カテゴリ:JKSのこと/一緒に働いた人々( 41 )

by aloetree | 2016-02-15 17:40 | JKSのこと/一緒に働いた人々

理想の男。

久々でました。
大ヒット。

理想の男。





どこをとっても…
どっからどうみても…

本人
小道具
背景
推察される物語
シュールさ
クリエイティビズム
周囲をまきこんだあげくの堂々たる主人公感

なにもかも
すべてが完璧。

それが
理想の男。




はい。
どーーーーん。


d0266590_17585268.jpg






誰がみるかで
解釈がわかれるところ?


ウナギがみたら、、、

「ああ。グンちゃんらしい」ってなるんかしら。



一般の方々(チャングンソクを知る)がみたら、、、
でもでもやっぱり…

「ああ。チャングンソクらしいね」
 って、、、なりそな気もするがwww





この写真。

だれがみたって、
目がいく順序を推察するに…


1)被写体本人の男、
2)その男が歯をシーハーしてる物体、
3)再び、歯をシーハーしながらめっちゃカメラ目線な男、

って感じかすら?



背景のLinoui さん店舗に至っては、
まあ、添え物もいいとこかすら?




メロメロってこーゆのちゃうん?
めちゃめちゃ無限大に理想の男。


見てやっ
堂々たる主人公感(=オレだけ見ろっ感)

こころはカメラ目線!!!
視線はイミフな流し目っ!!!

どーんどーんどどーーーーーーーんっ!!!


d0266590_188122.jpg





いやさ。

この写真をアップしたのが、

グンソクさん本人、
あるいは、スタッフ等々関係者による、

SNSやら
スタッフブログやらっていうんやったらさ。
話はそんなにシュールじゃないずらよー。





けど、
この写真がアップされた経緯って。もしかして。


なんやしらん、
頼んでもないのに、

歯をシーハーしながら現れた、
一応顧客である男による、

サプライズ訪問を受けちゃったばっかりに、



歯をシーハーしながら
やたらカメラ目線でポーズくりだす男の写真、

何枚もカシャカシャっ激写する羽目になって、
さらにはそれを、
自分たちのブランドの公式(?)Instagramにアップする、、、


みたいな。。。
巻き込まれ事故的な匂いプンプンちゃうん?


まあ、
背景に店舗うつってるから
本来の宣伝的な効果が発揮されるならば
なんでもええけどもー。

これ。
なにか微妙にお笑いで、
どこか微妙に切なくて、

結果どうしようもなく、
ブランドイメージからはズレズレ…ちゃうん?

歯シーハーする物体もって、
歯シーハーしながらカメラ目線で
ぜんぶもってってしまう男のせいでwww






あああああああああああああああ。
めっちゃ理想。理想の男すぎるー。


革製品のブランド会社のインスタに、
つまようじでシーハーする男の生き様、
そしてブランド商品存在感・激薄っww

ブランド残酷物語www


はっきりいって、
背景なんて、

高級革製品ブランドショップ店舗でも、
チゲ鍋やさんでも、
サムギョプサルの店でも、
相撲ちゃんこ部屋でも、

なんでもどーでもええしwww



コレとコレを足して、
ソレにコレをかけあわせると、
結果こうなるのっ

な、

規則性と調和にのっとった、
美しい数学の公式のなかに、

宇宙からきた遊星未確認物体 X、
むりやりぶっこんだような、

シュールな創造性を感じるわー♡





計算だけでは、
なかなか、
起こせへんことでっせー。

こういうのwww


一見すると、
ん?ちょっとなんか…笑

なんだけど、
まあもっかいみたら、
まあ、そんな変でもないか…
予測の範囲のことよねー…

なんだけど、
もっぺんじっくり見直して、
もっぺんじっくり熟考してみると…

なんかこれって
めちゃマヌケで摩訶不思議なシチュエーションちゃうん?


…のような筋をたどる物語。




写真をアップしたのが、
Linouiである、っちゅー点が
やたら壺にはまってしまひました。







僕!ボク!アピール意識ひとつを武器に
それ以外は無自覚なまま、

ブランド会社+空間全体+その後の物語までもを、

どことなく、
すっとこどっこいな異空間に変化させる。






これぞっ。
まさにっ。



究極の理想の男。


どどどどどーーーんこんがりちゅどーーーんっ✨


d0266590_18351328.jpg










ヒマがあったら検証してみてくださいwww
あ、そんなヒマな人、うち以外おらんかww

Linoui_koreaさんの
Instagram 上の写真を
かなり過去までさかのぼって、
たくさんの写真たちをじっくり見比べてみると、

この理想の男シーハー@Linoui店舗の軒先ショットが、

いかにシュールで、
そして、いかに、

「関係あるっちゃ関係あるけど、
 関係ないっちゃ関係ないんだよっ」的に浮いているか・・・

より一層実感できることと存じます。



   Linoui_korea さんのInstagram はコチラ。






ちなみに、

この、
"理想の男ショット"のシュールさ& 浮遊感と、

結構いい勝負はってたのは、
ただひとり。。。

アノ男だったかと。












 


アノ男 ☟☟☟


d0266590_18504150.jpg


MJさん&背後カップルもなにげにスリリングwww








Linouiさんとユーモアやんちゃ人との
心あたたまる深いつながり。末永くおしあわせにwww







*****

理想の男シーハーショットのタグ:

#リヌイ #狎鴎亭 #フラッグシップ
#テラス #俳優 #チャングンソク
2015.07.02 昨日サプライズ訪問してくださいました~^^
#linoui#korea#news#gallery#terrace#yesterday
#supise#visit#star#jangkeunsuk#flagship#fashion
#fashionistas#style#stylish
#dailybag#dailypic#dailylook#dailyfashion






アノ男のタグ:

#リヌイ #俳優 #チャングンソク#狎鴎亭
#ユーモラス #やんちゃ(いたずらっこ) #アジアプリンス
#センスいい#おしゃれさん
#linoui#korea#news#gallery#star#jankeunsuk#asiaprince
#sense#cute#fashion#fashionistas#style#stylish
#dailybag#dailypic#dailylook#dailyfashion





写真元:
https://instagram.com/p/4qKNbZFetw/
https://instagram.com/p/3_sIY-leoE/
by aloetree | 2015-07-06 19:31 | JKSのこと/一緒に働いた人々
昨晩。
2015.03.29。

Twitterにあがった、
グンソクさんに触れる
3人の方のつぶやき。

3つのつぶやき。




ほぉぉぉぉぉ、、、と
ほうじ茶すすりながら拝見しつつ、

キムジェジュンさんが書かれた

「波」という表現が奇妙に胸にささりました~。



ジェジュンさんが
どういうニュアンスで
「波」という表現をつかわれたのか、
本当のところはさっぱりわかりませんが~~~



そうだ!


波!
波ですよ!

波なんだ。
波なのさ。




ひいて
みちて

よせて
かえす

みちるんだから、
そりゃ、ひくずらよっ

ひきっぱなしじゃなくて、
またきっと満ちるずらよっ

どっちも
どっちのときも
貴重な機会ずらよっ

んで、
最後は、
アラベスク~www

もとい、
バランス!!!


波!

波の時代じゃ。




グンソクさん、

波がひいてみちて、
またひいて、みちるずらよ。

わたしもまた
同じことずらよ。






そして、


 個人的な考えです、、
 2015年 もっとも惜しまれる俳優、、、、
 チャン・グンソク、、、、


という表現で、
グンソクさんを応援するつぶやきを残した、

映画製作会社
リアライズピクチャース代表、ウォン・ドンヨンさん。

どんな方なのかしることで、
グンソクさんに想いをはせるつぶやきの謎も
すこしは感じられるかすら???と
個人的興味から、

ウォンドンヨンさんの過去のインタビューを翻訳しました。
(もちろん、グンソクさんは登場しませんww)

私と同じく、
変質的な方がいらしたら、
どぞ~~!






*****

2015.03.29 11:26
kimjaejoongさんのTwitter

@bornfreeonekiss


근짱 인생의 굴곡 참 많지?
우리 근석이는 믿어^^
파도..!!나머지 수많은 친구들 고마워^^

グンちゃんの人生は曲折(英語=curve)が
ほんとうにたくさんだよね?
ウリ グンソクは 信じてる^^
波・・!!
ほかにもたくさんのたくさんのともだち ありがとう^^


d0266590_1183637.jpg

d0266590_1185119.jpg

d0266590_1112572.jpg

d0266590_11124248.jpg



d0266590_114958.jpg

d0266590_1143333.jpg







*****


2015.03.29
withus_김용현さんのTwitter


@Galssam2

우리 근석이 ㅠㅠㅠㅠ
잘할꺼야 걱정뚝!!
“@bornfreeonekiss:
   근짱 인생의 굴곡 참 많지?
   우리 근석이는 믿어^^
   파도..!!나머지 수많은 친구들 고마워^^”

ウリ グンソギㅠㅠㅠㅠ
うまくいくよ 心配おしまい !!







*****


2015.03.29
Won dong yeon(원동연)さんのTwitter


@Shywdy

개인적인 생각입니다,,
2015년 가장 억울한 배우,,,,장근석,,,,
이 유망한 범아시아배우를 우리의 편견과 오해가
그를 아무일도 못하게 만들고 있습니다,,,
이게 도대체 뭐하는일인지,,,,,정말 굿나잇

個人的な考えです、、
2015年 もっとも惜しまれる俳優、、、、
チャン・グンソク、、、、
この有望な汎アジア俳優を
私たちの偏見と誤解が
彼にどんな仕事もできなくさせています、、、

これは一体全体
なんていうことなんだ、、、、、ほんとうに

おやすみなさい(グンナイ・グッドナイト)


  ※범の意味が微妙です
    ここでは「汎」としちゃいましたが。
    本当かすら??
   「汎」=ひろくあまねく、全体の、というニュアンス。
   「汎アジア」ならば、「全アジア」といった感じ。


   ※억울한 「惜しまれる」と訳してみましたが、
     なんかニュアンスがちがう気がします。
     억울하다 という単語について
     こちらのページに説明してくださっています。
      http://azyunma102.blog.so-net.ne.jp/2011-09-02-2
 
 



*****

ウォンドンヨンさんの過去のインタビューです
わたしが愛する変質的粘着性の方むけです

長い!
そしてグンちゃん皆無!笑


元記事はこちらからクリック!でござーる

http://www.cine21.com/news/view/mag_id/71614





mix&talk/ ウォン・ドンヨン
この時代のリーダーの条件という話題が勝負だった(分かれ目だった)

[원동연] 이 시대 리더의 조건이라는 화두가 승부수였다







<광해, 왕이 된 남자/ 王になった男>製作者
ウォン・ドンヨン
リアライズピクチャース代表
http://www.koreafilm.co.kr/production/1_realrisefilm.htm
http://hangukyeonghwa.com/5308-2/


d0266590_11254750.jpg



<王になった男>
<10人の泥棒たち>に続き、
今年、1000万の観客を突破する2作目となった。

‘今年二作目’と表現すると、
なんだかありがちなことに思えるが、
これは非常に意外な結果だ。

<10人の泥棒たち>に続く<王になった男>の成功要因は何か。

<王になった男>が今の姿を備えるまでには
<最後のオオカミ>
<カンナさん大成功です!>
<マリンボーイ>等を製作した
リアライズピクチャース ウォン・ドンヨン代表の力が大きかった。


当初カン・ウソク監督が
<私は朝鮮の王だ>というタイトルでスタートした作品が

ウォン・ドンヨン プロデューサー、
チュ・チャンミン監督、

そしてイ・ビョンホンによって
<王になった男>として生まれ変わって今に至るまで、

そして

彼が構想する‘新版’まで、

ウォン・ドンヨンにさまざまな話を聞いた。



-そもそも、
 カン・ウソク監督がメガホンを取ることになっていた作品だった。
 どのようにスタートすることになったのか。


昨年9月頃、CJから連絡を受けた。
なかなか良いシナリオがあるので、
共同製作のスタイルで一緒に仕事をしないか、と。

当時、私は、
<신과 함께・神と共に>に、はまっていたときだったので
やらない、といったところ、読んでみろ、ということだった(笑)

最終章をパタッととじて、
これをやらなかったら後悔する、という考えが
即座に浮かんだ。

私は、それこそ、
<国家代表>を断ったプロデューサーじゃないか(笑)

<国家代表>は、企画まですべて終わらせて、
持分をすこしだけ少し受けて、
結局は譲り渡して出てきてしまって、
<マリンボーイ>をやった記憶が浮び上がってきて、
無条件にやらなければ、と決心した。




-<王になった男>は
 投資配給会社CJと製作社間の‘共生プロジェクト’ 1号だ。
 すでにCJで企画、開発を終わらせた作品に
 一歩遅れて合流することになって、どんな調整過程を経たか。


CJが企画、開発を引き受けて
リアライズピクチャースが監督と俳優をはじめとする
キャスティングおよびスタッフ構成、
撮影での後半作業から封切りまで、
作品完成の責任を負う、というスタイルで製作が進行された。

最もきっちりと要求したことは、
キャスティングとスタッフ構成に対する全権をくれ、と言ったこと。

そして、
既にカン・ウソク監督様がいらした時点で議論された予算は
無条件に守る、といった。

さらに、
当初のシナリオにもうすこしたくさんのユーモアを加えて、
さまざまな面で私たちのスタイルに変えてみようといった。




-チュ・チャンミン監督に対する確信はあったか。


マイノリティにむける無限の愛情がある。

<マパ島)>も、
主人公が突如としていろんなおばあさんから、
話にもならない屈辱を受ける物語で、

<愛をのがす>も、
人気種目とするのが困難なボート選手が主人公、

<拝啓、愛しています>でも、
痴呆老人とその周囲の老人たちに対する愛情がたっぷりにじみ出ている。

<王になった男>で王の役割をする하선姿も
そんなふうなものでしょう。




-<10人の泥棒たち>と比較するならば、
 <王になった男>はイ・ビョンホンによるチームトップ映画だ。
 いわゆる「ワールドスター」ではない、
 「人間 イ・ビョンホン」に漂う容貌が
 興行の最も重要な役割を果たしたようだ。


イ・ビョンホンをキャスティングした点についてだけは、
当然、私が称賛を受けていいところでしょう(笑)。
最初から、無条件に
イ・ビョンホンをキャスティングしなければなければならないと考えた。
チュ監督にも、
イ・ビョンホンはギャグ本能もあり、爆発力がある、と話した。

イ・ビョンホンとは、
イ・ジェギュ監督の<インフルエンス>の仕事をしながら、
普段の、彼の気さくさや、人間的魅力といったものをよく知っていた。

ところが、
観客たちには、彼に対するに妙な乖離感がある。

韓流スター、
ワールドスター、といった、
そんな表現のように、
みんな、好きではあるものの、

どこか、
別の世界の人のように感じられるせいか、
親近感を感じられないんだろう。

そんな彼が、

大便をするとお尻をむきだし、
サウォリ(シム・ウンギョン)に話を一度してみろといい、
チョ内官(チャンジョン)に、
なんでそんなふうになったのか、と도닥여주고、
チュンチョン(ハン・ヒョジュ)の笑顔を見たかったといい、

まるで、
町内のヒョン(兄)と市場で(トッポッキ)を
食べるような雰囲気がでた。




-イ・ビョンホンはずっと海外プロジェクトに参加していたが、
 キャスティング過程は侮れないものだったようだ。


所属会社である
BHエンターテインメントのソン・ソクウ代表力が大きく作用した。
彼にもイ・ビョンホンが演じたら良い作品という確信があった。
ソン代表が<GIジョー2>の撮影のために
ニューオリンズからLAに行く予定があり、
LAに来てはどうか、と提案した。

まあ言うならば、
私はプライドなんか全部捨ててしまおう、と(笑)

チュ監督を説得し、
ソン代表は「ヒョンが演じるべき作品だ」と、
イ・ビョンホンを説得して<王になった男>が作られることになった。




-1人の観客の立場になって、最も好きな場面を選ぶとしたら。


チュンチョンが、兄である유정호に関することで
「どうしてそうなさったんですか?」と尋ねたとき、
광해(イビョンホン)が「大妃様の笑顔が見たかったからです」と話す場面。

大同法やらなんやらといって、
臣下をちょっと促して、という、そんな場面ではなく、
광해の純情、というか、
実ることのない愛についても場面だね。
私はちょっとロマンチスト(笑)




-リュ・スンニョン、チャングァン、
 シム・ウンギョンキム・イングォン、キム・ミョンゴンなど
 脇を固める俳優たちの「フォース」も侮れないものだった。


実は、当初、
私は、チャングァンさんについては反対だった。

<トガニ>の悪質な校長が<王になった男>で
メンターとして出てくるというのは、
実に気分がよくなかった(笑)。

実際に<トガニ>の打ち上げパーティーのとき、
酒によった私は、チャングァンさんとこころに行って
一発だけ殴ってもいいか、とやったことがある。
その話はバラエティ番組<セヴァキ>でやった (笑)

現場でヘッドフォンをつけて聴いていると、
本当に幻想的だった。

密閉された室内空間で
イ・ビョンホン、リュ・スンニョン、チョングァン、
この三つの人の「声バトル」が繰り広げられているんだ。

ほとんど10年ぶりに
映画に出演したキム・ミョンゴンさんの場合、
シナリオを見ておいおい泣かれたそうだ。

キム・デジュン政権で国立中央劇場劇場長、
ノ・ムヒョン政権で文化部長官をお過ごしになった方だから、
亡くなったチョン大統領を思い出されたようだ。
ところが、광해に対する反対勢力のリーダー役なんだから、
実におもしろい。

今年春、
イ・スンジェ、ジョンムソン先生が出演する
<아버지 お父さん>という作品を演出しましたが、
舞台にあがるまでに、数ヶ月、練習しなければならないのに出演された。

シム・ウンギョンは
アメリカ留学中なのに、春休みにやってきて撮影し、
その後、もう一度来て、撮影した。




-キム・ミョンゴンの前長官に対する話を聞いていると、
 <王になった男>が今の時点で大きい興行をおさめている、
 その重要な要因の中の一つがまさに「大統領選挙」である。
 映画の中の光海君が
 ノ・ムヒョン前大統領やアン・チョルス候補を連想させるというj声が多い。


封切りが、
無条件に9月や10月であるからこそ、やる、といった。

大統領候補の輪郭が出てきた後に
「この時代の真のリーダーの条件は何か」
という話題と現実とを重ねてみよう、という勝負の掛けだった。

「恥ずかしいと思いなさい」
「糟糠の妻を捨てるというお言葉ですか?」

のように、
ノ・ムヒョン前大統領を連想させるセリフは、
直接的に多かったが、ずいぶん省いた。

アン・チョルス候補の場合は、
シナリオを書く時、映画製作する時点では、
全く霧の中の人物であったが、
既成政治家たちとは違った‘無所属’という点で関連づける視線が多い。

そんなふうに、
誰もが、それぞれの心の中にある大統領の姿を描いて、
この映画に共感するようだ。

とはいえ、
チョン・ドゥファン、ノ・テウの話は誰もしなかったよ (笑)




-撮影過程を見守っていて、
 これだっという「感じ」がくることがあったか。


監督と俳優に最も申し訳ないのが、
スケジュールのために撮影を暴力的に進めたような部分だ。

にせ物が本当になって行く過程を
年代記順で撮影しなければならないのが本当のところだが、
そうすると、セットを4ヶ月以上抑えておかなければならないことになり、
予算や条件上それは無理だった。

すべての俳優が광해の変化に合わせて、
感情をエスカレートできない役どころだった。

だから、
正直いって、
再撮影も覚悟し、予備費用も準備した状態で、
一ヶ月の間セット撮影した。

ところが、
イ・ビョンホンは、
最初、中間、エンディングの ”하선”を
全部しらなくて撮影しているのに、実にどれもがちがっていた。
これは、本当に、一つ出てきた、と思った。

それでその時からは安心してツイッターで、
温泉行ってきた、だの、
市場にいって何を買った、だのといった、
つぶやきをあげた。

全く心配がなかったから。 (笑)

本当にプロデューサーとしての
苦労をせずに完成した映画だと
心の底から思う。




-<王になった男>に向かった批判的な視線もある。
 二種類で圧縮しようとするなら、
 今回のライトマンの<デイブ>(1993)との類似性に対する指摘、
 それから、スクリーン(上映スクリーン数)独占についての
 批判的な視線だ。


以前、
カン・ウソク監督が
<私は朝鮮の王だ>演出の便りを明かしたインタビューで
<影武者>や<デイブ>について言及したことがあった。

それで一歩遅れて
チュ監督と<デイブ>を見た。

だが、
<王子と乞食>のような古典でもわかるように、
それはやはり大きいオリジナリティーがない話で、
1人2役、
ジュンジョンとの愛情、
政治的覚醒という側面で、
長い間の典型性を持つ話だと考えた。

映画批評家テュナが
<デイブ>と比較して書いた文章は
その点についてうまく整理していると思う。

スクリーン独占問題については、
むしろ、<王になった男>がオフシーズンを通過して、
市場のボリュームを育てたのではないのかと考えている。

だから、スクリーン数そのものよりも、
それに対する功大も認めて欲しいと思うが、
客席占有率自体が依然として最も高い。




-いつのまにか後輩プロデューサーのほうが多い、
 そんな立場になった。
 共生プロジェクト1号の製作者として伝えたい言葉はあるか。


親しい後輩にも
人々をうまく結集して共生プロジェクトに参加しろと話してきた。

最近は、開発費の準備が難しくて
企画開発が大変だ。

ところで、
大企業の倉庫に積まれたままの数多くの企画開発作品中に
「モノ」になるだけのものもたくさんある。

実際に、
「資本の手先になるのか」
と私を悪くいう人たちがまわりにいるのを知っている。

しかし、<神と>は
それなりに、独自に製作しながら共存プロジェクトも進行する。

もちろん新人監督や製作者が飛び込むのが難しい構造ではあるが
それはちょっと仕方ない問題で、
製作代行料や収益のうち持分ももっと高めていかなければならない。

<王になった男>という作品に
私の力量が入ったことで、
他のフォーマットに変換して製作し、
このような成果をあげたので、

今は、まわりからも、
またちがったふうな視覚で見ていると思う。





*****

同じく、
リアライズピクチャースの代表を務める
キムホソンさん(グンソクさんと同じく漢陽大学の卒業生)

キムホソンさんが
漢陽大学卒業生としてこたえているインタビュー。

2012年のものですが、
映画製作事情について語っていて、
映画好きな方ならばおもしろいかも。。。


http://www.hanyang.ac.kr/controller/weeklyView.jsp?file=/top_news/2012/123/people.html







*****

めっちゃ言いたいことが
めっちゃたくさんあるずらよ~www

あ、
勝手に写真借用したずらよ~
この写真どなたの~!?!?



えいさっ
波がみちるときずらよ~~~

んでまた、
ひいてもいいずらよ~~www

波がひこうが、
波がみちようが、

ぼっくらっはぁいつだってっ♪
とぼとぼ えいえいおーっ!!!♪



えいえいおー
えいえいやー
えへらでぃや


3つの「え」www










*****

今Twitterで
新たなる「波」の解釈を
きかせてもらって
うれしかったので
勝手ながら書かせえてください。

まりもんさん@Marimo_jang
おはなししてくれた「波」。

 ジェジュンさんの「波」

  波濤。

  負けるな
  叩きつけろ
  波濤の如く

  そして自分も頑張るよ

そんなふうに感じたというお話。
なんかドキドキするずらっ。


さらに、
拡大する「波」の解釈@まりもん世界。

 波動砲。
 カメハメ波。

wwwww

まりもんさん。
ありがとうございます。

そいえば、
ちょうど昨日は、「まりもの日」www



明日は、

ジェジュンさん。
いってらっしゃい。








ずら ずら 書いてごめんなさい
毛髪の話とはなんの関係もないずらよ。

by aloetree | 2015-03-30 11:09 | JKSのこと/一緒に働いた人々
今日はたくさん翻訳したいものが。
たくさんたくさん。

まずひとつめはこの記事。




元記事クリックはコチラカラ


1)
アジア プリンス チャン・グンソクの公演だけが持つ魅力は?



2)
公演関係者が挙げた
アーティスト チャン・グンソクだけの競争力は?



3)
チャン・グンソク、
俳優出身の歌手、への先入観を破った完璧主義の指向に驚いた



4)
バンドマスターがみた、
「ミュージシャン チャン・グンソク'」先入観があったけど・・・



5)
チャン・グンソク‘2015 the CRI SHOW3盛況裡終えて
“常に新しい感じを受ける”



6)
チャン・グンソク、日ツアー盛況裡…
「演技者出身ということを忘れてしまう完ぺき主義」



7)
チャン・グンソク日公演関係者
 「俳優への先入観あったが完ぺきさ追求」



元記事クリックは
↑↑↑ 上からでござーる。



























*****


アジア プリンス チャン・グンソク公演だけが持つ魅力は?
아시아 프린스 장근석 공연만이 가진 매력은?




d0266590_10113483.jpg



チャン・グンソクが連日、完成度の高い公演をリリースしている。

大阪に続き、去る26,27日には、
新潟公演を成功裏に終えたチャン・グンソクが‘
2015 JANG KEUN SUK THE CRI SHOW 3ツアーに拍車をかけている。

彼ならではのアナログな感性でつくられた今回の公演は、

ファンたちと熱く交感して、
ヒーリングの場を成し遂げた、

といった反応が列をなしている。


何よりも、永らく共に仕事をしてきたバンドとの呼吸、
(ピッタリ息のあった様子)

そしてチャン・グンソクの今年ライブで、
さらに一層、躍動感にあふれ、
完成度の高い舞台が誕生することができた、と。

これに対し、バンドマスターである、チャン・ジウォンさんは

「まなざしだけでも、息(呼吸)がぴったりと合う」

と語り、
チャン・グンソクにたいする厚い信頼を表現した。


d0266590_1012510.jpg



KBS 「不朽の名曲2-伝説を歌う」をはじめとして、
神話、バイブなど、

数多くのアーティストの公演を共にしてきた、
屈指のバンドマスター チャン・ジウォンさんは

「演技者出身ノ歌手との仕事は初めてのことで、
 実力に対する先入観があったが、

 はじめての合奏の際に、
 彼が追求する高いクォリティーと完ぺきさに、
 むしろ逆に、冷や汗を流した覚えがある。

 フリーな感じで練習しつつも、
 完璧を追及する、その指向を感じて、

 さらにいっそうの、
 責任感とプレッシャーを感じて練習に臨むことになった。

 そのためだろうか、
 チャン・グンソクの公演には失敗がない」

と語り、
共に仕事をする所感を明らかにした。

また、

「チャン・グンソクの公演では常に新しい感じを受ける。

 毎回、同じ構成ではあっても、
 同じ感じの公演ではない。

 歌は実力だけによるものではない、と思うが、
 チャン・グンソクの演技経験が
 彼の歌をより一層豊かに表現しているんだと思う。

 悲しい歌は、より悲しく、
 たのしいう歌はより一層たのしくしてしまう、

 これが、
 チャン・グンソクだけの競争力だと思う」

と伝えた。


d0266590_10123824.jpg



このように
公演に対するチャン・グンソクの格別な準備性と熱意は
回ごとに、ちがったステージを誕生させて、
ファンたちの五感を満足させることにのりだしている。

名実共の「アジア プリンス」としての、
確実な位置づけはもちろん、

各国で進行される彼の公演が
粘り強い盛況を成し遂げる秘訣であることを推察させて
今後の歩みがより一層注目される。

一方、今回のツアーは
ホール公演が6都市
(大阪、新潟、福岡、岡山、静岡、北海道) 12回、
アリーナ公演が2都市(神戸、東京) 4回の、合計16回公演。
4月1,2日、福岡山パレスで3回目のステージが繰り広げられる。
by aloetree | 2015-03-30 10:24 | JKSのこと/一緒に働いた人々
キムヒギョン記者さんによる記事〜。

特に、
記事の序盤の、

我らが親分こと、
グンソクさんの、

한다면 한다~~!!!!
(ハンダミョンハンダ)


な、精神性に触れる部分の言葉。

この記者さんのなかの、
グンソクさん像には、

こういう部分があるんやな〜って、
すごくすごく胸がホカホカなった〜。


んで、

「それ見ろ、
 とばかりに投げ捨てた俳優」

 (拙訳につき、
  あくまで
  私が解釈したニュアンスにすぎませんが)


っていう表現の部分に、
ぶぶぶって笑いがこみあげた〜wwww

この記者さんの記事は、

ほかにもいろいろあり、
先月のてんやわんやのときも
もちろん普通に記事は
アップされている気がしますが。



突如現れた、
先日のこの記事も、
この記者さんによるものです。

 キムユンソク、キムソンニョン、キムミョンミン、アイユ
 チャン・グンソクを絶賛した発言再証明… 「やはり韓流スターだ」


どんな方なんだろう?
めちゃめちゃ不思議や〜。







元の2つの記事。
ぜひぜひクリックを♡


http://article.topstarnews.net/detail.php?number=103740

http://article.topstarnews.net/detail.php?number=105042








*****


135人が語るチャン・グンソクの実体…
彼らが "感動" せずにいられない理由

135인이 말하는 장근석의 실체…
그들이 ‘감동’할 수밖에 없는 이유



元記事☟こちらをクリックしてください。
http://article.topstarnews.net/detail.php?number=105042




トップスターニュース
김희경/キムヒギョン記者



チャン・グンソクという俳優は、

よくある
「できない/ダメだ」という範囲に対して、
もっとも勇敢に
「できる」と言うことができる俳優である、といえる。

根強く、うめこまれた
「子役俳優」というイメージを
それ見ろ、とばかりに投げ捨てた俳優でもあり、

シチュエーションコメディから
ロマンス、
アクションを越えて、
アニメーション声優にまで挑戦してきた。

このような彼の挑戦に、
周囲の俳優たちは彼への賞賛を惜しまない。

ある映画やドラマで
引き受けたキャラクターが人気を得るようになれば、
普通は似た脈絡で、次期作を決めるケースがほとんどだが、

本人が、
その枠を常に破り続ける、という冒険をする、
チャングンソクの粘りづよい根気とチャレンジ精神は、
称賛するに値するものだからだ。

だが、チャングンソクは、
ただビジネスだけで自分自身を育てていない。

数多くの、
チャン・グンソクの周辺の人々、スタッフたちは、
すでに様々な媒体を通じて、
チャン・グンソクの人間味についても、言及してきた。

スタイリスト、イ・ミニョンは、

 チャン・グンソクという人は、
 数字の100といえる。
 100%のエネルギーを有しているのだ。
 チャン・グンソクは計画をたてて、
 その計画を進展させる時は本当に徹底して完ぺきだ。
 そして、自分が持っているすべてのエネルギーを注ぐ。
 そして再びエネルギーを100%充電して、
 次の仕事を進める。 本当に驚くべき俳優だ。


として、
彼の情熱に感嘆したことがある。

イ氏はさらに語る。

 昨年アジア ツアーの時は、
 すべてのステップがみんな疲れていた。
 私も、体力的に非常に疲れた状態だったせいで、
 チャン・グンソクに少し駄々をこねたりもした。
 そしたら、仕事が終る時、
 チャン・グンソクは私を抱きしめて
 「姉さん、本当にありがとう」と言った。
 その時本当に涙が出た。
 その一言から彼の真心が感じられた。
 まだ若い年齢にもかかわらず、
 まわりの人々を配慮する、その思慮深い行動に感動を受けた。


として、
当時の、あふれる感情をも伝えている。

また、
チャン・グンソクのメイクアップアーチストも

 チャン・グンソクは本当に純粋な青年だ。
 お世辞でいう言葉でなく、実際にそうなのだ。
 カメラの前に立ちさえすれば、俳優のオーラをあふれさせる。
 真の生まれつきの俳優に違いない。
 チャン・グンソクはすべての人を配慮することができる。
 彼の品性はスタッフのだれもが共感する部分だ。
  例えば食事時間になれば、ただ単に、
 「食事してください」ではなく、
 「朝ご飯たべてきましたか?
  冷める前にはやくきて食べてください」
 と、家族のように話してくれる。
 そういう言葉に私たちは力をもらう。
 チャン・グンソクはスターだからといって、
 傲慢にふるまったりすることはない。
 礼儀正しくて、賢く自分の仕事をこなす素敵な青年。


と語り、
彼のスター性と人間味に賞賛を惜しまなかった。

d0266590_1832283.jpg



一方、
チェ・チョロ音楽監督は
彼を"完ぺき主義者"と呼ぶ。

チェ・チョロは、

 自分が納得できる最後の最後までトライし続ける。

と語り、
彼の粘り強い根性に舌を巻いた。

 普通プロデューサーというものは、
 (レコーディング)ブースの外から、
 様々なアドバイスや判断をする役目だが、
 チャン・グンソクと共に仕事をする時は、
 チャン・グンソクが私をブースに連れて行く。
 ちょっとでも疑問があると、
 見本としてボクに歌を歌わせる。
 レコーディングが終わる時まで、
 ブースの外に出してもらえない。
 だが、このやり方は正しいと思う。
 見本をみせると、すぐ理解して、
 それ以上のものを出してくるから。


として、
彼の職業精神を尊重する立場を見せた。

さらに、チェ・チョロ監督は、

 チャン・グンソクというすばらしい俳優に
 出会うことができたことが本当に良かった。
 これまでもドラマのOSTを手がけたことは何度かあったが、
 俳優と互いに自分の求めるものを出し合い、
 これほど密に作業したことはない。
 あまりにも積極的だ。


として、
笑いをはなった。
引き続きチェ監督は、

 チャン・グンソクはしょっちゅうメールで、
 「監督様、ぼくの曲いつ完成しますか?
  はやく聴かせてください」とおくってくる。
 ドラマの監督よりチャン・グンソクのほうがはるかに恐ろしい。


として豪快な笑いをみせた。



芸能人チャン・グンソクより、
人間味あふれるチャン・グンソクに魅力を感じた、


と、
写真作家チョソンヒが語るほどに、
そんな彼の人柄は有名だ。

チョ・ソンヒは、

 一番最初、彼に会った時、
 チャン・グンソクという人をよく分からなかった。
 最初は「この人は誰だ?」と言うほど不思議だった。
 だが、5年が過ぎた今、私は、
 彼とともに冗談をいったり、踊ったりしながら仕事をしている。
 だが、カメラが向けられた瞬間、
 彼は視線を捕らえる魔力を発揮します。
 写真家にとって、彼は最高の被写体。


として、
チャングンソクを絶賛した。

チャン・グンソクに向けられた、
このような称賛は、ごく一部にすぎない。

約130人が語る、チャン・グンソクは、
まさに "アイドル(IDOL)" そのものだった。

それぞれの人々が打ち明ける、
ささやかなエピソードは、
すこしずつ異なっていたが、

それらすべてを包括する、
「チャングンソク、という品性」は、
すべてが称賛一色だった。

どれもが、
彼の名誉や容貌のためだけにする、
見せかけ(虚飾)の称賛ではなく、

心から愛する、
友人や家族のことを語るがごとく、
情が細やかなこと限りないものだった。

そのうちの何人かは、
あたかも存在しない何かを信じるかのような、
尊敬心までをも表現していた。

高い地位に登れば登るほど、
いとも簡単に、

その人が
もともとそなえている本質を失っていくものだ。

だが、
チャン・グンソクは、

そのような安易な人間にならないように、
と、今日も努力している。

しばし、休んでいる、
この今の瞬間にも、

チャン・グンソクのまわりの人々は、
彼にとっての憩いの場となり、
心強い激励の言葉を慎むことはないだろう。

そしてチャン・グンソクもまた、
今の自分自身を破リ去るために、

ものすごい完璧主義者となって、
完ぺきな被写体を作りだすだろう。









*****

ところで。。。
アクションってなぁに?

あ。
チャンフィ!?笑。
by aloetree | 2015-02-09 19:16 | JKSのこと/一緒に働いた人々
キムユンソク、キムソンニョン、キムミョンミン、アイユ
チャン・グンソクを絶賛した発言再証明… 「やはり韓流スターだ」

김윤석-김성령-김명민-아이유, 장근석 극찬한 발언 재조명…
‘역시 한류스타야’



元記事。ぜひ、こちら☟をクリックしてください
http://article.topstarnews.net/detail.php?number=103740


[トップスターニュース=キム・ヒギョン記者]


韓流スターの座で
堂々と上位圏を占めているチャングンソクは、

「アジアのプリンス」というニックネームが
惜しくないほどに活発な活動を見せている。

"妖精コムミ" で
本格的に顔を知らせ始めた俳優チャングンソクは

"エイリアン先生"
"ファン・ジニ"
"快刀ホン・ギルドン"
"美男ですね"
"ベートーベン ウイルス"
"ラブレイン"
"キレイな男”で、
演技の幅を広げて、
国内ファンだけでなく
海外ファンまでを魅了することになった。

だが、
このようなチャングンソクに対して
良くない視線も存在する。

しばしば語られる
「スター病」にかかった俳優、
として知られている部分もなくはない。

だが、普段、
チャン・グンソクと一緒に
仕事をしてきた俳優たちの話を集めると、

果たして、
本当にそんなふうにしか。
とらえられないものなのだろうか、

と、今一度考えさせられるようになる。

俳優キム・ユンソクは過去
"ムービーウィーク"とのインタビューで

「本来(僕は)モニタリングして、
 ほめるような性格じゃない。
 だが、(チャン・グンソクは)
 感情の表現がとても多様だな。
 多様化していくだろうな、という感じを受けた。
 
 (映画の場面)
 業者のオーディションで、社長が
  "ボーカルだけ一緒に仕事をしてみないか"と訪ねて、
 "いやです"と答える場面がある。
 その時の声音で、多様性を発見した」


と、チャングンソクの第一印象について
打ち明けた。

「今後、演技者として
 歳をとっていくのを見守りたいな、
 という感じを受けた」


と語って、
チャングンソクに対する称賛を惜しまなかった。


d0266590_2145022.jpg



俳優キム・ミョンミンもまた、
雑誌 "DAZED"のインタビューで

「俳優としての人生を楽しむ友人だ。
 子役からスタートして、
 経歴がかなり長いにも関わらず、
 他の人々の意見を
 謙虚に受け入れることができるし、瞬発力も良い。
 発展の余地が無尽蔵だ。
 同じ年頃の人たちのように、
 雲をつかむような夢を追ったりせずに、
 演技に対して真剣な欲がある」


として
チャングンソクの落ち着いた面を
明らかにしたこともあった。


このような称賛は、
男性俳優からだけに限定されたものではない。

俳優キム・ソンニョンもまた、
SBSドラマ "美男ですね"で、
一緒に呼吸を合わせた記憶を想いうかべて

「すごいオーラがある。
 本当に素敵な演技者の後輩で感じが良い。
 今回共演する前から思っていたことだが、声がすてきた。
 集中力も優れていて、まだ若いが深さがある俳優だ。
 どんな姿に成長するのか本当にたのしみだ」


として
チャン・グンソクの人気の潜在力について、
絶賛する姿を見せた。

映画"きみはペット"で
一緒に呼吸を合わせた俳優キム・ハヌルも

「後輩であるが、
 本当に大人っぽい。
 表面に見える、軽快さとは大いに違う。
 現場では責任感あるように行動して、
 弟としてだけでなく、相手俳優としても遜色がない」


と話したことがある。


d0266590_2151710.jpg



新しく演技に挑戦するアイドル出身演技者もまた、
チャン・グンソクの配慮に賞賛を惜しまない様子だった。

ソイングクは

「ドラマが初めてだから、
 序盤には多少気後れしたが、
 チャン・グンソクが先に友人になろうとしてくれ、
 気楽に接してくれたので、気分が楽になった」


として、
当時の感謝の気持ちを表現した。
また、

「同い年だが、
 経歴では途方もない先輩なのに、
 すごくありがたかった」


として、
チャン・グンソクの繊細な配慮に対して
感謝した心を表現した。

アイユもまた、
"キレイな男"の製作発表会で、

「どうしたら、
 こういうふうに考えられるんだろう、
 と、そんなふうにずっと感じさせられる俳優だ。
 文章を見ただけで、多様な想像力を発揮して、
 演技をする。
 そういう部分を絶対に学びたい」


として、
チャングンソクの
老練な演技分析に感心することもした。

このように、
チャン・グンソクは大衆が彼にもつ視点とはちがって、

スター性が充分で、
それにともなう演技力もまた、
十分に検証された状態だ。

さらに驚くべきで点は、

この俳優は、
まだ30才にも満たない、
若い年齢という点だ。

古い昔から言われているように、
俳優というものは、歳をとるほどに
深みある演技を見せることができる。

私たちに見せてくれた演技は、
これから先の未来に比較してみたら、

まだまだ
とてもわずかなフィルモグラフィの一部にすぎない、
という事実にただただ驚くしかない。

チャン・グンソクのファンたちもまた

「こういうチャングンソクのファンで、
 とても幸せだ。
 志あるファンとして、応援する」

「チャン・グンソクという俳優は、
 千年に1人出てくるやいなや、思える、
 すごくすごく大事な俳優だ」

「チャン・グンソクが、
 このように多くの人々に愛されていることは、
 ファンとして気持ちがとても良い」


等多様な反応を見せている。




*****

一緒に仕事をした
俳優さん・スタッフさん・監督さん・雑誌関係者さんたち。

彼らが語るチャングンソクのこと。
以下にまとめてあります。


 チャングンソクのこと。vol.1 15人の身近な人々。

 チャングンソクのこと。vol.2 15人の監督さんとか。

 チャングンソクのこと。vol.3 10人のスタッフさんたち。

 チャングンソクのこと。vol.4 21人の共演した方々。

 チャングンソクのこと。vol.5 11人のメリは外泊中関係の方々。

 チャングンソクのこと。vol.6 29人の彼を知るいろんな方々。

 チャングンソクのこと。vol.7 17人の雑誌関係、コラムニストなど。

 チャングンソクのこと。vol.8 7人のラブレイン共演者たち。

 チャングンソクのこと。vol.9 10人の俳優さん、彼を見守る人々など。




vol.10は、
キムジェジュンさんとグンソクさんのことです。


 チャングンソクのこと。vol.10 キムジェジュンさん。




***

 共演者が語るチャングンソク by ソイングク

 共演者が語るチャングンソク by パクシネ氏

 韓国うなぎさんによるまとめ。
 一緒に働いた人々が語るチャングンソク



 これ、めっちゃいい記事です。
 ELLE GIRL KOREA2008年の記事です!!!
 (翻訳は見直してないのでめちゃくちゃですがw)
    ☟ ☟ ☟
 「チャングンソクを非常に大切に思う理由」





ほかにもまだまだたくさんあります。
この2つの☟☟☟カテゴリーにあるのでヒマなとき覗いてみてちょ〜。

  ☆ JKSのこと/一緒に働いた人々

  ☆ JKSのこと/ 編集者さんたちの後記
by aloetree | 2015-02-04 21:13 | JKSのこと/一緒に働いた人々
チャングンソクは
相手俳優からそんなに評判が良いそうですね。



元ブログ
2011.11.3

友達が映画版で照明をしているが、
一歩遅れて入門したのでキャリア8年目。 照明部second。

最近、手がけた2作品は、
映画「きみはペット」とドラマ「ラブレイン」です;;

偶然にも2作品とも、
チャン・グンソクが登場する作品でしょう。

最近、映画版の事情が窮してきて、
ドラマの仕事をする場合も多いのですが、

この友達は、
「きみはペット」の仕事にはいる当初、

自分が
いちばん嫌いなスタイルのチャングンソクが出る、
ということのせいで、すごくイライラしていたのに、
2作品を一緒にしてからは、
その評価が完全に変わってしまいましたよ。

そのつらい撮影日程の渦中、
スタッフたちや俳優たちが、疲れて、
雰囲気が完全にダウンしているときに、

いきなり突拍子もなくでてきて、
歌をうたったり、
踊ったり、
あなた方がいるからこそ力がでる、
という短い手書きの手紙をかいて回したり、、

最初こそ、
なに、こんなヤツがいるか、
といったふうだったけど、
しばらく過ごして見たら
情がうつっていったそうです;;

自分が仕事をしてみたA急俳優の中で、
特級の食事会をいちばんしょっちゅう打つ人物だ、
と、さらに好感がもてると。ふふ。

見た目には、柔弱な弟のような奴なのに、
相手役の俳優たちを実によく面倒をみるのだとか..

キム・ハヌルやユナが大変な時も、
チャン・グンソク探して、
あれこれと慰安を頼むのを見ていると、
適応できないこともあるけれど..

それをずっと見守っていると、

一日に2時間だけしか
睡眠がとれないような生活を
持ちこたえることができるのは、
グンソクオッパのため、

という言葉は、
本心からのものに聞こえるとね。




*****

関連の日記。


  グンソクさんと一緒に働いたひとたちの言葉や、
  インタビューをあつめたものです。

  過去に翻訳したものばかりで、
  翻訳のチェックが未完了なので、
  へんな文章がいっぱいですが。とりあえず。

    ☟  ☟  ☟

  JKSのこと/一緒に働いた人々
by aloetree | 2015-01-22 22:30 | JKSのこと/一緒に働いた人々
めっちゃ
おもしろかった記事です。


ぜひ、下方の
「関連の日記」たちとあわせて、どうぞ〜。





過去がなつかしいから
過去を掘ってるんじゃないだす。

「親分の軌跡をまとめとこっ」
っちゅーのが、

このブログをスタートした、
そもそもの意図なので、

掘り続けてるわけで。
掘り続けてるだけで。


言うまでもなく、
わたしにとって、

チャンさんは、
いつだって、
「今」がいちばんオモロイ存在。

今。
今。
今な男。

私にとっては、
チャングンソクは、
チャン・今男。





*****

[記者手帳]
 チャングンソク、さらに大きな"虚勢"をよろしく。
 ★スター私の物語



[기자수첩] 장근석, 더 큰 허세를 부탁해 - ★난 이야기

2011.11.03
クォン・クヒョン記者kvanz@maxmovie.com



d0266590_14334516.jpg



俳優チャングンソクのよどみない歩みが続いている。

過去に「虚勢」と呼ばれた彼独特の自信が、
"アジアのプリンス”として固めた地位に
ジェットエンジンを搭載した格好だ。

去る2日行われた、
<きみはペット>マスコミ試写会現場での発言もしかり。

<きみはペット>で、
将来を嘱望されるダンサー兼ミュージカル俳優として活躍する
カンイノ役を演技した彼は、

「僕は、
 俳優なのか、歌手なのか、ダンサーなのか。
 アイデンティティーをたくさん探すことになった映画だ。
 やはり、、
 アジアのプリンスは誰でもなれるってものじゃないね」


と自画自賛した。

陽気な笑いを含んだ声ではあるが、
彼の大胆さ、豪快さを感じさせてくれる真骨頂だ。

チャングンソクには誤解がつきまう。

率直な彼の性格に触れるたびに、、
(濡れ衣を着せられているようで)やりきれなかった。

彼に向けられた色眼鏡越しのモノサシには、
それ相応の理由もあった。

チャングンソクのずば抜けたルックスは
彼の演技を覆い隠してしまう。

<ベートーベン ウイルス>等、様々な作品を通じて、
その演技力について検証を受けているにもかかわらず、

いまだに、
演技よりもルックスがずばぬけている、
という印象を塗り替え難いのは事実だ。

ルックスももちろん、
生まれもった祝福ではあるものの、

それゆえに、むしろ、
演技力に傷をつけられてしまうケースだ。

彼独特の "自信"もそうだ。

チャングンソクにとって、
"虚勢"というニックネームは致命的だった。

<黄金漁場/ 膝打導師>の放送がなかったならば、
今でもついてまわっているだろうレッテルだ。

実は、チャン・グンソクという人は、
自信感があふれて目立つ、というよりは、
文字通り、ただ、正直で率直な性格の持ち主だと思われる。

ただし、
こういうタイプの芸能人は珍しい。

そして、大衆は、
「見慣れない」という理由ひとつだけで
この「見慣れない男」に背を向けた(無視した)

とりわけ
「謙譲を美徳」とする我が国では、
より一層そうなってしまった。

アーティストというものは、
自分自身の私生活や考え方を隠すものだ。

余計な行動や言葉で物議に上がってしまえば、
その被害を被るのは本人なのだから。

動物愛護について話そうと、
コミュニーケーションの場をもったイヒョリすら、
程なくして、袋だたきにされたことがある。

しかし、
チャングンソクだ。
彼は隠さない。

とどまることなく、
自分を表現してみせては、大衆の反応をたずねる。

去る10月の釜山国際映画祭当時、
彼が繰り広げた、"浜辺での即興ライブ"。
この出来事もまた、その発露のひとつだろう。

チャングンソクの2回にわたるゲリラコンサート、
その収益金は23万6500ウォンだった。

この金額だって、
寄付する意志とともに、
彼本人が直接Twitterで発表したもの。

「虚勢」だったというならば、
収益金を高くして歌ったはずだし、

過剰な自信がもとで行ったライブだろう、
と言おうとするには、

チャングンソクは
拍子抜けするほど明るかった。

あの収益が、
ほんの何百ウォン、
というレベルにすぎなかったとしても、
きっと、彼は喜々として
Twitterで語ったんだろうな、
と、そんな気がする。

チャングンソクの行動が、
誰からでも、
よく思われるものである必要はない。

そしてまた、彼の行動が、
必ずしも良いものばかりとは限らない。

実際の話、俳優イ・スンジェは、
チャングンソクの遅刻について指摘したこともあった。
そして、当時、日本にいたチャングンソクは、
後輩を想う大先輩からの叱責に、
すぐに(イスンジェに)電話をして、過去の行動を謝罪した。

ひねくれたところがない、
チャングンソクの性格が感じられる、
と同時に、彼の未来を示す一例であろう。

露出することだけを知る人ではなく、
受容することについても理解している人間だ。

以前には、
一方通行のコミュニケーションだ、とか
彼の姿が「虚勢だ」とか思われていたが、

今や、SNSを通じて、
ファンとコミュニケーションをする。

最近チャングンソクの好感度が
沸騰している理由の中の一つだ。


幼い時期から活動してきた彼を
長い時間見てきたが、

事実、
チャングンソクという人は若い俳優なのだ。

わからないことがあれば学び、
発展していけば、それで十分だ。

すでに韓流スターとして成長し、
アジアの人気をびっしょりと吸収しているが、

彼本人は、
「一度は、ワールドスターになりたい」
と話すからには、進むべき道のりはまだまだ長い。

今よりも、
さらにさらに大きな 「虚勢」であれば良いんじゃないか。
そう思う。

これまでも、
そうしてやってきたのと同じように、

チャングンソクの「虚勢」が、
(現実に変化し)現実のものとなっていく様子を
眺めることは、結構たのしい。

さらに、

これまで彼がみせてくれた、
その軌跡を見る限り、

彼がこれから歩んでゆく過程もまた、
どう考えても平凡なものにはならないだろう。

そんな期待をせざるをえないのだ。




*****

この記事をよんだ感想ひとつだけ。


「おおお。
 さらにさらにさらに、
 大きな虚勢を!
 ひとつヨロシクっ。
 アジアのどんぐり親分~~」


以上です。



*****


関連の日記

  ☆ 「ローガンレーマンとチャングンソク。オープントーク」
     を現地で目撃した方々の感想文。
    めっちゃ興味深い!!!!!

     釜山国際映画祭「オープントーク」目撃した人たち。



  ☆ 記事内にある浜辺の突撃ライブの日の親分の様子。
    いつ見ても、、、おやぶん変なヒトwww

    「海雲台の海辺 突撃LIVE / 釜山DIARY 2011」



  ☆ たのしくてキラキラっ。
    第16回釜山国際映画祭、カーペットを歩く、
     ハヌルさんとグンソクさんの様子をまとめたもの。

    「ご主人さまが僕をはずかしめる」/釜山DIARY 2011



  ☆ ローガンレーマンとチャングンソク。
    第16回釜山国際映画祭、オープントークの写真まとめ。

     ふたりのオープントーク写真 / 釜山DIARY 2011


  ☆ ローガンとグンソク。
     ふたりのオープントーク動画(翻訳してくださってるもの)

     ふたりのオープントーク動画 / 釜山DIARY 2011



  ☆ ふたりのオープントーク。
    その発言内容に関する記事をまとめたもの。
    ぐんそくちゃん。めっちゃ素敵なんやけど。

     だけど僕らはZikZinだけを続けた。vol.9



  ☆ グンソクさんが語った夢のひとつ。
   「子役俳優のための規定をつくりたい」に関する記事。
   そしてそれについての女性自身のおじさんによる言葉。

     ティーンエイジャーの「徹夜撮影·過度な露出」今月末から禁止



  ☆ イスンジェさんとグンソクさん。
by aloetree | 2014-11-22 15:42 | JKSのこと/一緒に働いた人々
チャングンソクのこと。
11の巻。


*****

キムジョンウ(TOXIC)

チャングンソクさんに関しては
すごく驚かされました。
というのも俳優で、すごく有名な方じゃないですか。
なのに舞台を準備する部分において、
ひとつひとつすごく綿密にチェックするんですよね。
そういった部分がすごく勉強になりましたし、
ステージ上での情熱みたいなものも
僕にすごく大きな衝撃を与えてくれました。

 → 関連の日記。

d0266590_14253559.jpg

d0266590_14214957.jpg

d0266590_14204839.jpg

by aloetree | 2014-11-12 14:23 | JKSのこと/一緒に働いた人々
10억 식사제의 거절한 한류스타/ 10億 食事を断った韓流スター

park heemang様


(以下。拙訳)



" 私は正直に話します" by ホンソクチョンさん




日本にいらっしゃる
本当に大~~きな企業の会長夫人と
親しいつながりがあるんだけど、

韓国のトップスター男性芸能人と
一度食事をしたいと、

(ただ単純に食事だけを..)

はい。
ただ食事をしたいけど
希望するだけの金額を支払うから、と
で、僕が、10億と言ったんですよ
そしたら、10億でもいい、と

だから、その芸能人に、僕が聞いてみたんですよ、

(芸能人当事者に直接提案)
こういう夫人がいらっしゃるんだけど、、

その芸能人は、
本当によくわかったが、

(提案を受けた芸能人の返事は)

「お金を受けとったりせず、
 ただ一緒にご飯を食べることはできます
 だけど、
 そんなふうにお金を受けとってっていうのは、
 僕はちょっとそれはできないですね。」

(誰ですか?そんな人〜〜)
(その ※"概念=常識ある"芸能人の正体は、、)

チャングンソクさんです。

(※概念=良識まで「美男<イケメン>ですね」)

チャングンソクさんが
パシッと断ったんですよ。





※「개념남 / 概念ある男」・・・意味

常識ある男。
概念ある男。

政治や社会問題などもふくめ
自分自身の意見を責任もって、
また心おきなく明らかに発言すること。



*****

ホンソクチョンさんとグンソクさん

d0266590_1345461.jpg




[Y-STAR]
チョンジュンハさんの結婚式出席時のふたり
(장근석, 정준하 결혼식 인증샷)

ystarchannel4様


http://youtu.be/ip-LHVrQ1LU



チョンジュンハ(チョンジュナ)さん結婚式の日。


d0266590_13135456.jpg

d0266590_13141530.jpg


d0266590_13191954.jpg

d0266590_13165598.jpg




*****

チャン・グンソク、
チョン・ジュナにお祝いメッセージ「奥さんのお友達によろしく」



d0266590_1394866.jpg


お笑い芸人チョン・ジュナの結婚式に参加したチャン・グンソクが、
新婦の友達に挨拶の言葉を送り、注目を集めた。

チョン・ジュナは21日午前、自身のTwitterでチャン・グンソクに
「ドラマ撮影で忙しいはずなのに……。
 午前から結婚式に来ると言う約束を守ってくれたグンちゃん!
 ありがとう。韓流の義理男」とし、
「本当にありがとう。撮影がんばって、ぜひ会ってくれ!」
というコメントを残した。

これに対してチャン・グンソクは、
「兄さん。駐車場で2分で着替えて式場に入りました。
 奥さんのお友達にも宜しくお伝え下さい。
 奥さんのお友達ですよ。奥さんのお友達」と、
同じ言葉を3回も繰り返し強調して笑いを誘った。

これに先立って5月20日午後、
自身のTwitterに
「ジュナ兄さんの結婚式に行き損なうところでしたが、
自動車の前の車輪を上げてやっと着いた。
ジュナ兄さんとニモさん、とてもお似合い。
ところで、ニモさんのお友達は今どこで何をしているんだろう?」
というコメントとともにチョン・ジュナの写真を掲載し、
結婚式よりは“妻のニモさん”の友達に興味を示すようなコメントで笑いを誘った。

チョン・ジュナは20日午後6時、
新羅ホテルで10歳年下の在日韓国人の新婦と結婚式を挙げた。
司会はお笑い芸人のイ・ヒジェが、
司式はMBCシットコム
(シチュエーションコメディ:一話完結で連続放映されるコメディドラマ)
「思いっきりハイキック!」で共演したイ・スンジェが担当した。


*****


チョン・ジュナ結婚式集合写真、
チャン・グンソクから無道メンバーまで「前後にびっしり」


d0266590_1381582.jpg

ユンジョンシンさんもいらっさる♡


*****

ホンソクチョンさんではじまって
チョンジュナさんでおわるwww

おやぶん。
概念男~~w

おおおっ!
エヘラディヤ~~www





 → 홍석천/ ホンソクチョンさん Twitter
by aloetree | 2014-08-10 13:16 | JKSのこと/一緒に働いた人々

JKSさん酔狂。


by aloetree