<   2011年 09月 ( 75 )   > この月の画像一覧

2009.02.27
百想芸術大賞授賞式。

噂の男。




やりたい放題の男。
4次元の男。

漆黒の豊かなる髪の毛の下限から
帽子のてっぺんまでの長さがやけに長い男。
(=やたら頭がでかくみえる男)

髪の毛の下限から
帽子のてっぺんまでを1頭身とすると、
4頭身半くらいしかない男。

www


ずっともっと
愛すべき変人街道をきわめてほしい男。




GO。



d0266590_18172597.jpg

d0266590_1883767.jpg

d0266590_18175619.jpg

d0266590_1891433.jpg

d0266590_1893947.jpg

d0266590_18245872.jpg






*****


個人的に、
だいすき爆笑の渦なんだけど、

実は、
メロメロな写真もあるのだっ。







これっ!!!

d0266590_18242917.jpg





これもっ!!!!!

控え室にて。
ハンイェスルさんが気の毒でたまらない。


d0266590_18213536.jpg






これこれっwww

隣に立つ麗しきハンイェスルさんまでもが
巻き込まれ事故ですっとこに見えてしまう。
ああ危険な男。



d0266590_18313696.jpg


・・・横からのスタイル。
完全4頭身半。頭でかすぎ族だwww





これ〜〜っ!!!!!

この雰囲気が
たまりませんなー

d0266590_18234133.jpg







あああああ
これこれっ♡

ギラギラ
野心満々
計算高男。
めちゃタイプ!

d0266590_18161129.jpg
















しかし。
この日のレッドカーペット写真。

最高傑作は
この1枚で決まりです。


チャングンソクと
 彼を観察する人々との関係性を見事に描写の。

奇跡の1枚。


威風堂々 ならぬ、
異風堂々たる、
生き物チャングンソク。

(別の言い方をすれば、
 不可解なほど周囲から浮きまくりの切ない存在感)



一定の距離、
ちょっと離れた場所から
得体のしれぬ奇異な存在物を観察する風な、
普通の(?)人々の群れ。




ザ・シュール。






心なしか全員笑ってるようにみえるのは気のせい?
心なしか全員グンソクチャンみてうすら笑いしてるようにみえるのも気のせい?




d0266590_18182199.jpg








自由に泳いで自己発光する時。
チャングンソクは最高に美しい。






















*****

45回 百想芸術大賞/ 映画部分 男性新人賞のプレゼンターとして、
カンジファンさんとソジソプさんを紹介するグンソクさん。




適当訳)

あー、
前年、僕がこの賞を授賞したんですが、
この賞をふたたび僕が発表するということで
不思議な気持ちで、気分が新たですね。

さあ、
予測するのが難しいと思うんですが、
どんな方になるのか発表してみましょう。

第45回
百想芸術大賞
映画部門男性新人演技賞。

(びっくり顔をつくるグンソクチャンwww)

共同授賞です。

「映画は映画だ」
カンジファン氏
ソジソプ氏

おめでとうございます!










*****

以上。
グンソクさん名衣装珍衣装事件簿より。







めちゃめちゃ
心から思うわー

この存在に、

あーしろこーしろ、
これしちゃだめ、
あれは変えたほうがいい、
あれはよくない、
それは変だ、
そういうのはまちがってる、、

・・・などなど、
アレやコレや言って、

この生き物の道を
固めようとしちゃいか〜〜〜〜んwww

多少へんてこだろうが、
かなり危なっかしかろうが、
どんなにすってんころりん転ぼうが、

すきなように泳がせといたらええ〜
思うようにやらせといたらええ〜

こっちの願望押し付けたり、
こっちの不満をとどけたりして、
修正しようとしちゃったら、

このおもろい存在感の炸裂力が
台無しだーよー

グンちゃんはだいじょうぶ〜
少々失敗したって、転んだって、
まちがえたって、痛い思いしたって、
大火傷したって、ドン底ドナドナになったってwww

絶対、
学んで、甦ってくる人やから〜

ってか、
転んでもタダでは起きない的に、

経験値めちゃ豊かになって、
俳優やら歌手やら作品に生かせる、
無限吸収できる自己発光男やらか〜

なにやらせたって、
なにが起きたって、
へいちゃらへいちゃら〜
ちゃらっちゃら〜


わたしは、
グンソクさんの、

その一部始終、
予測不能なあらゆる流れと
その時々の状態それぞれを

いつだって、
そのまんま、

長い時間かけて、
観察して味わい愛でていきたいものさー

それがチャングンソクだー
んで、それが、わたしだー

by aloetree | 2011-09-02 11:23 | 親分ジャーナル

JKS with Trumpet

by aloetree | 2011-09-01 22:36 | 動画/ドラマ関連 | Comments(0)


"スター"を夢見るVS "俳優"を夢見る

元記事/OSEN

2009.09.01 10:01
[OSEN =金菊記者]

新人俳優たちの演技を見ていると、
"浮かび上がる"という感覚を感じさせる俳優たちがいる。
演技力とスター性を同時に備えていると認められる演技者として、
あるいはスターとして、でなければ "瞬間的に輝くスター"として、
どう成長するかは、本人がどんな道を歩むかにかかっている。


'スター'を夢見る

最近、所属事務所の徹底した管理のもとに活動する俳優が多いせいで、
自己管理がより一層徹底している。俳優として認められたい場合、多作で
着実にイメージ変身をはかって、演技力を育てる。
だが、1〜2作品だけで突然人気を得ることになった俳優のなかには、
自身の意志、あるいは企画会社の意志によりCFなどを通じて金儲けと身体
の価値をあげるだけに重点をおく人も少なくない。
企画会社にとっては、所属俳優を通じて、最大の利益創出が可能であり、
俳優にとっては短期間で富を手にすることができるせいで、その誘惑は
大きくならざるをえない。

千編一律的なキャラクター演技だけをする俳優も多い。
ほとんどが、好感度が高かったり、演技しやすいキャラクター、だけに
一貫している。
SBS ‘スタイル’のリュ・シウォンやイ・ジアなどが視聴者たちの期待
を満たすことができないのは、彼らの演技が前作とほとんど違っている
部分がないからだ。
イジア演ずる役は、前作「ベートーベンウィルス」のルミ役は、「太王
四神記」スジン役とのオーバーラップがみられるし、リュ・シウォンも
やはり既存のイメージ、ソフトでスマートなイメージを壊せずにいる。


だが、多様な作品を通じて着実に演技変身をとげながら、内面の充実を
育てる新人も多くいる。
キム・ボム、チャングンソクなどは、新世代スターというイメージに似
合わず、意外なことに、様々な作品を消化してきた。

d0266590_2158298.jpg


"思いっきりハイキック"を通じてデビューしたキム·ボムは映画 "お熱い
のがお好き" "飛翔"だけでなく、ドラマ "花より男子" "ドリーム" "エデ
ンの東"などを通じて、既存のイメージを脱皮するために努力した。
特に自分をスターダムに押し上げた作品 "花より男子"以来、
「いつまでも"花より男子 "のイメージにとどまっているわけにはいかな
い」と、正反対のキャラクターに挑戦した。

チャン・グンソクも同じ年頃の俳優にくらべると、演技に対する熱意が
大きい俳優だ。下半期リリースするSBSドラマ‘美男-イケメン-ですね’
映画‘赤ちゃんご僕’ ‘ドレミファソラシド’等、青春ものでも愛され
るが‘ファン・ジニ’ ‘快刀ホン・ギルドン’ ‘ベートーベン ウイルス’
等で風変わりな姿もリリースした。
また、封切りを控えている‘イテウォン殺人事件’では殺人容疑者ピアソ
ンとして、再度、演技変身を試みている。

俳優自身を商品化させなければならない宿命を彼らは抱いている。
だが、内面の成長をつむことよりも、‘身代金’をあげることに汲々とし
て、自らを‘瞬間的なスター’にしてしまうことは避けなければならない
だろう。
by aloetree | 2011-09-01 21:57 | 記事/ 人物 | Comments(2)
チャングンソク、故ヒースレジャのジョーカーに。破格変身
「チャングンソク。似合うか?」


2009-01-23
元記事

d0266590_0571269.jpg


俳優チャン・グンソクが故ヒース レジャーが演技したジョーカー役として
破格変身した。

俳優チャン・グンソクがゴスルックとマリリンマンソンのヘアスタイルで、
破格変身した「月刊 DAZE and CONFUSED」2月号のファッション画報が
公開され、注目を集めている。

普段から、多様なスタイルをリリースして、ファッショニスタとしての一面
をみせるチャングンソクは、今回の画報で独特ながらも強いスタイルを自然
に着こなした。

画報に接したファンたちは
「本当にチャングンソクに似合っている」
「破格的!」
「いつもカメレオンのようなチャングンソクの変身には驚くばかりだ」
などの反応。これに伴い、インターネットを通じて、急速に写真が広がって
いる。

この画報を通して見せている強い姿とは反対に、インタビューでは俳優チャ
ン・グンソクではなく、人間チャン・グンソクとしての話を打ち明けた。
家族、恋愛、そして人生に関して率直な心境を明らかにし、さらに、習作
ノートなどを公開。また、音楽と映画、ファッションなど多様な分野に渡る
趣味についても話した。

チャン・グンソクは
「今回の画報のためにスタッフらと一緒にアイディア会議もたくさんして、
 今まで見せなかったスタイルをリリースしたが、準備する過程がとても
 おもしろかった」として

「僕について、より率直な話をたくさんしてみたので、インタビューをご覧
 になる方々も、先入観なしに、ありのままの僕の姿をみてくれたらいいな」
と望んだ。

一方チャン・グンソクは去る年末MBC ‘演技大賞’では‘ベートーベン ウ
イルス’で新人賞を、KBS ‘演技大賞’では‘快刀ホン・ギルドン’で人気
賞を受賞して演技力を認められた。

しばらく空白期を持って、今後の日本進出のための語学勉強に没頭している。


d0266590_16956.jpg
d0266590_155089.jpg

by aloetree | 2011-09-01 01:07 | Interview/ だいすき | Comments(0)
2009年記事。



チャン·グンソク
"'ファン·ジニ'当時。ハ·ジウォン本当に好きだった"サプライズ告白


元記事/OSEN


[OSEN=ポン·ジュンヨン記者]


俳優チャン·グンソクがKBSドラマ'ファン·ジニ'で一緒に呼吸を合わせた
ハ·ジウォンを本当に愛していた、とサプライズ告白した。

来る20日放送予定のKBS 2TV芸能プログラム'チャン·グンソクの理想の
タイプ・ワールドカップ特集'に出演したチャン·グンソクは、ドラマの
撮影中本当の恋に落ちたことがあったと告白した。

d0266590_18254787.jpg


"'ファン·ジニ'撮影当時のガールフレンドと別れた後、つらい時期だった"
と口を開いたチャン·グンソクは、"そのような状態で'ファン·ジニ'の撮影
に取り組みながら役割に陥ってハ·ジウォンお姉さんを本当に好きになった"

と告白した。



続いてチャン·グンソクは
"それだけではなくドラマ'快刀ホン·ギルドン'はソン·ユリ姉とキスシーンを
撮影して、お正月みたいなとてもめでたい気分"
と付け加えた。


また、チャン·グンソクは最近放映終了したSBSドラマ'美男ですね'で一緒に
演技したパク·シネとの特別な縁を公開した。
チャン·グンソクは"同じ町内に住んでいるパク·シネを母が特別に気に入って
いる"
とし、 "一度パク·シネとのカップル相性まで見て来たよ"と明らかにし
た。

カップル相性運がどうだったかという質問にチャン·グンソクは"とてもよく
合っているといったよ。だから母がパク·シネを家に招待するように、とまで
言ってました"
と答えて目を引いた。

一方、この日、'理想型ワールドカップ'にはチャン·グンソクをときめくよう
にしたハ·ジウォン、ソン·ユリなどが候補として登場し、チャン·グンソクを
さらに緊張させた。


d0266590_18261225.jpg

by aloetree | 2011-09-01 00:27 | Interview/ ドラマ

JKSさん酔狂。


by aloetree