<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おたよりー。

おたよりおへんじ
ここに ↓







マカロニウェスタンwww
haXXちゃん様

マカロニウェスタン
チャールトンヘストン

www

なんて
なつかしくも
ノスタルジックな響きw
そして
むんむんおっさん臭満点な響きwww


いちばんのツボは、
ジュリアーノジェンマーーー!!!!

わたしは
ファンじゃなかったずら
ジュリアーノジェンマ
でも、
めちゃよく見てたずら
ジュリアーノジェンマ

もしかして、
haXXちゃん様とわたしの幼少期の愛読書は
同じだったかもしれないですな

ロードショウとか
スクリーンとか
夢中になって読みふけってた時代を
とてもなつかしく思い出してしまいました

わたしたち
もしか会うときがあったら、
話題沸騰なるテーマはきっと、
おやぶんネタじゃないな・・・
往年の銀幕スターネタだ♡


そうそう。
ロードショウもスクリーンもなき今、
わたしの映画愛読書は
以前も書いたけど、
「映画秘宝」です!

愛読書というより、
わたしのバイブルだ!笑

映画秘宝に記載されない限り、
ほんもの俳優とは思えない、
ってのがうちの本音なので、

そういう意味では
我が親分は・・

まるでだめ男、
なんだな、わたしのなかで
ほ。ほ。ほ。

たのしい記憶を呼び起こしてくれて
うれしかったずら。
haXXちゃん様♡










まXXちゃん
久しぶりだー!
ありがとうー!

ヘッドバンキングwww
してして♡

なんというかですね、
普段、親分だけにロックオンしてるときは、
親分を単体で観察してしまうせいか、

「お。ふくらんだなー」
「お。シュッとしたな」
とかって、
親分の伸び縮みみたいなものにしか
目がいかなかったりしちゃうんですが

つまみ喰いの世界で遭遇する親分は
いちいち新鮮で、
まったく想像もしてなかった形でふたたび、
おやぶんの罠にぶち落とされちゃったりしてる。
平和な春のきざしの毎日ですw

まXXちゃんも散歩してて
意外なとこに落ちてる親分確保したら
おしえてねーwww










上海帰りのぴよ様

ひさしびりですー。
相変わらず、マニアック道を歩いてるご様子。
さすが、ぴよさんー。

遠い昔のおやぶんネタはみつかりましたか?
なんだろう。
このブログのなかにあるものなんだったら、
いってもらったらすぐわかる気がするから、
なかなか見つからなかったら言ってくださいね。

あああ。
「大丈夫、愛だ」の話はあかんー。
考えるだけで泣けてくるw

キムギュテ監督ってすばらしいですね。

キムギュテ監督のドラマは、
最初にみたのが「パダムパダム」、

で、その次が、
「月の恋人 麗」で、

このドラマが、
ずしっとハードで、

視聴したタイミングが、
じゃっかん、おちこんでた時だったこともあって、
余計に、打ちのめされちゃったんですが、

それでもやっぱり、
あとからじわじわ感じてみると、
すごくやさしく胸に残るドラマで、

この世に
変わらないもの、
変えられないものなんてひとつもない、
と同時に、
この世ではなにひとつ変わることはないし、
変えることもできない、
んだけども、でも、それでも、
なにもかもが、なにものにも代え難い価値があって、
だから、
すべての流れは、ただその流れのままでそれでいいんだー。

みたいなものを
ビシビシっと感じられて、
こんなドラマ見続けたらヤバいかも、、
って、良すぎて不安になってw

ちょっと離れたほうがいいわ、
って思って、見たのが「大丈夫、愛だ」でしたw

ぴよさんの言葉を借りれば、

「大丈夫、愛だ」は、
ひとりひとりの存在そのものを
まるごと受け止めてもらえるドラマだとしたら、
「麗」は、
人が住むこの世の流れそのものを
まるごと受け流すドラマって感じだろうか。

確かに、
どっちも、ツッコミどころも満載だったけどw
そんなことかまうことないわ、、、って思える、
怒涛の迫力を感じましたよー

ぴよさんのお守りの言葉
書いてくれてありがとうー;;
それだ!それ!
わたしも、その言葉、
真似っこしてお守りにしてもいいすか?

あーあー
どうしてわたしはこんな遠いところにきちゃったんだろうかなぁ

「人はみんな自分の人生を初めて生きてるのにね」

この言葉から、
かけ離れたところにいる自分を感じて、
打ちひしがれる。
牛のように反芻してみますじゃ。

ぴよさんまたね。








by aloetree | 2017-02-25 13:20 | あれこれ | Comments(6)
相変わらず、
あちこちつまみぐい続けてます。


が・・・

つまみぐいの先々で、
ひょっこり出現する、

親分の摩訶不思議な軌跡

ぜんぜん関係ないはずの
映画やらドラマやらスター様をテーマにした
ブログやら記事やら。

そのなかに、

ひょっこり思わぬ形で
出現するチャン・グンソク様の
新鮮フレッシュさ、といったら、、、

そりゃもう、
もぎたて100%ですよーw


なんちゅーの。

おお!
こんなところにも!
キミ、書いてもらってるんかぃ!?

やや!?
ぜんぜん関係ないブログだのに、
チャン・グンソクネタが・・・
(ある意味、褒められてる…ような…)



それも
たいがい、

ええっ!?
そ、そこですかぃっ!
そんなポイント???
そんな描写ですかっ!?

・・・みたいな。




まあ、
ぜんぜん関係ない世界を旅してて、

ややや!
世紀の珍種発見!!!!???

と思ったら、

なんだ、
我らが愛する親分じゃないか・・・


そんな感じ。

つまみぐいしつつ
ひょっこり顔だす親分の描写に、
ニヤニヤが止まらない日々ですwww





的外れな私のツボは
伝わらないかもしれないけども、

ニヤニヤのおすそわけのつもり。
以下。









珍種発見事件簿①

あるスター様を偏愛するファンの方のブログでは、
そのスター様を主役にした妄想小説のなかにw
そのスター様のライバルとして、このコ登場しておったよwww

このコ

d0266590_20070591.jpg




















ヒッ!!!
って息が止まるかと思ったわ。
笑いすぎてwww









珍種発見事件簿②

またまた別のスター様を
偏愛し、その先行きを心配する、
ひとりのファンの方のブログのなかでは、
チャン・グンソク様突如登場。
こんなふうに描写されとったよ。

こんなふう
(ちょっと小文字にしとくw)

XXX(スター様の名前。伏せとく)の将来が心配だ
XXXはあんなにがんばってるのに、
どうして人気が出ないんだろう
どうしてあの魅力がみんなに伝わらないのかっ
XXXを理解してくれない一般大衆ってば、
ほんとに偏見だらけなんだから!!!
あああ、ぐんちゃんはいいなぁ
XXXもぐんちゃんみたいな性格をちょっとは見習ったらいいのになぁ
ぐんちゃんってば、堂々と
「ぼくは韓国で人気ない。嫌われてるの知ってるよ、ぼく」
って自分でラジオで言ったんだって。
XXXも、いっそのこと、ぐんちゃんを見習ったら、、
そしたら楽になれるのになぁ、、、






ええええええっ
そこっ!?
ええええええっ
ちょっとこれ微妙なんだけど!!!

って、
最初は思ったけど、

その方は、たぶん、
ぜんぜん悪い気持ちはなくて、
じぶんのスター様のことが心から心配で、
そんでもって、
こういう言葉をラジオで言えるぐんちゃんを
ほんとにうらやましいよ、、、って
そのまんま、それだけ思って書いてるのが
伝わってきたので、
ちょっと、しみじみしちゃった。

わたしから見たら、
そのスター様なんて、
うちの親分様よりかよっぽど、
安泰安心な道を歩んでらっしゃる気がするのだがw

うむむむむ
スターを想うファンの心とは、
母心?というかなんというか。

味わい深さ海底200万マイルw








珍種発見事件簿③


こんなブログ様もあった。



こんなブログ 

ぐんちゃんのドラマみたいんだけど、
みたら絶対ハマるのがわかってるから、
ひとりのスターだけでも手一杯だのに、
ここでチャン・グンソクにまでハマったら、
もうもうドツボだから、絶対見ない!!!
ああ、でも見たい!!!






個人的には、

ええええ!
見てあげてーーー!

って
コメントしたかったけど、

なんだか、
めちゃ気持ちがわかる、というか、
共感する部分も多々あったので、

そのままそっと
オサラバしてきたw






珍種発見事件簿④

あとは!
こんなうれしいブログもあった!

たしか、
IUちゃんファンの方のブログだ。

(歌手IUちゃんのファンで、
 基本的に歌は聞くけど、
 ドラマとか映画とかは
 ぜんぜん見ないタイプの方らしい)

こんな感じ

ドラマとかぜんぜん興味ないけど、
ひとつだけ好きで最後まで観れたドラマが、
「キレイな男」
いままででいちばん好きなドラマ。
IUはもちろんだけど、
ぐんちゃんもいて、すごくよかった。






これ読んだときは、
すっごいうれしかった!
うんうんわたしもすごい好きだよ
「キレイな男」
時間がたてばたつほど
「キレイな男」すごいドラマだったなー
って感心しちゃうのよ

って、
心のなかで、
コメントして、
そっとサヨナラしてきたw











というわけで、

つまみぐいの
あちこちで発見する、
おやぶんの微妙な気配に・・・

ニヤニヤエンドレスですwww







それから、
それから、

チャン・グンソクについての、
すごくすてきな描写も発見。

ファンならば、
きっとみんなが、
高速うなづきエンドレスになるはず!


それを書かれた方は、
ファンじゃなくって、
チャン・グンソク話も、
その1回だけだし、
かつ、
ずいぶん昔の記事なので、
びっくりさせたら気の毒だし・・・

と迷ったのですが、

あんまり素敵な言葉だから、
この日記の一番下に、
ひっそりリンク貼っておきまっさー。

興味あったら、

どうぞ、
ひっそりと
そっとやさしく、
聖なる乙女な気分で、
訪問してみてください。

ほくほくしちゃうのよ。
















今は、


夢中視聴中。




心もからだも
ガツンっとヤラれた、

「麗 月の恋人」は、
ハードな内容ではあったけd、

起承転結の話の筋というよりも、
お話全体の根底に流れるテーマみたいなものに、

今の私自身が、
すっごくすっごく
勇気をもらえたドラマだったので、

あー
めちゃめちゃありがとう!だなー
ちょっとこの感覚忘れられないなー

と思って、

で、
いちばん興味がわいたのが、
このドラマの監督様、
김규태さんで、


で、
いまさらながら、

「大丈夫、愛だ by 김규태






うぉぉぉぉぉぉ
ヤンイクチュンさんが出演しとったんかーいっ!!!!!!!



ヤンイクチュンさんの、
「息もできない」に言葉うしない、
「かぞくのくに」にも言葉でなかった。

そのヤンイクチュンさんの
疾走シーンのうつくしさ。

それから、
純粋の象徴としての
EXOのD.O.くん。

このおふたりを
観れただけでも
しあわせじゃよ。



「大丈夫、愛だ」

こんなやさしいお話が
あるなんて;;

わたし、
このドラマで、
めちゃめちゃ
治癒してもらいました。


あ〜〜〜
へんてこでもかまうことないんだ
いろいろあるけどそのままそのまま
なんくるないさぁ〜〜〜

って、
励ましてもらった感覚w


キムギュテ監督
だいすきだ。
「麗 月の恋人」も
「大丈夫、愛だ」も
ハードだけど、
染み込むやさしさ。
だいすきだ。



というわけで、
また、つまみぐい世界にダイブしてきまーす。




















*****


すてきな言葉を書いてくださったブログ様。
そっとそっと大事にご訪問くださいませ。












by aloetree | 2017-02-23 21:06 | あれこれ | Comments(4)
あいかわらずおやぶん関係なしつまみ食い記録ZIKZIN083.gif






劇場が暗転した瞬間、
通路側にひとりで座ってた私の左耳元に、

どうしたわけだか、
うしろのおっさんの左足が伸びてきやがって。

それがまた、
そのおっさん、
どうしたわけだか、
靴を脱いでいやがって、

っていうか、
靴だけじゃなくって、
おっさん、
どうしちゃったんだか、

靴下脱いだ生足(裸足)でありやがって・・・


「なんで、
 おっさん・・・
 この真冬に
 裸足なんだよーーーっ」

って、
衝撃とガックリの嵐で、

ふりかえって、
おっさんに詰め寄りたかったけど、

小心だから、
そんなことできなくって、

ああ・・・
映画観るどころじゃないよ
映画どころじゃないさーーっ
早く帰りたいーぜーーっ

と、
もんもんしながら、
スタートしたけど、

そんな
もやもや、
数分でふっとんで、

気づいたら・・・

おっさんの左裸足、
耳元に香ったまま、

エンドロール
流れとったよーーー!!!







というわけで、

おっさん生足の
威力も吹っ飛ぶ、

没入度抜群すぎだった、







観てからすこし
時間がたっちゃったけど
とにかくおもしろかったーーっ

7人それぞれの
キャラ立ち度濃すぎ。

観終わった瞬間、
淀川長治おじさんと水野春郎おじさんの
ふたりいっぺんに憑依されちゃったかも!?
・・・みたいな、没入ヘベレケ感覚✨













ヴィンセント・ドノフリオやら
イーサン・ホークやら
デンゼル・ワシントンやら。
若い頃からずっとみてる人の
こういう活躍をみてると、
ああ。
中年って素敵な年代だなー、
ってホクホクしちゃうよ。



ちゃんばら映画が好きだったら、
ぜひぜひー。

ちゃんばら映画じゃないけど。






ほんとに。
黒沢明監督の「七人の侍」が
何度もこやってリメイクされてるんだな、
って思うと、なんともいえずグググっ














あと。
イーサン・ホーク好きな人にはぜひぜひ。
たまたまもうちょっと前に観た
映画(マギーズプラン)にも
イーサン・ホークさん出てて、
あっちの映画みたときは、
「イーサン・ホークって、
 中年ダメ男専門俳優として圧巻の域に達してきたわー」
って感動したけど、
こっちの映画では
「イーサン・ホークって、
 独特よれよれカリスマぶりがこわいくらいだわー」
って感動しました。
すごいですね。

あ。
ビョン様もでててビックリしたw



























by aloetree | 2017-02-06 21:56 | 雑記ちょこちょこ | Comments(1)

JKSさん酔狂。


by aloetree