カテゴリ:JKSのこと/ 編集後記etc( 22 )

チャン・グンソク in VOGUEの舞台裏。


元記事

1月末、生グンソクさんを取材するため、
私は極寒のソウルへと飛びました。
(幼子を二人置いて...)

そして本日2月27日、
チャン・グンソクさんのVOGUE初登場となる
『VOGUE JAPAN』4月号が発売になりました!! 
みなさま、お手にとっていただけていますでしょうか?

ご存知ない方のために
簡単なチャン・グンソクさんのプロフィール紹介を。

2009年の韓国TVドラマ「美男(イケメン)ですね」
の大ヒットでその名が広く知れ渡りましたが、
キャリアをスタートしたのはなんと5歳のとき! 
キッズモデル、子役タレントの時代を経て、
「美男ですね」で演じたバンドのボーカル役が評判になり、
2011年には日本で歌手デビューを果たします。
そして一昨日、2月25日に3枚目のアルバム
『モノクローム』が発売となりました。
既にオリコンチャートでも3位をマークしているようですね!

d0266590_22185734.jpg


新アルバム『モノクローム』の楽曲はすべて、
日本人の作詞家による歌詞。

だから私たち日本人が聴いても、耳にス〜っと入ってくるのです。
チャン・グンソクさんが一番思い入れのある曲は
「ひだまり」だとインタビューで教えてくれました。

というのも、この曲を収録し終わったとき、
スタジオの空気、スタジオにいたスタッフ全員の雰囲気が
一変したのだそうです。

ちなみに私は「一つ傘の下」という曲がお気に入り。
ちなみに、この曲の作詞を担当したのは、同級生の小川智之君です! 
そしてそして、『モノクローム』を担当した
ポニーキャニオンのディレクターも同級生の石井慎一君なのでした! 
同じ校舎で学んだ仲間が活躍している姿を
近くで見られるのは、本当にうれしいことです。

さて、ソウルでの撮影の話に戻しますと...
新アルバム『モノクローム』に合わせて
私たちが撮影に用意した衣装は、黒と白を基調とした、
GIVENCHY(ジバンシイ)、
BALENCIAGA(バレンシアガ)、
BALLY(バリー)のルック。

チャン・グンソクさんの好みのブランドと合致していて、
私たちも一安心。スタッフは『VOGUE JAPAN』の
ファッションページでもお世話になっている、
フォトグラファーTAKA MAYUMIさんと、
スタイリスト渥美千恵さんです。

撮影がいざ始まると、さすが芸歴20年以上だけあって、
私たちの要望を瞬時に理解しバシバシとポーズを決めてくれる……
そんなチャン・グンソクさんにスタッフ一同脱帽でした。

ソフト、ハード、素顔のチャン・グンソクさんをとらえた
『VOGUE JAPAN』4月号、必見です!

そして、貴重な撮影の舞台裏をとらえた
メイキングムービーもつくりました。
チャン・グンソクさんご本人からのメッセージもお聞き逃しなく。





インタビューでは、
ファンのみなさまが聞きたいと思っている
”あのこと”をズバリとらえています。
日本語で真摯に、ときどきジョークを飛ばしながら
答えてくださったチャン・グンソクさん。
「完全に女性誌の質問ですね……」と苦笑させた質問もチラホラ。

モノクロームな世界観を表現した
力強いビジュアルとともに、”本音”と”名言”が
詰まったインタビューをお楽しみいただければ幸いです。


d0266590_22192763.jpg

by aloetree | 2015-03-01 22:21 | JKSのこと/ 編集後記etc
【フィーチャー】
チャン・グンソクという男

チャン・グンソクが
三枚目のアルバム『モノクローム』をリリースした。
「27歳の正直な気持ちを歌った」というアルバムは、
「晴れやかなオモテの姿」と
「不安や悩みを抱えるウラの姿」の
二面性のなかで生きる彼の葛藤を表現している。

久しぶりに『花ガラ』を着たという
チャン・グンソクを確かめてください。



チャン・グンソクが本音を語る
「ビジュアルではなく内面をわかって」。
『VOGUE JAPAN』4月号に初登場!


韓国人俳優、歌手のチャン・グンソクが
2015年2月27日発売の『VOGUE JAPAN』4月号に初登場! 
ソウルで撮り下ろした、モードなファッションに身を包んだ
美しいストーリーを掲載している。
インタビューでは、2月25日リリースの新アルバム
『モノクローム』に込めた思い、大学院での勉強、
最近はまっている趣味や飲み仲間についてなど、
仕事とプライベートライフに迫った。
晴れやかな舞台に立つ表の姿、
その陰で悩みや不安を抱える裏の姿を表現したのが、
今回の新アルバム。

「ビジュアルよりも内面をわかってほしかった。
 普通の男が感じていることを表現したかった」
と自身の言葉で語っている。


d0266590_17265023.jpg





チャン・グンソクがVOGUEに初登場!
モノクロームな衣装で撮影_Vogue Japan





VOGUE JAPAN (ヴォーグ ジャパン) 2015年 04月号
 ☞ amazon



d0266590_1725532.jpg










度肝抜くショット、
度肝抜く王子ノ再降臨キボンヌ✨✨✨

愛しの愛しの
チャングンソク
チャンドギモン✨✨✨






元記事
元記事
by aloetree | 2015-02-23 17:28 | JKSのこと/ 編集後記etc
Cut 編集部日記
2015.02.13




チャン・グンソク、
新作『モノクローム』の真相を激白!


2月19日発売のCUTに登場!
韓国にてロング・インタビューを奪取してきました。

d0266590_16561735.jpg


2月25日にリリースされるサードアルバム『モノクローム』は、
強烈なスター性で世界を自分の色に塗り替えようとするような、
かつてのチャン・グンソクの表現のアプローチとは全く違う楽曲が、
アルバム全編にわたって並んでいて本当に驚かされる。

根底にあるのは、孤独や不安をありのままにさらけ出した姿。
等身大の自分を謙虚なくらい受け入れ、
そして誠実にそれを歌に込め、
そこから自分にとっても聴き手にとっても
希望となるものを導き出しているアルバムなのである。

でも全く人が変わったような作品になっているわけではない。

シンプルに言うなら、
常に自分の心の核にある気持ちに生真面目なくらい正直である彼が、
これまでは全力でスターとしてのチャン・グンソクを表現してきたけれど、
今回のアルバムでは全力で
人間としてのチャン・グンソクを表現しているということだ。

なぜ、そのように音楽への向かい方が変わったのか、
すべてを語ったロング・インタビューになっているのでご期待ください!

新曲“ひだまり”のミュージック・ビデオも公開になりました。







*****

デビュー以来さまざまな顔を見せてきたチャン・グンソクが
約3年ぶりにCUTに登場!
3枚目のアルバム『モノクローム』で見せる誰も知らかなった素顔
by aloetree | 2015-02-13 23:57 | JKSのこと/ 編集後記etc
深夜25時〜
ラジオPC視聴はこちらから。

 http://radiko.jp






モノクローム。
「淡い雪のように」。

作詞家 
昆真由美さんのブログです。


☟ ☟ ☟

雪の歌を書きました。

曲が完成したようです・・・!

チャン・グンソクさんのアルバムに歌詞提供させていただきました。





*****

昆真由美@作詞家/作詞講師
‏@konmayumi


チャン・グンソク、新曲を歌詞先行&オンエア解禁!
Twitterキャンペーンも実施。
ポニーキャニオン公式ニュースサイト
http://news.ponycanyon.co.jp/2015/02/4106


ブログを更新しました。
『チャン・グンソクさんのアルバムに歌詞提供させていただきました。』
http://ameblo.jp/lyricsartist/entry-11986373129.html


こんな嬉しい日に、一緒に飲む仲間のいる幸せ!!
で、今日の差し入れはキムチに決定。w
by aloetree | 2015-02-06 20:53 | JKSのこと/ 編集後記etc
チャン・グンソクさん、
10月号スペシャルインタビューでESSE初登場



元記事
09/04 (木) 13:00


"アジアのプリンス"として絶大な人気を誇り、
俳優はもちろん、歌手としても大活躍中のチャン・グンソクさん。
主演ドラマ『キレイな男』のイベントで来日したグンソクさんに、
エッセが初インタビュー! 
イベント、取材と分刻みのスケジュールも笑顔でこなす、
すてきなグンちゃんの撮影裏話、スタートです!!

イベント直前の7月某日、
午前中に来日したばかりなのに、
その日の午後だけで9件もの取材! 
目が回るような忙しいスケジュールのなか、
疲れも見せず、笑顔で軽やかにグンソクさんは現れました。

最近鍛えているそうで、
胸板も厚く、腕の筋肉もたくましい感じ! 
キュートな魅力に、男っぽさの磨きもかかって、
ますますカッコよくなったグンソクさんです。

d0266590_20464645.jpg


カメラを向けると笑顔はもちろん、
やんちゃな表情、挑むような視線、
色気のある(?)仕草など次々にキメていくグンちゃん! 
スタッフも思わず見ほれてしまいます。
リクエストにも瞬時に応え、
ときに冗談を交えながら流暢な日本語で受け答えするグンソクさんに、
カメラマンさんも「日本語本当に上手ですね!」とびっくり。

和やかなムードで撮影が終わると、
グンソクさんがカメラマンさんに
「ありがとうございました」と自ら握手を。
礼儀正しくて爽やかな好青年ですね〜!

d0266590_2048315.jpg

d0266590_20482242.jpg


撮影のあとは取材タイム。
ドラマでの演技、俳優としてこれから挑戦したいことなどを真摯に、
ときには通訳の方にきちんと言葉の意味を確認しながら丁寧に、
語ってくれました。
内容は本誌に書いてあるとおりですが、なにしろ低音の声が魅力的!

d0266590_20485323.jpg

d0266590_20491252.jpg


身振り手振りを交えて
真剣にこちらを見つめて話すグンソクさんに、
取材陣もだんだん前のめり(笑)。
まじめで一生懸命な彼の思いが伝わってきます。

かと思うとダジャレや冗談を飛ばして明るい声で大笑いしたり、
グンちゃんらしい茶目っ気のある一面も見えて、
次から次へと現れる「チャン・グンソク」の魅力は尽きません。

d0266590_20495541.jpg


取材の終わりに、
もうすぐグンソクさんの誕生日ということで、
編集部からサプライズでケーキをプレゼント! 
突然のことにびっくりしながらも、

グンソクさんは「これ、おもてなし?」
と喜んでくれたようで、ご覧のようなスマイルも。 
最後にはその場でパクッとかぶりついてくれました! 

d0266590_20503335.jpg

d0266590_20505319.jpg

d0266590_20511215.jpg



次の取材に向かう時間になり、
あわただしくシャンパンも渡した編集部。
時間がないなか、きちんとグンソクさんは頭を下げつつ、
「ワオ❤ これ、今晩ホテルで飲みます!」
と満面の笑みを見せてくれました。

d0266590_20514318.jpg


短い時間でしたが、
取材が終わるとスタッフ全員が、グンソクさんに魅了されていました。
俳優としての実力はもちろんですが、
その人柄もファンに伝わっての人気なのだと実感です! 
グンソクさんの魅力がいっぱい詰まった
エッセ10月号のインタビュー、ぜひご覧ください! 
なんと直筆サイン入りポラロイド写真のプレゼントも!

d0266590_20522754.jpg

by aloetree | 2014-09-04 20:53 | JKSのこと/ 編集後記etc
haru*hana編集部
@haruhana_tvg



現在、KNTV(スカパー!、ケーブルテレビ)
にて放送中のドラマ「キレイな男」
(毎週金曜/後10:05~放送)。

本誌にも少し書きましたが…
ドラマの内容にちなんで、
「普段ネットショッピングをしますか?」
と聞いたところ

「最近ネットで上着を買いました。
 しかもアウトレットで70%OFFだったんです(笑)。
 冬物だけど春でも着れるから」
(※取材当時)と。

“世界のプリンス・グンソク”に
少し親近感を覚えた瞬間でした(笑)。

グンソクが自ら
「(インタビューは)
 日本語の方がやりやすいですよね?
 日本語でやりましょう~!」
と。

取材中も礼儀正しく、
「こういう礼儀正しさや些細な気遣いができる人だからこそ
 多くの人に愛され、認められるんだな」と改めて実感しました!

つい最近もSNSでのジェジュン(JYJ)との
仲睦まじいやりとりや写真が話題になったグンソク。
2人とも好きなブランドが似ていたりと、すごく気が合うそうで

「洋服もお互いにあげたりもらったりしているんです」
「あと、趣味が合うのでデパートとか、
 買い物にも一緒に行くんですよ~」
と。

2人が一緒に買い物なんて…オーラがすごそうですね!

d0266590_18562661.jpg

d0266590_1855982.jpg

by aloetree | 2014-08-14 19:00 | JKSのこと/ 編集後記etc
チャン・グンソクは撮影現場にバイクでやって来た!
幻の表紙&裏話公開



http://www.womaninsight.jp/archives/72176

2014/06/27 18:00

7月1日の『HIGH CUT Japan』vol.5発売まであと4日!
さて、前回は表紙で使われたグンソクさま使用済みタオルを
『HIGH CUT Japan』編集部の方に頼み込んで
慎重に匂いを嗅がせていただきましたが、
まだまだWoman Insight編集部のおねだりは続きます。

何やら、今回のグンソクさんの表紙は
「最後まで2パターンのうちどちらにするかを迷い続けたらしい」
ということを小耳に挟みました。

ということは、
もしかすると幻の表紙が存在するということでしょうか。

「是非その幻の表紙を見せてください!」

『HIGH CUT Japan』編集部の方に頼み込み、
なんとかその表紙を見せていただくことに成功しました!

じゃん!!

d0266590_1525398.jpg

d0266590_15253516.jpg


比較のために表紙画像を使用した大きいポスターの前で撮ってみました。


実際の表紙に採用された、
タオルで髪をふきながらの満面の笑顔ショットもかわいいのですが、
サーフボードを背中にあぐらをかいているこのバージョンも、
一筋縄ではいかないグンソクさんの魅力が引き出されていてとっても素敵。
確かにこれは最後まで悩むのもうなずけます……。

さらに、『HIGH CUT Japan』の編集長に、
こっそりと撮影秘話をうかがってみました。

「撮影当日、
 グンちゃんはスタジオにマネージャーさんの車などで来るのではなく、
 ひとりで大きいバイクに乗って颯爽とやってきたんです。
 あれはかっこよかったですね……」とのこと。

想像するだけでかっこよすぎてしびれます!



『HIGH CUT Japan』vol.5には、
色っぽいグンちゃん、無邪気でかわいいグンちゃん、
ちょっとセンチメンタルなグンちゃんなど、
様々な魅力がとにかくてんこ盛り。
まさにファン必見、永久保存版の内容です。

一足お先に中身を見せていただいたところ、
グンちゃんの○○○(発売まで秘密です♡)が
見えているショットが特に素晴らしく、
拡大コピーしてポスターにしたいほど……!

7月1日の発売まであともう少し、
お楽しみにしていてください!

(後藤香織)



*****

我が道をいく
すてき記者、ごとうかおりさま。


Twitter/
ウーマンインサイト @womaninsightlab さん
by aloetree | 2014-06-28 15:29 | JKSのこと/ 編集後記etc
家宝レベル!
チャン・グンソクさま使用済みタオルの○○○を確かめてみた



元記事
2014/06/25

7月1日に発売される『HIGH CUT Japan』vol.5。
チャン・グンソクさんが濡れた髪をタオルで拭きながら、
無邪気な笑顔をこちらに向けている表紙が超話題! 
発表された瞬間、グンソクさんファン(通称“ウナギ”)
の皆様のハートをわしづかみにし、
すでに予約完売店続出となっている1冊です。

d0266590_1944638.jpg


さて、その『HIGH CUT Japan』vol.5ですが、
なんと抽選で1名様に、
この撮影で使用したタオルをプレゼントするという企画があるとのこと!
(さらに直筆メッセージプレゼントも! 豪華すぎます……

d0266590_19444185.jpg



グンソクさんがさわったタオル……!

d0266590_19451673.jpg



しかもよく見ると
タオルに口づけしていらっしゃる写真もあるじゃないですか。
これは、当たったら家宝もの! 
額縁に入れて飾っておきたくなります。

さて、このタオル、いったいどのくらいの大きさなのでしょうか。
いい匂いなどはするのでしょうか……。

『HIGH CUT Japan』編集部の方に頼み込んで、
実際にWoman Insight編集部スタッフが確かめてみました。

d0266590_19455763.jpg



これがグンソク様が撮影に使ったタオルです(ちょっと興奮)!!!! 

グンソク様のタオルをさわるにあたり気を引き締めるためスーツ着用。
細心の注意を払うため、手袋とマスクもつけて、
机もキレイに拭いて、準備万端です!

d0266590_19462235.jpg



そっとすみっこを持って広げてみると、案外大きい!

d0266590_19465492.jpg

d0266590_19471186.jpg



早速匂いをかいでみると……。

d0266590_1947335.jpg



いい匂いがします!!!

d0266590_19475667.jpg



さらに近づいてかいでみるとさらにいい匂い……! 
めっちゃいい匂いです! 
これがグンソクさんの匂いですか!?

ちなみに、グンソクさんがチューした部分は、
おそらくこのあたりだと思われます。
当選した方は是非何かの参考にしてみてください。

d0266590_19482722.jpg

d0266590_19484593.jpg



チューしたあたりとそうじゃない部分の匂いをかぎわけてみると……。

d0266590_194914100.jpg

d0266590_19493288.jpg


絶対チューした部分のほうがいい匂いですよ!!! 
甘い匂いがするんですよ!! 

カメラマンさんから「幻聴ならぬ幻臭じゃないですか!?」
と突っ込まれましたが、 いや、絶対いい匂いがします。
これは“ウナギ”の方がかいだらより恋に落ちると思います。
(※ウナギとはファンの総称)

普段から香水をしっかりつけているグンソクさん、
さすが撮影で使ったタオルにも匂いがしっかりうつっているなんて……♡

d0266590_1950231.jpg

d0266590_19502391.jpg



当選された方に失礼にならないように、
最後まで極力すみっこをさわるように
細心の注意を払ってきれいにたたみました。

はあ……これが読者プレゼントだなんて……
『HIGH CUT Japan』……太っ腹です。
是非ご応募してみてくださいね。

さて、
1回めからこんなテンションで大変恐縮ですが、
7月1日の発売までに、
『HIGH CUT Japan』編集部の方に
こっそり聞いた撮影裏話や幻の表紙など、
中身のチラ見せなどをご紹介していく予定です。
お楽しみにしていてください!

(後藤香織)

d0266590_1952558.jpg



*****

あかん。
なんべん読んでも笑けてオナカが痛いwwww


記者・後藤香織様。
とっても愛してしまひました。

後藤香織様は
先日の「キレイな男」来日記者会見記事でも
ひじょうにユニークでかっとんでらっしゃいました。

ご興味ありましたら、
ぜひ、もいちど読んでみてくださいwww


 → ドラマ『キレイな男』記者会見で、
チャン・グンソク「君が好きだと叫びたい」( by 後藤香織様)





 日記「キレイな男」来日記者会見 20140613
by aloetree | 2014-06-25 19:55 | JKSのこと/ 編集後記etc
時系列むちゃくちゃ。

Cut 編集部ブログおもしろい
登場する人に、かたよりはあるけど、
なんとなく、じぶんたちのだいすきなもの、
がいっぱいつまってる感じがすき。

d0266590_17354516.jpg


チャン・グンソク 1stアルバムリリース!
2012.05.31 00:42

今月号の表紙を飾っているグンちゃんのアルバムがリリースされました!

30日発売なので、店着日は29日。で、今29日付のオリコンデイリーラン
キングをチェックしたら、見事、1位発進です! しかもダントツ。

さすがチャン・グンソク。

バラエティ豊かな楽曲に時に妖しげに、時に甘く乗る歌声の多彩さに思わ
ず唸ってしまったり、自らが作詞曲した楽曲も収録されていたりと、アー
ティストとしての彼をたっぷりと詰め込んだ濃厚アルバムです。ぜひ。
(中村)



グンちゃんの現場にて
2012.05.18 23:51

CUT6月号、いよいよ明日発売です!

先日のブログで、今回の表紙巻頭、チャン・グンソクの現場で思ったこと
を書くと言ってそれっきりになっていたので、書きます。


今回私は初めてお会いしたわけですが、まず、とっても柔らかい空気を
纏っていて、現場ではわれわれにじっくり、真摯に向き合ってくれたの
が印象的でした。
で、撮影中は「表情は?」「笑ってもいいですか?」と、カメラマン・
北島明さんと日本語でコミュニケーションをとりながら、瞬時に状況を把握
して、それをスポンジみたいに吸収して、そして的確にアウトプットする。
その様子は「勘がいい」というよりも精度が高くて、なんと言うか、あらゆ
ることをクリアに見据えている感じ。

撮影の合間やインタビュー中のふとした瞬間にみせる姿は、24歳然とした
無邪気なところもあるけど、それ以上に、何事も受け止めるおおらかさが
あるし、何事にも動じない強さもある。要するに、完璧ってことです。
そういう人間でなければ、アジアのプリンスたり得ないんだと、実感した
のでした。

そして、発売前に最後のちら見せ。
インタビューも、裸の言葉で語ってくれています&痒いところに手が届く
100問100答も必見。明日、みなさんの目でお確かめください!
(中村)


CUT新編集長としての所信表明
2012.05.18 09:46

今日はカンバラクニエ単行本『すりばち眼鏡』の発売日。
大ヒット&品切れ続出だった浅野いにお『おざなり君』の重版もそろそろ
店着。
そして明日は、いよいよCUTの発売日です。
巻末の編集長通信に書いたことを1日早いですがここにもアップします。
是非、今日と明日、書店へ。

-----

 3年ぶりにCUTに編集長として戻ってきて最初の話題としてふさわし
いのかわからないのだが、この1ヶ月は悲しい訃報が相次いだ。Dragon
Ashのベーシスト・馬場育三氏、漫画家の土田世紀氏、ビースティ・
ボーイズのアダム・ヤウク氏、『かいじゅうたちのいるところ』の作者
として知られる絵本作家のモーリス・センダック氏。それぞれ亡くなら
れた報せを受けて改めて思いを馳せる自分に強い影響を与えた作品が数
多くあった。しかし、それぞれのアーティストが自分に残してくれたも
のに、これまで常に意識的でいられたわけではなくて、このようなこと
になって改めて自分の中に湧いてくる言葉があることに悔しさも感じた。
また、それと同時にCUTのような雑誌を作れていることの幸福にも改め
て気付かされた。

 私たちは、自分の全存在をかけて表現活動を行っている実に数多くの
アーティストと同じ時代を生きることができている。その数も、それら
の表現が自分に影響を与えている度合いも、私たちが普段意識している
よりも実際は遥かに大きい。CUTという雑誌を編集することで私たち編
集者は、まず自分自身がそれらに最大限気付くことができる。そして私
たちは、この雑誌を読んでもらうことで読者のみなさんに、それらに最
大限気付いてもらえると信じている。

「PHOTO MOVIE ISSUE」の撮影現場で私たち編集者が感じたチャン・
グンソクや綾野剛のエネルギーは凄かった。俳優としてのプロ意識とい
うだけでなく、「写真で映画を作る」というこちらの無謀なアイデアに
最大限のクリエイティビティで応えてくれたのである。「アニメ最前線
2012」特集からは、現在のアニメ界のクリエイターたちが放つ新たな
躍動を感じてもらえると思う。「コミックヒーローたちの襲来を迎え撃
て!」特集からは、この夏、ハリウッドから押し寄せる3本の大作に脈々
と受け継がれてきた物語の巨大さを感じてもらえるはずだ。この号から、
最も「生きている」パワーに溢れた雑誌としてのCUTを作り続けていこ
うと思う。
(古河)


昨日のグンちゃんのつぶやき
2012.05.10 16:13

昨日、ツイッター上でスタッフの方が告知した雑誌掲載情報に対して、
「CUTの表紙はどこだろう、見つからない…」
とグンちゃん本人がつぶやいていましたね。
次号をお待ちの読者のみなさんも同じ気持ちだと思います。

が、
CUTの表紙ビジュアル、今しばらくお待ちください!!
ベストのビジュアルをお届けするべく、ただいま編集部で最後の作業中
でございます。
中面のフォト・ムービーも全ページ色校が上がってまいりましたが――

いいです!!

ええ、とっても。

皆さんのお手元にグンちゃんの表紙が届くまで、あと一週間とちょっと。
ご期待ください!
(中村)


チャン・グンソク、新曲PVを公開中
2012.05.03 10:13

次号の表紙を飾るチャン・グンソクが、5月30日にリリースするニュー
アルバム『Just Crazy』。その中からリード曲の“Crazy Crazy Crazy”
のPVが公開されています。
↓↓こちら↓↓
#http://www.youtube.com/watch?v=HGrXVM6atGc#

不思議な世界をさまようプリンス。。。
これ、CUTでシューティングしたフォトムービーにも通じる世界観では
ないか!
どおりで現場でのグンちゃんが、我々が表現したい世界にスッと入り込
んで表情を作ってくれたわけだ、とひとりで納得。
グンちゃんのモードとCUTのモードとがシンクロした極上の写真の数々、
お目にかかるまでもう少しお待ちくださいね。
(中村)


次号CUT、表紙はこの人!
2012.05.01 15:04

次号CUTの表紙はチャン・グンソク!

先日のブログでお伝えした韓国出張は彼の撮影&取材のためだったの
です。

CUT恒例の特集「誌上フォトムービー」、要するに「こんな映画が観
たい!」という映画をCUTの誌面で撮ってしまおうという企画ですが、
今回はその企画のトップをグンちゃんに飾ってもらいました。
とにかく、シリアスとリラックスのギャップを演出したい!というこ
とで、今回は不思議な空間が面白いバーと、ホテルのスウィートルー
ムを用意。グンちゃんの不安定にさまようマジな表情と、甘い柔らか
な表情とが味わえる、そんなシューティングになっています。

インタビューも、5月30日にリリースを控えている1stアルバム『Just
Crazy』を切り口に彼の現在地をしっかりと語ってくれています。
さらには「100の質問」も! 全22ページの大充実の内容になって
います!

実際に現場でご本人にお会いした時に思ったこともあったので、
それは後日またこのブロクで。

とにかく、CUTでしか観られない超魅力的なグンちゃん、お見逃しな
く!!
(中村)


チャングンソクのライブへ。
2011.10.25 22:50

会場はさいたまスーパーアリーナ。
もちろんパンパンの満員。
なにしろ、シンガーとしてはシングル1枚をリリースしているのみ、という
状況でこの集客はとりあえず素直にびびらされました。参った。

だからして、どんなエンターテイメントを見せてくれるのか、すごく楽しみ
だったんだけど、実際繰り広げられたショーを見てこれまた驚いた。
「プリンス」の生き方になぞらえたライブの構成自体が、グンソク自身の
現在地とそれに対する彼のリアクションのメタファーになっている、という
ワンアイデアがまずなかなかおもしろく、なによりそれを徹底的に演じ抜く、
という役者精神に頭が下がりました、という感じ。
ただ、ところどころで素の思いが溢れてきちゃうあたりがまたたまらなく
チャーミングだった。
ボーカリゼーションもまるっきり飾り気がなく、むしろ無防備なくらいで
その潔さがすごくいいなと思った。

凝ったエンターテイメントと生のコミュニケーションが同居した、いろいろ
と考えさせられるライブでございました。
(小柳)


グンソク、30年ぶりの快挙だって!
2011.05.04 15:08

発売初日から、順調に売り上げを伸ばしていたので、これはもしかしたら
……と思っていたんだけど、昨日発表されたオリコンウィークリーチャート
でチャン・グンソクのデビューシングルが見事初登場1位を獲得。

うーむ、すごい。
さらに、デビューシングルでの初登場1位というのは、男性ソロアーティス
トとしてはマッチ以来、30年ぶりのことなんだとな。
いやはや、これはすごいこと。
おまけに、同じくチャートの2位が少女時代ってのもなんだかすごい。

そんなグンソクのデビュー曲は実際、なかなかよい。骨太なロックで、
大切なデビュー曲にこんな潔い1曲を選ぶあたり、とても彼らしいんだろう
なーと思う。
シンガーとしても、そしてもちろん俳優としても、どんどん新しい可能性を
見せてほしい。

ちなみに、10位に飛び込んだのは、次号のCUTでも取り上げる予定の
アニメ『あの花』より『Secret base』。これもすごく嬉しかった。
(小柳)


チャン・グンソク、載ってます。
2011.04.06 13:22

延期されていたチャン・グンソクのデビューシングルの発売日が再び決定。
4月27日だそうです。
http://www.jang-keunsuk.jp/notice/2011/03/30120000.html

もうすでにたくさんの好評のお声を頂いていますが、CUT4月号には
彼が登場してくれてます。
すんごくステキなページになっていると思う。
実際、取材の現場でお会いしたわけですけども……正直、しびれた。
なんというか、自分の振る舞いで現場の流れが決まる”スター”、あるいは
”公人”として、腹が決まってる感じ?
無邪気なところもあるんだけど、いざ撮影が始まった瞬間の集中力と
コミュニケーションスキルの高さにはかなり驚かされた。
日韓の垣根なく、いまや大ブレイク中の彼ですが、ここまでくる俳優には
やはり理由があるんだな、とあらためて納得してしまった。

CUT4月号は、次の号が発売される19日までは店頭に並んでますので、
グンちゃんのCDがリリースされる前にぜひ。
インタビューでは、いま音楽をやることの意味について、ガッツリと語っ
てくれてます。
(小柳)


LMFAOのライヴにまさかのチャン・グンソク!
2011.10.06 21:54

今日はLMFAOのライヴを観にduo MUSIC EXCHANGEへ。

パーティー・マスター=LMFAOの2人が登場する前から会場には熱気と
サイリウムライトの光と、この日のライヴを待ちわびたオーディエンス
の怒号が溢れ、もう凄いテンションに。そんな中レッドフーとスカイ・
ブルーの2人が登場し、偉大なる“バカ騒ぎ”はスタート。とにかく終始
アゲアゲだった!

ドラム&ギターにDJ、更にはダンサー5,6人を引き連れてオーディエ
ンスをガンガン煽るLMFAOの2人。
duoの狭いステージ上に10人以上の男が入り乱れてフロアを熱狂させる
光景は、とにかくチャラくて笑えて踊れるもの。その徹底したエンター
テイナーっぷりはもう最っ高だった!

中でも圧巻はラストの“ショッツ”で、LMFAOの二人が「今日の為に
スぺシャル・ゲストを呼んでるぜ!」と言ってステージ招き入れたのは
チャン・グンソク。まさかの韓流スターの登場!は予想出来るわけもなく、
本当にビックリしました。

最終的にはそのチャン・グンソク(曲中もシャッフルダンスをかましたり、
LMFAOの2人と肩を組んで飛び跳ねたり大騒ぎ!)も、LMFAOのクルーも、
とにかく関係者と思しき人は全員ステージに招きいれ、みんなで踊り狂って
ライヴは終了。

それにしてもLMFAOの2人とチャン・グンソクって凄い組み合わせ!
(塩澤)


記事元→CUT 編集部ブログ
by aloetree | 2012-11-03 17:20 | JKSのこと/ 編集後記etc
チャン・グンソク@ソウル

元記事→MEN'S NON-NO 編集長H「今夜はDOGGIE BAG!」
July 11,2011 12:29 PM



先週末の出張です。

土曜夜、羽田発。
航空運賃なんか、my郷里鹿児島までより安いんですもん。
トートバッグひとつ、国内旅行となんらかわらぬ旅支度で出発〜。
が、今回、は撮影のため機材、衣装がちょい多めです。

d0266590_15175882.jpg

2時間後には金浦空港に降り立ち、宿泊先はこちらJ.W.マリオットソウル。

深夜にも関わらず、まずは腹ごしらえ。
d0266590_1519012.jpg

d0266590_15183466.jpg

24時間営業の参鶏湯のお店へ。

コーディネーターさんの案内で来てみたら、
なんと、前回出張のときROLIATデザイナーのホンさんに連れてきてもらった店だ!
夜中に食べても、体にやさしいから大丈夫・・・と言い訳。うんま〜

で、翌朝さっそくの撮影前ミーティングは、
衣装部屋となっているアシスタント、川合クンの部屋にて。
d0266590_15193417.jpg


こちら、本日の衣装。
d0266590_1520771.jpg


あいにくの大雨で、市内の道路はめちゃ混み。
ようやくたどり着いたのがこちらのスタジオ。


本日のスタッフ、
フォトグラファー秦さん。
「モシッソヨ(かっこいい)」。
d0266590_15205425.jpg



スタイリスト祐真さん&本誌AD藤村氏。
「服、似合うね」。
「かわいいなぁ」。
d0266590_15212010.jpg


で、本日の主役はというと、
話題沸騰、まさに時の人、‘グンちゃん’こと、チャン・グンソクさん。
カバー&ファッションページの撮影です。

d0266590_15221089.jpg

d0266590_15224225.jpg

d0266590_15241178.jpg


女子の♥をわしづかみ、というのも納得の、チャーミングな表情と一挙一動。
しかしそれだけでなく、旬のコーディネートを一発でモノにしてくれるファッションセンスと
抜群のプロポーション、流暢な日本語での語りは骨っぽくて、
男目線でも、こりゃかっこいいや・・・。

なんと、13歳の頃からMEN’S NON-NOを愛読してくださっているとのこと。
あざっす!

スタッフ全員の記念写真はこちら。
d0266590_15234314.jpg



で、祐真さんと、私服グンちゃんの2ショット。
d0266590_15243641.jpg


で、こちらは、その‘すけざねさん’がもらった、グンちゃんサイン入りの2ショットポラ。
d0266590_1525047.jpg


‘すけじゃね’さんへ・・・・!
もう、めちゃくちゃレアでしょう!
大事にしようね。

肉を焼く、すけじゃねさん。うんま〜。
d0266590_15252731.jpg


d0266590_1525506.jpg

細〜い麺の冷麺。これがまた美味!

映画「きみはペット」のロケ中にもかかわらず撮影時間を作っていただいた上に、
「日本から皆さんで来てくださったお礼に」と
な、なんと、食事に招待してくださったんです。
ほんとうにごちそうさまでした!!

d0266590_15261535.jpg

お土産もいただきました。
サイン入りのCD、と、グンソクさんの愛犬(?)のぬいぐるみ・・・。

女子はもちろん、男子にもぐっとくる、表紙、&ファッションページ、
さらに、チャン・グンソクがなぜこんなにモテるのか、
そのヒミツに迫る、「101問101答」は必見!

8月10日発売の9月号です。
by aloetree | 2012-11-03 15:27 | JKSのこと/ 編集後記etc

JKSさん酔狂。


by aloetree