公演には、それぞれ1万5000人、計3万人の観客が集まった。
来る29日の最後の公演には、約1万8000人の観客が集まる予定で、3回公演
で計4万8000人の観客を動員することが予想されている。
26、27日にさいたまスーパーアリーナで行なわれた公演には、平日の月、
火曜日の夜の時間にも関わらず、視野が制限される席まで3万人の観客が
座席を埋めた。特にチャン・グンソクは最後の都市でのフィナーレを控え、
アンコールステージで来年発売予定のプロジェクトチーム・Team-Hのアル
バムの未発表曲2曲を電撃公開し、ファンを熱狂させた。

この他にもチャン・グンソクは最後のさいたま公演で、新曲公開はもちろん、
これまでの横浜、大阪、名古屋、福岡公演のビハインド映像、追加された
華やかな衣装、さまざまなステージでフィナーレ公演にふさわしい幻想的な
パフォーマンスを披露している。

チャングンソク。アジアツアー「直接企画した公演。成長しました」
フィナーレをひかえた「CriShow2」自分もたくさん成長しました
チャングンソク。日本公演で新曲をサプライズ公開。ファン3万人熱狂
チャングンソク。6ヶ月の大公演。最後まで情熱そそぐ
チャングンソク。アジアツアー。フィナーレまでのこり1日
チャン·グンソク9ヶ都市、アジアツアー大長征にピリオドうつ

@ponycanyonKR
ponycanyonKR:アジアのプリンス チャン・グンソクの初の正規アルバム
[JUST CRAZY]がついに(韓国内)発売!Let me cry に続き、オリコンウィー
クリーデイリー1位を獲得したアルバム!



グンソク氏
おめでとう。。。
by aloetree | 2012-11-28 13:30 | 記事/ 歌手 | Comments(0)

Light will guide you …

ロック魂あふれるひとへ

おじいちゃんになっても

永遠に

あふれるくらい
感じつづけていてね

そして、しあわせに^^

d0266590_1325444.jpg

画像。twitterよりお借りしました


emimusic様@youtubeよりお借りしました

When you try your best but you don't succeed
When you get what you want but not what you need
When you feel so tired but you can't sleep
Stuck in reverse
When the tears come streaming down your face
When you lose something you can't replace
When you love someone but it goes to waste
Could it be worse?
Lights will guide you home
And ignite your bones
And I will try to fix you

High up above or down below
When you're too in love to let it go
If you never try you'll never know
Just what you're worth
Lights will guide you home
And ignite your bones
And I will try to fix you

Tears stream down your face
When you lose something you cannot replace
Tears stream down your face
And I
Tears stream down your face
I promise you I will learn from all my mistake
Tears stream down your face
And I
Lights will guide you home
And ignite your bones
And I will try to fix you

頑張ってるのに上手く行かない
本当に欲しいものだけが手に入らない
疲れているのに眠れない
そんな時は
人生に行き詰ってるように感じてしまう
悲しくて涙が止まらない時
かけがえのないものを失くした時
好きになったのに,それが報われない時
そんな時も
どん底にいるような気がするけど
それでもそこに必ず「救い」はある
それさえ見失わなければ
灯りをたどって,家に帰れるように
また元気になって,歩き出すことができる
だから心配いらないよ
その「灯り」になって支えてあげるから 

誰かを好きになって,その人のことがいつも気にかかると
ちょっとしたことで有頂天になったり,どん底に落ち込んだりする
だけど,結果を恐れて自分を出すのをためらってたら
自分の値打ちなんてわからない
たとえどんな結果になったとしても
そこに必ず「救い」はあって
それさえ見失わなければ
灯りをたどって,家に帰るように
また元気になって,歩き出すことができる
だから心配いらないよ
その「灯り」になって支えてあげるから

涙が止まらないよね
かけがえのない大切なものを失った時は
泣くことしか出来ないよね
そんな時は
でも約束するよ 今度はもう同じ失敗はしない
どうしても涙が止まらない
そんな時でも
そこに必ず「救い」はある
それさえ見失わなければ
灯りをたどって,家に帰れるように
また元気になって,歩き出すことができる
だから心配いらないよ
今度はその「灯り」になってきっと支えてあげるから

「Cold Play - Fix You -」


d0266590_133513.jpg

映画「人生に乾杯!」より








あ。
心配は不要ですね。
この方ならば。自家発電あかあかと。

この方☟

d0266590_1545296.jpg

by aloetree | 2012-11-28 13:06 | あれこれ | Comments(4)
あの子は同じ演劇をやるものにとっては驚異よ。
若い内はその才能故にねたまれ、舞台からはじき出されて、
木枯らしの中を歩くことになるでしょう。
でもね、、、 (ちょっと省略)

やがて世間があの子を認めない訳には行かなくなるわ。
大衆があの子を望むようになる。
あの子が、何よりも大きな大衆の力で支えられる日が来る。
きっと来る          by 月影千草



ひやぁぁぁ
つきかげせんせい〜!

ガッコイイ??



あの子???

チャングンソクのこと?


笑笑笑




・・・・不毛だ。
しごとしなきゃ。



d0266590_12504236.jpg

d0266590_12505523.jpg

by aloetree | 2012-11-27 12:52 | 雑記ちょこちょこ | Comments(2)

うまれつきのかたちで。

d0266590_15234625.jpg

d0266590_15241290.jpg

d0266590_152322100.jpg

d0266590_15332513.jpg


人間というのは、
生まれつきのかたちで、
生きているのがいちばん美しいんだ

〜「愛する言葉」岡本太郎〜




2012年
埼玉のラストライブ。
みんなの記憶に永遠に残るものとなりますように。
たのしみにしています






画像twitterよりお借りしました
by aloetree | 2012-11-25 20:00 | あれこれ | Comments(4)
きのうは、たくさんの日本のブログをやってらっしゃる方々の
20周年お祝い企画を読ませていただいて、感動しました〜。

20周年記念かあ
たのしそうだからなにかやってみたいけど、
でも、拝見してるだけで大満足させてもらって、シアワセだす。


同じような設定場面の、役柄ごとの表情をくらべてみたいな、と
ずっと思ってるんですが、

こんなすてきな動画が??

ああーー
だれか、、、
ラブレインまでもふくめて、つくってくれないだろうか(どこまでも他人任せ…)

미남이시네요 근석의아역부터미남까지 by쩐자


ipllitaa様@youtubeよりお借りしました
by aloetree | 2012-11-24 16:23 | 動画/Fan Made | Comments(0)
d0266590_22223172.jpg

d0266590_2223251.jpg

d0266590_22233219.jpg

d0266590_22234983.jpg

d0266590_22242370.png

d0266590_22245562.jpg

d0266590_222527100.jpg

d0266590_22272918.jpg

d0266590_22273050.jpg

d0266590_22274483.jpg

d0266590_2229369.jpg

d0266590_22302536.jpg

d0266590_22304094.jpg

d0266590_22325011.jpg

d0266590_2231121.jpg

d0266590_22312561.jpg

d0266590_22314384.jpg

d0266590_2232815.jpg



d0266590_22343381.jpg

d0266590_22345174.jpg

d0266590_22353264.jpg

d0266590_2236346.jpg

d0266590_22361449.jpg

d0266590_22362988.jpg

d0266590_22384621.jpg

d0266590_22391351.jpg

d0266590_22392645.jpg

d0266590_22394212.jpg

d0266590_15215168.jpg

d0266590_2240094.jpg

d0266590_2240183.jpg


d0266590_2237861.jpg

d0266590_2237246.jpg

d0266590_2238467.jpg

d0266590_15211777.jpg

d0266590_15213718.jpg

d0266590_22322983.jpg

d0266590_22381564.jpg



いる。
絶対いる。


…生まれ変われるもんなら、

ゴン様?

ゴン様の表情みると、
ソギのコンディションが
伺いしれるような。

応援したくなるな〜




画像はweibo,グンゲル,twitterよりお借りしました
by aloetree | 2012-11-23 22:28 | PIC/その他 | Comments(0)

JKSは、、ウナギの親分。

寝る前のひととき。には、この写真。
あのフランス滞在でのベストショット。個人的に。


このフランスうなぎさん(本当にウナギなのか真偽のほどは知らない…)
いいわ〜〜〜。親分よか全然「直進!」精神でてるわ〜。
んで、なぜか、普段のカメラ目線のときよか、
ウナギの親分、普通の成人男性=男っぽく見えるのは、私だけ?


d0266590_1501986.jpg


フランスのウナギ+ウナギの親分 from twitterより


いろんなウナギがいて、
とりまとめる親分も大変かもしれないが、

いろんなウナギがいるから、
多様なあじわい、おもしろみもあるというもの。

悪意があったり、
ウソついたり、
人を不要にまきこんだり、
卑怯なことはいやだけど、

ある程度までは、
あれもこれも、
あーだこーだも、
いっさいがっさい、
全部ひっくるめて

清濁混合ウナギ連合で突っ走っちゃえ、、、

韓国ウナギさんの成熟はすばらしいくて安心できてすきだし、
中国ウナギさんのつきぬけた熱烈旋風かげんはおもしろいし、
台湾ウナギさん、
タイウナギさん、、、

まだまだこれから、
それぞれのお国がらをしょって、どんどん広がるのだよな。

そんで、

日本ウナギさんのまだ歴史が浅いがゆえに、
「あ〜れ〜。ぐるぐるぐるぐる」と時にさすらいつつも、
いっしょうけんめいに、親分だいすき!な乙女な感じ、ほんとにすきだ。。。

ぜーーんぶ、がっちりうけとめて、とりまとめられたら、、、

ワールドプリンスになるよか、
でっかいひとになっちゃえるでしょよ。JKS☆GOGO~。
by aloetree | 2012-11-21 02:05 | あれこれ | Comments(2)
記事元→ロッテマガジン

2012年10−11月号


アジア プリンスのパワー「チャン・グンソク」


今年デビュー20周年をむかえたチャン・グンソクの誕生日である
9月26日前後で、彼と彼のファンたちは独特の方式で20周年を記念した。

驚異的な記録を使っているアジア ツアーまで、彼の二十六年ハイライトは
今が瞬間だ。

d0266590_1362158.jpg



「今年は昨年とまた違いますね。 昨年ツアーが新しい挑戦だったら、
 今年は可能性をのぞいたアジア ツアーでした。
 いつも私と共にする強固なスタッフと常にそばで応援して見守るファンたちが
 いて、より一層最善を尽くしています。
 次の公演に向かって一歩一歩進んでいるうちに、いつのまにか多くの人が旅仲間
 になっているようです。
 何よりそのような旅仲間に感謝申し上げます」



すでに20年、チャン・グンソク

'アジア プリンス'チャン・グンソク。

彼はこの頃、'2012チャン・グンソク アジア ツアー-The Cri ShowⅡ'の派手な
フィナーレに向かって走っている。

去る7月7日アジア ツアーの序幕を開く記念的な初めての公演をソウルからはじめ、
横浜、上海、タイペイ、大阪、名古屋、福岡。そして去る10月27日開かれた中国、
深セン公演まで8都市、13回公演を成功裏に終えた。

今後11月26,27,29日日本、埼玉3回公演を残すのみだが、これまでに、10万人を
軽く越えるものすごい観客を動員して驚異的な記録を描いている、ということ。

チャン・グンソクは毎回約2時間30分の公演を全部ライブで消化しており、セクシー
ということから、可愛い、カリスマ、など、その内に内在した多様な魅力を絶えず
発散するのはもちろん、特有の才覚がある話し方とセンスで老練に大長征のツアーを
導いていっている。


彼にとっては、どんな旅仲間より強固な存在が「ファンたち」ではないかと思う。

今年で彼はデビュー20周年をむかえた。
それで今年はチャン・グンソクとファンたちにとって、いつも以上意味のある年でも
ある。 これを記念するためにチャン・グンソクの公式ファンクラブ クリジェイ会員
たちはソウル地下鉄5号線車両1台、8両で構成されたすべての広告看板に彼のデビュー
20周年記念広告をのせた、チャン・グンソク列車を準備した。

この他にも、彼が受け入れた「愛するということをシェアしていこう」と集まった
ファンたちが'チャン・グンソク デビュー20周年記念資源奉仕団'を作って、一度だけ
の奉仕に終わらない、粘り強い奉仕活動を続けていて、南山(ナムサン)院に、
9月26日チャン・グンソクの誕生日を迎えて926万ウォンを募金・寄付し、成熟した
ファン文化を定着するのに先立っている。

韓国ファンたちのイベントに中華圏ファンたちも参加した。
中華圏ファン連合がチャン・グンソク デビュー20周年を記念して明洞駅と弘大入口
駅、漢陽大駅地下鉄スクリーンドアに広告を出したのだ。

このようなファンたちの愛を、ただ見守ってばかりいるチャン・グンソクでない。
ファンたちの贈り物に感動を受けた彼は、地下鉄認証写真を公開したし、926万ウォン
を寄付したファンたちの誠意に感謝して、別に926万ウォンを南山(ナムサン)院に
寄付した。

このように家族のように祝うファンたちのおかげで彼のデビュー20周年はより一層
意味深い時間で位置づけたし、そのようなファンたちの愛を、その誰より推し量る
チャン・グンソクのおかげで彼らが生きる世の中はより一層光るとみられる。

休むことなく走り抜けた、デビュー後20年の時間、
彼のまた次の10年は、どんなふうに繰り広げられるのか、今後がより一層期待を集める。


d0266590_137115.jpg

by aloetree | 2012-11-21 01:37 | 記事/ できごと | Comments(0)
秋だから???

むしょうに、うたが頭に浮かんできて
ぐるぐるぐるぐる

グンソク氏
Fly Fly High as you are〜♫

で跳んでけ飛んでけでけでけでん♪



「このうた」がリフレイン。


d0266590_1123454.jpg


傷ついたともだちさえ
置き去りにできるソルジャー
あなたの苦しさを私だけに
伝えていってほしい

忘れない  自分のためだけに
生きられなかったさみしいひと

わたしがあなたと知り合えたことを
わたしがあなたを愛してたことを
死ぬまで死ぬまで誇りにしたいから

冷たい夢に乗り込んで
宇宙(オオゾラ)に消えるヴォイジャー
いつでも人々を変えるものに
人々はきづかない

行く先はどれくらい遠いの
もう2度と戻れないの

わたしがあなたと知り合えたことを
わたしがあなたを愛してたことを
死ぬまで死ぬまで誇りにしたいから

わたしがあなたと知り合えたことを
わたしがあなたを愛してたことを
死ぬまで死ぬまで誇りにしたいから



あ。グンソクくんの夢は
ふうわりあったかくて、おおきくみんなをつつみこむ、夢だね。
ふかくてやさしい声につつまれるしあわせ。



d0266590_11244583.jpg




・・・そして、松任谷由実は天才


写真、twitterよりお借りしました。
by aloetree | 2012-11-20 11:05 | あれこれ | Comments(2)

JKSさん酔狂。


by aloetree