<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

[インタビュー]

私の耳にキャンディ
PDが伝える「チャン・グンソク キャスティングの理由」



記事入力2016.08.31




d0266590_20214668.jpg

tvNバラエティプログラム
私の耳にキャンディの유학찬(ユハッチョン)PDが、
俳優チャン・グンソクの交渉秘話を伝えた。

TVリポートに対し、
ユPDは、

私の耳にキャンディ、は
スターの知られざる表情を垣間みることができる
「秘密の電話」というコンセプトの番組という点で、
チャングンソクが最適だと思った、

と暗示した。
さらに、

チャン・グンソクは韓流スターだが、
同年代・30代と同じような苦悩や考えを
持っている気がした。

それだけじゃなくて、

チャングンソクと
一緒に仕事したことがあるスタッフたちからも、
私たちが抱くイメージとは違った、
素朴で少年のような姿がある、
という話もずいぶん聞こえてきた。

普段から、
母校の後輩たちに親切にメンタリング(指導)してあげるから、
後輩が非常によく従う、という噂も聞いたことがある。

他者とコミニュケーションしたい、
という意志がある人なんだな、
という気がしたので、
チャングンソクに交渉しようと思った。

と、付け加えた。

チャン・グンソクは俳優ユインナと共演している状況。
もちろん、受話器の向こう側の声の正体は知らない。
二人は微妙な線をキープしている状態だ。

ユPDは、

キャンディの選抜基準としては、
出演者との間で、
なにかが起きそうだったり、
メンター、友情、、、
などなどの化学反応がありそうな人をキャスティングした。

と話した。

ユPDは、

どうしても顔よりも声が主体になるから、
電話で聴いた時に、
出演者自身も心が惹かれるような良い声の持ち主なら
なおのことだ。

今後の放送では、
異性だけでなく
プロメンスとして同性のケミも登場する。

必ずしも、
何か、ロマンスに限らず、
友人、メンターなど、
多様な組み合わせが生まれる予定だ。

と自信を見せた。




by aloetree | 2016-08-31 19:59 | 워리를 찾아라!!!
私の耳にキャンディ、
いちばんの"キャンディ"はチャングンソクなんじゃないの?
甘い声+胸キュンコメント

2016-08-26 08:13:18




[スポーツ朝鮮ドットコム/イ・ジヒョン記者]

木曜日の夜、
視聴者たちをひそやかにとろけさせている
俳優チャングンソク。

匿名の相手と電話だけで共感を通わせる、
というスタイルのtvNスマホリアリティ、
私の耳にキャンディで、
チャングンソクの甘い声と甘い言葉が女心を直撃している。

中低音の音色で
スクリーンとテレビ劇場を魅了させてきたチャングンソクは、
'私の耳にキャンディ'でも、
視聴者たちの耳、さらには心までを存分に惹きつけている。

さらに加えて、
チャングンソクは、キャンディはもちろんのこと、
視聴者までをもノックダウンさせる甘いコメントを
よどみなく繰り出しつづける。

その相手が、
手に持った'電話機'である、という点が
視聴者の一層の感情移入のポイントだ。

チャン・グンソクの話、言葉、言葉は、
女性にとっての必殺ポイントに適用されている。

10代の頃、
最年少DJとして活躍したこともあるチャングンソクは、

正確な発音・発声、
そして感情の深みを非常に繊細に伝達し、
心に訴えかける力を濃厚に秘めた声、

という定評の持ち主。

特に彼は、
ドラマ"ファン・ジニ""ラブレイン"などのロマンス劇において、
数多くの名セリフを誕生させてきた。

セリフに惹きつけられてしまう彼の熱演と
ひと味ちがう響きのある彼の声が果たす役割が大きい、という反応だ。

そのような意味で、
私の耳にキャンディは、

チャン・グンソクの正直な本心を、
飾らない声で聞くことができるという点で特別だ。

視聴者たちも、
チャングンソクの声と言葉のせいで、
もっともっと耳を傾けててしまうのだ。

彼の言葉と目つき、
あらゆる部分で真心が感じさせられるからだ。

ユインナ、と明らかになったキャンディとの通話を通じて、
チャングンソクの甘い甘い声を思う存分味わうことができた。

新たなキャンディとのコミニュケーションではまた、
どんな言葉、どんな声音を聞く事ができるのか、期待が膨らむ。






私の耳にキャンディ、
舞台の外の、人間チャングンソクと
その彼を包み込むユインナ



2016-08-26 06:29:33



ひときわ輝く、
舞台を離れた、人間チャン・グンソクの正直さ。

そして、
その彼を包み込むユインナの思いやりも光を放った。

8月25日放送されたtvN
私の耳にキャンディでは、

チャン・グンソクと彼の'キャンディ'ハイグとの
甘い電話が続いた。

中国、上海にいるユインナ、
北岳(プガク)スカイウェイを訪れたチャングンソク。

モバイル メッセンジャーを通じて夜景写真をやりとりし、
一緒にいる、という気分を楽しむふたり。

夜景と夜に酔ったのだろうか。

チャングンソクは
自分だけのキャンディ、ハイグに
心の奥深くの思いを打ち明けて、
人間チャングンソクを見せた。

北岳(プガク)スカイウェイ展望台で
チャン・グンソクはユインナに、正直な本心を打ち明けた。

20才で最初の車を買って、
いちばん最初に来た場所がここ。

내가 스무 살 때 처음으로
차를 사고 제일 먼저 왔던 데가 여기다

車を飼ったら、
夜明けに運転してこなきゃ!と思ってた場所

차를 사면 새벽에 운전해 와봐야겠다고 생각했던 곳

と紹介した。
引き続き、

小学校5年の時、ソウルに上京してきた。
その当時、父親の事業が失敗して終わってしまって、
すっからかんでソウルに来た。

초등학교 5학년 때 서울 올라왔다.
근데 그때는 아빠 사업이 되게 안 좋게
끝나서 빈털터리로 서울에 왔다

と、
話しにくい話を打ち明けた。

過ぎ去った20代を振り返ると、
ものすごく短期間で成し遂げたことも多かった。
もっと若かった時は、苦労して育ったから、
お金をたくさん儲けて、家族を守る丈夫な垣根にならなきゃ、
と思っていた。

내 지나간 20대를 생각해보면
정말 너무 빠른 시간에 이룬 것도 많았고,
또 어렸을 때는 어렵게 자라서 돈 많이 벌어
우리 집을 지키는 튼튼한 울타리가 돼야지 생각했다.

だけど、
振り返って考えてみると、

あまりにも、
ずっと走り続けなきゃ、という思いばかりで、
20代で経験できたはずのことを
見逃してきたんじゃないかなと思う。

그런데 돌이켜 생각해보면 너무 앞으로 달려나가야 한다는 생각만 해서
20대에 가질 수 있었던 걸 놓치고 살아온 건 아닌가


と語り、
彼の世代らしい悩みを持つ正直な姿を見せた。

また、チャン・グンソクは

30になると、
すべてのものを眺める視点が変わる。

以前は、
きらきら光る人が好きだった。
華やかで、顔だってキレイで、
僕のそばで一緒にキラキラする様子を想像していた。
平凡な人よりも特別な人がよかった。

서른이 되니까 모든 것을 바라보는 시선이 바뀐다"며
"예전에는 반짝반짝 빛나는 사람이 좋았다.
화려하고, 얼굴도 예쁘고 내 옆에서 같이 반짝반짝하는 모습을 상상했다.
평범한 사람보다는 특별한 사람을 좋아했다

今は、
側にいる時、安心した気持にしてくれる人がいい。

僕がおもしろくて、
僕が楽しむことが最優先だったけど、

今は、
他の人を見つめる時間も惜しいと思うくらいに、
深く、永く愛したい。

지금은 내 옆에 있을 때
내 마음을 편안하게 해주는 사람이 좋다.
내가 재밌고, 내가 즐기는 게 1순위였는데
지금은 다른 사람을 쳐다보는 시간도
아까울 만큼 진한 사랑을 오래 하고 싶다

愛する女性ができたら、
本当にその人だけを愛したい。

내가 사랑하는 여자가 생기면
정말 그 사람만 사랑하고 싶다

と告白した。

ユインナは、

もし私が、
今から君を愛するとして、
今日から愛しても、
100年も愛することはできない。

長い時間ではないけど、

この人は今夜、
どこへ行って何するのかな、
私を愛してるのかな、ちがうのかな、

とか、
そういうことに苦悩して
悩まなければならないとしたら、
それは幸せな恋愛じゃないよね。

내가 지금부터 널 사랑한다고 치면
오늘부터 사랑해도 백 년도 못 사랑해주지 않나.
긴 시간이 아닌데
'이 사람이 오늘 밤 어딜 가서 뭐하지' '
나를 사랑하는지, 아닌지'
이런 데 대해서 고뇌하고
고민해야 하는 건 행복한 연애가 아니다

と話、
チャン・グンソクの考えに同調した。

またユインナは、

本当に純粋なんだと思う。
ちょっとくどいような話や
気恥ずかしいような話でも、

純粋だから、
ためらいなく話せると思う。

정말 순수한 것 같다.
조금 느끼한 말,
간지러운 말들을 순수하니까
서슴없이 할 수 있는 거라고 생각한다

(電話通話して)
君と一緒にいるような感じがして
うれしかった。

幼い時から
皆に注目されるスターとして生きてきた君が、
すごく心配だった。

人に言えない悩みで
苦しんでるんじゃないかと思って。

大衆のひとりとして、
チャングンソクを見ていた時には
心配していた部分が、
今日の通話で全部なくなった。

너랑 같이 있는 것처럼 느껴져서 좋았고,
어릴 때부터 모두가 주목하는 스타로 살아온 네가
많이 걱정됐다.
털어놓을 수 없는 고민으로 힘들어하고 있을까 봐.
대중으로서 장근석을 생각했을 때
걱정됐던 부분이 오늘 통화로 모두 없어졌다

と語り、
チャン・グンソクを癒した。

チャングンソクは
感動した面持ちで明るい微笑みを浮かべた。

d0266590_10524730.jpg











*****

先週も思ったけど。

やっぱり
「わたしの耳にキャンディ」星100コだたわw

電話・耳を通してつながることの魔法と
チスさん+おじさん+チャンさん+キャンディたちその他、
とのコンビネーションが生きてるわーぃ

電話の魔法。
電話の青春じゃな。














by aloetree | 2016-08-26 09:44 | 워리를 찾아라!!!
チャングンソクの心臓狙撃、
視聴者の"萌えドコロ"直撃!




元記事
2016.08.20 09:51:22




[今週のBEST&WORST]
一週間、
過ぎ去っていく数多のTVコンテンツ。

その中から、

知らないうちに、
"オンマの微笑み"がこぼれてしまった、
BEST場面と、

 ※オンマ微笑=そっと見守る風な微笑

思わず、しかめっ面になってしたった
WORST場面を紹介しよう。








今週のBEST :

<わたしの耳にキャンディ>
(8月18日放送)

チャングンソクにとっては「心臓狙撃」。
視聴者にとっては「萌えポイント直撃!」




男芸能人が匿名の女性と通話する。
顔も知らない者同士がわかちあうには、
歯の浮くような表現も多少ある。

しばしば、
愛情と友情の間を行き来するような。

とはいえ、
そこにあるのは、
ありふれたラブラインではない。

人と人、
あるいは、友人と友人。

彼らは互いに
話友達になっていくのだ。

去る18日、初放送された
tvN <わたしの耳にキャンディ>は
一風変わったプログラムだ。

チャン・グンソク、
ソ・ジャンフン、チスなど、
男性芸能人のために、
オーダーメード的な"キャンディ"を紹介しつつも、

そこには、
合コンや仮想恋愛としての定義は、
ほんの1%すら存在しない。

誰にも打ち明けることのできなかった
秘密や本心を話せる、話友達に近い存在、
と、紹介した。

それもそのはず。

<わたしの耳にキャンディ>の
オープニング字幕には、

"猫のひたいほどの世界"
"切実すぎるほどに誰かの温もりが恋しくなる"
"わたしの話を聞く秘密のともだち"

などなど。
共感できる言葉が並んだ。


チャン・グンソクといえば、
日本のファンだけで6万人、
中国のファンの規模は計ることさえできないほど。
自他共に認めるアジアのプリンス。

その生活は、
誰よりも華やかなものだが、

「電話が鳴らない」
ひとりぼっちのさびしい人間だ。

芸能人に限らず、
現代人というものは、

"携帯電話"という
小さな世界に閉じ込められていて、

ほんとうのともだち、
という存在を恋しく思うものだ。

実をいえば、
チャン・グンソク、ソ・ジャンフン、チスなど、
出演者たちに対してはあまり期待してなかった。

チャン・グンソクは"虚勢"、
ソ・ジャンフンは" 怒れるおじさん"という、
はっきりとした固定イメージがあるせいか、

それ以上の新しい姿を観られるのか?、
という疑問があったからだ。

しかし。
ふたを開けてみれば、

チャングンソクの
男性としての魅力、人間的魅力が
限りなく溢れ出してきた。

チャン・グンソクは、
ニックネーム"プリンセス ハイグ"と
カカオトークし、通話した。

本当に普通の対話ながら、
だからこそ、非常に特別な対話。

飼っている猫。
よく着ている好みの洋服スタイル。
30を迎えて生まれた悩み。
さびしさ。
いちばん好きな楽器。

など。

なにも恋人でなくても、
友人同士でも充分に成立できる会話だが、

ふたりの会話を聞いているだけで、
ワクワクし、胸がくすぐったくなってきた。

バラエティ的な醍醐味を全部とっぱらって、
まるで、チャン・グンソクが着ていた服のように
まっ白な純粋さを感じさせられるプログラムだった。


チャン・グンソクが
リアリティプログラムに出演したのも初めてだったが、
チャン・グンソクの悩みを聞くのも初めてだった。

過去、
メディアが集中してきたことといえば、
チャン・グンソクの虚勢の部分だけ。

しかし、
<わたしの耳にキャンディ>は、

30才

チャン・グンソク、

という存在自体を見せてくれた。

顔すらわからない女性と対話するだけで、
胸をドキドキさせて、ゲラゲラ笑うチャングンソク。

"鳥肌モノの"自分の言葉に、
自分でも恥ずかしくなって
テーブルに突っ伏してしまうチャングンソク。

などなど。

こんな人だったっか?
チャングンソクって!

と言わずにいられない姿が、
ワラワラと飛び出して来る。

たいしたことじゃないのに、
めちゃドキドキさせられるんだけど〜

という
チャングンソクの言葉どおり、

彼を見守る視聴者たちも
同じようなきもちだっただろう。

直接的に、
恋愛についての話をすることも
それほどなかったのに、

番組をずっと見ているうちに、

チャングンソクと恋愛したら、
どえらいLoveLoveドキドキ楽しそう・・・

と、
そんなことすら感じてしまった。

というわけで、
<わたしの耳にキャンディ>。

チャン・グンソクにとっては
心臓狙撃、

視聴者にとっては、
萌えドコロ直撃狙撃。

そんな番組だった。





****





d0266590_143259.jpg

写真 @AsiaPrince_JKS Twitterより

ちっと丹田あたりに力いれて座れや〜!!!
そのうち腰にくるで〜おやぶん
オンマ微笑どころかハルモニあら探しビーム眼なわたし







さてー
キャンディみて
あら探し100個してくるべー

おー
by aloetree | 2016-08-21 13:35 | 워리를 찾아라!!!
つづき。



写真家 Zo Sun Hi の "BAG 100"
 "写真家チョソンヒ、100名のスターと
  アフリカ少女学校に送る寄付写真 <100 Bag> 撮影”



元記事
2016.08.13




2009年から경일大学写真科の教授も兼ねているが、
学生には何を教えているのか?


考えることの方法、
アイデアを想起する方法、
自分自身を覗き込んで、表現する方法も。

写真というと、
世界を撮るように思えるが、

最終的には
自分の中を覗き見ることだ。

시나 영화を読んで、
浮かんできたイメージを撮ってこい、という。




技術的な部分は重要ではないか?


ライティングのルールは、
太陽は一つということ。

その太陽を
どんなふうに見て行くか、
というのは非常に主観的なこと。

太陽を観察して
どんなふうにして影をつくっていくか、
ということは自分の経験が教えてくれる。


どのように影を作るいく自分の経験が教えてくれる。」



自撮りを拒絶したり、
他人から悪口を言われた写真は?


国会議員のポスターを
15分で撮るというので、断った。

あまりにも
写真というものを無視していると思って。

"死"を記録したくて、
亡くなった祖父の写真を撮ったが、
親戚から「薄情な女」とずいぶん悪口を言われた。




意気消沈することもありますか?


日に12回は。

ただし、
私の長所は、

寝たら忘れて、
翌朝には、
もっとよい状態を描いてみる、
というところ。




今までに
いちばんうらやましかった人は?


女の子の一人っ子!

中学校の時、
副班長だった友人がそうで、

彼女の家で、
肉入りの醤油トッポッギを初めて食べて、
ショックを受けた。




チョ・ソンヒのしぶとい根性は、
母親からの遺伝?


父は14歳で亡くなった。
私は5人兄妹の3番目だったから、
いつも、欠乏状態だった。

だから、
余計に独立心旺盛になったんだと思う。




父親は、娘の人生にどんな役割を果たしたのか?


夢を植えてくださった。

お父さんは私に、

「お前は
 バクスンチョンのような人になりなさい」

と、そうおっしゃった。
当時の女性国会議員だ、

父親にしてみたら、
女性の中で最高だ、と思っていたようだ。

夜明けに5人兄妹を起こして、
낙동강を走らせたり、

週末には必ず、
土曜名画を見せてくれた。

家族が多くて、
子供の頃は、おばあちゃんの家で育ったが、
それを可哀想に思ったのか、
市場の中華料理屋で酒を呑むときも、
私を呼んで、ジャージャー麺を食べさせてくれた。

とてもとても
愛してくれたと思う。




d0266590_17412037.jpg




お父さんが今、
写真家チョ・ソンヒを見たら何とおっしゃろうか?


わからない。
ただ一緒に酒を一杯呑むんじゃないかな。




大人だ、と感じる時は?


ない。

先に経験した人。
そんな程度だと思ってる。

後輩にも
"おとなによく思われようとするな。
ただ、君の仕事をしなさい" と言ってる。



息子さんたちはあなたをどう思っているか?


ある日、
10才なった息子が私をじっと見て
「オンマはなんでノーマルにしないの?」
と、こうきたよ。

「オンマが、友達のオンマと違うから、
 恥ずかしいのか?」と聞いてみたら、

恥ずかしいわけじゃないが、
気になるときがある、と。

それからしばらくして、
自分も髪を金髪に染めた。

子供にあわせて生きていくことはできない。

それぞれが、
それぞれの個性のままに生きるんだから。




未来もずっと、
写真家として生きることができる?


当然。

人工知能では
代替できない職業、
30種類のうち2位が写真家だよ。

1位が画家と彫刻家、
2位写真家、

映画監督は11位ぐらいだった。

言ったでしょ。
写真はテクニックじゃない。




祝福された写真家だと思うか?


結果的に考えれば。

金の箸とスプーンを口にして
生まれるのではないことが祝福というなら、
祝福だ。




最後に。
プロジェクトを完遂して、変わった点は?


もともと
欲ばり者だったけど、

それが、
もうちょっとさらに、
イイ感じの欲ばり者になった。

その程度(笑)




d0266590_17474012.jpg









*****

zo_sun_hiさんより拝借
@zo_suh_hi



ハンイェリちゃんワンダフル♡

d0266590_1855198.jpg





モモのともだち癒しの緑風味イイ映画にでてますね

d0266590_1865520.jpg





プ101のチェヨンちゃん大きくなって

d0266590_1875999.jpg





野生が香る赤セジョンちゃん

d0266590_188252.jpg






箸休めにチャン

d0266590_1894624.jpg





いちばん好きかもw リュおじさん

d0266590_18101983.jpg





このままいける。アリス映画いける。ホントにかわいい!

d0266590_18105987.jpg





ビューチフル!!!

d0266590_18114156.jpg





わかりやすすぎる母娘かわいいw

d0266590_18122817.jpg





ひゃーこんな妖精になりたいわー

d0266590_1813734.jpg










 → カステルバジャック WEB


 → VOGUE KOREA 100 BAG ①




 → 호텔아트페어 AHAF 2016
by aloetree | 2016-08-16 17:33 | 워리를 찾아라!!!
この人のインタビュー記事は、
翻訳しながら、退屈を感じる瞬間が
まったくないー。
長さを感じないー。

次はなんていうんだろうー。
ってずっとワクワクしてるうちに
最後の文章にたどりついちゃう。

She is the zikzin HERO.
Zo Sun Hiさん。








BAG = 백 ( ベッk )
数字の100 = 백 ( ベッk )

韓国語だと同じ文字。

100のBAG =「백백」








Vogue Korea Cereb Interview
 「カバンとして生まれるとしたら」




JangKeunSuk
 「カバンとして生まれるとしたら」









写真家 Zo Sun Hi の "BAG 100" ①
 "写真家チョソンヒ、100名のスターと
  アフリカ少女学校に送る寄付写真 <100 Bag> 撮影”



元記事
2016.08.13



ジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャックのバッグと
ひとつになったスター。夢幻的な作品の世界を際立たせる。



d0266590_2350562.jpg



イ・ビョンホンが
写真家チョ・ソンヒのカメラの前でライオンとポーズをとった。
チョ・ソンヒはカステルバジャックと"アフリカ少女学校' プロジェクトのために
100人のスターをカメラの前に呼びあつめた。




まず最初に、
告白せざるを得ないことがある。

1年以上前から、
交渉に交渉を重ねてきた私からの電話に対して、
深遠な形で断ってきた気難しいスターや名士たちの数名を

写真作家チョソンヒの今回のプロジェクト
"100 Bag" の100枚の写真のなかに発見したとき、

興奮と同時に、
挫折を感じてしまったということを。



著名人を説得して、
自分のプロジェクトに参加してもらう、
ということは、実に難しいことなのである。

( 相手が大物の場合は、なおさらのこと)


交渉というものは、

媒体の力と
プロジェクトの意義だけではなく、

その間にある、
誠意と時間、
実力と運、
自分への信頼とまわりからのサポート、
相手側のリスクを引き受ける覚悟と勇気、
利益配分など、

が変数として反映される、
高度で複雑な方程式なのだ。


大韓民国で、この方程式を
いともたやすく解決してしまう人物。

私が知る限り、それは、

tvNのナ・ヨンソクPD、
MBCのキム・テホPD、

そしてもうひとり、
写真家チョ・ソンヒではないだろうか。


芸能人であれ、政治家であれ、
現在、名前が知られているセレブリティたちは、

ナ・ヨンソクと
キム・テホ、

そして
チョ・ソンヒから、

僻地、山奥、
あるいは島の村に呼ばれ、

「洗面器に足だけ突っ込んどいて」

と、
そう言われたとしても、
それに応じるだろう。


理由なぞ必要ない。

彼らが有名だから、
というだけでなく、

彼らがつくるコンテンツの影響力を
信頼しているからだ。



こうして、

イ・ビョンホンから
チャン・グンソク、
キム・ヘスまで、

イ・ウェスから
박칼린, 구본창まで…

チョ・ソンヒの写真の中に登場する
当代のセレブリティたちは、

たった1つのプロジェクトに
集まるものとしては、

とうてい
考えられないメンバーであるにもかかわらず、

"この場所に、
自分が参加しないあんてあり得ない"

とでも言うように、

余裕しゃくしゃく、
余裕たっぷりな表情で立っていた。


いったいなぜだ?


トイレに行く時間すら
惜しまれるようなイビョンホンが、

真夜中に、
西大門自然史博物館に潜入して、
ライオンを引き連れているとは、

これは
いったいどういうわけだ?


イ・ウェス先生が
江原道で天使の翼をつけ飛び回り、

オム・ジョンファが
江華島海に駆けつけて、
白馬の手綱を握りしめている。


これらすべては、
なぜなのか?



d0266590_0233915.jpg


オム・ジョンファ。
馬と撮影したかった、といって、
1カットの写真のためだけに江華島の海辺まで同行。




d0266590_026025.jpg


女優キム・ヘス。
オム・ジョンファと同様、どんな状況であろうと、
フォトジェニックな表現をやり遂げる最高のモデル




d0266590_027751.jpg


カン・ヘジョンとその娘・ハル。
カゴに食べ物をのせて行く田舎のおばあさんと少女、
というコンセプトで撮影




d0266590_029312.jpg


韓流スター、チャン・グンソク。
誰もが、心臓にクモの巣のいくつかは張りめぐらして生きるものだ




写真作家チョ・ソンヒに会った。

20余年間、
ファッション写真系で
仕事をしてきたスター写真家。

金髪に石炭のごとく黒い肌、
パワフルな声、
こらえきれない爆笑。

初対面から
被写体を圧倒してしまう。

過剰なほどの
存在感をもつ女丈夫だ。


一度会っただけで
まるで100回会ったかのように、

一気に相手を
友情の秘密地帯に魅き込んでしまう。

痛快な社交家。


「あなたによく思われたい」
 という乳児的な欲求と、
「あなたに利益を与える」
 という成人らしい外交術を

同時に駆使する
プロフェッショナル精神が、
彼女に、現在の地位をもたらした。


とはいえ、

今この瞬間、
風が吹きすさぶ戦場に投入されたとしても、
カメラのシャッターを押して前進あるのみ、

という
" 純然たる情熱"も持ち続けている。


これまで、
チョ・ソンヒとともに
数多くのスターを撮影してきた。

ハリウッド俳優
ジョシュハートネットから、

中国俳優
ヤン・ジョウィまで。


とりわけ
記憶に残っているのは、

海雲台の海辺に
巨大な野外セットをつくり、

ジョシュハートネットに会った時に
彼女がした話だ。


アーユージョシ?
  (Are you Josh?)
アイアムジョシ.
   ( I am Zo - shi = わたしはチョ(ジョ)さん)
ウィーアーザ ジョンシ.
  ( We are the 종씨 = わたしたちは同性)

ウハハハ!



d0266590_0433685.jpg



以下。
Zo Sun Hiとのインタビュー。



Bag に関心があったのか?
100に関心があったのか?


ふたつとも、両方。

ジャンシャルルドゥカステルバジャック、
というフランスのデザイナーから
インスピレーションを受けたBag ブランドだが、

ランチングを知らせる
広告グラビアの依頼が、私のところにきた。


冗談のつもりで、

「Bag 백 ( ベッk ) ってことなら、
 100백 ( ベッk ) 人のセレブに
 出てもらったらくれたらいいかも!」

と言ってみた。

巷にありふれた広告みたいなものじゃなく、
クライアントの干渉を一切受けずに、

Bag 백 ( ベッk ) と
100백 ( ベッk ) 人とを組み合わせた
美しい写真を撮ってみたかった。




カールラガーフェルドが、
ソンヘギョをはじめ、世界中の有名人に
シャネルの"リトルブラックジャケット"を
着せて撮った写真展があったが、

あれは、
強いパワーを誇るファッションブランドが、
スターを指名したプロジェクトだった。

今回の100 Bagプロジェクトは、
だれもが「不可能だ」と思った作戦だったと思うが。


軽はずみだよね。
私の口ってば (笑)

100枚の写真を
どんなふうに違えて撮るかよりも、

100人に
どうやって交渉するか、が鍵だった。




結果的に、
彼女はその仕事をやり遂げたのだ。



あらゆる面で、
完全に新しい経験になったのでは?


最初に、

これが
やる価値のあるプロジェクトだろうか、


周りの人たちに聞いてみたら、
みんな首を左右に振った。

ダメだ、
ってことだよね。

そこで
自分に聞いてみた。

Bagと人を撮る、という、
その本質はなんだろうか?
と。

Bagといえば女性の持ち物。
その最初の行為といえば、
Bagをもって"学校に行くこと"だ。

だったら、この写真は、

自分だけのBagを持ちたい、
と願っている
少女たちのために使うべきだ、と。

そこで、
同時にスタートさせたのが、
アフリカの少女学校に送るプロジェクトだ。

写真を通して発生する
あらゆる収益を

100人のスターの名前で、

アフリカ少女学校プロジェクトに
寄付する、というもの。

お金を出した企業は
良いイメージで名前を知られ、
スターは善良なことに参加し、
私はクリエイティブな作業をするわけだ。

そのかわり、私は
すべての責任を負けなければならなかったから、

写真が
商業広告で使われないように契約書を書いたり、
と、過程がかなり複雑だった。




d0266590_142115.jpg

タレント Samuel Okyere、俳優ファンミヨン、
タレント ホン・チンギョンと娘キムラエル、
俳優リュ・スリョン、俳優ハン・ジミン、俳優ムン・ジョンヒ





ブランドからの干渉は全くなかったのか?


全くない。

これって、
下手をしたら、

カバンを持って
格好をつけただけの写真になってしまう。

そんなのは
撮っても何の意味もない。

私は、
このプロジェクト全体を
"こどもの目"で眺めてみたんだよ。

子供の視線で見た世界。

カステルバジャックの絵にも
童話的な色彩があって。

だから、
今回の作業全体が、
非常にファンタジー的だ。




100人のスターにどうやって交渉したのか?


手伝ってくれる、
という何人かに、
プロジェクトのことを伝えた。

映画の広報社代表、
歌手ペクジヨンなどなど。

みんなが、
とてもよいことだ、といって、
私のかわりに立ち上がってくれて、
エサをまいて、交渉をサポートしてくれた。

やってくれた人たちが、
"楽しい経験だった" といってくれて、
他の人を推薦してくれる、

そんな風だった。




そうはいっても、
100人を25日で撮るなんて、
"ミッションインポッシブル"だ。
交渉の主導権を握った秘訣は?


まず、
みんなの心を動かしたのは、
「寄付」という点。

私自身も、
絶対にやり遂げたい、
という気持が強かったし。

あまりに
お願いします、、的な気持で、
低姿勢で行くよりも、

自信たっぷりに、
「いいことなんだからやって!」
と言ってみたら、
説得力も増したよ。

毎日明け方4時に起きて、
人々を思い浮かべては、

どんなふうに彼らを撮ろうか、
と考えていた。




スタートを切ったのは誰?

小説家イ・ウェス先生だ。

イ・ウェス先生の撮影を通して、
「良い縁というものは
 幾重にも積もらずにはいられないものなんだ」
と悟った。

ある女子高生が、
私が映画"동주"の
ポスターを撮ったことを知って、

ユン・ドンジュの
詩集超版本をプレゼントしてくれた。

その子が、
うちのスタジオで
インターンをしたいといって、
2週ぐらい受け入れたが、

そのあと、
インターンをイウェス先生のところでする、
というものだから、

ひょっとしたら、、、
と思って、
文書を持っていかせたら、
OKサインがきた。

最初が良かったから、
ますます自信がついた。



※映画「동주」ポスター
d0266590_15355267.jpg






d0266590_1274853.jpg


小説家パクボンシム、小説家イウェス、
俳優デビッド・マックギネス、俳優シンハギュン、
俳優チョン・イル、ミュージシャン タブロ





イ・ビョンホンと
キム・ヘスに交渉したといえば、
もうそこで
ゲームエンド、という気がする。
他のスターたちにとっては、
見上げるしかない
憧れ中の憧れのスターじゃないか?


ハハハハ。

殺人的スケジュールの状況で
参加してくれたのでありがたい。

イ・ビョンホンは海外撮影の途中、
韓国に戻った2日のうちの1晩を私にくれた。

キムへスは、
映画の宣伝スケジュールの合間に、
どうにか時間をあけてくれた。

だけどね、

仕事の主旨を
理解してやってくる人は
なにがどうであったって、
やってくれるもんだ。

「やりたいにはやりたいけど、
 忙しすぎてて・・・・・」

・・・こんな調子の人は、
どれだけ粘ったところで、
"やろう"という心がない人だ (笑)




イ・ビョンホンの
写真は何というか・・・
ちょっと笑ってしまうほどに荘厳だ。
以前、イ・ビョンホンが
映画で大便するたびに大ヒットだ、
と分析したことがあるが、
この写真もやっぱりそうで、
悲壮だけど、どこか笑える。
アイロニーが感じられる。


イビョンホン、
というと、"王"を思い浮かぶ。

孤独な王が
ライオンを伴侶の犬のように連れて
散歩しに行く、という感じ。

真夜中に
西大門の自然史博物館を借りて撮影した。



感動的な態度をみせてくれたスターも
たくさんいたとか。


タイガーJKとユン・ミレ夫妻。

タイガーJKが急に、
椎間板ヘルニアの手術をして、
撮影当日には
点滴や血糖値の機器をつけたまま現場に来た。
服で隠すようにして写真を撮った。

なにが凄いって、
なんとしてでも
スケジュールに合わせて、やるんだ、
という意志を見せてくれたことだ。




スターを撮るスター写真家、
チョ・ソンヒのブランドパワーを確信した瞬間だね。


人生を無駄に
過ごしてきたわけじゃないんだな、
そんなふうに思った。

ほとんどは、
どんなに小さくても私と縁がある人たちに
最初に連絡をいれた。

今売り出し中のガールズグループ I.O.Iの
キムセジョンとジョンチェヨンは、
大学の同級生KBSソスミンPDが交渉してくれて。

本当に、
周りの人たちにすごく助けてもらった。

最後には、100人を超えてしまって、
スターリストを削らなければならないほどで。

多様性を重要視していたから、
科学者、スポーツ選手、作家、
バレリーナ、デザイナーなど、
多様な人々にプロジェクトに参加してもらった。




d0266590_15543825.jpg


俳優アンジェヒョン、モデル イヒョンイと娘ホンユンソ、
俳優アンジェホン、バレリーナ カンイェナ、
武術監督チョン・ドゥホン、音楽監督パク・カーリン





有名度合いに関係なく、
写真的な観点から、美しいと感じたベスト7は?


浜辺でピアノを弾くイ・スンチョル、
白馬を抱いたオム・ジョンファ、
マイクの雨の中に座るペク・ジヨン…等。

挙げようとしたら数えきれない。

中でも、
ミュージカル端役俳優出身のファンミヨン。
先日、映画「グッバイシングル」にも出ていた…、
太っているけど、すごく小さなBAGで撮った。
そういう型通りでない姿が、本当に美しい。

「太陽の末裔」に出ていた
デビッド・マックギニスは、
15年前に一度会ったんだけど、

その記憶から、
夜中に会って撮った。

ハーフの人を撮影してみたら、
黒人も一緒にいたらいいなと思った。

頭にタコをのっけた、
タレント Samuel Okyereの写真は、
特に気に入ってる。

映画「クロウ」のコンセプトで撮影した
「黒いカラス」のTabloも好きだし、

彼の妻カン・ヘジョンと
娘ハルを撮影した写真は、
ものすごく気に入ってる。

おばあさんが籠をのせて行く姿を
思い浮かべながら、母娘を撮った。




道路のど真ん中で釣りをするリュ・スリョンや、
バニーガールコンセプトのハンジミンもユーモアラス。
俳優たちが、欲張ることなく、
気持よくコンセプトに入り込んでいる、という感じがする。


遊び心をもって
自分自身のことを眺められる、
という余裕は非常に尊いもの。

特に、ハンジミンは、
1コマだけしかない撮影なのに、
自分の顔を覆ってしまう
仮面のコンセプトを選択した。
珍しい姿勢だ。

蜘蛛の巣を突き抜けて出てくる
チャングンソクの写真にも愛着が湧くね。
誰だってそうでしょう。
心の中に蜘蛛の巣の何個かは、
垂れ下がってるもんじゃない?(笑)




被写体と写真家の関係において、
いちばん重要なことは?

信じること、
そして、リラックス(安心)できること。

とはいうものの、
写真っていのは、
じゃっかんの居心地悪さを通り抜けるからこそ、
よい写真が出来上がる、ということもある気がする




d0266590_16252393.jpg


俳優カンハヌル、歌手I.O.I.キムセジョン、
歌手イ・スンチョル、歌手コン・ミンジ、
モデル キム・ヨンウン、歌手シスターボラ




特に幸せだった記憶は?

ほぼずっと幸せだった。

20年も商業写真を撮ってきて、
幸福感も減るんだけど、

今回の作業に関しては、
誰の機嫌に合わせるわけでもなく、
たのしく一緒につくった仕事だったから。




このプロジェクト成果が、
アフリカの少女たちの学校のために
純粋に使われる、と確信していますか?


当たり前!

かステルバジャクのブランドから、
受けとったお金を
Save the Childrenキャンペーン"School Me"に渡す。

まずは5000万ウォン。

それから、
AHAFアジアホテルアートフェアに展示して、
写真が売れたら、その収益のすべて、

そして、
写真集販売収益金のすべてを寄付する予定。




芸術の好循環といったところ?


ブランドは、
このプロセスが広く知られることで、
目には見えないマーケティングの利益を得る。

スターは、
新しいビジュアル体験に加え、
アフリカの子供たちを助けられる。

私には
作業が残って、
アフリカ少女学校に行く機会を​​得る。

みんなにとって良い。




普段から
寄付としてやってきたことはありますか?


母親になってから、
社会貢献に関心が強くなった。

造船所の家の子供たちの
生活費をサポートしたり、

グッドネイバーや
セーブ・ザ・チルドレンなど、
社会団体での写真の才能寄付活動は
ほとんど関与してきた。

アフリカやインドにも
何度も出かけた。





d0266590_16382565.jpg

俳優ソン・ユナ、科学者ジョンジェスン、
俳優ハンイェリ、写真家グボンチャン、
デザイナー ジンテオク、俳優チョン・ギョンホ




カステバジャックとはどんなブランド?


ファッショングループ
ヒョンジエスクァイアで発売する
新しいバッグブランドだ。

フランスのデザイナー、
ジャン・シャルル・ド・カステルバジャクと
コラボレーションするということだ。




職業人としてチョ・ソンヒはどんな人?


新しいことを楽しむ人。

恐怖も多いが、
その恐怖を乗り越えた人。

わざわざ自分から、
100人を交渉して撮影するストレスを勝ち抜いた人(笑)。




d0266590_16422048.jpg


写真家は被写体としても最高。
ジャンシャルルドゥカステバジャクの
「100bag」プロジェクトの1人として参加したチョ・ソンヒ。




M・スコット・ペックという
著名な米国の精神科医が、
"怠惰、傲慢、恐怖"を人間の3つの罪としているが、
該当するものなあるか?


うーん…

私は、、、

無防備状態の時間が我慢できない。

山寺体験みたいに、
際限なく怠惰になる時間ならまだしも、

基本的に
ずっと行動していたい。

傲慢というのは、
場合によっては、
自信に変わる気がするし、

恐怖も、
そこにハマっているとしたら、
罪になるだろうね。
乗り越えてやろう、というタイプ。




成功した人々にとっては、
傲慢をコントロールすることが、
人生の第2ラウンドの核心だといえる。
写真家として人気絶頂の時に、妊娠して、
ニューヨークに行ったことが影響を及ぼしたようだが。


10年前、36歳で。
あのとき、セーブしないで、
そのまま仕事をしていたら、
すごく傲慢な人間になっていただろうと思う。

ニューヨークで赤ちゃんを産んで
帰ってきてみたら、私の居場所がなかった。

とっくに、
若くて革新的な写真家たちが
登場して、活動していて、
写真界はデジタル化されていた。

ゼロからのスタートだった。
1年半、仕事がなかった。

あの時、
罪を犯すところだった。

恐怖という罪。

あまりにも怖くて、
もう写真をやめてしまおう、
と考えたりしたから。




d0266590_16544888.jpg


2006年の夏、
すべてをストップしてNYで出産したチョソンヒ



自信を取り戻すきっかけはあったんですか?


そんなものはない。

とにかく、
写真以外にできることがなかった。

できる。
やれる。

そんな気持だけで
続けてきた。

写真家の友人たちに聞いて、
機器も買って、

新しいデジタル技術を身につけて、
ちょっとづつ適応していった。




写真家としてチョ・ソンヒは、
スタイルの面で、
アメリカVogueの伝説的な写真家、
アニー・リーボヴィッツと比較されたりする。

巨大なセットで
スターを映画的なビジュアルで再現する、という部分。

ところが、
アニー・リーボヴィッツも初期には
「ローリング・ストーンズ」に通って
ヒッピー生活をして、
ドキュメンタリー記録写真をたくさん撮っていた。

代表的なのが、
ジョンレノンとオノヨーコの美しい裸の写真。

あなたにも
そんな時代があるんじゃないか?

装飾的なスタジオ撮影よりも、
現場で自然に表れる人物の輝く一瞬をつかみとった時期が…

延喜洞の家の壁を背景に、
しっかりと手を握る 서정주詩人夫妻や、
バイオリニスト チョン・ギョンファが、
楽屋でメイクをする写真を特に思いだすが。


文字通り、
最も写真家らしかった時代だ。

アニー・リーボヴィッツも私も、

クライアントがどれほど巨大なセットと
お金を用意してくれたところで、
その時、そのモーメントを
捉える写真を再現することはできない。

カメラのシャッタースピード125分の1秒、
それに命をかけた美しい時代だ。

今では、
セット撮影をたくさんするけど、

ずっと、
その本能と直感は残っている。




d0266590_175247.jpg






  → (2) へつづく
by aloetree | 2016-08-16 01:35 | 워리를 찾아라!!!

JKSさん酔狂。


by aloetree