<   2014年 03月 ( 43 )   > この月の画像一覧

[@Style 創刊2周年]
創刊からスターらと共にした12人のフォトグラファー



元記事


去る2年間、
数十人のスターたちと共に
変化の激しいソウルの四季を画報におさめた
12人のフォトグラファーを紹介する。

雪が降る日も、
雨が降る日も、

画報の中だけでは
やや暖かい春のひざしと雰囲気を
作り出してきた主人公だ。

いま一度。
Thanks.


▲チョ・ソンヒ

<@Style>創刊号を飾ったチョ・ソンヒ室長。
その名前一つだけでも
信頼をあたえるフォトグラファーのうちの一人だ。

彼女がいたからこそ、
零下10度を下回る寒い天気だったにもかかわらず、
チャン・グンソクの画報は、やや暖かい春のように
映し出されることが可能だったのだ。

この他にも
最高の大勢男キム・ウビン、
イ・ジョンソクの画報も、
やはり彼女によるものだ。


d0266590_19451260.jpg


d0266590_1945374.jpg




(以下省略。すいません)



*****

[創刊2周年を祝うメッセージ]
キム·ヒョンジュン、ユン·ゲサン、チャン·グンソク
ソ·イングクB1A4、イ·ジョンソク、シャイニー、、、


元記事

(グンソクさんのだけ)

d0266590_19541090.jpg





*****


関連の日記
 「チョソンヒさんによる @Star 撮影もろもろ」


d0266590_19485663.jpg

by aloetree | 2014-03-31 19:49 | Zo Sun Hiさん | Comments(1)

動画/ DREAM JOURNEY IN JEJU_#1

DREAM JOURNEY IN JEJU_#1


Eng



Jpn



Kor

LOTTE DUTY FREE様



*****

グンソクとシネ、済州旅行の始まり。
2人は広くて青い済州の海を見ながら何を思ったでしょう?
済州の香りをいっぱい含んだ風が吹くオルレ道から。

 〜LOTTE免税店Facebookより〜

d0266590_19352984.jpg

d0266590_19324091.png


d0266590_19332122.jpg




d0266590_19301654.png

d0266590_19343096.jpg

d0266590_19334785.jpg

d0266590_1934852.jpg


d0266590_1934581.jpg



d0266590_20203939.png

d0266590_2021389.png



*****

 → DREAM JOURNEY IN JEJU_#1
 → DREAM JOURNEY IN JEJU_#2
 → DREAM JOURNEY IN JEJU_#3&4
 → DREAM JOURNEY IN JEJU_#5




画像twitterよりお借りしました
by aloetree | 2014-03-31 19:30 | 動画/その他 | Comments(1)

動画/ Masterpiece of You


장근석(Jang Keun Suk)_너라는 명작(Masterpiece of You)

daalcom様



daalcom様作成動画
いっつもすばらし。
ありがとうございます。



d0266590_19232211.jpg

d0266590_1917287.jpg




画像twitterより
by aloetree | 2014-03-31 19:24 | 動画/Fan Made | Comments(0)

チョソンヒさん。vol.18

チョソンヒさんのこと。
1) http://aloejks.exblog.jp/19285643/ 最初の撮影
2) http://aloejks.exblog.jp/19310270/ BSX 写真
3) http://aloejks.exblog.jp/19322797/ グンソクさん写真いろいろ
4) http://aloejks.exblog.jp/19323108/ ELLE 2008
5) http://aloejks.exblog.jp/19286558/ Addiction 写真
6) http://aloejks.exblog.jp/19323293/ Addiction 対談
7) http://aloejks.exblog.jp/19286079/ Addiction 対談
8) http://aloejks.exblog.jp/19286315/ Addiction 対談
9) http://aloejks.exblog.jp/20494517/
10) http://aloejks.exblog.jp/19592988/
11) http://aloejks.exblog.jp/16757725/ ELLE 2009
12) http://aloejks.exblog.jp/19725006/
☆ "ただ隣にいる人に関心を注いでください" チャングンソク
13) http://aloejks.exblog.jp/17856153/ Bague 記事
14) http://aloejks.exblog.jp/17003428/ Bague Making
15) http://aloejks.exblog.jp/17854076/ Bague 本編
16) http://aloejks.exblog.jp/20495478/ @Star写真
17) http://aloejks.exblog.jp/19457046/ 対談動画 OLIVE SHOW



*****

※グンソク度
 薄い日記です。



チョソンヒさん
インタビューのうち

いちばんすきなやつ。


読んでると、、、

この
インタビュー。

チャングンソクが
答えてるのか???

という錯覚。


記者さんが
チョソンヒさん
に対して使う
修飾語も、
チャングンソクのことか?

と、
彷彿させる
単語がたくさん。



*****

倭館(ウェグァン)田舎の女。

グンソクさんが

チョソンヒさん
に贈った歌の
タイトルも、

これでした。


d0266590_2231183.jpg




日本語字幕つきの上記動画



*****

心のままに撮れ。
‘倭館(ウェグァン)田舎の女’ -チョ・ソンヒ



元記事
09-01-08


d0266590_22202355.jpg


写真作家チョ・ソンヒ。
彼女を紹介するのに、
これ以上の修飾語が必要だろうか。

多くの芸能人を撮影して、
その名が知られたが、

今では、
芸能人以上に有名になった写真作家。

当代最高の写真作家のもとで
写真を学び、

今や
その師匠以上に
たびたび世間の噂にのぼるようになったアーティスト。


よどみなく、
堂々とした態度。

その率直さ。

そして、

あふれんばかりの
遊び心。


すべてが、
ひとつになった
エンターテイナー。



本人が表現するままに言うならば、

‘倭館(ウェグァン)田舎の女’


チョ・ソンヒは、
今、
彼女の人生最高の
ピークをむかえているのではないだろうか。


#1
灰色の建物に似たチョ・ソンヒ。


ソウル江南区、
ノンヒョンドンの住宅街。

灰色コンクリートの壁体と、
1階から4階まで
すーっと伸びた階段が
印象的な建物の4階に、

写真作家チョソンヒの作業場
「チョアチョアスタジオ」はある。

決しておしゃれではないが、
すてきな建物。

インタビューをしてみて、
感じた彼女自身のイメージととても似ている。

高さ3mは越えるとみられる、
途方もない鉄門を
開いてスタジオに入ると、
すぐに彼女の作業空間が目に映る。

二十坪位とみられる
復層構造の作業室。

さほど明るくない照明と
古いビニールソファ。

たぶん、
壁面に
両面テープでぎっしりと
貼付けられた有名人の写真がなければ、

間違った場所を訪問した、、
と戻ってしまったかもしれない。

薄めのコーヒーを
マグカップにいれて、

タバコと灰皿を
テーブルのうえにおいたまま、
心底リラックスしたきもちで
インタビューをスタートした。


#2
絵になったチョ・ソンヒ


「いつから
 そのように有名になったか?って。

 詩人の言葉にもありますが、
 "寝て起きてみたら?”って感じでしょうか。
 そう。
 本当にわからないんですよね。
 いつからか、、、

 ただ、8~9年前からだんだんと?

 多分あれが大きかったんだと思います。
 TVの芸能プログラムで
‘スターの画報撮影現場’
 みたいなものを取材するのが
 流行したことがあるんですよ。

 当時、写真作家のなかに、
 女性はほとんどいなかった。
 それが放送コードにうまくヒットしたようです。

 芸能人の画報を女性写真家が撮る。
 ところが、
 その女性作家が、
 声も歯切れよく、
 かつちょっとワイルドな
 スタイルで、撮影を進行している。
 それが“絵”になったみたいですね。」


芸能人ファッション画報撮影が、
その有名税のきっかけとなったものの、
彼女はいまだに自身が
‘芸能人専門写真作家’
として知られていることに対して
‘誤解と真実’がある、
そういって話を繋いだ。

「私は、
 芸能人をたくさん撮影するのではなく、
 私が仕事を請け負ったブランド、
 依頼を受けた雑誌、
 そのモデルが芸能人。
 そういうことなだけです。
 見てください」


壁面いっぱいの写真を指す
彼女の指の先を目でたどると、

果たして、
その顔を知らないモデルの写真が1枚あった。

もちろん、
その隣には、
イ・ジョンジェと
チャン・ドンゴンが笑っていたが…。


#3
唇を赤く塗ったチョ・ソンヒ


TVで見た時も、
とっさにそう感じたが、

今テーブルをはさんで向かい合っている
作家チョソンヒは
まったく
化粧っ気のない顔だった。

そんなはずもないが、、、
ひょっとしてそれが彼女のコンセプトなんだろうか。

もともと、
化粧はあんまりしないほうなんですか?

「面倒でしませんね。
 怠けて。。
 今日も休日だから、
 ついさっきまで寝ていて、
 それで出てきたんですよ。

 コンセプトなんじゃないか、
 とおっしゃる方々もいらしたけど、
 そういうのとは違います。

 以前、一度放送に出るとき、
 化粧をして、私の唇を赤く塗ったんですよ。
 その顔を鏡でみたら、フフっと笑いが出て。

 最近は、
 放送出演時とか、
 やむをえずメイクアップをしなければならない時でも、
 化粧してないように見える程度にしてほしい、
 そうお願いしてます。

 そしたら、コンセプトだ、とかっていう
 話になったんでしょう。
 顔に化粧したチョソンヒねぇ...
 笑わせるじゃないか!」



#4
シャッター音を愛するチョ・ソンヒ


チョソンヒは
写真を専攻していなかった。

延世大学校在学中に、
写真サークルである
‘ヨン・ヨンフェ’に入ったのが
正式に写真と縁を結ぶことになった
きっかけだったという。

「その頃、
 ニコンFM2を初めて手にいれました。
  そのカメラで
 ‘列車を直す人々’
 というテーマの連作撮影をしたが、
 二ヶ月の間
 かなり精魂を込めて被写体を探して通いました。

 そんなある日、
 列車の下に潜り込んで作業をする
 修理工のおじさんを発見しましたよ。

 冬の朝だったのに、
 太陽の光が斜めに映り入ってきて、
 おじさんの口から白い息が出てました。

 これだ!!!
 これを撮らなければならない!

 そう思って、
 とっさにカメラを構えました。

 ところが、
 完全に初心者の頃で、
 焦点にしろ、
 露出にしろ、
 そういったことを
 考える精神はひとつもなくて。
 とにかく、どうにか早く撮れたらいい、、、、
 本当に
 心臓が炸裂してしまいそうな緊迫感を感じてました。
 と同時に、
 軽快なシャッター音が耳に聞こえてきたんです。
 
 撮った!!!
 
 そのシャッター音は
 あまりにも美しく感じられました。
 
 その時思ったんです。

 この音を
 一生、聞いて生きる。

 きっと幸せだろう。って」



#5
写真映像学科・教授チョ・ソンヒ


チョソンヒは、
今春から
大邱(テグ)慶一(キョンイル)大学校写真映像学科に、
正教授として赴任する。

言論媒体には
初めて公開する話だ。

「およそ10年ほど前だったか、
 以前に
 時間講師を何学期かしたことがありました。
 だけど、やめました。

 当時は、
 自分でも写真が完全に成熟していなかったし、
 自分が知っていることに対して自信もなくて、
 学生たちに対して、
 なんだか詐欺を働いているんじゃないか、、
 そんな気がしたんです」


今回の提案を
簡単に
受け入れることができた背景には、

彼女が出した、
たった一つの条件

‘フィールド(現場)で仕事をすることだけは保障すること’


学校側が快く受諾したためだった。

「大邱(テグ)まで
 毎日通っていくことはできないから、
 授業を全部まとめてもらって、
 月曜日に6~8時間ずつすることにしましたよ。

 学校でも今までそのような例はなかったと、
 破格的な待遇をしたものだそうです。

 たぶん、
 大韓民国写真学科の教授の中で、
 非専門家出身は、
 私が最初だろうと思いますね」


彼女は、
未来の弟子に
伝えたいことがたくさんあるという。

「一番重要なことは
 ‘写真を愛する心を失わないように’
 ということ。
 
 写真学科の学生たちは、
 全員、
 写真が好きで入学したきた子供たちでしょう。

 その純粋で、
 情熱的な心を
 卒業するときまで、
 必ず大切にもちつづけるようにしたいんです」


「そして、
 自分だけの"トーン”
 をもつ写真を撮る方法を伝えたいです。

 トーン、は、なんていうか、、

 写真を見ただけで、
 ああ、これ誰が撮影したのかわかる、と
 だれもが思うようなもの。

 私の写真は、
 説明を聞かなくても、
 チョソンヒが撮った、
 という感じがあります。

 それが写真作家にとって
 本当に重要なことですね。
 他の人々と同じ写真を撮っていては、
 成功はできません。
 
 自分だけができることはなにか。
 自分でなければ撮ることができない写真を撮ってこそ、
 その人の存在価値というものが生きてくるからです」



#6
望むものを言ったチョ・ソンヒ


40に満たない年齢で
大韓民国で最も
撮影のギャラが
高い写真作家となったチョソンヒ。

彼女の成功には、
もしかして
“運”のようなものがなかったろうか?

「ちょうど10年前に
 保証金1500万ウォン、
 家賃50万ウォンの
 スタジオをスタートしました。

 その頃は、
 本当に家賃の支払いに
 困窮した月も多かったんですよ。

 そうするうちに、
 苦労して仕事をもらってきて、
 その仕事に最善を尽くしていたら、
 その人が他のクライアントを紹介してくれ、、、

 そんなふうにして
 今日まで来れたようなものです。

 そう。。運?

 それは、
 一生懸命やってない人間には訪れないと思う。

 たとえ、
 訪れたとしても、
 一生懸命やってない人間には、
 その運がきたことがわからない。

 もちろん、
 その運をつかむこともできないです」


ただ熱心にやっているだけでは、
運をつかむことはできない、というのが
彼女の考えでもある。

「私は5人兄弟の3番目です。
 そんななかで、
 自分が望むものをはっきり言わなければ、
 絶対得ることなどできない、
 ということを
 本能的に学んできたようです。

 キム・ジュンマン先生の下で
 アシスタントをしていた頃でした。
 アシスタントの中で一番をする時でした。
 アシスト中で
 一番末っ子だったくせに、先生に言ったんです。
 
 ‘先生、あんなに大きくなくていいから、
  一度だけ私が撮ってみたいです’

 もちろん
 激しい叱責がとんできましたよ。

 それでもあきらめなかったです。
 その次にまた話してみて、
 ダメでも、
 また次に話してみました。
 
 私がやりたいんですから。

 そして仕事をもらいました」


彼女のペイ(支払い)が
どれほどのものなのか、
気になった。

「他の人がそうですね。
 ちょっと下げてはくれないか、と。
 
 私は絶対に下げない。

 私のあとからやってくる後輩たちが
 とてもたくさんいます。
 その彼らが、
 私をみて、ついてこれるようにしなくては。

 “私も
  写真を一生懸命撮って、
  努力をすれば、
  チョソンヒくらい
  儲けることができるかも"

 そんな夢をみることができなくては!」


写真を撮って、
どれほどのお金を
儲けることができるのだろうか?

インタビューを進行した
スタジオが入っている建物は、
彼女が建てた建物だ、
という話をきいて、
それ以上質問する必要はなくなった。

d0266590_222241.jpg



#7
装備に無関心なチョ・ソンヒ


驚くべき事実だった。

彼女は
自分がメインで撮影している
カメラのボディーの名前を
正確に覚えられずにいた。

「キヤノン1Ds MarkⅢを使ってます。
 (合ってる? といってアシスタントに確認する)

 装備に対する関心はあまりない方です。
 デジタルパックも使ってみましたが、
 私は三脚台をたてて撮るとか、
 そんなスタイルじゃないんですよ。
 ただ、便利なものがいいです」


彼女が35mm DSLRで作業をするには
また別の重要な理由がある。

「カットとカットの間には、
 とても微妙な時間があります。
 その合間に作られる表情、
 私は、それが好きなんです。

 それは35mmでなければ、
 捕まえることができない、
 ほんの瞬間の刹那に成立するものです」


中型デジタルバックに比べて
画素数が落ちるのではないのか、
という質問に彼女は

「あふれる程充分だ」と答える。

「以前、
 中国で大きい建物壁一面に
 私の写真を貼りつける、
 ということをしたことがありましたが、
 そのときも、
 これで撮影したものを送りました。
 なにも不足はないですよ。
 画素数のために不便を感じたことはないですね」


最も高い人物写真を撮る作家チョ・ソンヒ。
メイン レンズは何だろうか。

「100マクロです(正式名称はEF 100mm F2.8 Macro USM)。
 人物写真の大半は、
 このレンズでとりました。
 最近では24-70レンズも時々使います。

 70mmの画角があたえる、
 ちょっとした余裕というか、
 そんなのがおもしろかったんですよね。

 最近は、また、
 外装フラッシュに面白味を感じてます。
 スタジオ照明だけを使って外装フラッシュをはかってみると、
 本当に多くの多様な試みをやれましたよ。
 楽しいです」


チョ・ソンヒほどの作家ならば、
ほとんどあらゆるカメラ ボディーと
数十種余りのレンズと
補助装備を持って、

あれこれ、
むやみに
かわるがわる使うんだろう、、、

そんな想像をなぜしたんだろうか?

とにかく、
一台のボディーと二つのレンズで
ほとんどすべての写真を撮って、

外装フラッシュに
‘最近になって’興味を持った、
という彼女の姿に

‘芸能人と同じくらい有名な作家’
‘最も高価な作家’

そのイメージは見つけられなかった。

d0266590_22224625.jpg


#8
自分の心のままに。
すきなように撮れ。というチョソンヒ


彼女はふだん、
完成された人物写真1枚のために
飛ばすシャッター数は、
100~200カットの間という。

普通、
半日はやすやすとかかる
画報撮影時間に比較すれば

とても少ない数ではないだろうか。

「大部分は、、
 写真を撮るために
 準備する時間のほうがたくさんかかります。

 望む場面をつくってしまえば、
 あとはそれだけのシャッターを飛ばせば充分です。

 シャッターを必要以上にたくさん押す。
 これには、
 ぴったり二種類あります。

 とてもうまくいっているか、
 あるいは、
 どうしようもないか、、、」


職業として写真を撮る人間は、
趣味生活のときも写真を撮るのだろうか?

「お金にならない写真もとることは撮ります。
 最近は、、、ウーン...。

 木の葉、
 手相。。

 そんなものを撮るのが好きです。

 一人で写真を撮りたい時は
 旅行に出発しますね。

 旅行用カバンには、
 あまり大きなカメラと
 多くのレンズがあってはいけません。

 旅行を楽しんで、
 写真を楽しむことができる、
 それくらいの重さがちょうどいいです」


彼女が最近出した本
<心のままに撮れ>
の内容もまさにこんな感じだ。

「最も基本的な写真技術、
 それは、
 焦点を合わせて、
 露出を合わせて、
 フレームを定めて、
 シャッターを押す。
 それだけ。
 本当に簡単なことじゃないですか?

 あとは、
 慣れるステップが必要なだけで、
 そのあとは練習するだけ。

 練習をしてみれば、
 写真を撮る楽しさ
 というものがわかるようになってくるでしょう。
 
 写真は
 他人から学ぶものではない、
 ということが」


d0266590_22232330.jpg



写真は難しいものではない。

装備にしばられる必要も、
他人の顔色をうかがう必要もない。

良い写真、
自分だけの写真のためには、

写真を‘習わずに’、
写真を‘愛しなさい’

「一生カメラを持ってフィールドを走りまわりたい」

そう話す
チョソンヒが

写真を愛する読者に
残した挨拶だ。

d0266590_22234411.jpg



*****


d0266590_2322155.jpg








写真twitter&weiboより
by aloetree | 2014-03-29 22:32 | Zo Sun Hiさん | Comments(0)
2014年3月号の
Marie Claireインタビュー。

「淡白なる休止符」

のこと。
すこし。




※うちに届いた翻訳は
 ムムムいやんバージョン、だったので
 結局、意訳翻訳↓↓↓


 → 「淡白なる休止符」インタビュー&編集後記などの記事を翻訳したもの



ポツポツと
翻訳しながら、

れれれ???

なんや
雰囲気に既視感???

と、
思たら。。。


今回の
「淡白なる休止符」
インタビュー担当編集者さんは、

たぶん、、、
ですが、

ちごてたら
ごめんなさいですが、

でも、
たぶんwww

2012年BAZAAR記事
 →「チャングンソクと向き合う瞬間」
の方と同じ。

김민경(キムミンギョン)氏。
と思われ。


*****

今回の編集後記より抜粋〜


"韓国と日本、そして中国を行き来して
慌ただしいスケジュールを消化するチャングンソク。
彼を呼び出したのはフリーランスエディター、キムミンギョンだ。

互いの年齢、職業という枠を跳び越えて、
10年目となる友情をつないできた2人"

d0266590_21402617.jpg


"2人は互いに信じあい、サポートしあう、よいパートナーだ”



*****

김민경(キムミンギョン)氏。
といえば、

「いつも、
 チャン・グンソクの短所は、
 すべてのことをとてもよく理解しているくせに、
 正解を探しにいかない、というところだ」

「私たちがだまされているのは、
 チャン・グンソクの "真心" だ。  
 真心がないように行動する
 '虚勢'が隠した
 彼の固く隠された本物の "真心"」


この、
心に残る
ふたつの視点を
記してくれたエディターさん。

それを
発見して

さらに
さらに
興味深さアップ。


2012年。
2014年。

「時をかける少女」
ならぬ、

「時をかける少年」
チャングンソク風。



*****

以下は
浮かんだこと。

断片のまま、
書き散らかし。

ここ3日間、
仕事がツメツメで、

さらに、
渋滞!
渋滞!!!
渋滞~~!!!!

のストレスで、
(いや、自分が車を使わなきゃいい話しなんだけど)

いつもにまして
頭クルクルパラパラ状態
だから、

いつもにまして
独断意味不明。

エヘラディヤ〜〜
へらへらほら〜〜
ひひひへへへ


*****

最初に
浮かんだこと。

"初期化"。



ほかの人のことは
露知らず、

私自身にとって、
すんごい苦手なこと。

"初期化する"


いろんなことを

自分のなか、
思考のなかに

インプットしたり
詰め込んだり、
記憶したり、



どんどん
じゃかじゃか
してきたけど、


逆に

「あ、
 こういう、、
 思考のクセやら
 態度のクセやら、
 もー、今の自分には役にたたへんなー。
 もー、いらんかもなー。。。。」


思ったり、
気づいたところで、

だからって、
すぐに
そういうのを

初期化すること。
手放すこと。

すんげー
難しいんですけど。

だから
家族はみんな
わたしのことを

岩より頑固な女w

っていう。




今まで
「そういうもんさ」って
握りしめてきたものを

サラリ~
オサラバ~と
手放すには、

その前提として、

他の誰の責任にも
することなしに

自分を
極限の限界まで
じじじーーっと

冷静に
客観的に
みつめる作業が
必要で、

それが
完了したとき、
はじめて、

手放すこと。
初期化すること。


可能になる気がする。


だから、

私には
むずかしーぃーのぉーよぉぉ♫
るるるららら♪



おー!!!!!!
グンソクさん!!!!!!

それを
やってのけてるじぇ!!!!!


と、

勝手に
惚れ直す♡の巻。



*****

そんで
浮かんだこと。



マリクレ記事のなかに
こんな描写があった。


"あらゆる面で"早くて。さらに早かった" チャングンソク”

"ここ最近の数年間。
チャン・グンソクは光の速度で駆けぬけた"



確かに・・・

親分さんは、

その
アイデア、
プラン、
行動やらが

次から次へと
動いていくから、

そういう意味では

"早い人"な
イメージ強いけど、



別の面からみると、

親分さんって、
チャングンソクって、


長い時間の流れ?
彼の人生の歩み?

みたいなもの中で、

非常に、

「遅い人(?)」

というか、

「ゆっくりな人」
「じっくりな人」
「マイペースな人」


そんな
イメージが
ずっとある。


世間の流れがどーか、
他人の考えがどーか、

そういうのじゃなくて、

いつも
「今」の自分がどーか。


大事にしながら

ゆったり
ゆるゆると
(たまに、
 トボトボと…
 あるいは、
 逆切れしつつ www)

歩いてる気がする。


世間の流れや
他人の考えに対して

焦ったり
大慌てして行動する雰囲気が
あんまり伝わってこん。


たぶん、
それって、

自分の歩みを
つくるときに

親分さんが
重視してる「基準」みたいなもんが、

他人との
比較や
競争にあるんじゃなくて、

自分自身との
戦いとか
対話にあるからなんかなー。


いう雰囲気を
ずっと感じてる。


そのことを
あらためて


「そや!
 やっぱそやないか!」

と、
再確認させてくれた
インタビューやった。




つまり
結局。


勝手に
惚れ直す、の巻。





ききき。


惚れ直して
惚れ直して
惚れてもうたわー。

きゃらきゃらきゃら。





マリクレ星の
チャングンソクさん。

なんべんでも
くりかえし。
惚れ直すことのできる男。


一粒で
2度おいしい
アモンドチョコレトも
真っ青じゃよ。。。


d0266590_22233247.jpg



お得だわーーーー。
実用的だわーーー。
おいしいわーーー。

こんな
お買い得

いつも
食べ頃な


チャングンソクだけは
手放さへんでーーー。

ボクを手放してくれよー

親分の悲痛な悲鳴がきこえるよーじゃがwww


ひひひ。
ふへへ。
by aloetree | 2014-03-29 22:23 | あれこれ | Comments(3)
チャン・グンソク
「ZIKZIN RADIO」済州島撮影現場



元記事

2014/03/28 09:03


d0266590_22235386.jpg

d0266590_22235861.jpg

d0266590_22232560.jpg

d0266590_22244140.jpg

d0266590_22281327.jpg


チャン・グンソクが
iTunes Podcastで放送中の自身のラジオ番組
「ZIKZIN RADIO」の収録を済州島でおこなった。

「ZIKZINラジオ」は、
チャン・グンソクのアイディアで企画された
Podcastのラジオ放送として、
韓国の俳優としては
初めての試みとして注目を集めているコンテンツで、
Podcastオープン以来総ダウンロード数が50万件を突破、
日本の公式ファンサイトでは字幕が付けられた映像で
見られるサービスが提供されている。

これまでは清潭洞のスタジオで
収録がおこなわれていたが、
済州島に場所を移して初めての野外収録がおこなわれた。

ホテルのキャンプ施設を利用しておこなわれた
この日の収録では「旅行」というテーマで
ファンから集まったエピソードが紹介された。

また、キャンプの雰囲気を演出し、
チャン・グンソク自らキャンプ料理を披露する姿も見せた。

済州島で収録された
チャン・グンソクの「ZIKZIN RADIO」は、
iTunes Podcastで試聴できる
by aloetree | 2014-03-28 22:28 | 記事/ できごと | Comments(0)
「前書き」のページ

 骨の髄深くまで
 俳優である、
 チャングンソクという生命体


*****


담백한 쉼표, 장근석
淡泊なる休止符。チャングンソク


MarieClaire 4月号/2014
2014.03.19

http://www.marieclairekorea.com/user/celebrity/hotinterview/view.asp?mIdx=9274&page=1&SearchField=title&SearchWorld=


d0266590_19052.jpg


生涯、
演技をしていきたい、

という直球な返答。

自身の演技論を
あたかも講義で解き明かすような、
よどみのない話しぶり。

その合間に、

余白が感じられる
束の間の"休止符"。

いきつくところはいつも、

俳優と俳優、
としてだけで
連結されている、

チャングンソク
という生命体。



d0266590_23223716.jpg

ストライプ ニットセーター/Burberry

すべての人が言う。

チャングンソクは、
所謂、
芸能人とは異なっている、と。

言うまでもなく、
これは
"違っている" ということではない。
"異なっている"という意味である。

(※ "違う" と "異なる" の意味について...
   どちらも2つのものの間に差がある。ちがっている。という意味。
   ただし、
   "違う" …事の正否の意を含む。それが良くないという価値評価を含む。
   "異なる"…上記のような、事の正否の意を含まない)


彼は、
ガチガチにガードを固めて、
包み隠すような "神秘主義" の代わりに、

SNSなどのメディアを活用して、
自身の存在感を表現する。

それは、
海外公演を行う場合でも変わらない。

自分の動線を露出しないために
ボディーガードを動員したり、

公式日程以外の時間のすべてを
ホテルに足止めをくったまま
過ごしたりすることはない。


公演のため、
日本に滞在していた際のエピソード。

「PM 19時00分。
 テニス クラブ。
 今くれば会えるよ」

そんなメンションを
とばしては、

あっという間に
テニスコート前に
ファンたちを呼び集めてしまう。

もちろん、
ユニフォームを準備して着たり、
ヘアスタイルをきれいに整えた様子もなく。

生の、
そのままの自身を、
そのままファンたちに投げかける。

スターとファンとの間に
存在すべきとされる、

"オーラで輝く距離感"

のようなものがない、
ということだ。


うれしい時には
その感情を隠さない。

心が動けば
行動することに躊躇しない。

それが
まさにチャングンソクだ。


「時々マネジャーや会社から文句を言われることもあります。
 他の見方からしたら、
 芸能人というのも
 一つの商品であり、ブランドである、
 ともいえるので、
 彼らからしてみれば、
 (僕が) 完璧な状態の時に
 露出するようにしたいわけです。
 
 ところで、、、

 表面に見える傷がないからといって、
 それが完璧ということでしょうか?

 僕は、
 自分が "中身が透けて見えるガラス箱"
 だったらいいのにと思います。

 お互いに
 わかったところからスタートすれば、
 期待する、だとか失望するだとか、
 そういうことが減りますから。

 少なくとも、
 僕と僕のファンたちは、
 お互いのガラス箱を
 覗いて見あっているような気がします」



彼がつくりだしてきた、
所謂"芸能人"とは
歩みが異なる話題といえば、

これまでに、
いったい何種類にのぼるだろうか。

別に意に介さない、
とか
気にしない、
という発言程度で

彼の
内心や
本音を
理解してしまえるといえるのだろうか。


どんなふうに
傷つかないことがあろうか。

どんなふうに
無神経でいられるはずがあろうか。

それでも、
チャン・グンソクは
自身が行った仕事に対して
淡々と反応することで
自らを確かなものとしていく。


d0266590_23474118.jpg

ホワイト マン ツー マン シャツ/Junn.J
ホワイト チェック パンツ/ Vottega Veneta
ホワイト サンダル /Jehee Sheen



作品を
選択する時も同じだ。

これまでの
フィルモグラフィーを垣間みると、

ドラマ<美男-イケメン-ですね>以前と以後に
二分化されている。

<美男-イケメン-ですね>以前の
チャン・グンソクは
ジャンルに偏見がなかった。

低予算映画や
トレンディーなドラマ、
そしてフュージョン史劇を行き来していた。

まるで、
" ウォーリーを探せ”のように、

本当のチャングンソクの姿は
一体どれなのか、

見極めがつかないほどに。


同世代の
似たような俳優たちは
チャングンソクを
良い見本とみなしていた。


疑問符が生じたのは、

彼を"グンちゃん"として誕生させた
<美男-イケメン-ですね>以後の歩みだ。

作品を解きほぐす方式は
少しずつ異なっていたものの、

その作品が
大衆に示唆する部分という点では、

ほとんどが
"似たようなカテゴリー"として
ひとくくりにされた。

"グンちゃん"が
彼の作品選択にまで
その影響を及ばし得た可能性は
あるかもしれないが、

チャングンソクという俳優は、
作品選択において、
勇気がない俳優ではなかった。


「時々、自分自身に尋ねることもあります。

 "黄金の卵を産むガチョウ"を
 あきらめる自信がなかったんじゃないのか。
 花の香りがプンプンの、
 甘いキャラクターに、
 我知らず、
 中毒してしまってたんじゃないのか。

 ところがです。
 そんなふうに自問自答を繰り返し、繰り返し、
 それでも思うんです。

 いや、そんなことはない。それはちがう。と。

 結局のところ、
 視聴率がすべてのモノをいう、
 最近の放送システムのなかで、
 結果からみれば、
 最近の何編かの作品は
 さほど立派な成績を受けることはできなかった。

 ひとつ、ふたつの作品での反応が
 それ以前のものに及ばなければ、
 僕はすぐさま方向性を変更しなければならないのか?

 作品選択は、
 俳優が
 最終的に担わなければならない
 最も大きな責任です。
 最後まで
 その責任を回避したことはありません」



結論として、

"自分が選択してきた"
"そして、その選択に対する後悔はない"という話だ。


「すべてのものごとに、
 "時"というものがあると思います。

 僕の年齢・27歳だからこそ
 演技できる作品を選択しました。

 30代半ば、
 あるいは40代半ばになって
 美男を演技するわけにはいかないでしょう。

 そんな脈絡からだと思います。
 今でなければ見せられない、
 僕の20代を投入することができる作品。」


ここ数年間の
チャングンソクは、

それこそ
"花、そのもの”だった。

長い髪に
ギターをかき鳴らしても、
拒否感を沸き起こさない
20代男性俳優が、
果たして何人存在するだろうか。


一生涯、
演技をしたい。

そう語る彼にとって、
3~4編の"美男" ドラマは

将来振り返ったときに
彼のフィルモグラフィーのなかで
"最も戻りたい時間"として、
記憶されることもありうるのではないか。


d0266590_014285.jpg

ストライプ ティーシャツ / Alexander Wang by 10 Corso Como
ベージュ色スーツ/ KimSeoRyong Homme



作品を終えた俳優の内心は、
真っ黒に焼け残った灰のようなものだろう。

<きれいな男>
を終わらせた彼の心のうちも同じだ。

すべてのスイッチをつかんで
完全に切ってしまった人のように、
物静かだ。


今日の表紙撮影でも、
チャン・グンソクは
"何も"見せてはくれなかった。

語りかけるような
瞳の動きのほかは、

なにひとつ
"演技"しなかった。

そのおかげで、
当初、
意図したコンセプト以上の、
感度の高い写真を
引き出す結果になったわけだが、

なんだか、
彼の"静かさ"は
見慣れない。


「停止状態です。
 ひとまず止まる。

 重要なのは、
 どんな視点を持つか、
 という問題だと思うけど、

 そうするためには
 時間を使わずに
 寝かしておく必要がある、
 ということです。

 今は走りたくありません」



常に、
エネルギーに満ちあふれ、
感情のデシベルが
最高潮に達している、

そんな
チャン・グンソクこそが
"彼らしい"と思っていたが、

こんなふうに
静かな沈潜もまた
彼がもつ姿の一つだ。


彼には、
自らを表現するのに、
堂々とした態度がある。

行き過ぎと思われるほどに
自信にあふれた態度がある。

いうまでもない、
明白なことだ。


よどみなく直進して、
声を高めて
自身の声を出す方法も知っている。

ところが
同時に、

静かに
後から相手をサポートして、
自分自身を低くする方法も知っている。

そんな人間。

それもまた、
チャングンソク、
という俳優なのだ。


もしかしたら、
私たちは

私たちが考え、
つくりあげてしまった
イメージの範囲の中だけで

チャン・グンソクを
観察してきたのかもしれない。

真実を信じられない、
のではなく、
信じないように
していたのかもしれない。

知らなかったのではなく、
そんなチャングンソクを
見ようとも
知ろうとも
してこなかったのではないだろうか。


d0266590_0272141.jpg

ブラック ティーシャツ/ Perdre Haleine


いつからか、
人々は
"スローライフ" を
志向するようになった。

「早く早く」が
韓国を代弁していた時代は
過ぎ去ったのだ。


最近では
「ゆっくりと、
 徐々に、
 丁寧に」

そんなキーワードで
人生を包装して、
その中で行動することを望んでいる。


放送の流れもまた同じく。

鋭く投げかけて
一気に
‘すっと’吸引する。

そんな
刺激的な素材は
姿を消して久しい。

カメラの前に
無防備状態で置かれて、
なにかをやり損なったり、
倒れる姿が視聴者の心をとらえる。

そのような意味で、
あらゆる面で

"早くて。
 さらに早かった"
チャングンソク。

彼は今、
自分の記録を
一時停止した状態だ。

方向を定めて、
どちらに身を振るか、
を悩んでいるのではなく、

自分自身を
平行線にあげておいて、

自分自身と
向き合う時間を過ごしているところだ。

「どうしたら、
 人間が
 いつもいつも‘バンバン’と
 浮かび上がっていられるっていうんでしょう?

 沈んで
 ダウンして
 気力がなくなる日は、
 僕にもあります。

 はっぱをかけて
 起きあがるための秘法なんてないです。

 そのまま
 ‘これもまた過ぎ去っていくだろう’と、
 そんな心だけ。

 気楽に考えて、
 簡単に行動するようにしています。

 空白や余白の時間の中に
 自分をおいて、

 それを
 何度か繰り返せば、

 ある程度は
 空間ができるようになるんです」



認めて、
受け入れて、

再び満たして
投入して。

その繰り返し。


すべてのことが
心の底で整理した
順番どおりに
成り立っていく。

当然
そんなことは
ありえないのだから。


d0266590_0411999.jpg

シルク フラワープリント ラウンド ティーシャツ、スーツ/ Gucci
ベージュ色シューズ/ Converse



現在、
彼の前には、
良いシナリオがあり、
毎年進めてきた公演があり、

2週に1度は
声を聞かせることになっている
オーディオ PODCAST
"ZIKZINラジオ" がある。

まさに
今週だけでも、
広告撮影が2件。

彼個人の
SNSは停止して久しく、

ファンたちは
そんな彼に対して
心配を募らせる。

そのような
一連の周辺状況のせいで、

ただ静かに
じっと過ごすことさえ
ままならない。


「"ZIKZINラジオ" は、
 僕とファンたちとの約束なので
 止めることはできません。

 ラジオといっても、
 著作権のせいで、歌の一曲も
 プレゼントすることができないが、

 各国から送られてくる
 ファンたちのメールを読むだけでも
 ある程度の共感を形成できるんです。
 
 時には
 感情で感じて、
 共有する部分が、

 直接会って目を合わせたり、
 握手をすることなんか以上に

 さらに
 大きなインスピレーションを
 残してくれるようだったりして。

 おもしろいです」


避けるほどに、
楽しさと
やりがいを感じる男。

それでも

しばし、
その道の歩みをとめて、
呼吸を整えなければならない人。

アイスコーヒー杯を
もちあげる彼の手が

かたつむりのように
ゆっくりと動いた。

今、
彼に必要なもの。

それは、
錐のように
鋭い言葉ではない。

キャンディーのように
甘い言葉でもない。


ただ、
時間をあたえ、
その時間をくぐり抜けて
彼が出て行くのを待つ。

そんな
真心だけで充分なのだ。


d0266590_0503414.jpg

ピンク トレンチコート/Toga by MUE
スリーブレス トップとベージュ色パンツ/ Perdre Haleine
アイボリー色ウィンティプシューズ/ Brawn Brows



ここ最近の数年間。

チャン・グンソクは
光の速度で駆けぬけた。

デビュー20年のキャリアの
心の内面余地をもってしても、

耐えがたいほどの過酷さで。

演技だけをしてきた人が、
アルバムを出して
歌手活動をする。

それは
甘いことではない。

圧迫感を感じるほどに
プレッシャーが
拡がった時期もあっただろう。

彼にも
時間は必要だ。

彼が
"直進 ZIKZIN"と叫んで、
走り出てくる時まで待つこと以外に

私たちができる
特別な予防措置はない。


ただ、
今はブレーキを引く時。
それだけのことだ。



「できるだけ永く、
 俳優の端っこにしがみついていたいんです。
 
 結局、
 僕が立ち、
 中心を捉えなければならない場所。
 それは"作品"だから。

 今までもそうだったが、
 今後も、
 すべての作品が安全で、
 正しい選択になる、と、
 あえて決めつけて話すことはできません。

 ただし、
 
 無傷で美しい調和。
 そんなものには現実感がないでしょう。

 刺もあり、
 そこそこ傷もある
 生花にこそ
 生命力があっていいんです」



27歳。

まだ、
あらゆることが
経験になる年齢だ。


率直に認めて、
心から
手を差し出す、

包み隠されることのない、

"淡泊"



チャン・グンソク、
という俳優に
背を向けることができない理由だ。



d0266590_111511.jpg

ブラック ライニング ティーシャツ/ Jil Sander
バギーパンツ/ Caruso



d0266590_114924.jpg

オレンジ ティーシャツとフラワープリント パンツ/ Caruso


d0266590_121576.jpg

ホワイト ワイド ティーシャツ/System Homme
プリント パンツ/ pushBUTTON
ブルーロパー/ Rivieras



d0266590_125864.jpg

ホワイト スリーブレス トップ/ Jehee Sheen
トレンチコート/ Perdre Haleine
ホワイト パンツ/ Caruso
サンダル/ スタイリスト所蔵品.



d0266590_12401.jpg

ネイビーニット セーター/ Junn. J
シャツ/ System Homme
パンツ/ Lanvin



d0266590_132075.jpg

ストライプ ティーシャツ/ Alexander Wang by 10 Corso Como
ベージュ色ミディパンツ/ KimSeoRyong Homme




contributing editor キム・ミンギョン
styling イ・ミニョン
hair & makeup キム・ファン


MC CREDIT
에디터: 김민경
포토그래퍼: ZO SUN HI
출처: 마리끌레르 2014년 4월호


d0266590_115134.jpg

d0266590_11404.jpg




@marieclairekr/Twitter 2014.03.19
チャングンソクはいわゆる芸能人と異なります。
ガチガチに凝り固まって、隠そうとする神秘主義ではなく、
SNS を活用してその存在感を表現します。
それは、もちろんマリクレールとのインタビューでもやはり同じでした。



*****

編集後記。

d0266590_2122040.jpg


韓国と日本、
そして中国を
行き来して

慌ただしいスケジュールを
消化するチャングンソク。

彼を呼び出したのは
フリーランスエディター、
キムミンギョンだ。

互いの

年齢、
職業という枠を
跳び越えて、

10年目となる
友情をつないできた2人。

2人は
互いに信じあい、
サポートしあう
よいパートナーだ。

チャングンソクの
少年のような純粋さを
表現するために
集まった、

チャングンソクの
ドリームチームといえる。

チャングンソクの顔を
知り尽くした、
写真作家チョソンヒ。

ファッショニスタ。
チャングンソクの
あらゆる部分に責任を負う
スタイリスト・イミニョン。

そして、
チャングンソクという俳優が
自分のすべてそのもの、という、
TreeJ のキムビョンゴン理事、
イフンロ室長、キムヨンドクチーム長まで。

互いに
堅い信頼に
結ばれた彼らが集結した。




*****

上記にあるとおり。

今回のMarie Claire
「淡白なる休止符」の
担当編集者さんは、김민경(キムミンギョン)氏。

김민경氏は、
たぶんですが、
2012年のBAZAAR記事
「チャングンソクと向き合う瞬間」でも
編集インタビューを担当されていた方だと
思います。

2012年と
2014年。

ふたつのインタビューにおける、
김민경氏の視点を感じてみるのも興味深かったです。

雑誌 BAZAAR
 チャングンソクと向き合う瞬間(1)
 チャングンソクと向き合う瞬間(2)


*****

その他関連記事

チャン・グンソク
"イケメンの香りプンプンと。久しぶりだよね?”画報撮影現場公開!



Marie Claire 2008年8月インタビュー。
 22才・チャングンソクとの60分
 「悩み、毅然とし、語る言葉を必ず実行する人」

by aloetree | 2014-03-28 01:15 | Interview/ だいすき | Comments(0)
発表された翻訳。

http://m.star.naver.com/asiaprince/news/end?id=2596762&lfrom=twitter&spi_ref=m_starcast_twitter



*****

以下は意訳です。
意味不明箇所あり。



“훈내 폴폴~장근석 오랜만이지?” 화보 촬영 현장공개!
“フンネ(※)プンプンと…
 チャン・グンソク久しぶりだよね?”画報撮影現場公開!


http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=420&aid=0000000835

2014-03-27 18:04 64


※「フンネ、プンプンと…」
 "フンナム"(私たちの心と目を温かくする男)
 の香りがぷんぷんと(擬声語)出ている。
 "イケメンの匂いがぷんぷんとするの意味。
 イケメンとは、
 この場合、男の心配りが優しくて情が深くて
 相手がだれであれ、その人の心と目をなごま
 せてくれる、という意味




d0266590_18573511.png


私たちが
知っているアジア プリンス、チャン・グンソク。

これは本当に彼でしょうか?

過ぎ去った歩みを止めて立ち止まり、
もう一度写真を見直さずにいられなくしてしまう、
雑誌の表紙の中の美少年、チャングンソク。

彼が戻ってきました!

普段、
女性モデルばかりでいっぱいのはずの
女性の聖地というべき表紙としては、
異例のチャングンソクの顔が
目にパッと飛び込んできます。

美貌という点では
他のモデルたちと比較しても
決して遅れをとることはないのですが。

やはり、
きれいな男、
というのは誰でもなれるものではないようです。
アジアのプリンスほどでなければ。。


忙しいスケジュールにもかかわらず、
早朝から撮影している
チャン・グンソクのマリクレール画報現場を
スターキャストが訪ねてきました。


“入念に気を遣ってください~ ”

d0266590_1858563.jpg


ヘアスタイルから服のディテールまで慎重に気を配っていますね。


d0266590_18582695.png


“鏡も入念に見る男”


d0266590_18584783.png


“どれどれ見てみるか~~僕の顔!”


d0266590_1859992.jpg


さあ、
とうとう本格的な撮影がスタート。


カメラの外では
愉快な姿を見せながらも
カメラの前に立つとすぐに、シャッターの声に合わせて
ポーズと表情を自由にとりつづけます。

フォトグラファーが
「OK」と叫び、親指を上げてみせます。


d0266590_18594570.jpg


“僕の鎖骨気になる?”
それとなくセクシーなポーズまで~


d0266590_1901152.jpg


“こういうふうに服が増えていくよ~”


d0266590_1905580.png


“グンソク先輩!と呼んでみましょう”
ストライプ ニットが
チャン俳優にぴったり似合ってるんじゃないでしょうか?
ニューフェース女子大生のロマンである
フンナムの雰囲気あふれる先輩のポーズです。


d0266590_193237.jpg


“蜂蜜肌の終着点”

女性スタッフたちのざわめく声。
いったい、どんなふう管理すれば
あんなにもキラキラ光るんでしょうか?
チャン俳優の蜂蜜肌の皮膚管理の秘訣、
気になりますよね。 ^^;;


d0266590_1915461.png


“ホラ!モニターは必須!?”
ここまでに撮ったカットをいま一度点検中。


d0266590_1935263.png


演技ならば演技。
歌ならば歌。
踊りならば踊りまで。
多芸多才な才能を拡げて、
アジアのプリンスとしての地位を確立した
チャングンソクのプロフェッショナルな魅力。
感じられますか?

国内外共の活動に
慌ただしく駆け抜けた分だけ、
しばしの再充電期間を過ごし、
今後より一層熱心に直進していくチャン俳優の素敵な活動を期待します。



最後に!
スターキャスト読者の皆様のための特別ボーズ。
今日の撮影現場を動画でご覧いただきましょう~



장근석, 마리끌레르 화보 촬영현장

Prince_JKS様


以上!
飾ることなく、
そこで一層素晴らしいチャングンソクの姿を垣間みることができた
画報ビハインド撮影現場でした。


*****

チャン・グンソク「marie claire」撮影現場

2014/03/31

http://www.koari.net/news/detail.php?id=1695

d0266590_10202892.jpg

d0266590_10204490.jpg

d0266590_1021132.jpg

d0266590_10211774.jpg

d0266590_10213562.jpg

d0266590_1021555.jpg


韓流スター チャン・グンソクのファッションマガジン「marie claire」
4月号のファッショングラビア撮影現場が公開された。

フォトグラファー チョ・ソニと共におこなわれたこの日の撮影では、
飾らない雰囲気のチャン・グンソクの魅力溢れる姿が撮影された。

チャン・グンソクが飾る表紙とフォト、インタビューは「marie claire」
4月号スペシャルエディションで確認できる。
by aloetree | 2014-03-27 19:05 | 記事/ できごと | Comments(2)
女性自身Channel K☆STAR LOVERS 
“イ・ジャンウ” Vol.1インタビュー動画









※グンソクさんに関する部分のみ。


「過去に出演された作品で
 もっとも印象深い作品は?」

1ヶ月前に終わった「きれいな男」ですね。
この作品はたくさんの人が見ると思います。
"グンちゃん"ですから。
最後に撮った作品なので印象に残っています。


「過去に共演された中で
 もっとも印象深い俳優は?」

すべての人が印象深いですが、
やっぱり最近の作品なので、
IUさんとチャングンソクさんが
印象的です。
現場には
日本の方もたくさん見に来ていただいてましたし、
3人でとても楽しく撮影しました。


「チャングンソクさんと
 共演の感想をお願いします」

(字幕ではチャングンソクさんとは、
になってるけど、
本当は、グンソクとは、、って
おっしゃってるので)

グンソクとは1歳しかちがわないし、
以前共演したこともあるので、
本当の友達みたいに過ごしていました。
グンソクはすごくいたずらっぽいし、
本当に冗談が多いんですよ。
お互いずっと
いたずらばかりしていた記憶しかないですが、
笑ってNGだしたり、
すごくハッピーな撮影現場でした。


「きれいな男」へ出演したきっかけ、
感想を教えてください。

僕が作品を選ぶときにいちばん重要なのは
自分が演じるキャラクターです。
ダビドの場合、表は単純だけど、
中身は単純じゃないというキャラクターを
もっていたので、
そういう繊細な演技をやってみたかった
というのが、大きなきっかけです。
そしてグンソクさんと撮影できることも
とても楽しみでした。




*****

イジャンウさん
朴訥でやさしそう…
by aloetree | 2014-03-26 19:19 | まわりの人たち | Comments(0)
[LOTTE DUTY FREE] DREAM JOURNEY IN JEJU - Teaser_


JPN


KOR


ENG



*****

LOTTE 写真

d0266590_18461120.jpg

d0266590_18471347.png

d0266590_18472873.png

d0266590_18475288.png




親分に「イイネ」をどうぞ!!!
LOTTE免税店Facebook
by aloetree | 2014-03-26 18:48 | 動画/その他 | Comments(0)

JKSさん酔狂。


by aloetree