<   2011年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

チャン·グンソク、学生のカウンセラーに変身"悩み分かち合おう"

元記事

2009.02.13

俳優チャン·グンソクが、教育科学技術部主催で行われるWee project
(学生の安全統合システム)のカウンセラーとして委嘱され、学生との交流に
乗り出す。

去る12日、忠清南道天安市教育庁で開かれたWee Centerの開所式で、チャン·
グンソクはアン·ビョンマン教育科学技術部長官から委託を受けた。チャン·グ
ンソクがカウンセラーとして委嘱されたWee Projectの"Wee"は、"We(私た
ち)+ Emotion(感情)"のイニシャルから作られたもので、最近の金融危機
と実体経済の萎縮により失業、家族解体などに悩む、貧困層の生徒のための
プログラムである。

チャン·グンソクは
「学生たちのためになにかをすることができるなら、うれしい。アドバイスを
 する、というより、学生たちの話をきいて、僕自身の体験や悩みと、学生
 たちの悩みを共有し、共感することがより重要だと思う」

と話した。



d0266590_18262289.jpg




*****

親分がかうんせらあ。。。
想像すると、スリル満点な気もするけど、

いいなあ。いいなあ。

こんな機会があったなら、
どんなに挙動不審でもいいから、学生のふりして、
夢の相談にがっつり乗ってもらいたかった。。。

凡人の私には、
予測不能なアドバイスしてほしかった。。。。笑。
by aloetree | 2011-09-21 00:24 | 記事/ できごと | Comments(0)
大学生に戻ったチャン・グンソク
'甘い休暇'日本・ヨーロッパなど旅行して見聞広げる



スポーツ韓国

俳優チャン・グンソクが
俳優でなく平凡な大学生に戻って甘い休暇を楽しむ。

d0266590_0263697.jpg


チャン・グンソクは
SBSドラマ<美男ですね>放映終了後
1ヶ月間、国内外を旅行して一年を整理する計画だ。

チャン・グンソクの所属会社関係者は
“チャン・グンソクは大学に入学した後
 まともにキャンパスのロマンを楽しんだことがない。
 MTやバックパック旅行も行くことができなかった。
 チャン・グンソクは俳優ではなく、
 平凡な大学生の姿で日本とヨーロッパなどを旅行して
 見聞を広げるだろう”と明らかにした。

チャン・グンソクは
KBS <快刀ホン・ギルドン>
MBC <ベートーベン ウイルス>
映画<イテウォン殺人事件>等着実に作品活動をして大衆に出会ってきた。

大学入学後熱心に授業を受けるものの
まともにキャンパスのロマンは楽しむことができなかった。
所属会社側はチャン・グンソクが次期作を決める前に、
大学生として多くのことを経験できるように配慮することとなった。

チャン・グンソクは<美男ですね>撮影中、
落ちた体力を回復した後、特別休暇を受けて旅行に出る。

この関係者は
“1ヶ月以上程度旅行をする計画だ。
 国内旅行と海外バックパック旅行、
 ヨーロッパ圏国家の文化探訪など多くのことを計画している。
 広い世界を見ることが演技にも役に立つことだと考える”と話した。


チャン・グンソクは
<美男ですね>でファンテギョン役を担って視聴者の大きな愛を受けた。
by aloetree | 2011-09-16 00:22 | 記事/ できごと | Comments(0)
2009年過去記事に、
追記。。。




HiSeoul様。ありがとうございます。



元記事

2009年11月

チャン・グンソクがソウル市大学生UCC公募展で受賞した事実が、
少し遅れて明らかになり話題になっている。

d0266590_18585893.jpg


「美男-イケメン-ですね」で天才的な音楽性を持ったアイドル グループ
A.N.Jellのリーダーを熱演しているチャン・グンソクは、去る13日ソウ
ル市主催の'2009 Click your Dream全国大学生動画コンテンツ公募展'
において受賞した。

チャン・グンソクは漢陽(ハンヤン)大学校映画演出と先輩らと共に、
'TEAM_H'というチームを作って、
'2009 Click your Dream全国大学生動画コンテンツ公募展'に、
ソウルを背景にソウルの見所と食べ物、カテゴリー、などを含んだ、
ソウルに対する話を4分間の動画として製作して出品した。

ただし、チャン・グンソクはネチズン達の動画照会数が審査の妨げに
なる恐れから、公正な審査の為に作品提出当時、自身の名前を隠した
まま、漢陽大在学生として、自身のニックネームで公募展に参加した。

受賞の便りが伝えられた後で、初めて自身の名前を明らかにした。

TEAM_Hは去る13日授賞式に参加したが、
チャン・グンソクはドラマ撮影で授賞式には参加する事ができなかった。

チャン・グンソクは、

「賞を目標にUCC用に、
 製作して公募展に出品したのだが、
 本当に賞を受けるとは思わなかった。

 これまでも、
 学校の先輩達の映画製作スタッフとして参加してきたが、
 私が直接一肌脱いだのは今回が初めてです。
 学校で受けた授業を土台に習った事が
 UCC製作に大いに役に立ちました」


と所感を伝えた。

引き続き

「受賞のおかげで
 映画の演出と学生というものに大きな自信を感じたし、
 さらにたくさん勉強もしたくなり、
 映像製作に対する好奇心もより一層旺盛になりました。
 本当に多くの事を得て習った大切な経験です」


と付け加えた。

「卒業作品と授業課題の為に
 今まで3~4作程度の短編映画の
 シナリオを作ったし、今でも作業中です。
 現在完成したシナリオはロマンス ストーリーで、
 韓国人男性と日本人女性の感情を入れた映画です。
 互いに使う言語が違っているので、
 なかなか意志疎通出来ない二人の男女が、
 出会って同じ空の下でお互いを見て
 感じられる愛を感性的に表わしたい。
 来年頃撮影に突入する計画を持っている」

と明らかにした。

合わせて

「商業的な目的よりは
 僕の考えが入った、
 僕が直接作った、
 僕が望む映像と音楽を入れた映画を
 撮りたい、という欲求があります。

 僕の映画が
 人々の感性を動かす事ができる
 媒介の役割をするとしたら、
 とても光栄です」


と耳打ちした。

「偶然な機会に
 外国旅行をする事になり、
 旅行して眺めた風景を映像に残しておこうと、
 ビデオカメラを購入して、
 映像製作の魅力に陥る事になった」

というチャン・グンソクは
その魅力に陥って周囲の親密な撮影監督監督達と、
プロデュース用作業室をずっと探して、
編集とアイディア構成などを学び、

直接装備を購入して
学校のそばに作業室を持ち、
映像製作と音楽編集をしていると分かった。

d0266590_18593583.jpg


*********************************


d0266590_21395368.jpg

d0266590_21393112.png



画像twitter。動画youtubeより。
by aloetree | 2011-09-13 19:00 | JKSのArtWork | Comments(2)
おもしろい記事なので、
ご興味があれば、ぜひ全文読んでみてください。


以下は、
私が興味深く読んだ部分と、
「美男ですね」のグンソクさんについての部分。

抜粋翻訳です。





*****

10 awards
2009年、良いドラマを見ましたか?



10ASIA 編集部

2009/12/17

2009年は2000年代の最初の10年の最後の年だ。

そして、
あたかもこの記念碑的な年を記念するように
この一年、
台風が固め打ちするように数多くの事件が起こり、
それくらい早くトレンドは変化し、
多くの人々が登場しては消えていった。

これは、
あたかも強烈な嵐風を切り開いて行くように慌ただしかった、
この一年を走り抜けていったドラマについての記録だ。

ある者は
"どん詰まりドラマ"を、
また別の誰かは
途方もない製作費の大作ドラマをつくる。

そんな中で、
韓国のドラマ産業はどのように変化し、
その過程でどんな作品がつくられてきたのか。

記者と評論家で診断してみた。

そして、
今年1年を代表する10人の人物、10個の話題。

誰もが知ってはいるが、
簡単に表現されてこなかった、
今年のあらゆることを一斉に整理してみた。




*****

二人の女の対決、復讐、その放送局における最高視聴率。
この3つの条件をきき、SBSを思い浮かべる人がいるだろう。
しかし、MBCのことだと考えることもできる。

去る16日、
AGBニールセンメディアリサーチが発表した
年間視聴率ランキングで、1・2位を占めた二つの作品は、
2009年における韓国ドラマ産業の現在を示す。

最小限の倫理性、
論理的な判断を排除したままに、極端な刺激に集中した。
そのストーリーは、最小限の蓋然性さえ失い、
キャラクターは
人間というよりは復讐のために駆け抜ける欲望の塊だった。

一方のドラマでは、
ギャラリーのアクションや
ピダム(キム·ナムギル)のようなイケメンという
商業要素も多かったが、
ドラマを引っ張っていった原動力は、時代に対する悩みだった。

トンマンとミシルは直接「時代精神」について論じ、
貴族と民の間に置かれた政治家たちの選択を示すエピソードは、
この時代の政治の現実を隠喩したものだった。

視聴者たちはピダムの活躍を応援し、
ミシルとトンマンの論争を見て、
この時代における正しい選択について話すことができた。

つまり、
このドラマの中で投げかけられた質問は、
現在の韓国ドラマにもそのまま​​適用できる。

「"大義”と "利" はいかにして符号させることができるか。」


良いドラマ、と、人気ドラマの間の距離

d0266590_1815087.jpg




選考者11名。

作品部門/ 「美男ですね」1名
作家部門/ ホン姉妹 3名
俳優部門/ チャングンソク 1名



「良いドラマ」という「大義」と
大衆性という「利」の調和の悩み。

記者とTV評論家たちが参加した
"2009年10アワード" の結果は、

その悩みの答えに
応じようとした作品に対する激励ともいえる。

「ミシルが死ぬ前と死んだ後では、
 全く別のドラマになってしまった」
(キム·キョソク)

という物足りなさもついてまわったが、
大型史劇が担わされる商業的成功に対するプレッシャーのなかで、
時代に対する議論をひきだし、

MBCでは、
「視聴率、演技力、可能性、笑い、感動まで
 どれ一つはずれのない5ツールプレーヤー」
(ウィ・クンウ)

という完成度で
「2000年代後期資本主義の韓国社会に対する繊細で愉快な洞察力」
(キム·ソニョン)を描き出した。

もちろんすべての作品が
このような成就を成し遂げることは容易ではない。

MBCは、
「ドラマが産業である以前に、
 大衆芸術の次元にあることをかろうじて証明」
(チェ・ジウン)したが、

「高い完成度を持つドラマが
 批評的な支持と、かたいファン層を有していても
 視聴率を根拠に
 早期放映終了させられる、というのが2009年の現実」
(ユンイナ)でもあった。




大衆性と理想を調和させる創作者の出現


・・・そして少女漫画原作のKBSが
結局"青春どん詰まりドラマ"をくりひろげる間、

「自分のスタイルの少女漫画を完成」
(チェ・ジウン)させ、

「愛らしい子供たちが見せる胸ときめくファンタジー」
(ユンイナ)を完成した、

SBSのホンミラン & ホンジョンウン作家の姿は、
ドラマ作家がとりうる、またべつの選択といえるであろう。



d0266590_18525453.jpg



"どん詰まりドラマ”"大作”でなくともドラマに希望はある

しかし、
商業的なものと、意味あるもの、
あるいは、
つくりたいもの、と、
つくらなければならないもの、
とを調和させるには、
創作者の力量だけでは不可能なのだ。

ホン・ミラン & ホン・ジョンウン作家は

「リアリティーを生かしにくい人物を
 消化する能力、そして、
 時折挿入される誇張された演技までもを渉猟する柔軟さ」
(ユン・ヒソン)

を持つ"チャン・グンソクの存在"がなかったならば、
望んだとおりの作品をつくることはできなかっただろう。



d0266590_18533971.jpg



1つのドラマ全体を
完全に自分のものにすることができる俳優が増えれば、
ドラマは大衆からの固い支持とともに、
大衆の理想を拡げていくことができるだろう。

昨年、KBSのドラマ監督チオ(ヒョン・ビン)は
「良いドラマ、とは何なのか」について悩んだ。

"2009年10アワーズ”が選択した、
2009年のドラマは "大義" と "利" の共存を通じて、
または‘地面にヘディング’という精神で
ドラマの現実に出会って、意味ある破裂音を出した。

それは、
"どん詰まりドラマ"や
途方もないスケールの大作ドラマでなければ
最低限の視聴率さえ保障できない現実のなかで、

ドラマを作る人々が
選択できる唯一の希望かも知れない。

あなたの選択は何か.。

利、だけを追求して怪物になるのか、
大義、を追って疲れて倒れるのか、

あるいは、
そのどちらをも
得ることができるような努力をするのか。

ドラマをつくり、
そして、
ドラマを見るすべての人々に選択のときが訪れている。
by aloetree | 2011-09-12 19:33 | 記事/ 演技
以下。
チャングンソクが選んだ
「美男ですね」名場面ベスト5の記事。

ですが、
そのほかにも興味深い記事を一緒に保存。




*****


'美男' チャングンソクが選んだ名場面・名セリフBEST 5

元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

SBS水木ドラマ '美男ですね' に出演中のチャン・グンソクが
放映終了を控えて、名場面・名セリフを挙げた。

d0266590_19292281.jpg


1)第1話のセリフから。
  「俺の耳で直接聞いてから、
   お前を受け入れるかどうか決める。
   実力がなければ、
   俺たちの仲間としては受け入れられない」


A.N.JEllのゲストメンバー、
としてやってきたコミナムを
認められないテギョンは、
ミナムをレコーディングルームへ引っ張っていき、
楽譜を投げて、歌を歌わせる。

このとき、テギョンは、

「歌ってみろ。
 俺の耳で直接聞いてから、
 お前を受け入れるかどうか決定する。
 実力がなければ、
 俺たちの仲間として受け入れることはできない」


と話す。

そして、
歌をきいたテギョンはミナムを認めることになる。


このシーンについて、チャングンソクは、
「保守的ではあるものの、
 ただ単に独断的なだけではないテギョンは、
 なんの理由もないままにメンバーを切るというわけではなく、
 実力を確かめてから、評価する、という場面。
 テギョンがどんな人物なのかを最もよく表現しているようだ」


と説明した。


2)ブタに追いかけられる場面。

初めて故郷に帰郷するミナムに
ついていったテギョンは、
葦の茂る草原で、
あたかも広告の1場面を撮影するかのように、
イヤホンを通じて聞こえてくる音楽にあわせて、
風を感じ、久しぶりにリラックスした和やかさを満喫する。

その時、向かい側から、
ひとりの老人が、テギョンにむかって、手を振っている。

田舎では知らない人間にも挨拶をするんだなあ、
と思ったテギョンは、
手を振り返して、きもちよく返事をするが、
事実は、草むらのなか、
テギョンにむかって突進してくる豚を避けろ、
というサインだった。という場面。

豚が現れる前まで、
テギョンの姿は広告の中の主人公を連想させるものだったが、

一歩遅れて事態を把握し、慌てて逃げるテギョンの、
生存をかけた切迫した姿が爆笑を引き起こした。


3)第8回のセリフより。
 「生んでくれたことで恩を着せようとするながら、
  最低でも、その日がいつだったか、
  記憶しているべきでしたね」


モファランが
自分の誕生日を覚えていてくれたものと思ったテギョンは、
モファランの招待にのって、食事の席へ出かけて行くが、
実はその場所は
記者とのインタビュー撮影のために設けられた場所だった。

戸惑いと、
悲しみがまじって混乱するテギョンは、
その席をけって、出て行ってしまう。

モファランは、
記者の前に自分に恥をかかせた、
自分が再び注目されるためにも、
テギョンが実の息子であることを暴露する、
テギョンを産んだせいで自分が大切な人を失った、
産まなければよかった、など、ひどい言葉を投げつける。

母親が自分の誕生日さえ覚えておらず、
その上、失った愛を追憶するために、
自分を利用しようとする、

その姿に茫然自失したテギョンは、
モファランに、

「生んでやったと、恩を着せるなら、
 最低限、その日がいつだったか、
 覚えているべきですね」
と話す。

モファファンの前では、
我慢して、
涙を必死に抑えたテギョンは、
誰もいない場所でやっと、
押し殺してきた悲しみ、
さびしさの涙を吐き出して、嗚咽する。

この場面は、
視聴者たちの涙腺までもを刺激した場面で、
チャングンソクの感情、眼差しの演技が断然、
際立ってみえた名場面に選ばれている。

これに対しチャン・グンソクは
「キム・ソンニョン先輩は、
 僕の母親と化粧法も似ていて、
 容貌も非常によく似ているんです。

 時々、先輩をみると、
 本当に僕の母親とすごく似ていると思うことが多くて。

 僕に、無償の愛を送ってくれる母親が、
 モファランのように振る舞ったら、
 どんなきもちだろうか、
 とそんな想像をずいぶんしながら、演技に没頭しました。

 親子ではあるものの、
 敵対的なテギョンとモファランの関係、
 けれど、決して否定することはできない血のつながり、
 そんな部分に最も多く神経を使いました」


と伝えた。


4)第9回。ファン医師のはじめての患者は豚ウサギ。の場面。

テギョンは、
ミナムがなくしたヘアピンをユイから取り戻し、
ミナムに返そうとするものの、
買ってもらったヘアピンをなくして落ち込みきったミナムは、
テギョンに「もうピンは探さない」と話す。

プライドの高いテギョンは、
自分の体裁を失わずにピンを返す方法を模索しているうちに、
豚ウサギを思いだし、その人形をつくるために、
豚とウサギの人形をさがし出して、まるで医者が手術するときのように、
手術用手袋とマスクまでつけて、ウサギに豚の鼻を移植する手術をする。

チャン・グンソクは、
医学ドラマの中の医師のように、
真剣に手術にのぞむ様子をみせて、視聴者たちの笑いをひきだした。

特にこのシーンは、
美男ですね、の視聴者たちによって
「テギョン巨塔」という題名のUCCで再編成されて、大人気を博した。


5)第12回のセリフ。
  「コミナム。おまえが俺を好きになっていい。許可する」

マ室長(キム・イングォン)からミナムの'ブタ鼻'
(好きな人の前で心を抑えられないときにするように、
とマ室長がミナムに教えた按摩法)の意味を聞いたテギョンは、

ミナムが好きなのは自分だ、
という事実にきづく。

そして、ミナムに、
「コミナム。
 今後、おまえが俺を好きになっていい。
 許可する」
と伝える。

この場面に対してチャン・グンソクは、
「自信満々なこの一言が、
 とてもテギョンらしいと感じた。
 軽いけれども、笑わせてくれるセリフだったが、
 テギョンの真心がこもっている言葉として、
 意味があった」
と語った。


一方、今日(26日)
'美男ですね'の放映終了を控えたチャン・グンソクは、

「おもしろい場面とセリフなど、
 見どころとたのしさがいっぱいありすぎて
 ベスト5の場面、セリフを選ぶのはプレッシャーだった。
 放送終了まであと1回を残すだけになった'美男ですね’
 最後まで多くの視聴をお願いします」
と付け加えた。

d0266590_19305672.jpg



*****

放映終了'美男ですね',シーズン2要請'洪水'…俳優も'喜色'

元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

放映終了を前にして'美男ですね'が
高い人気に力づけられて
'シーズン2'への要請が絶えることなく続いている。

今日(26日)放映終了する'美男ですね'は
アイドルのささやかな日常と主人公の紆余曲折ある愛の物語で、
10代から30,40代に至まで、女性たちからの高い支持を得た。

特に
200億ウォンの大作スパイドラマ'アイリス'と
競争している'美男ですね'は平均10%の視聴率を記録したが、

ホン姉妹の生き生きととびはねるような台本と
若い演技者の好演にマニア層を形成して大人気を集めた。

このような人気に力づけられて
'美男ですね'のシーズン2を期待するファンたちの要請が
洪水のように押し寄せている。

番組ホームページには
'美男ですね'の放映終了を惜しみ、
シーズン2製作を要請する文が
一日にも数百件以上上がってきている。

俳優も、やはり、
'美男ですね'シーズン2製作に対して喜色を表わした。

劇中、ファンテギョン役をになったチャングンソクは、
去る23日開かれたA.N.JELLのエンディングコンサート撮影現場で

「ドラマが終わるのが、とても残念。
 SBSに'美男ですね'のシーズン2を
 真剣にもちかけてみようと思う」


と、その心中を表現した。

FTアイランドのメンバーであり劇中ジェルミ役のイ・ホンギも

「'美男ですね'のシーズン2が作られたら良いだろう。
 もしシーズン2があるならば、ジェルミ役でなくても、
 カメオ出演でもいいから、必ず出演したい」

と番組への愛情を表した。
それだけでなく、
イ・ホンギはエンディング コンサートでも

「A.N.JELLの舞台は今日が最後だ。
  しかし後にでも、直接アイドルグループ A.N.JELLを製作したい」
とドラマと劇中のA.N.JELLに対する熱い愛情を表した。

このようなシーズン2への製作要請に
SBSと'美男ですね'の製作会社側は全員、

「これまでのところ
 'シーズン2'製作に対して具体的に議論されている部分はない」
と明らかにした。

'美男ですね'の製作会社マーケットインサイト側は、
26日OSENとの電話通話で

「俳優や製作スタッフ全員、
 冗談半分でシーズン2をしたいという話はたびたびしたが、
 今は最終回まで放送を無事に終えるという考えだけしている。
 製作に関する具体的な議論はなかったが、
 ファンたちの声援と関心が高いだけに良いことであるようだ。
 もし作られるならば再び参加したい」と明らかにした。

一方、'美男ですね'は、26日16回を最後に幕を下ろして、
来る12月2日からハン・イェスル、ソン・ジョンホ主演の
'クリスマスには雪が降るの?'が放送される。


*****

チャン・グンソク'美男ですね' エンディング撮影後病院行

元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

SBS水木ドラマ'美男ですね'に出演中のチャン・グンソクが
最後の撮影を終えて、病院に入院した。

26日午後京畿道楊州で
'美男ですね'の最後の撮影を終えたチャン・グンソクは
過労によってからだに無理がかかっており、
ソウル 江南(カンナム)の某病院へ向かった。

チャン・グンソクの所属会社関係者は
26日午後OSENとの電話通話で

「今日昼間12時頃最後の撮影を終わらせて、
 すぐに病院に入院した。
 現在リンゲルを打って休息を取っている中」

と明らかにした。

引き続きこの関係者は

「昨日(25日)朝から一日中続いた撮影が
 夜明けになって終わった。
 その後にも
 撮影がすぐにあって休息なくずっと撮影が続いた。
 撮影は無事に終わったが、休息が必要な状態のよう。
 深刻なことではない。
 しばらく休息をとったあと、
 'ハンサムですね'打ち上げ会に参加する予定だ」

と伝えた。

26日幕を下ろす'美男ですね'で
チャン・グンソクは
グループ A.N.JELLのリーダー、ファンテギョン役をになって、
愛想はないながらも、温かい演技で大きな好評を受けている。

一方、チャン・グンソクは
26日午後ソウル、
汝矣島(ヨイド)で'美男ですね'の打ち上げ会に参加後、
28日ファンミーティングのために日本へ出発予定。

チャン・グンソクは29日日本、
東京で単独ファンミーティングを持つ。


*****

'浮かび上がった'チャン・グンソク。
'美男ですね' で演技力+スター性捉えた!


元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

チャン・グンソクは
‘美男ですね’を通じて、
演技力はもちろん、スター性まで、
2匹のウサギを一度に捉えた。

チャン・グンソクは、
26日放映終了した‘美男ですね’で
グループA.N.JELLのリーダー、ファンテギョン役を担った。

チャングンソクは、
愛想はないものの、
カリスマあふれる天才音楽家、

だが、
実際には
弱点だらけのファンテギョンを演技しながら、
多様な姿を披露した。

好き嫌いがはっきりしたファンテギョンを演じるために、
チャングンソクは、ドラマ序盤、最大限、笑顔を排除し、
しかめっ面を通して、急に怒りだす姿などをみせていた。

そして、次第に
コミナムと紆余曲折を経た愛を育てながら、
徐々に明るい姿を披露し、

また、心痛む傷に涙を流す様子まで、各所各所で特有の魅力を誇った。

デビュー13年目になるチャン・グンソクは、
これまで、数多くの作品に出演、演技力を積み重ねてきた日々だった。

1997年、10才の年齢で
ケーブル シチュエーションコメディを通じて、
演技者としてデビューしたチャン・グンソクは、
各種CFとドラマに出演して人気を集めてきた。

特に2006年KBSドラマ‘ファン・ジニ’で
ファン・ジニの初恋キム・ウンホ役で、その演技力を認められ始めた。

以後、チャン・グンソクは
映画‘楽しき人生(2007)’
KBSドラマ‘快刀ホン・ギルドン(2008)’
MBCドラマ‘ベートーベン ウイルス(2008)’に続き、

最近封切りした
映画‘イテウォン殺人事件(2009)’等

多様な作品を通じて
多様な演技スペクトラムを披露してきた俳優だ。

23歳という年齢にして、
10編あまりを超える作品に出演してきたチャングンソクは、

ある程度の演技力は認められていたが、
その、スター性において不足しているといわれていた。

いや、正確にいえば、ファンの数に比例して、
数多くのアンチファンを持つ俳優、だったのだ。

演技する「アイドル」「虚勢グンソク」など、

彼の名前の前につく修飾語は、
チャングンソクを非好感芸能人としてまつりあげていった。

しかし、美男ですね、を通じて、
チャングンソクは、まるで、
オーダーメイドの洋服を着ているかのように、
演技なのか素なのか、見分けがつかないような演技により、ファン層を広げた。

また、チャン・グンソクは、
今回の作品を通じてチームトップ主人公としての可能性を立証した。

これまで、チャン・グンソクは
助演ではないが、チームトップ主演としては認められていなかった。

‘ファン・ジニ’では
主人公ファンジニ役のハ・ジウォンがもちろん中心であったし、
‘ベートーベン ウイルス’やはりキム・ミョンミンの作品だった。

映画‘イテウォン殺人事件’はチョン・ジニョンを中心に
チャン・グンソクが第2走者としての役割を果たした。

このように、
いまだ単独主演の位置を認められなかったチャングンソクにとって、
‘美男ですね’というドラマは、
そのドラマの成功と共にチャン・グンソクの地位を固める作品となったのだ。


*****

チャン・グンソク
「'美年ですね' いちばん自分の年齢にふさわしかった作品。
 シーズン2一緒にやりたい」


元記事/OSEN

[OSEN=允可イ記者]

去る26日放映終了したSBS水木ドラマ'美男ですね'で
天才的な音楽性を持ったアイドル グループA.N.Jellのリーダー
'ファンテギョン'で熱演を繰り広げたチャン・グンソクが、
その名残惜しい放映終了所感を伝えた。

d0266590_1827196.jpg


「これまで、
 ファンテギョンとして生きてきた時間が、
 あまりにも幸せで、
 僕の分身、ファンテギョンを見送ることは
 簡単にはできない気がする」


と暗示したチャングンソクは、

「ホン・ジョンウン、ホン・ミラン作家様、
 ホン・ソンチャン監督様
 そしてドラマのために貢献してくれたすべてのスタッフ、
 共に呼吸を合わせた先輩、後輩演技者のみんな、
 これまで、ドラマのために苦楽を共にして、
 絆をつくってきたのに、
 これで最後だと思うと本当に名残リ惜しい」


という所感を伝えた。

引き続き

「前作では、
 僕の年齢より年上だったり、年下であっても、
 とても大人っぽくて、深刻で、おちついていたり、
 タフ、シニカル、そんな姿を披露してきたとするならば、

 '美男ですね'では
 最も僕の年齢らしい23才チャン・グンソクの、
 美しく、溌剌として、かわいい姿などを
 思う存分演じることができてうれしかった」


と付け加えた。

また

「完ぺき主義者、ファンテギョンと同じように、
 僕も何かをするときに、
 いいかげんになってしまうのが、すごく嫌いで、
 ちょっとでも不足している部分があると我慢できない。

 ’本当に上手だ。最高だ’そんな声が聞きたいからじゃない。

 自分自身が満足できないものならば、
 視聴者の方々にも真正性を伝えることができないからだ。

 うまくいこうがいくまいが、
 常に、僕が満足する段階まで、ベストを尽くすスタイルだ。

 ドラマが放映終了になった今、
 もっと上手にできたんじゃないか、
 そんな気もするけれど、
 僕のエネルギーを全部、一度に注いだし、
 最善を尽くしたから、
 多少心残りもあるが、後悔はしてない」


と明らかにした。

数多くのマニア層を生み出し、
「Well Made ドラマ」として評価の高い、'美男ですね'について、
視聴者たちのシーズン2製作要請が洪水のように
押し寄せていることも明らかになった。

これに対しチャン・グンソクは
「'美男ですね'を撮影しながら、
 ドラマなのか現実なのか、
 区分するのが難しいほど過分な愛情をいただいた。
 ドラマとチャン・グンソクに
 応援と愛を送ってくださった
 すべての方に感謝のきもちを伝える。
  '美男ですね'シーズン2が製作されるならば
 必ずまたお会いできたらうれしい」


と視聴者たちに対する感謝も忘れなかった。

一方、日本および中華圏ファンたちの
熱烈な愛を受けているチャン・グンソクは
来る29日日本、
東京、中野サンプラザで単独ファンミーティングを持つために
休暇返上で、28日日本行飛行機に上がる。


*****

放映終了'美男ですね'。新興行公式'再発見'

元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

アイドル グループを覗く、
という多少幼稚で、
漫画のようだったドラマ、
‘美男ですね’は、
ドラマの新しい「興行公式」をつくりあげた。

‘美男ですね’は、
視聴率面でこそ、‘大ヒット’を炸裂させた、
というわけにはいかなかったが、
視聴者たちの反応、評価は、それこそ熱いものだった。

d0266590_18515073.jpg


26日幕を下ろしたSBS水木ドラマ‘美男ですね’は
ファンテギョン(チャン・グンソク)とコミニョ(パク・シネ)のロマンスが、
最終的に、ハッピーエンドをむかえて大詰めの幕を下ろした。

この日最後の回では
互いに愛し合っているものの、ずっとすれちがっていた
テギョンとミニョが

コンサート会場で再会、
一篇の童話のような話でその最後を飾った。

‘美男ですね’は、これまでに、
製作費200億ウォンの大作スパイアクションドラマ
KBS ‘アイリス’との競争で善戦を繰り広げてきた。

‘アイリス’が視聴率30%を遥かに越えて
常勝疾走したにもかかわらず、

‘美男ですね’は10,20代女性たちの
烈火のごとくの声援に力づけられて
平均10%の視聴率を維持して、
マニア的シンドロームを引き起こしたのだ。

また‘美男ですね’放送中は、
常に、その主演俳優が話題の中心にのぼっており、
1・2編で編集されたドラマOSTは完売を記録。

それだけでなく、
登場人物の脳内構造、
カラークレイ、など、

各種のパロディがオンラインを熱い雰囲気にしてきた。

その人気に支えられて、
最近では映像漫画、そして、
小説フォトブックまで発売されるというボーナスまで発生。

このように‘美男ですね’が興行できた原動力は何だろうか?

第一に
少女的感性を刺激したストーリーの力だ。

‘怪傑春香’‘マイガール’ 等、
人気ドラマを執筆したホン姉妹は

今回の‘美男ですね’でも
構成のしっかりしたストーリー、
生き生きとしたセリフ、
躍動感あるキャラクターで、
一篇の童話のような話を創りだした。

アイドルグループのささやかな日常と、
主人公たちのカラフルな恋愛の話は、
女性視聴者たちの心をときめかせたし
‘イマジネーション’を加味した漫画的装置は
ファンタジーを呼び起こした。

特にホン姉妹特有の
生き生きしたキャラクターはドラマの面白味を倍増させた。

愛想はないが、
カリスマあふれる天才的音楽家、ファンテギョン、

独特の語り口をもった素朴な男装女子、コミナム、

‘花より男子’の国民の先輩的存在
ユン・ジフ(キム・ヒョンジュン)に続き
‘国民的お兄さん’として浮び上がった、
足長おじさんカン・シンウ、

可愛いムードメーカー、ジェルミ(イ・ホンギ)、

国民妖精の仮面をかぶった
意地悪な悪女ユヘイ(ユイ)まで。

すべての主人公のキャラクターが
生き生きと存在していた。

また、悪女モファランや、
気の利かないアン社長、
ひょうきんなミナムのおばさん、
卑屈なマ室長、
シックな魅力の女王コーディネーター、
熱烈ファンのサユリ、など、

周辺人物に至るまで、
‘美男ですね’と完ぺきな調和をつくりだしていた。

ややもすると‘日本の漫画’
あるいは‘花より男子’などの亜流作品におちいる可能性もあった
‘美男ですね’が、
独自のカラーをかもしだして、
一篇の‘Well Made ドラマ’と評価されることになった、
最大の理由が、まさにこれだ。

また、
チャン・グンソク、
パク・シネ、
イ・ホンギ、
チョン・ヨンファなど
若い俳優たちの好演も
やはり‘美男ですね’の人気に大きな役割を果たしている。

序盤‘第2のカンマエ(キム・ミョンミン)’
という非難を受けながらも、
チャン・グンソクは回を重ねるごとに
愛想がないながらも、カリスマあふれる
ファンテギョン役を完全に自分のものにしていた。

弱々しい声と小さい体格、
美しい顔で‘男女’演技に憂慮を呼び起こしたパク・シネも
やはり、逆に粗雑さが魅力のコミナムにぴったりだ、
という評価を得た。

グループFTアイランドのメンバーであり
子役俳優出身であるイ・ホンギは母性本能を刺激し、
デビューしてからまだ3ヶ月の初心者俳優チョン・ヨンファは
やわらかい容貌と飛ばない演技で多くの女性たちの爆発的な支持を得た。

また、アフタースクールのメンバーで
演技初挑戦のユイは
既に自身が持っていた人気ガールグループの
さわやかなイメージを生かしながらも隠された悪女イメージを引き出した。

このように、
しっかりとしたストーリーと躍動感あるキャラクター、
俳優たちの演技などが調和を作り出しながら新興行公式を導いた
‘美男ですね’は巨人‘アイリス’と
堂々と対抗した‘ダビテ’として記憶されるだろう。
by aloetree | 2011-09-12 19:20 | 記事/ドラマ | Comments(2)
チャン・グンソク。
'マナー'が光る最後「イケメンですね」エンディングコンサート現場


元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

「虚勢グンソク'」と呼ばれた彼であった。

そのファンの数と比例して、
アンチも多かった彼にとって、
「イケメンですね」というドラマは、
新しい挑戦であり、冒険だったが、
最終的に、彼はファンたちの愛を得た。

d0266590_22125283.jpg


去る23日ソウル、
広津区、広壮洞メロン アクスホールで、
SBS水木ドラマ「イケメンですね」最後の場面、
エンディングコンサートが開催された。

アイドルグループの日常を
事細かにみせて好評を得た「イケメンですね」にふさわしく、
この日のコンサートには、
3000人あまりのファンたちが集まり、
俳優陣は、コンサートで、その愛に応える返事をした。

初回放送に先立ち、去る10月23日、
劇中A.N.JELLのコンサートが開かれたのと同じ場所で開催された
この日のコンサートその開幕は、
これまでに類のないほど、熱かった。

2000人を収容のコンサート会場に
3000人を超える人数が集まり、
通常の人気歌手のコンサートに劣らない
熱い熱気を実感させるものだった。

26日に幕を下ろす‘イケメンですね’チームは、
エンディング場面のために、この日早い時間から撮影に入った。

午後6時にスタート予定のコンサートのために
ファンたちは早い時間から席を守り、
予想を超えて押し寄せた人波のために一時間半ほど遅れた、
7時半からコンサートはスタートした。

グループ A.N.JELLの歌とともに始まった
この日コンサートの主人公は、チャングンソクだった。

劇中、ファンテギョンの役を担ったチャングンソクは、
自身のソロ曲「オットカジョ」で、
この日のコンサートの派手な幕をあけた。

最終回を控えたチャングンソクは、

「とても気分がよく、
 たのしく撮影してきた。
 これで、イケメンですね、
 が終わると思うととてもさびしい。
 SBS側に(ハンサムですね)‘シーズン2’
 を真剣に検討するよう、話してみようかと思う」


と本音をうちあける言葉とともに、
コンサートを始めた。

それと共にチャングンソクは

「とても話題の大作の裏で、
 死の編成だ、といわれることも多かったが、
 その中で、こうして生き残ってきたことは、
 皆さんの力のおかげだ」


と、ファンたちにその栄光を回した。

撮影が長引くとともに、
馳せ参じたファンたちによって撮影が遅れ、
そのたびごとに、チャングンソクは

「ケガされた方はいないですか?
 今回のコンサートで一番大事なことは、
 みなさんの安全だよ」


としながら、
くりかえし、ファンたちの安全と危険を配慮した。

この日、エンディング コンサート撮影は
夜10時を越えて終了。

スタンディング コンサートのために
長時間を待ったファンたちのために、チャン・グンソクは

「今日ご覧になったように、
 1つのシーンを撮影するために、
 多くのスタッフが非常に苦労しながらやっている、
 ということをこうして知ってもらえたらうれしい。

 それでも、
 今日きてくださったファンたちの応援が
 僕たちにとって、大きな力になる」


として感謝を表現した。

撮影がどれだけ遅延しても、
チャン・グンソクは一時たりとて、
舞台を離れることがなかった。

自分の出番以外には
顔を出さなかったほかの俳優とちがい、

チャングンソクは
撮影の間中ずっと、
ファンひとりひとりと目をあわせて、
呼吸をリードし、誘導し、ファンたちに感謝を表現しつづけた。

ますます長引く撮影の合間合間には、
ブラウンアイドガールズの '生意気ダンス'を披露したり、
ときにはライブで歌の実力を披露し、
ファンたちの目を楽しませた。

3時間余り進行された撮影がすべて終わって、
ファンたちのためのA.N.JELLによる最後のコンサートが行われた。

ファン·テギョンのソロ曲である "Good bye"を皮切りに、
ミナム(パク·シネ)のテーマ曲 "Lovely Day"、
イ·ホンギ&チョン·ヨンファが共にした '約束'で
コンサートの熱気をさらに熱くした。

俳優たちが団体で繰り広げる舞台の上でも、
チャン·グンソクのマナーは輝いていた。

チャン·グンソクは円滑な撮影のために、
自ら立ち上がって撮影進行をサポートし、
さらに観客たちと握手をし、感謝の気持ちを表した。

また、ファンのための記念撮影で
チャン·グンソクはスカートをはいていたパク·シネのために
喜んで上着を脱いでみせ、ファンたちの熱い歓呼を引き出した。

すべてにおいて、
チャン・グンソクの「マナー」が光った瞬間だった。

d0266590_2213385.jpg



*****

「イケメン」
日本(沖縄)ロケ撮影会場に数百人のファン結集。「韓流旋風予告」


元記事/OSEN



26日、
放映終了を前にした
SBS水木ドラマ'イケメン'の沖縄海外ロケで、
ファン サイン会場面に
300余人以上の実際のファンたちが大挙集合。

長時間撮影が遅延するなど、
新しい韓流ドラマ熱風を予告した。

d0266590_21304283.jpg


那覇市の大型免税店ロビーで進行された撮影は、
劇中A.N.JELLのファン サイン会シーンで、

日本をはじめとする
中国・台湾など各地から集まった海外ファンたちで人だかりを成し遂げた。

出演陣の顔を報告し、
集まった300人余りのファンたちのおかげで、
劇中の撮影が、実際A.N.JELLのファン サイン会現場になった。

ホン姉妹作家の'マイガール','快刀ホンギルドン'などが
海外ファンたちからの反応が熱かった点に照らしてみると、

'イケメン'は再び、韓流熱風をつなぐ
大ヒットドラマの兆しを十分に見せる。

製作会社マーケットインサイトの関係者は

「劇中エキストラ出演する海外ファンたちを募集するために
 多少心配したが、噂を聞いて訪ねてきた
 多くの‘イケメン’ファンたちのおかげで、
 非常に驚くほかなかった。
 予想を超えた多くの人数で
 撮影が思ったより遅れるなど多少混乱をきたしたが
 格別事故もなく、撮影は進行された」と明らかにした。

実際にA.N.JELLに会うために、
東京から訪ねてきたあるファンは

「"イケメン"は日
 本で公式に放送されてはいないが、
 インターネットを通じて
 ドラマに接したファンたちが非常に多く、
 反応が非常に熱い」と伝えた。

特にドラマ放映終了後、東
京でファンミーティングの予定を持っている
チャン・グンソクは流ちょうな日本語で、
混乱する場内を直接整理して
海外ファンたちに
撮影協力に対する要請と感謝を伝えることもした。

チャン・グンソクを見るために
遠く中国から訪ねてきた10人余りの熱烈なファンは
‘イケメン’チームが滞在する
カリユシリゾートに共に留まって撮影日程ずっと付いて回り、
おやつと贈り物を取りまとめて注目されていた。


*****

この記事を読んで思いだした。

チャングンソク専門雑誌「Cri-J」
の編集長さんが言ってたこと。

彼女は、

この沖縄の撮影現場で、
はじめてチャングンソクに出会い、

そのときの彼のいろいろ
(日本語の勉強、
 ファンとのコミュニケーション、
 撮影現場でのリーダーシップ、等々)
にショックをうけて、

その日
「このひと専門の雑誌をつくる!」と心に決めました。

・・・って言ってたなあと。


*****

'鎖骨ハンサム'チャングンソク。
"ファンテギョンのキャラクターために7kg減量"


元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

俳優チャン・グンソクが
劇中キャラクターのために体重を7kg減量した事実が
一歩遅れて知らされて話題を集めている。

d0266590_21474515.jpg


SBS水木ドラマ‘イケメンですね’で
天才的な音楽性を持ったアイドル グループA.N.Jellのリーダー、
ファンテギョンの役割で熱演を広げているチャン・グンソクは
劇中持って生まれた音楽的才能だけでなく、
ずば抜けたファッション感覚をリリースしている。

アイドル グループのリーダーらしく
ファッショナブルな衣装と多様なヘアスタイルを
リリースしているチャン・グンソクは
ファンテギョンの役割のために
あえて体重減量をしたことが明らかになった。

チャン・グンソクは痩せた身体のせいで、
その骨格がくっきりとあらわれて
‘骨格ハンサム’‘鎖骨ハンサム’等の愛称がついたりもした。

これに対しチャングンソクは

「ファンテギョンという人物は
 音楽をする人間だが、
 感性よりも理性により一層支配されており、
 どんな行動をとるだろうかと考えるときに、
 計算的で、節制をする人間だと考えた。
 そのような人物が、自己の管理に関して、
 徹底しているのは当然のことだ。
 キャラクターの性格において、
 自己管理が徹底したアーティストの姿を表現したくて、
 7kg減量した」


と体重を減量した理由を明らかにした。

また、チャン・グンソクは

「特に、痩せたからだや
 骨格を強調するつもりはなかったが、
 普段から、ルーズなTシャツのようなものが好きで、
 好んで着ている。
 キャラクターのための仕事なんだから、
 俳優だったら当然のこと」


と冗談っぽく語った。


*****

'イケメン'最後のコンサート、3千人超観衆

元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

チャン・グンソク、
パク・シネ、
チョン・ヨンファ、
イ・ホンギ。

彼らにとって、
「演技者」「歌手」以上に似合う修飾語、

それは「A.N.JELL」だ。

d0266590_22275468.jpg


去る23日午後6時、
ソウル、広津区、広壮洞メロン アクスホールで
SBS水木ドラマ‘イケメンですね’最後のエンディング コンサートが開かれた。

SBSドラマのホームページと
各俳優のファンクラブを通じて募集した人員は2000人あまり。

しかし、コンサート会場には
3000人を超える人並みが集まり、
ドラマ‘イケメンですね’とA.N.JELLの人気を実感させた。

A.N.JELL、4人の俳優は
長い時間待ったファンたちのために‘イケメンですね’の主題曲'約束'を披露して、
派手なコンサートの幕を開いた。

去る10月23日‘イケメンですね’の初回放送に先立ち、
初お目見えしたA.N.JELLコンサートは、
この日エンディング コンサートを迎えて、終幕となった。

ドラマの製作関係者は

「初めてのコンサートのときは、
 ドラマ開始前にもかかwらず、
 うわさを聞いて来たファンたちに驚いたが、

 今回のエンディング コンサートは
 比較もできないほどの多くのファンたちが結集して、
 ドラマの人気を実感した。

 俳優はもちろん、
 製作スタッフまでもが、
 これに力づけられて撮影している」

と、感謝を表した。

A.N.JELLの歌とともに始まったこの日のコンサートは、
劇中、ファンテギョ
ン役をになったチャングンソクが、自身のソロ曲
‘オットカジョ’でファンたちと初めての出会いを持った。

チャン・グンソクは
「イケメンですね、が
 いよいりょ終了すると思うととてもさびしい。

 SBS側に(ハンサムですね)‘シーズン2’を
 真剣に検討してみようかと。

 非常に話題のある大作の裏で、
 死の編成といわれることも多かったが、
 その中で生き残れたのは皆さんの力のおかげだ」


として、ファンたちに光栄を回すこともした。

引き続き、チャン・グンソクは
ファンテギョンのソロ曲である‘Good bye'を熱唱し、
パク・シネは、テーマ曲‘Lovely Day’、
イ・ホンギ、チョン・ヨンファが共にした‘相変わらず’で
コンサートを一層熱くさせた。

3時間余り、公式的な撮影が終了すると、
A.N.JELLは、ファンたちのためだけに最後のコンサートを開催。

ファンたちの声に力を得たA.N.JELLたちは、
アンコール曲で、
イケメンですね、の主題歌である“約束”をライブで熱唱。
彼らは、ファンたちと共に呼吸して、
熱い反応をひきおこし、公演の合間合間に、その感謝の挨拶を伝えた。

公演を終えたチャン・グンソクは

「最終回の撮影にきて下さって感謝する。
 皆さんのおかげでとても幸せだった」


パク・シネもやはり
「‘イケメンですね’
 のおかげでとても多くのことを得た」

と所感を伝えた。

引き続きイ・ホンギは
「今後は、A.N.JELLだけでなく、
 それぞれが熱心に活動するから見守ってほしい。
 後ほど会社を整えて、僕が直接エイエンジェルを製作する」

という話で残念がるファンたちの心情をなだめた。

d0266590_22283250.jpg



*****

'イケメンですね'
日本-台湾-タイ販売'快挙'…"これからスタートだ"


元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

SBS水木ドラマ'イケメンですね'が
日本に続き台湾、タイに販売される快挙を成し遂げた。

'イケメンですね'の製作関係者は
24日午後OSENとの電話通話で

「今月初め頃、台湾・タイと輸出契約を完了した。
 台湾とタイの他にも東南アジアの色々な国が高い関心を寄せ、
 販売を推進している」
と明らかにした。

特に放送が始まる前から
すでに日本に先行販売された'イケメンですね'は、
来年初め日本で放送を控えている。

引き続き、この関係者は

「海外のファンたちが
 オンライン等を通してすでにドラマに接しながら、
 おもしろくて新鮮だという反応を見せている、
 ドラマ撮影会場で多くの海外ファンたちが
 ファンレターと贈り物を送ってきている。
 最近進行された日本、沖縄海外ロケ撮影当時にも、
 日本はもちろん中国と台湾などから
 駆せ参じたファンたちでその人気を実感した」と伝えた。

'イケメンですね'は、
アイドル グループの日常と荒っぽいロマンスで
国内でもマニア層を形成して、大きな愛を受けている。

また、チャン・グンソクをはじめ、
FTアイルランドのイ・ホンギ、
チョン・ヨンファ、
パク・シネは新韓流スターとして急浮上している。

また他のドラマ関係者は

「多くの国からラブコールが入ってきている。
 金額を正確に申し上げる訳には行かないが、
 高い価格に契約が成り立っている。
 ドラマは終わるが、海外市場攻略は今から開始」

としながら自信を表わした。

一方、来る26日16部を最後に放映終了する
'イケメンですね'は、劇中A.N.JELLのエンディングコンサートをはじめ、
日本ロケ撮影など、多様な見どころで
最後まで視聴者たちの目を楽しませる予定だ。


*****

'イケメン' チャン・グンソク。
「A.N.JELLのコンサート本当に実現してみようか」


元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

SBS水木ドラマ'イケメンですね'に
出演中のチャン・グンソクは、A.N.JELLとして、
もう一度舞台に立ちたいという話を伝えた。

チャン・グンソクは
24日午後'イケメンですね'の公式ホームページを通じて

「ファンテギョン役のチャン・グンソクです」

というタイトルで、長文を残した。

26日、放映終了をむかえて、
大詰めの撮影の真っ最中であるチャン・グンソクは
京畿道、一山(イルサン)でドラマ撮影中の合間をぬって、
文章を寄せたとし、
'イケメンですね'と、そのファンたちに対する無限の愛情を表わした。

この文を通じてチャン・グンソクは、
去る24日ソウル、広津区、広壮洞メロン アクスホールで
進行された'A.N.JELL エンディング コンサート'に
関連して謝罪の意を伝えた。

チャン・グンソクは

「普段も、ドラマに関連して
 視聴者掲示板に文を1つずつは残すが、
 こんなふうに、2回も残すようなことは初めて。

 こんなふうにメッセージを残すことにしたのは、
 つい昨日(24日)に開催した、
 A.N.JELL ミニコンサートと関連して、
 皆さんに無限の感謝の気持ちと謝罪の言葉を
 お伝えしたくて」


と明らかにした。

ホームページを通した申請者と
各俳優のファンクラブ会員たちを招いてなされた
この日のコンサートには収容人員より多い人波が集まり、
1時間半ほど撮影が遅れた。

また、コンサート場の収容人員を超過した
2,500人余りのファンたちが集まりながら小さい事故も相次いだ。

これに対し
チャン・グンソクは製作スタッフと出演陣を代表して
ファンたちに謝罪の話を伝えた。

チャン・グンソクは

「ドラマ序盤から
 生放送と同じようなスケジュールで進行していて、
 今週撮影分は特に分量も多く、
 動線も長く、とりわけ大変な週間になりそうだ。

 実際、そのせいで、
 昨日のような大規模の撮影では、
 準備する時間が相対的にたくさん差し迫って、
 スタッフ間の意思疎通も完全に行われないまま、
 時間に引きずられるようにして
 撮影が進行されるほかなかった」


と説明。

それと共にチャン・グンソクは

「何より予想した観客よりも
 はるかに多くの方々が集まってくださって、
 スタッフサイドでもずいぶん慌てたし、
 舞台にたつ僕たちA.N.JELLも
 本当にびっくりしました。

 多くの方々の安全のために、
 もっと几帳面に準備されるべきだったし、
 より一層緻密に構成をしなければならなかったのに、
 そうできなかった点について、
 スタッフとA.N.JELLの代表として謝罪申し上げる」


ともう一度謝罪の話を伝えた。

また、チャン・グンソクは
ファンたちの愛情に対する感謝の言葉も忘れなかった。

「昨日、見せていただいたように、
 多くの方々の関心と愛の中で
 ドラマを放映終了することができることになって、
 一方では心が満たされる。
 最後まで最善を尽くして素敵に終わらせたいと思っている」
と話した。

特にチャン・グンソクは
ファンのためのサービスの話を伝えて目を引いた。

「昨日、A.N.JELLの控室で起きたエピソードを一つ、
 お知らせします。
 舞台を終えて控室に集まって
 ファンのみなさんが送ってくださった、
 おやつで飢餓を満たし、休息をしているときに、

 'ドラマが終わってから、
  A.N.JELLのコンサート、、、本当にやってみるか?'
 という意見が出てきた。

 このセリフは僕が吐いた」


と余談を紹介した。

引き続きチャン・グンソクは

「皆、急も目がきらきら輝きだして
  'いいね!本当にいい! しよう! しよう!'と叫んだ。

 本当にきちんと準備して
 コンサートを一度してみたら...…
 どうあっても、
 してみなければならないですよね?」


と文を結び

'イケメンですね'と
グループ、A.N.JELLに対する無限の愛情を表現した。

一方、来る、26日
16部を最後に放映終了する'イケメンですね'では、
劇中A.N.JELLのエンディングコンサートをはじめ、
日本ロケ撮影など多様な見どころで
最後まで視聴者たちの目を楽しませる予定だ。


*****


チャン・グンソク-パク・シネ。
「実際つきあえば」というドラマ カップル1位


元記事/OSEN

[OSEN=チェ・ナヨン記者]

SBS 'イケメンですね'の男女主人公チャン・グンソク-パク・シネが、
ネチズンが「実際につきあえば」と思ったドラマカップルに選ばれた。

d0266590_23235232.jpg


コミュニティ ポータルサイト
'ディシインサイド(www.dcinside.com)'が
去る17日から24日まで

「実際につきあえばと思ったドラマの中カップルは?」
という主題で実施したアンケート調査で
チャン・グンソク-パク・シネが1位を占めた。

総5579票中3282票(58.8%)の
圧倒的な支持を得たチャン・グンソク-パク・シネは
劇中人気アイドルグループ メンバー、ファンテギョンと
男装女子コミナム役を担って熱演中だ。

最近、お互いに対する切ない感情を悟ったこのカップルは、
少し下手ではあるが、年齢にふさわしい、
荒っぽくて色とりどりな愛をリリースして、
マニア層の熱烈な支持を得ている。

これに続きSBS 'あなた笑います'のチョン・ギョンホ-イ・ミンジョンが
1735票(31.1%)を得て2位を占めた。
劇序盤互いに会いさえすれば困惑するかたき同士だった彼らは、チョン・
ギョンホ(カン・ヒョンス役)の愛告白でいよいよ本格的なロマンスを始
めた。 視聴者たちやはり'実際のカップルのようだ'として大きい呼応を
送っている。

3位には254票(4.6%)を得た'イケメンですね'のもうひとつのラブライン、
チョン・ヨンファ-パク・シネが名前を上げた。
パク・シネが男装女として、困惑している状況に置かれるたびに足長おじ
さんのように暖かくかばって'タオル男'という愛称まで得たチョン・ヨン
ファ(カン・シンウ役)は助演であるのに彼の愛を支持する視聴者たちの
応援が熱い。

KBS 'アイリス'のイ・ビョンホン-キム・テヒ、KBS '天下無敵がピョン・
カン'のチ・ヒョヌ-ナム・サンミ、SBS '千万回愛している'のチョン・
ギョウン-イ・スギョンなどがその後に続いた。


*****

放映終了前にして「イケメンですね」視聴率反転ならず。

元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

放映終了を前にして
SBS水木ドラマ'イケメンですね'が視聴率反騰を成し遂げられずにいる。

視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチ調査結果によれば、
25日放送されたSBS水木ドラマ'イケメンですね'は9.5%を記録した。

これは去る19日9.4%、18日9.1%に続き3週連続一桁数視聴率だ。

反面、KBS 2TV水木ドラマ'アイリス'はこの日29.6%を記録した。
去る19日記録した28.0%より1.6%ポイント上昇した数値。
MBC 'ヒーロー'は4.7%で後に続いた。

今日(26日)放映終了をする'イケメンですね'は、200億ウォンの製作
費を投じたスパイアクションドラマ'アイリス'の裏で、善戦した。
特に'アイリス'より一週先にスタートした'イケメンですね'は'アイリス'
が始めるとすぐに視聴率が明確に下落したが、その後すぐ、評判が
あがり、2桁視聴率を回復することもした。

特に'イケメンですね'は、視聴率面では'アイリス'に3倍程引き離され
ているが、オンラインでの人気は熱い。 アイドル グループの詳しい
日常と荒っぽい愛の物語をリリースしている'イケメンですね'は、10代
から、30,40台まで女性たちの高い支持を受けて'マニア'層を形成している。


*****

イケメンですね。

の記録をたどる、、みたいな。

視聴率がだめで、
そして
愛された作品だった記録。

vol.3につづく、、、

GOGO~~!!!!!
by aloetree | 2011-09-12 18:01 | 記事/ 演技 | Comments(2)
2009年ペペロデイの
ソルロンタン120分イベントに触発されてww

数日後の、
中国ファンからのビュッフェイベント100人分の記事を。




*****


「美男」チャングンソク、
中華ファンビュッフェ100人分のイベントに「感動」



2009-11-16
 

俳優チャングンソクが中国のファンたちの真心と誠意に感動した。

d0266590_21482837.jpg


<美男ですね>で冷たい美男'ファンテギョン'役、
熱演をくりひろげているチャングンソクの中国ファンたちが
ドラマの撮影現場にビュッフェイベントを提供した。

韓流スターたちが増え、日本のファンたちが
韓国の俳優とスタッフたちのために食事イベントを開いたというニュースは、
たくさん聞こえてくるが、

中国のファンたちが直接、撮影現場を訪問して
俳優と撮影スタッフのために食事イベントを開催したのは、
異例なこととして注目されている。

チャングンソクの所属事務所関係者によると、
チャングンソクの中国ファンたちは去る15日、

100人分のビュッフェ、お菓子やキャンディー、
コーヒーなどの軽食を準備して、京畿道の撮影現場を訪れた。

ファンたちは、チャン·グンソクはもちろん、
「美男ですね」の演技者とスタッフたちに暖かい食事を提供して
寒いなか、撮影に力を入れている俳優たちとスタッフたちを応援した。

さらにファンたちは、チャン·グンソクが
広告モデルとして活動しているマキシムコーヒーミックスを
プレゼントするセンスを発揮した。

そして、中国現地のファンたちからの
ファンレターやプレゼントなどをチャングンソクに渡した。

チャングンソクは、
決して上手ではない韓国語で書かれた中国人ファンからの
ファンレターをていねいに読んで
中国のファンたちからの大きな愛に感謝の気持ちを禁じ得なかったという。

また
この日のビュッフェイベントに出席した中国ファンの中には
チャングンソクにはまって、韓国に留学中の学生や、
このイベントのために中国から直接飛んできたファンも含まれており、
チャングンソクは喜びの歓声をあげたという裏話だ。

チャングンソクは
「僕のために
 中国のファンの方々が韓国文化に関心を持つようになり、
 中国で韓国語を習得したり、あるいは、韓国まできて、
 韓国語を本格的に学ぶ様子に触れて、
 韓国人としての自負心を感じた。
 (彼らが)韓国で、僕を応援してくださる姿に
 深い印象と感動を受けた」
と所感を明らかにした。

続いて、
「海外ファンも国内ファンも、みんな、
 僕にとっては大切な家族のような存在だ。
 ファンの方々のために、
 もっと努力して成長するチャン·グンソクになるように
 いつもベストをつくす姿をお見せする」
と付け加えた。

チャングンソクは、
MBC「ノンストップ4」
KBS 2TV「ファンジニ」「快刀ホンギルドン」などが
中国で旋風的な人気を集めており、
公式的な中国の活動がなかったにもかかわらず、
多くの中国ファンをもっている。

特に、昨年4月末、世界的なデザイナー、
アンドレ·キムのファッションショーのために
中国、上海を訪問したチャングンソクは、
空港を出ていくことができないほど
多くの中国ファンたちの熱烈な歓迎を受けた。

また、中国で「美男ですね」が爆発的な人気を集めており、
中国内でのチャングンソクの人気がますます高騰しているのはもちろん、
中華圏で「美男ですね」の著作権をめぐり、
熾烈な競争を繰り広げていることも分かった。

チャン·グンソクの所属事務所ツリージェイカンパニー側は
「チャン·グンソクを応援するために、
 中国と日本のファンたちがドラマの撮影現場に頻繁に訪れる。
 中国のファンの方々からは、
 中国でのオンラインファンコミュニティを中心にUCC、
 パロディ制作など活発な活動を繰り広げているというニュースを
 聞かせていただいた。
 オフィスにも、中国から多くのファンレターとプレゼントが来ており、
 チャン·グンソクの人気の高まりを実感している」と伝えた。

続いて
「中国のファンたちの愛にお返ししたくて、
 中国での活動も計画している」と耳打ちした。

先日、11日には、
DCインサイド"チャングンソクギャラリー"の会員たちが
ソルロンタン120人分、ポッキー等のおやつ120個をプレゼントしたのに続き、
中国のファンたちがバイキング100人分とおやつをプレゼント。

国内と海外のチャングンソクのファンたちが
「美男ですね」の俳優と撮影スタッフたちを応援するために率先しており、

「美男ですね」の俳優とスタッフたちはだれもが、
チャングンソクのファンのおかげで身も心も、
心強く感じながら、大詰めの撮影に渾身を尽くしているという。

d0266590_21484968.jpg

d0266590_21491934.jpg

d0266590_21493825.jpg

by aloetree | 2011-09-11 21:51 | 記事/ ウナギ
2009年。
美男-イケメン-ですね。

当時の記事。


イケメン関連の記事は、
以前にもいくつかのせたけど、

もっとインタビュー記事ないかな、、、
とずっと探していて、

見つからない。。。


イケメン関連の記事は、
だいたい、

愛すべき佳作。
新しい感覚の良品。
唯一無二の色をもった作品。
熱狂的なマニア生む。


だけど、
視聴率が伸びない。
アイリスが圧勝。

という内容に終始。


視聴率対決がどーたらこーたら、
テギョンのヘアスタイルがどーたらこーたら、

そんなのばっかで。


インタビュー、
本にのってるのしか、
やっぱりないのでしょか。。。


とりあえず。




「美男-イケメン-ですね」チャングンソク。台本、枕元において寝る。

元記事/OSEN

2009年11月

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

'美男-イケメン-ですね'に出演中のチャン・グンソクが
感情線をキープするために台本を一時も放さない、と話題になっている。

d0266590_18344990.jpg


チャン・グンソクは、
SBS水木ドラマ'美男-イケメン-ですね'
(脚本ホン・ジョンウン、ホン・ミラン、演出ホン・ソンチャン)で、
アイドル グループA.N.Jellのリーダーであり
天才的な音楽性を持ったファンテギョン役を担い、熱演を広げている。

特にチャン・グンソクは
「'美男-イケメン-ですね」の台本を
 最初に受けとったときから、
 一時も手放さず、台本を置いたことがない。
 さらに、寝るときも、枕元において寝るほど」


と伝えた。

このように台本を手放さない理由として、
チャン・グンソクは

「撮影の順序はTVでみるように規則的ではないので、
 簡単に感情線を見失ってしまう可能性がある。
 感情線をずっとキープするためには、
 常に台本をみていなければならない。

 より真正性が宿った演技のためには、
 撮影待機中や、家、どこででも、
 常に台本をみて、キャラクター分析と研究をしている」


と演技への情熱を表現した。

これについて'美男-イケメン-ですね'のある撮影スタッフは

「チャン・グンソクは、
 まるで高3の受験生が参考書を見るように台本を見て、
 自身の撮影を几帳面にモニタリングして
 監督様と意見交換をするなど、
 ファンテギョンというキャラクターのために
 絶えず、悩んで、研究している」と賞賛を惜しまない。

このような努力に力づけられて
視聴者たちやはり、チャン・グンソクの演技に賛辞を送っている。

これに対して、チャングンソクは、

「ずっと撮影現場にいるので、
 人気はそこまで実感できずにいます。
 最後までキャラクターを見失わないように、
 緊張感を維持しようと努力しています。
 ファンテギョン、
 そしてチャングンソクに多くの応援を愛を送ってくださった
 すべての方に深く感謝申し上げます」


と伝えた。

一方、マニア層を形成して
静かな人気突風を起こしている
'美男-イケメン-ですね'では、最近の放送で
コミナムとファンテギョンがお互いの心を確認、
本格ロマンスに突入した。

コミナムとファンテギョンのキスシーンに続き、
ファンテギョンの告白が描かれ、
10.9%という自己最高視聴率を記録した。

(AGBニールセンメディアリサーチ調査結果)


*****

'美男-イケメン-ですね'。2番目OST発売…
チャン・グンソク-チョン・ヨンファ ソロ曲収録


元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

アイドル グループを主人公にした
SBS水木ドラマ'美男-イケメン-ですね'が
2番目のOSTアルバムを発売した。

d0266590_18424620.jpg


'美男-イケメン-ですね'
ドラマOSTアルバムを製作するF&Cミュージック側は
来る19日新しいOSTアルバムを発表する。

F&Cミュージック側は
アルバムの正式発表に先立ち13日
'バカのための歌' 'どうしよう' 'Good Bye'など
3曲をオンライン音楽サイトで先行公開した。

'バカのための歌'は
'美男-イケメン-ですね'の12日放送分で
劇中カン・シンウ(チョン・ヨンファ)がコミナム(パク・シネ)に
自身が直接使った曲とし聞かせた曲であり、
直接、その場で甘美な声で歌を歌って注目を集めた。

これまで、パク・シネを好きでいながらも
告白することができなかったチョン・ヨンファは
今回の歌を通じて告白をするという告白ソングで、
先公開後、ポータルサイトおよび音楽サイトの
上位圏を占めて良い反応を見せた。

特に今回のOST 2では
9th STREETが歌った'言葉もなく'を
劇中、ファンテギョン役を担っている
俳優チャングンソクバージョンで収録しており、
またほかにもソロ曲'Good Bye'が入っていて、
歌手として遜色ない歌唱力をリリースした。

OST 1でパク・シネが呼んで話題を集めた'Lovely Day'は
前アルバムとは違ったアコースティック バージョンで
新しく編曲して以前バージョンとはまた違う思いを生かした。

また、劇中、ファンテギョンとコミナムの切ない感情を結びつける
'どうしよう'を新人歌手パクタギが歌い、その切なさを伝えている。

一方、先月14日発表された最初レコードは、
販売一週間だけで、2万枚も販売される突風を起こした。
深刻なレコード市場の不況の中で、
ドラマのOSTが2枚発表されるのは非常に異例なことだ。
これに対しF&Cミュージック側は
2番目OSTアルバムを企画することになり総8曲が収録されている。

d0266590_18443814.jpg



*****


チャングンソク、'美男-イケメン-ですね'OSTで'女心'溶かす。

元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

俳優チャン・グンソクが歌う、
SBS水木ドラマ'美男-イケメン-ですね'のOSTが
女心をひきつけて人気を集めている。

d0266590_19542864.jpg


チャン・グンソクは
先週先公開された'美男-イケメン-ですね' OST PART.2で
'GOOD BYE'と'なんの話もなく'の二曲を歌った。

'GOOD BYE'は、
劇中アイドルグループ A.N.Jellのリーダー、
ファンテギョン役をになっているチャングンソクが、
コミナムに向かう心を代弁するような感性的な歌詞を含んでいる。

この曲は、
チャン・グンソクのやわらかくて甘美な訴える力と、
濃厚な声が交わったバラード曲で、
先週、先公開と同時にインターネットユーザーの爆発的な支持を受けている。

また'GOOD BYE'の他にも
チャン・グンソクはOST PART.1にある'なんの話もなく'を
チャン・グンソクだけのバージョンで再解釈して歌った。
'なんの話もなく'は、ドラマを通じて
チャン・グンソクが直接歌う場面が放送されてOST発売前から人気を集めた。

特にオンラインを通じてチャン・グンソクの歌が公開されて、
魅力的なボイスと歌の実力をほめる文等が列をなした。

これに対しチャン・グンソクは

「ドラマ撮影のために
 喉の管理もできずにいるのに、
 声が良い、と賞賛してくださるコメントなどみると、
 はずかしくて、ただ感謝するだけ。
 以前に、SBSラジオ
 'チャン・グンソクのヤングストリート'DJをしたのが
 とても役に立ったようだ」


と謙遜を表わにした。

また、チャン・グンソクは
「歌手が歌を歌うのは
 正確な音程とリズム、感情表現などが重要だが、
 俳優は歌手の方々のようにプロではないので、
 感情に依存して歌う部分がより大きい。
 
 感情を生かしながら歌をうまく歌わなければ、
 というプレッシャーに苦しめられると、
 音程もあわなければ、リズムも失う、
 ということになってしまうくらい、
 生かせなくなってくる。

 だから、心を楽にもって、
 テギョンになって、
 テギョンの立場で歌を歌った」


と録音当時の状況を伝えた。

チャン・グンソクがOSTに参加したことのは今回が初めてでない。
チャン・グンソクは昨年放送されたMBC 'ベートーベン ウイルス'で
OST '聞こえますか-part.2'をリリースしたし、
その他にCFと映画を通じて歌の実力をリリースしたことがある。


*****

'美男-イケメン-ですね' OST,3万枚突破!!!

元記事/OSEN

[OSEN=イ・ジョンア記者]

チャン・グンソク、パク・シネ主演SBS水木ドラマ'美男-イケメン-ですね'
OSTアルバムが販売量3万枚を突破してレコード業界で波紋を起こしている。

'美男-イケメン-ですね'OST製作会社によれば先月14日発表された OSTアル
バム パート1、そして19日発売されたパート2アルバムの販売量合計が3万
枚を越えた。

先月発表されたパート1アルバムは発売1週間で、販売量2万枚を記録し、話
題を集めた。 引き続き最近発表されたパート2アルバムも20日まで販売量1
万枚を越え、レコード集計サイトであるチャートでも'美男-イケメン-ですね'
OST 1,2にランクされた。

今回のOSTアルバム製作会社側は“歌手の正規アルバムも1万枚を超えること
が難しい大変のこの不況時にOSTアルバムで3万枚の販売量を記録したことは
注意深く見るほどの成果だ”と自評した。

'美男-イケメン-ですね'パート2アルバムには、去る12日放送の方で劇中カン
・シンウ(チョン・ヨンファ)がコミナム(パク・シネ)に直接歌った、‘バカの
ための歌’が、新人歌手パクサンの友情出演で入れられたし、ファンテギョン
役、チャン・グンソクが歌った‘なんの話もなく’と‘グッバイ’等総8曲が
収録された。

先月14日発表された'美男-イケメン-ですね'最初OSTアルバムにはイ・ホンギ
の‘相変わらず’と‘約束’、パク・シネが呼んだ‘ラブリーデー’が大人気
を集めた。


*****

'美男-イケメン-ですね'
チャン・グンソク、5種ヘアスタイルが話題


元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

SBS水木ドラマ'美男-イケメン-ですね'出演中、
チャン・グンソクの5種ヘアスタイルが話題を集めている。

d0266590_191797.jpg


劇中アイドルグループA.N.JELL(エイエンジェル)のリーダー、
ファンテギョン役を担っているチャン・グンソクは

ドラマを通じて5種のヘアスタイルと多様な姿をリリースしている。

序盤チャン・グンソクは、
過度に潔癖な性格のファンテギョンのキャラクターを表現するために、
右側の目を髪の毛でわずかに隠した髪型を演出。

その後、
新人時代のCFの頃の髪型をみたコミナムが
「かっこいい」といった時から、
次の「エルビスヘアスタイル」をキープしている。

特に、
ポップ歌手エルビス・プレスリーの頭を真似した'エルビスヘアー'は、
ファンテギョンの可愛げのなかった性格が、最近やわらかくなってきた、
その心境の変化を暗に表現している。

そうでかと思えば、
チャン・グンソクは主に家で気楽に過ごす時や
メンバーらと共に自由に過ごす時は、
髪の毛を一つあるいは二つに縛った'リンゴ頭'をリリースしている。

特に、髪の毛を二つに縛ったこのヘアスタイルは
チャン・グンソクがホン・ソンチャンPDとの
初めてのミーティングの時にしてきたヘアスタイルで、

ホンPDは
「ここからアイデアをえて、
 ドラマにも活用しているんだな」と知った。

'美男-イケメン-ですね'の製作スタッフは
「チャン・グンソクは
 ドラマ撮影がスタートする、遥か前から
 テギョンに対して多くの愛着をもっていて、
 キャラクターに没頭するために、多くの努力をしてきた。
 特に、演技だけでなく、
 衣装、ヘアスタイルに至るまで、
 綿密に準備して、常にベストを尽くそうとしている」

と賞賛を惜しまなかった。


*****

イ・ビョンホン VS イ・ジュンギ VS チャン・グンソク、
                 水木ドラマ「美男」たちの花火戦争


元記事/OSEN

[OSEN=ポン・ジュンヨン記者]

イ・ビョンホン、
イ・ジュンギ、
チャン・グンソクが
水木ドラマ花火戦争に飛び込んだ。

d0266590_19272923.jpg


KBS 2TV 'アイリス'のイ・ビョンホンと
SBS '美男-イケメン-ですね'のチャン・グンソクが競争を行っているなかで、
18日初回放送されるMBC 'ヒーロー'を通じてイ・ジュンギが結集した。

現在までのスコアで見ると、

'アイリス'のイ・ビョンホンが圧勝だが、
'美男-イケメン-ですね'の静かな旋風と
イ・ジュンギという興行力ある俳優を全面に押し出した
'ヒーロー'の挑戦も侮れない。

イ・ビョンホンをはじめ、
キム・テヒ、チョン・ジュノ、キム・スンウ、キム・ソヨン、など
トップスターが総出動したスパイアクションドラマ'アイリス'は
初回以来、水木ドラマ1位に上がって現在30%を越える視聴率で
その威容を誇示している。

'アイリス'は
序盤イ・ビョンホンとキム・テヒのロマンスで
注目を集めたのに続き、
ますますち密になるイ・ビョンホンの復讐劇と
強度が高いアクションシーンで視聴者たちを圧倒している。

ここに、

代表的な'美男'俳優チャン・グンソクの活躍が
際立って見える'美男-イケメン-ですね'の善戦も注目される。

'美男-イケメン-ですね'というドラマでは、

チャングンソク、
チョン・ヨンファ、
イ・ホンギ、
そして男装女子パク・シネが

アイドル グループとして登場し、
不思議な面白みをプレゼントしている。

視聴率の面では'アイリス'に遅れをとって
10%余りを維持しているものの、
マニア層を形成し、
オンライン、オフラインの双方で大人気を呼んでいる。

最近では
チャン・グンソクとパク・シネのロマンスが急流に乗り、
視聴者たちを熱狂させている。


'ヒーロー'も、やはり決して扱い易い相手ではない。
視聴率面で負担を抱いてスタートしたが、
映画'王の男'とドラマ'イルジメ','犬とオオカミの時間'など
興行性と作品性を備えた作品で活躍したイ・ジュンギの熱演が関心ポイント。

特に'ヒーロー'は'イルジメ'のイ・ジュンギと似ていていて
その感動と面白味を再現して出すのか関心を集める。
'ヒーロー'は、たとえ持ったものはないが
熱い正義感と真正性を持つ熱血青春が不条理な権力層に対応する話だ。

演技力とスター性、
その全部をあわせもつ、

イ・ビョンホン、
イ・ジュンギ、
チャン・グンソク。

三人の俳優の演技対決に結果がどうなるのか期待を集める。


*****

'美男-イケメン-ですね'。チャン・グンソク、100種類の表情・公開注目

元記事/OSEN

[OSEN=チェ・ナヨン記者]

SBS'美男-イケメン-ですね'に出演する
主人公チャン・グンソクの
100種類にものぼるヘアスタイルと表情が公開された。

d0266590_19375711.jpg


現在、インターネットでは
このドラマの熱烈なファンであることを明らかにしたあるネチズンが、

'美男-イケメン-ですね'の14回までを通じて公開された、
アイドルグループ A.N.JELL のリーダー、
ファンテギョンを演じるチャングンソクの
100種類以上にものぼる、姿をこまかくキャプチャーし、
「ファンテギョンのヘアスタイル」という題名で公開したものが話題だ。

ここには、
チャン・グンソクがドラマ初期、
過度に潔癖すぎるテギョンのキャラクターを代弁した
別名'米鑿ヘアー'の姿を始め、

マフラーをまいたりサングラスをかけて電話する姿、
映画'オールドボーイ'のチェ・ミンシクのパロディや、
少女時代のパロディをしながらリリースした帽子頭、
ベレー帽を使った姿も含まれている。

また、
エルビス ヘア、リンゴ頭をして頭にタオルをまいた姿、
劇中CF撮影のために制服を着たチャン・グンソクも垣間みることができる。

このようなチャン・グンソクのヘアスタイルと表情が公開されると、
すぐに多くのネチズンは

「チャン・グンソクは一体どうやってあんなヘアスタイルを消化するの?」
「簡単じゃないスタイルなのに、全部みんなよく似合ってる」
「チャングンソクの縛ったヘアスタイルが美しい」

などの意見をおくった。

一方チャン・グンソクは
'美男-イケメン-ですね'の人気に力づけられて、
撮影会場を訪問した韓国だけでなく
中国ファンたちからもバイキングの贈り物を受けたかとすれば、
ファンたちが直接作った贈り物なども得た。
by aloetree | 2011-09-11 17:57 | 記事/ドラマ | Comments(0)
【PEOPLE】チャン・グンソクという人物

元記事→10asia
2009年11月09日
記者 : カン・ミョンソク

d0266590_1735291.jpg



チャン・グンソク

幼い頃から芸能界が仕事場だった。
周りは全て大人ばかり。

幼くしてたくさんのお金を稼いでいたが、
“平凡なバイト”をすることが夢だった。

そんな、
演技する“アイドル”として10代を過ごした子どもが、
望みどおりの大人に成長した。



チャン・ハンナ

SBS「女人天下」で
チョン・ナンジョン(カン・スヨン)の幼少期を演じた女優。

チャン・グンソクは
チョン・ナンジョンの義理の兄として出演した。

25,000人の中から勝ち抜き、
「可愛い子ども選抜大会」で1位となって芸能活動を始めたが、
彼の両親は忠北丹陽で養魚場を営んでいたため、
彼の活動を気遣うことができなかった。

彼は小学校5年生まで養魚場の近くにある、
全校生徒13人の学校で過ごし、
ソウルで撮影がある時は衣装の入った鞄を持ち、
一人撮影現場に行かなければならなかった。

小学校5年生の頃に両親とソウルへ引っ越したが、
その日に1人で家まで帰宅するなど、
自分のことは自分でするようにした。

彼はいつも
「明日の朝9時までにテレビ局へ行かないといけないのに」
と仕事のことを考え、親に反抗したくてもできなかった。



キム・ジョンハク

チャン・グンソクが出演したSBS「大望」の監督。

チャン・グンソクは「大望」で、
自身が演じた役の中で「一番、真剣な役」を務めた。

そしてキム・ジョンハク監督から
しっかりと演技を学ぶことができた。

俳優として成長しながら
「学校で足を組んで台本を読んでいたら叱られる」
ことが分かるようになり、

彼のことを
“支え”だと言ってくれる友達もできた。



イ・ユンジ

MBC「ノンストップ 4」で
チャン・グンソクの相手役だった女優。

当時、チャン・グンソクは
子役から大人の俳優になることに対して悩んでいた。
自分で貯めたお金でニュージーランドへ語学研修に行き、
そこで高校生活を送る計画だった。

しかし、
彼は「ノンストップ 4」の台本を渡され、留学を諦めた。

「ノンストップ 4」では頭の回転が速いが、
馴れ馴れしく、どこか子供じみた新入生を演じた。
この役は子どもと大人の中間にいた彼にはぴったりの役だった。

「幼い頃にたくさん遊んだから、
 平凡な生活にはあまり未練がない」


と話す早熟さだが、
可愛い青少年チャン・グンソクは
「ノンストップ 4」で“大人の世界”に詳しい子どもというキャラクターで、
同じ年頃の芸能人とは一線を画した。

彼は18歳の時のインタビューで
「幼い頃から仕事をしていて、
 周りは全て年上の人だった。
 だから性格も他の18歳より大人だと思う」
と話した。



ハ・ソクジン

チャン・グンソクと同じ漢陽大学の同級生の俳優。

今年、母校の祭りを一緒に企画、進行した。
チャン・グンソクにとって大学は“新しい世界”だった。

彼は 「ノンストップ 4」でさらに注目されたが、
他の出演者たちより自分が劣っているのではないかと心配も多かった。

早く大人になりたくて、
大人びた話し方や行動をしたこともある。

その一方で自分の演技には自信を持っており、
カメラの位置まで計算しながら演技をするほどだった。

しかし、その後
ミュージカルを2回経験するとその自信はなくなり、
自分のめちゃくちゃな演技に失望した。
その経験から本格的に演技に意欲を燃やし、
演技を専攻することを決心する。

彼は大学1年生の時の授業にはほとんど出席し、
MT(新入生歓迎のオリエンテーション)や合コンなどもして、
たくさんの思い出を作った。

このように他の学生とは違うが、
20代前半に自分の時間を持つことができた。
ただし、20代の間に彼の望む“平凡なバイト”はできそうにない。



ハ・ジウォン

KBS「ファン・ジニ」で共演した女優。

チャン・グンソクは「ファン・ジニ」に出演した当時、
“芸能人”と“俳優”の間のアイデンティティに対して真剣に悩んでいた。

この悩みに答えを出してくれた作品が「ファン・ジニ」である。

この作品で無理に大人のふりをせず、
少年のまま激しい恋に落ちる
“ウノ坊ちゃん”を演じ、深い印象を残した。

人々は今にも壊れそうなか弱い少年ウノが
愛を信じて耐え切る姿を見て、少年と大人の間にいる
チャン・グンソクを受け入れるようになった。

チャン・グンソクはある日突然大人になったのではなく、
少しずつ大人に成長して行ったのだ。



チョン・ジニョン

映画「楽しい人生」と「イテウォン殺人事件」で共演した俳優。

「楽しい人生」は
チャン・グンソクが選んだ「実質的な映画デビュー作」だ。

当時イ・ジュンイク監督は
「カメラの動きまで把握するほど豊富な経験を持っていて、
 年齢からは考えられないほどの感情が表情から読み取れる」

と語った。

そして彼がこの映画で学んだことは、
実力のある先輩たちと一緒に仕事したこと、そのものである。

当時彼は先輩たちと一緒お酒を飲むことを好み、
演技をしながら他の人との呼吸がどんなに大切であるかということを学んだ。

その後、彼はチョン・ジニョンが中心となった映画
「イテウォン殺人事件」で殺人容疑者として出演した。
この作品でチャン・グンソクは、
自分のキャラクターの感情を最小限に抑え、
殺人事件の容疑者として自然に溶け込んでいた。

いつでも注目を浴びる少年が
大人の世界に馴染めるようになった作品である。



R-STARS

チャン・グンソクが所属しているレーシングチーム。

チャン・グンソクの幼い頃の夢はカーレーサーで、
引退後はカーセンターを営みたいと思っていた。

また、彼はいつも
「40歳になったら、貯めたお金で建物を買って、
 エンターテインメント会社を設立したい」


と大人のような発言をしていた。

考えすぎかもしれないが、こ
のような姿が人々に肯定的に受け入れられる時は、
度を越すと“見栄っ張り”だと思われてしまう。

例えば、彼が自分のブログに載せた
「暖かい日差しの下で、のんびり横になって、
 アンドレガニョンの演奏を聴く。なんて幸せなんだろう」
という書き込みを見たネットユーザーは、
手足をバタバタ動かしてるだけの“虚勢グンソク”だと。

しかし彼は演技が下手でもなく、
彼自らも

「誰もが昔の日記を引っ張り出して見ると、
 失笑してしまう時がある。
 その時、書いたことは自分が悩んだことでもあるけど、
 時間が経つと、何でもなくなる」
と語っていた。

20代前半の少年が
ブログで見栄を張っていたことは、
そんなに大したことではない。

普通、俳優は立派な演技ができれば、
演技以外のことは忘れられる。

チャン・グンソクは車と音楽、
そしておしゃれなカフェ探しのような自分の趣味を

「泣く直前の僕を
 なだめるために与えられる飴だ」
と言ったこともある。



カン・ジファン

KBS「快刀ホン・ギルドン」で共演した俳優。

チャン・グンソクは「快刀ホン・ギルドン」で、
幼い頃から王になるために育てられ、
王になった後は理想と現実の狭間で悩むチャンフィを演じた。

最初から最後までシリアスなチャンフィを
「声や目付きがとても好きだ」と言うイ・ビョンホンのように
声を抑えながら演じ、最後まで作品を支えたのが印象的だった。

しかし、初恋を悟っても
何一つ思い通りにできない王というシリアスなキャラクターは
21歳になったばかりの俳優には荷が重いという印象を与えやすかった。

また、MBC「ベートーベン・ウイルス」では
ガンマエ(キム・ミョンミン)と対立する弟子を演じたが、
このドラマでのキム・ミョンミンの演技はあまりにも圧倒的で、
他の俳優たちの演技に対してこれと言う反応を見せる暇もなかった。

本格的に大人の演技を始めながら
“大人らしさ”と“重み”を
自分なりの方法で理解していくこと、
これが彼のもう一つの課題となった。



パク・シネ

SBS「美男ですね」とCMで共演した女優。

二人は幼い頃から芸能活動をして、
少しずつ成長しながら連続ドラマの主役級になった。
そして“子ども”のようなアイドルの話
「美男ですね」で、二人は思いきり自分たちの演技を見せてくれた。

特にチャン・グンソクが演じるファン・テギョンは
彼にぴったりのキャラクターだった。

アイドルグループのカリスマリーダーである
ファン・テギョンの設定は“虚勢グンソク”を連想させるが、
何に対しても全力なテギョンのキャラクターを
自らコントロールして彼の内面を表現しながら、
テギョンを一人の人物として作り上げた。

キャラクターの特徴をそのまま維持しながら、
コ・ミナム(パク・シネ)に冷たくする時や慰める時、
ユ・ヘイ(ユイ)といる時、メンバーといる時、
“見栄っ張り”でコミカルな一面を見せる時、

彼はこれら全てを異なる演技で表現している。

まるで“ガンマエ2世”のようにも見える。

テギョンがコ・ミナムに見せる
微笑みのインパクトが大きいのは、
チャン・グンソクが作り出した
テギョンのキャラクターからは想像できない姿だったからだ。

自分の年齢や立場を反映した演技をしながら、
彼は自分が望んでいた、立派な大人の俳優になっていった。



ユ・スンホ

チャン・グンソクが
「本当に楽しく撮影できた作品」で、
 もう一度見る時は「最初から最後まで見る」と言う、

トゥーニバース(韓国のケーブルTVオンメディア系列チャンネル)
「先生はエイリアン」で共演した俳優。

「美男ですね」にカメオ出演した。

幼い頃から大人のようなセレブ扱いされた点から、
彼らは今までの子役とは違う人生を送っている。

そのため、チャン・グンソクは

「思春期を感じる余裕さえなかった」し、
「仕事で失敗した時は、
 大人のふりをしていた10代のチャン・グンソクの責任感」

も大きかった。

そんな中で彼は
普通の10代とは違う少年と同時にスターになり、
自分の悩みを少しずつ解決しながら成長した。

そして「美男ですね」の中で、
彼の年齢・現在・演技の全てを見つけることが出来た。

テギョンは、コ・ミナムにとっては芸能人ではなく、
一人の人間として、どんどん大人になってゆく。

そして、チャン・グンソクも
テギョンを通して、
少年でも大人でもない自分の丈に合った姿にもう一度成長していく。
by aloetree | 2011-09-11 17:04 | 記事/ 人物 | Comments(2)
美男ですね/グンソクですね

ELLE KOREA
2009.11.12


人気カートゥニスト「シンエフィ」が
新たにリリースするスターカートゥーン。

その初回の主人公は、
人気ドラマ「美男ですね」で
国内最高の人気グループ、ANJELL のメンバーであり、
天才的な作曲nの実力とピアノ演奏の実力を持った
'ファンテギョン'役のチャン・グンソク。


俳優というものは、
演じるキャラクターに似通っていくものなのか?

劇中、最高の人気メンバーとして出演して、
今ではドラマなのか現実なのか、
区別するのが難しいほどに、人気急上昇中だ。

なにかというと
「デジトッキ」と乱発しながらも、

いつもコミナムのことが
心配でたまらない男。

中毒性ある語り口と、
かわいい表情で、
水・木曜日の夜をときめかせる
「美男ですね」
「グンソクですね」。

大ヒットですね。



d0266590_14153071.jpg

by aloetree | 2011-09-11 09:38 | 記事/ドラマ | Comments(0)