作品を
観終わったときに、

こころが
ざらっざら、ざわざわぞわわ、、、

正直
「もっぺん観るこたぁねーな・・・」
となるばかり。


・・・なのにもかかわらず、
その監督作品を何本も観てきてしまった理由。

この機会に、
あらためて考えてみた〜。


たぶん、
一番は、

興味とか
関心とかっていうよりも、

「覗き見趣味」みたいなもの。

これが
いっちゃん大きいなー。




あとは、

観終わったときの・・・

口だけじゃなくて、
頭も体も、

全身全霊
ぽっかーん、、、と

じぶんのなかのエネルギー貯蔵庫が
空洞空白になる感覚への「中毒性」。





それから。
この監督の作品について、
絶対に確信してる特徴として、


「絵」が、
しびれる。綺麗。

そこで語られているあらすじは脇においておいたとして(笑)

そこに写っている画面の
1場面1場面に絵画的な魂を感じる。

たしか、
まだ映画監督になるずっと以前に、
フランスで絵の修行をしていたって聞いたことがあるから、
そこで得た血が、映画作品にも流れてるんだろか。

以前のインタビューで、
印象的だった言葉に、
こんなのがあった。


「映画は1枚の絵のようなもので、
 そこには暗い色もあれば明るい色もある。
 それが調和して1枚の絵になるんです。
 映画と演技の関係も同じだと思います。
 わたしにとって映画とは、
 人間の謎やこの世の秘密を解き明かして、
 私たちに提示してくれるものです。
 そういった映画の世界観を作るために、
 俳優たちは努力して、演じてくれているんです」





それから。
それから。


音楽。

音楽が、
美しい、とか、
印象的、とかっていうんじゃなくて、

なんというか、

音楽が〜
脈うってる。

音楽=念、みたいで、
祈りがあふれてる。



いままでに観た作品群のなかで
がつっと忘れられない音楽は以下2つ。


*これから「悪い男」をご覧になろうとしてる方は観たらいかんです









  ↑
 宗教歌だそうです。
 この歌が流れる場面の絵といったら!!!!!!!!!!!!!!
 うつくしさがあふれて「夢」の視覚化といった風情。
 ありとあらゆるものが洗い流されました私は。
 すぐまた汚れた魂に戻ったけどw





というわけで、
わたしにとっての、

キム・ギドク監督の面影w








過去、
監督作品をおすすめした友人、妹たちから
感謝されたことはいっぺんもないー。
観ちゃった彼らからは、
「なんであんな映画すすめたんだ!」って
何年もたった今だに非難される。
とくに「悪い男」と「魚と寝る女」w。

まあ・・・
好き、も、嫌い、も
一種の「反応」だろ、

と、
とらえるならば、

そういう意味では、
この監督作品にかえってくる「反応」は
爆発的ってことだ(わたしの身内からは)










ある作品に出演していた女優さん。
「この女優さん、、、
 こんな作品体験を経たあと、
 いったい、どうやっていくんだろか・・・」
と、勝手に不安に思っていたら、

作品後、程なくして、
ひっそり女優を引退しちゃった。
まだ20代だったはず。

そんときは、

そうだよね。
大事なのは、
役者としての時間の長さ、じゃないよね。
役者として存在した、その「濃度」よね!

と自分で自分を納得させつつも、
大丈夫なんだろか、、、って、
ちょっと心配になっちゃった記憶。

(このひとのことがずっと気になってて、
 時々、検索してたんだけど、
 つい1年くらい前に、
 一般人としてだけど、
 現在の写真があがっていて、
 その表情がすごくいい感じだったから
 ああ、よかったな、ってうれしくなったのも
 ひとつの思い出)












ある作品の主演男優さんが語ってた、
印象的だったエピソード。

「映画祭のインタビュー会場で、
 ものすごい人数の海外の記者たちを目の前にして、
 そこにいた誰もが、もちろん、僕も含めて、
 "こんな話はありえない” 
 ”こんな男がいるわけない"
 と、当然みんなそう思ってるし、
 そういう答えを期待していたなかで、
 監督が
  "こういう男はいる" って
 当たり前のように、
 本心から、そう発言したもんだから、
 会場全体が、唖然、凍りつき。言葉を失った」
 みたいな話。











そんなこんなで、

世界有数の問題監督、
世界有数の賛否両論監督、

等々のタイトルをゲトした、
キム・ギドク監督。
















今回の作品に関して、
個人的に興味津々だな〜、
なポイントは。


過去、
キム・ギドク監督作品に対して、
異議や批判(悪い意味じゃないです。シンプルに批判)
を唱えていたことのある、

アンソンギさんが出演する!!!!!!!!!!!!!!

という、
驚愕的事実(下世話なわたしにとってはw)





キム・ギドク監督作品のなかで
繰り返し登場する、
印象深いモチーフ。


「喋らない男」
「喋らない女」

「喋らない存在」

というものが、
今回の作品にも
登場するのだろか。

という、

キム・ギドク監督と
喋らない存在、

への
好奇心。





わたしの独断で、
国内映画雑誌のなかで、
最高レベル!
と認定してる「映画秘宝」は、

独特の切り口で、
熱く熱く暑苦しく、

キム・ギドク監督を
追跡してきてるからして、、、

以前から、
この日記ブログに
私の夢、として雄叫んできた、

我がアイドル様が、
稀少俳優異常俳優気狂い俳優として、
「映画秘宝」に掲載される

という栄光の日が、
いよいよ現実になるかしら!?

という、
おそろしい不整脈的動機息切れ。














以上。

わたしにとっての
キム・ギドク監督 & エトセトラ。











そうさね。

楽しみ、
といっていいのか、
なんていったらいいのか、
よくわかんないや。


まあ、
こういうときこそ、
あれかしら。

lezgo......???






映画作品に関わる人たちが
魂こめてつくりあげるのは、

いつだって
たいせつな誰かの
「世界観」なんでしょう。

その世界観を
目の前にする時まで、

敬意のきもちの表現として、

しずかにしずかになんにもせずに
ただ、待ってるだけ、をしていようと思う。











リンク:

























たいせつな追記。

メッセージ、コメント。
ありがとうございました。

ひとつひとつお返事しないこと、
ごめんなさい。

いただいたお気遣い、おきもち、
うれしく、ありがたく。

ほんとに
ありがとうございました。


体調はまあまあ。

これからは(も?)

ほどほど
ゆるゆる
適当
いいかげん

そんな感じです。





# by aloetree | 2017-05-24 22:22 | あれこれ

JKSさん酔狂。


by aloetree