蓮の花の。

蓮の花のように。
というコメントをいただきました。

ありがとうございました。

お返事。
こちらからさせていただきます。


花をたくさん思い起こすような、
きれいな言葉。
お花がお好きなんですよね?
うれしかったです。


・・・
ともあれ、

そんなきれいな言葉に


うるるるっ。
つーーーっ。

と涙がこぼれましたがな。。。




本当にありがとうございました。

蓮の花が咲きますように、、、

と書いてくださった
その言葉をきもちの支えにして、

書きます。




いつも同じこと書いてますが、
これが私のスタンスです。


私は、
チャングンソクを、

変化する、
変化しない、
どう変化した、
…のような、

そういう部分を
いちばんにはとらえてなくて、

とにかく、
そんときそんときの、

チャングンソクのまま。

それでいってほしいと
願ってます。


チャングンソクらしさ、
がなんなのか、

それは、
誰にも、

おそらく、
本人にも、
一生わからないことやと思いますが、

それでも、

いつも、
自分を感じて、

上手ではないかもしれないけど、
まるごと、ごろり、
と転がっていってほしいと願っています。

たくさん感じて、
たくさん笑ったり泣いたりして、
たくさん感情を受けとった贈ったりして、
たくさん失敗して、

いろんなこと、
波乗りみたいに経験しながら、

ごろり、っといってほしい。

心から
願ってます。

(あ、
だからって、外側から余計なお世話で
失敗や苦境を彼の人生に植え付ける必要はNON! NON! )






よく、
チャングンソクのことを、

すっとこどっこい、
変態、
予測不能、

などと
書きたい放題、
書いてますが、

私にとっては、
彼は、
隙間の限界を必死に生きる天才、
といいますか。

隙間も、
欠点も、
未完成な部分も、

見せ方において、
管理・コントロール、
しようと思えばできるかもしれない部分も含めて、

全部、

管理しきるよりも、
可能なかぎり、
そういう人間のままで

時間、
作品、
公演、

自分をぶつけて、
それを多くの人と共有することで、

どこまでいけるんだろう、、、と
挑戦してる人のように感じてます。

そして、
ああいうタイプは、
そんなに多くはない、

結構、
希少価値だと感じてます。





今は、

彼を見る人の数もふえて、
環境も様々に変化しつづけていて、

彼の活動自体も、
あれこれと
挑戦の領域がひろがっているので、

なかなか、
悪戦苦闘の時間が続いている
ような気もしますが、

長い時間が必要なことも
そら、あります。

それを
見ていくのを楽しみにしてます。

しんどいながらも、
楽しみにしてます。





ひとの目や、
関わる人の数が増えるにつれて、

いろんな意見が
とびかいがちなので、

こうやって、
いろいろ書くときは、

できるだけたくさんの人の意見や考えを
読んだり、調べたり、

するようにしてます。

調べて調べて、
検索しつくしてます。笑

そして結果。

これまでのところは、

揺れる必要も、
ぶれる必要も、
不要な感じ。


個人的な結論。



ただ
いつも
いつも、

発見するのは、

チャングンソクは生きてるな、
チャングンソクは芸能人である以上に、
ひとりの人間であることを
一生懸命探求して生きようとしているな、

そんな風合いの手触りだけを
発見するだけです。


なので、
妄想がちなことばかり
書いてるようですが、

それなりに、
調べて調べて、

自分なりに、
腑におとして
書いてます。

根拠、
証拠が、
不確かなことは
脇においておいてますが、

だからといって、
なかったことにしてるわけでなく、
それもなんかひとつあるんやろなあ、
と含めてます。

その上で、
特に、
重要度はなし、
と判断してます。








いろんな意見がとびかう中で、

人のきもちの弱い部分に
動揺を与えるような、
憶測や噂めいたものに
からめて、
自分の意見を発言されてるものも
ある気がしますが、

それも読んでます。

そういう意見にも
必ず、なにかしらの
真実はある、と思い。

んで、
真実が皆無だ、
とは思ってません。

ですが、

今までのところ、
どれも、

誠実さ、
という側面で、
私にとっては、
首をかしげるものが多いです。

証拠や、
根拠が弱く、

どうみても、

全部について、
簡単に、
しかも、
理路整然と、
論破できてしまえるなあ、

という類いのものしか
ないこと。

もっといえば、

巧妙な言葉のトリック、
言い回しのトリックで、
目くらましをかませて、

自分の感情を吐露するだけに終わらず、
人を巻き込もうとするものばかりだな、

と感じてしまうこと。


これは、
とても残念に思っていることです。

ぶつかるならば、
チャングンソク本人に伝えればなあ、と。
誠実さと品位が保たれたところからの
言葉ならば、
彼は読んでいると思ってます。


・・・っていうか、
さらに大前提として、

そういう場面で
話題にされる、、、

たとえば
私生活に関することだったり、


テーマ自体が、

そもそも、

芸能人とファンの
関係性において、
互いに介入する意味も必要性も
まったくないこと。

そんなん
話題にしはじめたら
キリないじゃろ。。。

なので、
最初の最初の
スタート時点からして
無意味で不毛なものだから。

そこらに
触れようとするだけ
時間のムダっす







2012年の4月から、今まで。
このたった1年間の時間だけを見ても。

チャングンソクの仕事は、

ラブレインというドラマ
Just Crazyというアルバム
TEAM H としてUMF KOREA、Summer Sonic
数ヶ月にわたる、Cri-Show2 の公演
ディナーショウ
TEAM H のアルバム
5月に発売になるNature Boy アルバム制作
TEAM H の I JUST WANNA HAVE FUN 公演

ひー。

簡単に箇条書きで
書きましたが、

ひとつひとつの作品を
つくるための発案、
準備、
製作段階、
プロモーション作業、
実際の公演、
事後処理、、

合間には、
MVの撮影、カレンダーやら、CMやらの撮影、
よくわからないけど、ファンミやら、サイン会やら?
あ、直進商店もありますな。。。


それらすべてに関わる、

アイデアから、
実際の作品、公演という完成品が
完了するところまで、
に必要とされる

交渉。
時間。
労力。
人間関係。

一言でいったら、

エネルギーみたいなもの。

計り知れない膨大なものだ、
と想像してます。

私たちファンが
みることができるのは、
その膨大なエネルギーをかけたものの、
最終的な完成品。
氷山の一角みたいなものだけ。

もちろん、
それが当たり前。

そして、
すべて、
お金になるものだし、
ファンあってこそ、のものですが、

だからこそ、

そのときそのときの
チャングンソクを
きれいごとで飾らずに、
等身大の自分のスタイルを
ぶつけて創った、

そういう作品。

それだけが唯一、
ファンとアーティストと
呼ばれる人たちを結ぶもの。

彼のいうところの、

真心。
だと感じてます。


真心って、

ファンの言いなりになることでも、
個人的に縁のない互いの人生に関与する何かでもない。

お辞儀を深くすることでも、
ていねいにお礼をいったり、
あやまったりすることでもない。

すべてを説明したり、
謙虚な言葉を重ねることでも、
もちろん、ない。

そう思っているので。

そんで、
その、

真心=作品。
が、自分にとって、
さほど響かなければ、
それでおわり。
そんだけ。

それでいいと思ってます。

チャングンソクも、
自分の仕事への、

そういう覚悟は
20年間の古狸らしく(笑)
持っている気がするし、

実際に、
これまでも、
失敗の責任は何度も負ってきているようだし。


ファンに対しては、
とても大事にしてる感じがします。

彼が大事にしてる言葉のごとく、
ファンを、
上におくこともなく、下におくこともなく、
同じ高さでぶつかってきてる気がします。
その独特のスタイルだからこそ、
疲れることは正直ありますが、


そういうのも含めて、

好みでなければ、
おわり。そんだけ。

そんなものだろうと思うし、
あちらも思ってるのではないかと。





私の場合は、

作品、
ひとつひとつがどう、
というよりも、

もし、
チャングンソクが、

作品や、
仕事を

「他人の気に入りそうなものを量産する」

「納得いかなくても、
忘れられないように俳優作品に出続ける」

「自分のスタイルではないけれども、
人目によく思ってもらえるようにやった」

「自分はイヤイヤ、しごとをやってるんだ。
人のためにやってるんだ。ファンや会社のためだけにやってるんだ」

「もう面倒だから、人のアイデアだけでお仕着せでやる」

「ああしたら成功したから、
あの人が成功したから、っていう保証ある安全なやり方だけやる」

と。
そんなふうにだけ、
言ったとしたら、

チャングンソクの。
真心。

感じられなくなるのかも。。。

そしたら、
笑って
オサラバ。
そんだけです。

ただ、
オサラバする、
としても

これまでに過ごした、
たのしい時間や
その他モロモロ。

すべては
他の誰でもない、
私の宝物なので、
感謝は消しません。





この1年間だけだけど、
これらの仕事。

ワーカホリックなんじゃないか、
と思ったりするので、

(多くのアーティストと呼ばれる人たちも
同じですねー)

彼の個人的な人生については、
もっとやれやれ、
もっとやりつくせ、
と思うようになりました。

仕事と個人的人生の
線引きについてのいろいろな
意見もありますが、

私にとっては、
身近にいるいろんなタイプの人をみながら、
そういう例もふくめて、
あのスタイルが×、とは感じられないので、

それよりも、

この人は、
こうやって、
スムーズじゃない道の中で、
表現者としてのエネルギーの出処。
を探っているかな、ととらえているので、

それにフタをしたら、
枯渇しちゃうかな、と。

そんな気がすることが多くて、

あ、
でも、特にこの部分に関しては、
私の考え方特有ですね。
違う考え方もたくさんあると思います。








最近少し変わってきましたが、
それでも基本的には、
俳優、がすきなので、

俳優作品を待ち望んでますが、

これは、
ただ待つだけ。

量産するために演じる、のは見たくない。

そんで、
なにより、

本人が、
俳優の仕事を大事にしてるのが伝わってくるし、
誰より、出会いを待ち望んでいる気がするから、

もう、あとは、
待つだけでいます。







これ。
全部。

チャングンソクのためじゃなくて、
自分のため、に持っている、
私のスタンスです。


チャングンソクが、
表現するもの、
いろんな経験を通して、
得た感情をつかって創るもの、
新しいもの、

を見つづけたいので。

全部、そういう、
自分の欲求のためです。



もっと、
管理統制されたアーティストも
たくさんいると思います。

どこまでが、
本人たちの希望なのかはわかりませんが、
そういう環境の中で、
作品をみせてくれるアーティストたちは、
もうちょっと、安心して、ハラハラせずに付き合えることもあるのかもな、
と思うことがあります。

だからって、
そういう人たちの魅力や努力が劣る、
とかは思ってなくて、

どの人も、
自分の今いる環境の中で、
ベストをつくして、
一生懸命活動しているアーティストたち。

であれば、
見ると、
心がじーんとします。





ただ、
私の場合は、

自分の感覚にぴったりくる、
興味深い、
チャングンソクを発見してしまったので、

この人の、
ジェットコースターに乗る、って
決めて、それでまあ幸せです。


そして、
私が、
こういうスタンス、自分のため。
ってしてるように、


チャングンソクにも
全部のこと、
最終的には
「他の誰でもない、自分のため」にやってる!!!
「それで、まあ幸せ」という、
スタンスでいてほしいなと。
これも願望です。








といいつつ、
最後に、

ここまで、
くどくどと
説明くさく、
書いたこと、

全部パアにするようですが、

一番信じてるのは、

自分の感覚。
です。^^;




いろいろな批判をする人。

と、

チャングンソク。



それぞれを想像したり、
感じたりしてみて、


どっちの感じが好きか、、、
どっちの顔、態度をコピーしたいか、、、
どっちの生き方をしたいか、、、


と感じると、

こたえは、
さら〜っ。
ぱぁ〜っ。

とでます。


あの、

こどもがそのまーんま大人になっちゃったような、
アメーバーみたいに自在にのびちぢみするような、
といいつつすごく経験しつくしてる老人のような、

究極の、
ひらたい(笑)
平和顔。

なんにでも
自在に変身しそうな
不思議人間。

ここでこそ、
使おう。
「すっとこどっこいな生き方」の芸能人。

チャングンソク。


理由のない、
感覚だけの答え。笑。

これだから、
ダメなんかもですね〜。私は。

また、、
嵐が起きるか。。。ㅜㅜ

まあ、
自業自得だ。。。。









「蓮のように
きれいな花が咲きますように。。。」


という言葉に、
本当に涙がでたし、

きっと、
いろいろ感じてらっしゃるんだろうなあ、

ともっとお話したいような気持ちになりました。


が、、、

お話するどころか、
わたしの話だけを書いてしまって、
ごめんなさいーー。ですね。




蓮って、
どろんどろんの中でも、
咲くんですよね。


咲き開く、
蓮の花は、


チャングンソク。
その人ではなくて。


私たち、
ひとりひとりの心の中で、

「わたし」っていう、

蓮の花が
きれいに咲き開いていったら、

それで、
もしかしたら、それが
チャングンソクにも同じように起きたら、


すてきなことだな
と思いました。


いただいたメッセージ。
大事にしますね。
Commented at 2013-05-01 02:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by megurin at 2013-05-01 06:24 x
おはようございます。
少しご無沙汰です^ ^
昨日怒涛の記事UPされてたので、
寝床で覗いてましたが、寝落ち。
朝一に、とてもスッキリさせてもらいました(^-^)
あれあれ?また私?
と感じてしまうほどの、共感です。
いや、私は思っていてもこんなに文字には
表せませんが、
aloeさんのこの文章を引き出させた
「蓮の花」を願ううなぎさんにも
とても心がほっとさせられました。
今は時間がないので、これだけ。
尖った剣ばかりが、ピックアップされがちですが、
裾野には、こんな低反発まくらのような
安心マットも拡がっていることを
なんとか彼にも知ってほしいと思う
今日この頃です。

Commented by aloetree at 2013-05-02 23:32
駆け込み寺。。。笑。と書いてくださった、「t」様。

あ、あ、ありがとうございます。笑。
でも、とっても、とっても、笑えてきました。

「駆け込み寺」って、、、、

一体、どんなんやねん!!??
グンソク、お前のつくってる、うなぎ国は、
どないなってるねん!!!???って。。。

けど、
ああやって、お言葉いただけて、
本当に感謝しています。

私は、
残念ながら、
グンソク親分のような、強さのある、直進人間ではなく、
ジグザグ迷走ばっかで、うざうざ日記しか書けませんが、
どうぞ、これからも、よろしくお願いします。

いろんな情報があふれますが、
グンソクさんは、長い時間、数年単位で見守ると、
おのずと、結果をだしてくれるな、ってこれまで、
何度も思ってきました。

気がむいたら、
数年スパンで、グンソクウォッチ!
ご一緒いたしましょ〜♡

あ、お嫌かしら??笑
Commented by terumi at 2013-05-06 22:39 x
「t」ことterumiでございます。
お返事ありがとうございます。恐縮です。
先日は非公開で大変失礼いたしました。^_^;

あれこれ飛び交う情報、
私もその都度時間をかけて腑に落として
前に進んできていますが
ここ最近はそのスパンが短すぎて考えがまとまらず。
そんな時にこちらに駆け込み
いつも初心に戻していただいては浮上しています。
本当に感謝しております。

私は俳優チャン・グンソクが大好きです。

いつだったかグンソク氏の言った言葉。
「最高だったことはないけれど
最善を尽くさなかったことはない。」
この言葉、胸に突き刺さってます。
いつの日か、年末の韓国の大舞台で
最高の瞬間を最高の笑顔で飾る
俳優チャン・グンソクを見るまでは
グンソクウォッチは止められません~。
韓国で認めてもらう。
今はこれが私の最たる願いです。

これからもヨロヨロヨタヨタすると思いますが
(すっとこどっこいにはさせられるに違いない!)
頼りにしております。宜しくお願いします。(^^)









Commented by aloetree at 2013-05-09 23:56
tことterumiさんへ。
ありがとうございます。
全然!こうやって、コメントいただけるだけで、
もー非公開でもなんでも、ええわー、です。
私こそ、お返事、適当なペースですんません。

あの、、、いただいたコメント、涙がでました。

やっぱり、
こういう時間を大事な時間として思い出にしていきたいので、
そのきもちを後押ししていただいた感じです。

私なんて、毎日毎日、
うなぎ国が平和な時でさえも、
ヨロヨロヨタヨタしてます。笑。
JKSワールドに目を回して、、、

terumiさん。
このグンソク氏の言葉。
胸に突き刺さった、、、っていう部分。
じーんとします。

その時の感覚。
それが一番、本物だあ。
他になんも、必要ないんですね、きっと。
自分にとっての本物、自分にとっての真実。
そんなものを大事に胸にふくんで、いけたら、
それこそ一番本当のこと。

いつの日が、
最高の瞬間を最高の笑顔で飾る、
その日が本当にきたら、

ぜひぜひ、一緒に!
もしか会場に入れなかったら、
会場の外でもいいから、
手をとりあって、わんわんおいおい、
変態うなぎ全開で、涙も鼻水もよだれも、
全力で出し切って、お祝いしましょー!ぜひ!
Commented by terumi at 2013-05-10 22:15 x
はい!!ぜひ!!喜んで!!
わんわんおいおい 一緒にお祝いさせてください。
近い将来、きっと訪れると信じてます。

本当はラブレインの出演が決まった時点で
昨年末の年越しは韓国の会場のはずだったのですけど
まさかドラマがあのような事態になるとは・・ゴニョゴニョ

授賞式でのうなぎに向ける眼差しって
いつもステキですよね。
所作も日頃の行儀悪さを微塵も出さず美しいし。
(褒めてます、一応。プッ)
昨年の百想芸術大賞のグンソク氏が
私の2012年度のベストショットでした。
もう眩しくて眩しくてうっとりしながらもうるうる。

それにしても、私も変態うなぎだと
どこでバレたのかしらん・・・^^;
ちなみに、私はゴヌの演技で堕ちました。
凄いわ、この子!!と。
キャラ的にも実はずっと ゴヌ>グンソク氏 
キッパリ(・┰・) ククッ 

何度もコメントすみませんでした。
これからも元気の出る記事、変態記事^^;
たっぷり楽しませていただきますね。
Commented by aloetree at 2013-05-12 17:22
terumiさん
いえいえ。
コメントにグンソク氏のこと書いて頂けると、
ほかのみなさんがどんなふうに感じているのか、
実感とともに知ることができるから、
とてもありがたい、追い風になります。
ありがとうございます。

変態同士。
では、おそらく、会場の外で!!!!ふふふ。
楽しそうです。

韓国(に限らないけど)の賞レース。
結構、コネとか。
出来レースの噂とか。
世間受けとか。。。
企業のパワーゲームとか。
最近も、そんなことから、
実際の賞自体の意義を問う記事がありましたが、、、

そんな中で、
ファンが投票する人気賞。みたいなのって、
(まあ、一人で何度も投票してたりするんだけど^^;)
なんか、いちばん、リアルな賞かもな、
グンソク氏には、そういうのが似合ってるかもな、、、
って、去年の百想芸術大賞のときは、
そんなこと思いながら、みてました。
なつかしいです。

でもでも、
演技賞!を受賞する姿。
ファンにとっては、悲願ですよね♡

あ!
わたしも、ゴヌがスタート地点です。
Commented by mari at 2013-05-12 23:46 x
悲願達成のためにファンは何をするのでしょうか。富士山に登って日の出を拝むとか四国巡礼とか・・・今は、スカイなんとかに上るとかロケ地巡礼?
Commented by aloetree at 2013-05-12 23:59
悲願達成のためにファンがすることは、1つです!

グンソク氏に負けず劣らず、
自分の人生で、突き抜けすぎてZikZin挑戦を続けること〜〜!!!!!
年齢も、環境も、性別も、国籍も、富裕の別も関係ない!
他人の目よりも、自分の直感が基準!
で、GOGOGO......

って、あくまで私のアホな意見。
本当にこれをやって、えらいことになっても、
自己責任で〜♪
by aloetree | 2013-05-04 21:29 | 私のスタンス | Comments(9)

JKSさん酔狂。


by aloetree