<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

コラム「韓国人がぶっちゃける、made in KOREA第13回」
2012年1月27日


シャッフルダンスの伝道師チャン・グンソク。
  国民的笑われ者を超え、最高の韓流スターへ


d0266590_1175315.jpg




"中2病の笑われ者"

多数の人気ドラマに出演し、
幼いころから知名度も抜群だったにもかかわらず、
チャングンソクという俳優に対する韓国人のイメージはひどいものでした。

「日本で"第2のヨン様"と言われるほど人気がある」
という話を聞いたときには、
本当に多くの国民が首をかしげたものです。

近年、芸能人もSNSやブログを運営することが増え、
大衆との距離が縮まりつつある時代。

しかし、
イメージが先行する芸能人の場合、
うっかりするとネタにされ笑われ者になってしまうものです。

韓国では、その標的として一番有名だったのが、
ほかでもないチャン・グンソクでした。

彼の書く日記は笑いのネタとして広まり、
彼がどれだけ演技を頑張っても、
根拠のない酷評を浴びせる人がほとんど。

一度ついてしまったイメージは恐ろしく、
日本での成功が報道されても韓国人は半信半疑でした。

そんな中、
日本の“グンちゃんブーム”にのって、
チャン・グンソクは韓国のトーク番組へゲストとして招待されました。

MCをたじろがせるほどのハイテンション。
衝撃的なシャッフルダンス。
見ている人がスカッするほど正直なコメント。

自信たっぷりな風貌の中でも失わない謙虚さと礼儀正しさ。

同番組への出演は、
彼の人生のターニングポイントとなり、
これまで彼を批判してきた人々への強力なアッパーカットでした。

放送直後、
彼に対する評価はガラリと変わり、

「チャン・グンソクって、あんな人だったんだ」
と騒然となったものです。

今までどれほど大勢の人が、
他人のことを知らずに批判してきたのかうかがえるコメントでした。

彼がネットに書いて話題となった、
真面目ともジョークとも取りがたい、
滑けいなコメントは、単なる格好つけではなく、

「誰よりも正直で芸能人らしからぬ生き方」
から生まれたものだった、

ということが大衆に伝わったのです。

d0266590_119466.jpg



それまでは、
評判の良かったドラマ「美男ですね」、
話題を呼んだ秀作ドラマ「ベートーベンウィルス」でも
批判されてきたチャン・グンソク。

しかし、
昨秋に公開された映画「きみはペット」では、
誰ひとりとして文句をつける人はありませんでした。

それどころか、
「チャン・グンソクが本当にかわいかった」
「チャン・グンソク以外に考えられない配役」
と絶賛する人が多かったくらいです。

放送開始が決定した
ドラマ「ラブレイン」への期待も大きいようで、
相手役の「少女時代」ユナをうらやむ女性も少なくありません。

彼自身は何ひとつ変わっていないのに、
イメージひとつでこんなに評価が変わるものなのかと驚くばかりです。

同じ韓国人として感じることですが、
韓国のネットユーザーも
本当の価値観を見つけ出せるような
温かく聡明な文化を育てていきたいものです。

しかし、
日本で有名になって、
初めて本当の価値を理解してもらえたという事実は、
おめでたい反面悲しいことでもあるのではないでしょうか。

「イメージがよくない分、
 演技力で認めさせてやろうと思った」

というチャン・グンソクの言葉通り、
誰よりも真剣に演技に取り組んできただけあり、
若いのにもかかわわらず高い演技力を持っています。

トーク番組で見せたシャッフルダンスでイメージを一新した彼が、
今後韓国でどのような快進撃を見せてくれるのか期待の1年です。
by aloetree | 2012-01-27 11:10 | 韓国BLOG | Comments(0)
by aloetree | 2012-01-18 15:43 | 記事/ 映画
まったく脈絡ないけど
この記事めっちゃおもしろかったから
もらってきちゃったwww


*****

「きみはペット」スペシャルポスターを公開…
チャングンソク、ペットの中でも“抜群にキュート”



元記事
2012年01月15日

映画「きみはペット」の“ペット販売”
スペシャルポスターが公開され、
注目を浴びている。

d0266590_16492664.jpg


外見や能力などすべての条件を備えているが、
恋愛だけは下手なチウニ(キムハヌル)。
彼女の前に現れた得体の知れないカンイノ(チャングンソク)。
自ら“ペット”になるという彼と
絶対権力を持つ御主人様になったウニが展開する
ラブストーリーを描いた「きみはペット」が、
マスコミ向け試写会で公開され大きな反響を得た。

今回公開されたポスターは、
御主人様を待っているペットの販売広告がコンセプトとなり、

可愛い犬や猫の写真に
囲まれたチャングンソクはよりキュートに見える。
彼は本当のペットの中にいても
全く違和感がないほどポスターに溶け込んでいて、視線を引き付けた。

このポスターの魅力はそれだけではない。

インターネットを通じて募集した
全国のペット写真の中から選んで製作されたポスターは、

ペットの名前と共に
「両足で立つことができます!」
「歩き方が優雅です」

といった
ペットの特徴や性格まで書かれており、
飼い主のペットへの愛情が見える。




*****


「彼は本当のペットの中にいても
 全く違和感がないほどポスターに溶け込んでいて」

ってwwwwwww



ちなみに、

「ペットの特徴や性格」


モモの場合は、
モモ ♂ スキさえあらばご主人様のベッドを狙う!!"www
by aloetree | 2012-01-16 17:26 | 記事/ 映画
「きみはペット」キム・ハヌル
 「関節技をかける時、正気ではなかった」


TVREPORT
2012年01月15日16時48分

d0266590_15411076.jpg


ラブコメディの女王、キム・ハヌルが、
映画「きみはペット」で、
もう一度ラブコメブームを巻き起こしそうだ。

映画「ブラインド」で、
デビュー以来初の主演女優賞を
第48回大鍾賞映画祭で受賞した彼女は、
暗くて閉鎖的だった「ブラインド」から、
顔・スタイル・能力の三拍子が揃っているものの
恋愛だけは苦手な「きみはペット」のジ・ウニとなった。
同じようで違う、また違うようで同じウニとキム・ハヌル。
その組み合わせがかなり面白い。


「ウニと私は一心同体」

“プラチナ・ミス”と呼ばれるバリバリ働くキャリアウーマン。
仕事でも認められる完璧な女性に見えるが、家ではとことんルーズなウニ。
そんなウニは何だかキム・ハヌルに似ている。
1978年生まれ。女優でなくともある程度の成功を収めそうな完璧さ。
女優歴15年のキム・ハヌルの出演作を見てもウニに似たような感じがする。
そんな予感は当たっていた。彼女はウニに見事にハマっていた。

キム・ハヌル:
ウニは私にすごく似ていました。
撮影しながらも“私と同じだ”と感じることが多かったです。
私は普段、作品に出演する際、
監督が創造したキャラクターに完全に感情移入して演じるタイプです。
これまではキャラクターの中で悩み、
そのキャラクターに近づこうと努力するのですが、
ウニの場合はほとんど、私、キム・ハヌルそのものでした。
他人から見るイメージ、仕事における悩み、
自分だけの空間にいる時のイメージがかなり似ていました。


そのためだろうか。
どんなシーンでもウニは本物の彼女のようだった、
演技が演技に見えないほどに。
ペットのカン・イノ(チャン・グンソク)とのツーショットではさらにそうだった。
特に、イノに関節技をかけるシーンや、
仕事のストレスを解消するためイノをいじめるウニの姿は、
女性観客を大きく笑わせた。

キム・ハヌル:
関節技をかける時、
私はほぼ正気ではありませんでした(笑)
現場で教えてもらって、
私が直接グンソクさんに技をかけたんですけど、本当に面白くて。
痛くなさそうな姿勢だったのに
本当に痛がるグンソクさんが笑えてしまって、面白かったです。
一人で顔を赤くして大きな声でゲラゲラと笑いました。
それから、髪の毛をゴシゴシ強く洗うシーンは
グンソクさんの要望でそうなりました。
面白くするためにもっと強くして欲しいと言われたので、
本当に強く洗いました。



「ラブコメディに戻る?ふるさとに戻ったわけではない」

ホラー映画「ブラインド」で目の不自由なキャラクター、
スアを演じた彼女は、その次の作品に「きみはペット」を選んだ。
彼女が「きみはペット」に出演すると言った時、
マスコミでは「キム・ハヌルがふるさとに戻った」と表現した。
それは彼女の出演作に数多くのラブコメディが並んでいるからであろう。
しかし彼女は淡々としていた。
楽そうな姿も、慣れているような姿も、
同じような役をやったことがあるからそう見えるのではなく、
ただそういった演技の一部分であるだけだった。

キム・ハヌル:
私には私の考えがあって、私の中で自由に考えている人間です。
作品や未来に対して限界を決めたり線を引いたりしない女優なんです。
できるだけシンプルな人生を生きるように、演技をする時もそうです。
私は作品に大きく影響される方なので、
『ブラインド』を撮影する時は本当に辛くて大変でした。
撮影の後半にライトで柔らかい『きみはペット』に出会い、
“早くそちらに行きたい”と思ったんです。
俳優は作品を通じて一皮むけ、成長していくと思います。



実はキム・ハヌルは
「きみはペット」の出演を6年前にも誘われたという。
ただし、6年前に読んだストーリーと
今回出演を決めた1年前に読んだストーリーの印象は異なっていた。
前作に暗い映画を撮った彼女は明るい映画を撮りたかった。
フワフワな恋愛ストーリーに心を奪われた。
だから彼女はペットとの戦い、あるいは愛を宣言し、
「きみはペット」に飛び込んだ。

キム・ハヌル:
作品の第一印象は“これってありえる?”でした。
原作の漫画は読まず、
どんな感じなのかを参考にするためにTVドラマだけ少し観ました。
実はこの映画はかなり前から企画が進められていましたが、
6年前とは全く違う印象です。
その時のコンディションや印象によって作品を選択する基準が変わります。


それならば次期作もラブコメディを選ぶのか?
という質問の答えは予想外のものだった。

キム・ハヌル:
次期作ですか?多分ラブコメディではないと思います。
きっと新しい何かがあるでしょう、どこかに。

by aloetree | 2012-01-12 15:36 | キムハヌル