カテゴリ:私のスタンス( 11 )

こんがり。
食パン。



www


たのしいわー✨

たのしいに便乗して、
あれこれメモ+最近のこと。




日記の記事のいくつかを
リニューアル中です。

コメント欄などを
整理(オープン)したくなったので。

もちろん、
また元に戻しますので、
どうぞよろしくお願いします。


お返事を
なかなか返さない自分ですが、

それでもよかったら、
コメントなどぜひお聞かせいただけたらうれしいです。

(・・・って書く前に
 はよ、整理して、公開設定にせんかいっ!!!www)




最近、
時間のやりくりが
うまくできておりまへん。


が。


だいすきな✨
おもろい✨ ww

たのしい記事やら、
インタビュー翻訳やら、

主に夜23時頃をめざして
つづけていきたいです(できる日に)

ゆるゆるペースかもしれませんが、
これまたどうぞよろしくお願いします。


ウナギ様それぞれ
いろんな好みがおありでしょうが、

ご存知のとおり(?)
私は、

グンソクさんの、

インタビューや
独特の軌跡を感じられる記事など、

だいすきなので、
たいせつに翻訳させてもろてます。

もし、皆様のお近くに、
同じような趣向の方がいらしたら、
この日記のページを一緒にお読みいただけたらうれしいです。

(その場合、
 翻訳した文章やら言葉やらは、
 コピペではなくて、
 このブログのページ内で
 お読みいただくようにお願いします)
 




最近、
バタバタしつつも、

ずっと考えてたことがあります。


心の速度。とか。
心の現在地。とか。

そんなことを
あーでもない、こーでもない、
と考えてました。

そんな中、

ひとつのメッセージを
いただきました。

一部だけ
シェアさせてください。

(文章は、
 その方の言葉のまま、ではありません。
 すこし、変えています)


  ***

   ・・・今は、
   情報が迅速なSNSなどが
   全盛ではありますが、
   
   場合によっては、
   SNSというものは、

   時々、すこし、
   スピードが早すぎたり、
   大勢に押し流されがちだったり、
   無意識にあおられてしまいやすい、

   そんな面が
   あるような感じがしています。

   じっくり腰をすえて、
   冷静に、チャングンソクさんの・・・

  ***



自分が
心のなかで
揺れていたことを

ていねいに
やさしく言葉にしてくださったような、

タイムリーで、
そして、
とても心に残る、お言葉に
ハッとしました。



インターネット/SNS の世界には、
たくさんの可能性があって、

すばらしいところも、
慎重にならなければならないところも、
同じようにあるなーって思ってます。

とてもパワフルな道具なので、
使い方によっては、

自分の心の速度や、
心の動きを無視して、

大きな波に
巻き込まれてしまうような気分になることが
私はたくさんあります。


最初は、

ただ単純な「情報」でしかなかったり、
ただ1人の人が
シンプルに自分の思いを「言葉」にしただけだったり、
全体像の「ひとつの側面」にしかすぎなかったものが、

なにかのタイミングで、
波に巻き込まれて、
それがまるで現実に起きてることすべてのようになって、
主流な大勢の流れになって、
一人歩きをはじめて、

いつの間にか、
そのことをめぐって、
たくさんの人が、

私もなにか意思表示しなければ、
私もなにかしなければ、
自分はなにも知らないんじゃないか
 
って、
駆り立てられたり、
疑心暗鬼になったりして、

そして、
もっともっと・・・

って
もっともっと、が、
止まらなくなって。


実は
仮想でしかありえないことが、
いつの間にか、
私自身の心の速度を狂わせていったり。





情報は、
情報でしかない。

誰かの発した言葉は、
ただその人の言葉にしかすぎない。

そこには、
絶対の真実はない、と思ってます。

そこに書かれていることが、
どんなに
リアルで真相っぽく思えても、

もしかしたら、
すばらしく見えたり、
誰かを守るための場合であっても、




どういう意図で、
どういう意味で、
どういう影響を生み出したくて、
なにを語っているのか、

は、
発言者本人しか知り得ないことだし、

場合によっては、

本人すらも、
混乱した感情的なところから、
全体像を把握してないままに
発信していることだって、
あるかもしれませんし。



私は、

怒ったり、
悲しんだり、
なにかを責めたくなったり、
なにかを裁きたくなったり、
なにが起きてるかわからなかったり、
なにかを絶対にやらなければ!と思ったり、

そういう時は、
できるだけ、言葉を発信したくないです。

インターネットの世界で。不特定多数にむけた形では。


  (実際に顔と顔をあわせて
   コミュニケーションがとれるならば、
   それはまた別の話です)


ひとつには、

自分自身が、
本当に思いやりをもった形で、
インターネットを使いこなすことができていない、
と思うから。


またひとつには。

誰かの言葉をめぐって、
なにかのグループができると、
そこには必ず、
そのグループに属さない人が発生して、
(楽しい時はそれでよいことも、
 なにか議論が起きているときには)
意図しない形で分離が生まれてしまうから


もうひとつは。

以前も
書いたことがあるけど、

インターネットの世界で、
チャングンソクに限らず、誰かを
もみくちゃにしたくない、からです。

チャングンソクをめぐって
議論などしたくないです。
不特定多数の世界のなかで。



たとえば、
自分がファンである、
チャングンソクを擁護するため、であっても。

最初は、
守る、が出発点だったとしても、

その先で、もしも、
JKSをめぐる議論が展開してしまえば、

どこかの時点で、
チャングンソクその人を離れて、

なにか別のエネルギーが
一人歩きをしてしまう気がします。

そんで、結果的に、
チャングンソク自体からは
うーーんと離れてしまうだけな気がしてます。





グンちゃんは、
おしくらまんじゅうワーワーやるのが
実は好きなんちゃうかなーwww

って、
そういうことを
感じたりするときもありますwww

が!

それはそれ。
これはこれ。

チャングンソクを
もみくちゃにする権利があるのは
チャングンソクだけだし、

また、
もみくちゃを
展開した責任をとるのも、
本人だけやと思っていますんでwww








これからも、

チャングンソクを守れたらいいなー、
応援したいなー、と感じるときには、

グンちゃんで遊びたいし、
チャングンソクを楽しみたいし、

楽しい、
っていう部分の発信から、
おもろいやりとりがしたいです。

すごく
遠回りにみえるかもしれんけど、

私の場合は、
そっちのほうが楽しいし、
長く一緒にいられる気がするし、

確実な道な気がしますので。

チャングンソクの存在を大事にするためにも。
じぶんの心を大事にするためにも。




なんちゅーか、、、

今は、
自転車だって、車だって、
新幹線だって、飛行機だって、あるから、、、

うちらの移動するスピードは
ぶったまげる程に、はやいはやい!速い!

けども、

実際には、

うちらのからだも、
うちらの「歩くスピード」も、

ずーーーーっと昔の、
原始の頃から

大して変わってへんのっちゃうん?


それと同じです。

心のスピードも
似たようなもんだと思うです。

昔の人とそんなに
変わってないんちゃうん?
私たちの心の速度は、、、


ゆっくり、
ゆるゆる、
ぼんやり〜、

だと、

すごいスピードで
駆けめぐっている情報を
見失うんじゃないか、

って
錯覚したり、

チャングンソクのなにかを
自分はGETできてないんちゃうん?

って
錯覚したりすることもあるけど、



それって
錯覚やん。


たぶん、
本当は逆で、

スピードアップして
情報やデータにつながればつながるほど、

自分の心の速度や
自分の心の現在地は置き去りになって、

自分からもチャングンソクからも
遠く〜遠く〜にオサラバしてる気がします。

それがいい、
っていう方ならば
それでいいと思いますし。

私は、
それではつまらない、
と考える方なので、
情報とかインターネットとは、
適当な感じでおつきあいしたいです。



もちろん。
インターネットはだいすきだし、
よいこともたくさんあるです。私にとって。

うひゃああああってなるような
たのしいことやおもしろいことも
瞬間的に伝達していくし、

インターネットやSNSがなかっなら、
出会えなかったような人と出会う、
ゾクゾクするようなありがたさも経験したし、、、


情報やだれかの言葉だって、
自分がちゃんと冷静に、

これは真実そのもの、
じゃなくって、

単純にひとつのデータ、
ひとつの考え方にすぎない、

っていうふうに、
心のなかで処理することができるならば、

そういうデータを検索しまくって、集めてwww
じぶんの考えをでっかく拡げることができたりもする。


本来、
自分の考えや意見を発言する、
という行動そのものは、

自然なことだと思うから、

「なにかとなにかを対抗させる」
 ためじゃなくって、

「たくさんの人と考えをわかちあって、
 自他ともに考え方の幅をひろげていく」
 という、多観点化みたいな目的のために、

自分の考えを発言する、

のならば、
それはすごく大事なことだと思うし。



とにかく、
インターネットならではの、
ありがたいことがたくさんあります。





こんなん、、、
キレイごと、、

って思われてしまうでしょか?

でもなー、、、

私、
こんな気がしてたまらんのですよー!!!

チャングンソクをみてると、
そんでウナギの世界にいると、

なんか、
上に書いたような
不必要なもみくちゃやら、
いろんなことを

びゅーーーーんっと抜けて、
とーりゃーって超越したとこに、

わたしらみんなが、
チャングンソクに感じている、

言葉にできんけど、
なんかなんかの魅力を
発見してるんちゃうんかなーっ、

おうちのことやら、仕事やら、
こどもちゃんのことやら、
みんなとっても忙しいのに、
わざわざ貴重な時間さいて、
チャングンソク見守ってるなかで、
話したいホンマの話は、
そういうとこ(もみくちゃ議論以外のとこww)にあるんだろうなー、って。


だから、
どうせなら、

そっちの話がしたいです。
チャングンソクワールドにいる時間は。





そういえば。

こないだ、
ラスコー洞窟って言葉を
日記に書きました。

私も
よくは知りませんが、

ラスコー洞窟って、

現在の人類につながる人類の、
最初の最初のアートが、
壁画として残っている遺跡だ、

って話をきいて、

なんか、
めっちゃ、

チャングンソクが
浮かんだんですwww

(もちろん、これは、
 私がウナギだからこその、こじつけ連想です)


チャングンソクって、
なにかに熱中する体温の高いコドモちゃん。

みたいに見えることが
私にはあってwww

なにかに熱中すると、
あるいは、なにかをひらめくと、

うっきゃああああああ
どぼどぼどぼーーーー

雄叫ぶ
ばらまく
はしりまわる
ちらかし放題ちらかす

・・・みたいなwww


そやけども、

ふと、
本人の人生の歩みに目を向けると、

そこはわりと、

のろのろ
ゆったり
てくてく

原始から変わらない、
ゆるゆるペースの歩みをしているようなww

道草より道、
悩んだり笑ったりZIKZINしてたら、
たま〜に、信じられんくらい
でっかいマンモス遭遇して
どっひゃーっ、、、
でまた、ぷらぷらお散歩的なwww


グンソクさんって、
ラスコー洞窟の人々と
結構たのしく酒盛りできる気がするwww


最初のアートを
つくる運命に導かれた、
古代の方々って、

きっと、

暗い暗い洞窟のなかで、
おそろしいような不安と
おそろしいくらいの恩恵を感じながら、

あたらしい芸術の世界に
踏み込んでいったんだろうか、、、

とか想像すると
ゾクゾクしまーす!


私は
絶対にあきらめませんぜっ。

チャングンソクにも
そんな心持ちで、向き合う作品が

歌でも
ドラマでも
映画でも
落語でも
絵でもww


彼の人生で
たったひとつでも
そんな作品を生みだす機会があったら〜


おおうっ
ゾクゾクするぜ!







こんがり グンちゃん
食ぱん グンちゃん

もひとつオマケに。

ラスコー洞窟 グンちゃん!!!!!




壮大な夢を
勝手におっかぶせて、、、

光栄に思いたまえー!





長々と失礼しました。

そして、
ここに書いたことは全部、

今の私の、
単なる考え方のひとつにすぎないです。

私にとっては、
時間をかけて考えた大事なモンですが、

そのうち、
これもまた変化するだろうな、
っていう考えも、
頭の隅っこにおいてます。




最後に。

この日記を書くきっかけをくださった、
いただいたメッセージに感謝します。

ずっと大事にします。
ありがとうございました。























  
by aloetree | 2015-08-23 22:57 | 私のスタンス

うちらの百面相 外伝。

この日記は、、、

私の
「裏の顔ドヤ街ブログ」に
アップしたもの。

アップした日付。
2016年4月13日。


ひっそり棲息したいので、
不正に操作した日付でアップする、
変質者あろえを放置しといてください。




そう・・・
今日は・・・

お月様が〜
獅子座に入る日でござんすw

ということで、
わけわかめ記念に、

ここに
コピペしとくー。


イミフな部分は、
イミフが正解なんで、
イミフでスルーして。






おねがい:

ドラマ「デバク」に関わります。
作品「デバク」を
純粋に楽しんでらっしゃる方は
こっから下は、、、
読むとしても、、、
最終回終了後になさってくださいませ。

そして、
読んでも、
ひっそりこっそりしーん、、、
と、放置しといてやってください。

































































以下。
コピペ。





☟☟☟




いくつか頂いたメッセージ。
ありがとうございました。
お返事のきもちも込めて書きまする。

デバクを純粋に楽しまれてる方は、
デバクが全部終わってから読んでちょ。
いや、読まないのがベストですねw













































視聴率が落ちて
3位になっちゃってw
なんだかすこし心配。


という内容を含んだ
メッセージを昨日と今日と
いただきまして。



お返事になるかどうか
わからないけれど、

ワタクシのきもちです。
ほほほ。



















きっと、
大多数の方々がそうなんだろう。

そして、
わたしの考えてることは、

たぶん、
たくさんの皆さんが考えてらっしゃることと、
同じようなものだろう。

と、
勝手にそんなふうに推測してます。
そんな推測を前提で書きますが。




みなさま(?)と同じく、

わたしの中にも、
たくさんの「私」がおりまする。









わたしの中の
いちばんのボス的な「私」は、

世間が下す、
自分のアイドルへの評価や成績表について、

きのうの日記にも書いたとおり、

一度にひとりづつ、
手から手へ、

といった感じで、

派手ではないけど、

本当に必要とする人に、
その人にぴったりなタイミングで、
まるでその人自身が発見したかのような形で、
まるで、その人とスターとの個人的なやりとりのような形で、

我らがグンソクさんの価値が
伝わっていったらよいなあ。

と、
そんなふうに感じてます。



これはたぶん、

わたし自身の理想であり、
わたし自身が折りにふれて挑戦する形でもあります。

そして、

わたしがグンソクさんから、
「ボクはこういうものを大事にしてます」と、
時々ふっと、受けとる印象もまた、
こんなふうな☝☝☝感じのものだったりします。











でも、

みなさまと同じく、
わたしの中には、
いろんな「私」がおりまして、


ある部分の「私」は、

たとえば成績がよくなかった、
世間から批判されている、

とか聞くと、

勝手に、

ああ・・・
本人はもしかしてションボリしてるだろうか・・・
本人が苦しい気持ちになるんだろうか・・・
これが最終結論になってしまったらどうしよう・・・


とか
想像をふくらませちゃって、
そのまま、

自分まで、
しょんぼりモードになる、

か、
もしくは、

負けるもんか!と
誰が相手か意味不明な戦いモードで、
盗んだバイクで走り出しそうになる、


という、
ふたつにひとつ!な道に
つっこみそうになって、

オットットット!
急ブレーキ!!!

なこともよくあります。













逆に、

世間から誉められている
絶賛記事がでている、

とか知ると、

ホーッホっホッホ!
それ見たことか!
うちのコだもの!
うちのコですもの~!

と、
ひとりで、
風呂場で小躍りしそうになる、

危険な過保護溺愛マザー路線の
「私」が暗躍しそうになることもありますし。











で、また、
ある部分の「私」は、

どの作品、
どの仕事、ということに関わらず、

もっとこうしたほうがいいんじゃないか?

などなど指摘する、
"学校の先生"モードにはいったり、








はたまた、


きっと、
今回のこれは、
これこれこういう意味があって〜、
全体からみたらこういう流れがあって〜。
で、きっとこういう学びになって〜〜、


と、

自己開発系?ww
占星術師系?www
魔女っこメグちゃん系?www

みたいな、
宇宙論者路線に
走り出す「私」もおりますな。










どの「私」も手強いです。
どの「私」もそれはそれなりに本物の自分みたいです。















というわけで、
頂いたメッセージ様たちを、

非常に共感しちゃって、
うんうんうんうん!
と高速うなづきを繰り返しながら、

読ませていただきました。




















なにか事が起きるたび、
いつもそうなんだけど、

最終的には、
こんなこと☟考えます。



いろいろなことがあるけど、
わたしのいちばんの野望は、

できるだけ長い時間、
グンソクさんの存在を楽しみたいし、
グンソクさんの動きを
じっくり観察しつづけたい、

っちゅーところにあるからして。
そのためには、

チャングンソーっには、
長い時間をかけて、
ある意味、
見果てぬ"何か"を
追い求めつづけてもらわねばっ。





そんなふうに
感じて、

そんで、
結果、



ま。いっか。
とにかくどんなときでも、
ひとつだけ
うちにもできる、ひとつのこと。
それだけしとくべ。。。

と、
ひとりで一件落着します。




わたしがいる場所から、
わたしにでもできるひとつだけのことって、
それ、めっちゃ自己満足なんですけどもw


じっと見とく。
ひとりで楽しんどく。




ってことでwww















こないだ、
どの雑誌だったか
忘れたんですが、

そこに掲載されていた、

フランス人の映画監督
ギャスパーノエ氏の言葉が心にささりました。

あいっごーっ!これ!
うちのスター様に、
誰か読ませてあげてくださいよー!

とか
思っちゃいましたwww








ギャスパーノエ監督は、

作品がわりと、、、
キツいっていうか、
見方によってはエグいというか、
強烈にクセが強いというか、

その作品への、
好き嫌いがはっきりわかれる、
めちゃくちゃ叩かれたりする、

そんな監督さんなんですが。

ご自身も
それはよくご承知のようで。

監督の言葉は、
こんな印象のメッセージでした。



雑誌が手元にないので
受けた印象を適当に書いておきます。

文字にすると、
妙にしっとりしちゃいますが、
言葉を読んだとき受けた印象は、
ヤンチャ坊主風でしたw







 ギャスパーノエ

 僕の作品については、

 デビューしたときから、
 僕の作品を受け付けない人も多くて、

 デビュー作からずっと、
 作品を出すたびに、

 とにかく否定する、
 と決めている批評家や観客の人たちが
 たくさんいます。

 でも、
 それはそういうことなんです。
 そのひとたちにとってはそうなんです。

 僕にできることは、
 自分の仕事をすること。

 ただ、
 僕がつくりたいものを
 ただずっと、
 つくりつづける。

 それだけです。














以上です。
頂いたメッセージへのお返事、
また送らせてくださいませー。


あ。
今日翻訳したページでは、

「学校の先生モードのあろえ」が
雄叫びをあげてますw

小声だけどね。
うちのお星チャンについてじゃないけどね。
女優さんと脚本家さんについてだけどね。


ほほほ。














じゅてーむ。
ぼんそわーる。
by aloetree | 2015-04-13 20:59 | 私のスタンス

蓮の花の。

蓮の花のように。
というコメントをいただきました。

ありがとうございました。

お返事。
こちらからさせていただきます。


花をたくさん思い起こすような、
きれいな言葉。
お花がお好きなんですよね?
うれしかったです。


・・・
ともあれ、

そんなきれいな言葉に


うるるるっ。
つーーーっ。

と涙がこぼれましたがな。。。




本当にありがとうございました。

蓮の花が咲きますように、、、

と書いてくださった
その言葉をきもちの支えにして、

書きます。




いつも同じこと書いてますが、
これが私のスタンスです。


私は、
チャングンソクを、

変化する、
変化しない、
どう変化した、
…のような、

そういう部分を
いちばんにはとらえてなくて、

とにかく、
そんときそんときの、

チャングンソクのまま。

それでいってほしいと
願ってます。


チャングンソクらしさ、
がなんなのか、

それは、
誰にも、

おそらく、
本人にも、
一生わからないことやと思いますが、

それでも、

いつも、
自分を感じて、

上手ではないかもしれないけど、
まるごと、ごろり、
と転がっていってほしいと願っています。

たくさん感じて、
たくさん笑ったり泣いたりして、
たくさん感情を受けとった贈ったりして、
たくさん失敗して、

いろんなこと、
波乗りみたいに経験しながら、

ごろり、っといってほしい。

心から
願ってます。

(あ、
だからって、外側から余計なお世話で
失敗や苦境を彼の人生に植え付ける必要はNON! NON! )






よく、
チャングンソクのことを、

すっとこどっこい、
変態、
予測不能、

などと
書きたい放題、
書いてますが、

私にとっては、
彼は、
隙間の限界を必死に生きる天才、
といいますか。

隙間も、
欠点も、
未完成な部分も、

見せ方において、
管理・コントロール、
しようと思えばできるかもしれない部分も含めて、

全部、

管理しきるよりも、
可能なかぎり、
そういう人間のままで

時間、
作品、
公演、

自分をぶつけて、
それを多くの人と共有することで、

どこまでいけるんだろう、、、と
挑戦してる人のように感じてます。

そして、
ああいうタイプは、
そんなに多くはない、

結構、
希少価値だと感じてます。





今は、

彼を見る人の数もふえて、
環境も様々に変化しつづけていて、

彼の活動自体も、
あれこれと
挑戦の領域がひろがっているので、

なかなか、
悪戦苦闘の時間が続いている
ような気もしますが、

長い時間が必要なことも
そら、あります。

それを
見ていくのを楽しみにしてます。

しんどいながらも、
楽しみにしてます。





ひとの目や、
関わる人の数が増えるにつれて、

いろんな意見が
とびかいがちなので、

こうやって、
いろいろ書くときは、

できるだけたくさんの人の意見や考えを
読んだり、調べたり、

するようにしてます。

調べて調べて、
検索しつくしてます。笑

そして結果。

これまでのところは、

揺れる必要も、
ぶれる必要も、
不要な感じ。


個人的な結論。



ただ
いつも
いつも、

発見するのは、

チャングンソクは生きてるな、
チャングンソクは芸能人である以上に、
ひとりの人間であることを
一生懸命探求して生きようとしているな、

そんな風合いの手触りだけを
発見するだけです。


なので、
妄想がちなことばかり
書いてるようですが、

それなりに、
調べて調べて、

自分なりに、
腑におとして
書いてます。

根拠、
証拠が、
不確かなことは
脇においておいてますが、

だからといって、
なかったことにしてるわけでなく、
それもなんかひとつあるんやろなあ、
と含めてます。

その上で、
特に、
重要度はなし、
と判断してます。








いろんな意見がとびかう中で、

人のきもちの弱い部分に
動揺を与えるような、
憶測や噂めいたものに
からめて、
自分の意見を発言されてるものも
ある気がしますが、

それも読んでます。

そういう意見にも
必ず、なにかしらの
真実はある、と思い。

んで、
真実が皆無だ、
とは思ってません。

ですが、

今までのところ、
どれも、

誠実さ、
という側面で、
私にとっては、
首をかしげるものが多いです。

証拠や、
根拠が弱く、

どうみても、

全部について、
簡単に、
しかも、
理路整然と、
論破できてしまえるなあ、

という類いのものしか
ないこと。

もっといえば、

巧妙な言葉のトリック、
言い回しのトリックで、
目くらましをかませて、

自分の感情を吐露するだけに終わらず、
人を巻き込もうとするものばかりだな、

と感じてしまうこと。


これは、
とても残念に思っていることです。

ぶつかるならば、
チャングンソク本人に伝えればなあ、と。
誠実さと品位が保たれたところからの
言葉ならば、
彼は読んでいると思ってます。


・・・っていうか、
さらに大前提として、

そういう場面で
話題にされる、、、

たとえば
私生活に関することだったり、


テーマ自体が、

そもそも、

芸能人とファンの
関係性において、
互いに介入する意味も必要性も
まったくないこと。

そんなん
話題にしはじめたら
キリないじゃろ。。。

なので、
最初の最初の
スタート時点からして
無意味で不毛なものだから。

そこらに
触れようとするだけ
時間のムダっす







2012年の4月から、今まで。
このたった1年間の時間だけを見ても。

チャングンソクの仕事は、

ラブレインというドラマ
Just Crazyというアルバム
TEAM H としてUMF KOREA、Summer Sonic
数ヶ月にわたる、Cri-Show2 の公演
ディナーショウ
TEAM H のアルバム
5月に発売になるNature Boy アルバム制作
TEAM H の I JUST WANNA HAVE FUN 公演

ひー。

簡単に箇条書きで
書きましたが、

ひとつひとつの作品を
つくるための発案、
準備、
製作段階、
プロモーション作業、
実際の公演、
事後処理、、

合間には、
MVの撮影、カレンダーやら、CMやらの撮影、
よくわからないけど、ファンミやら、サイン会やら?
あ、直進商店もありますな。。。


それらすべてに関わる、

アイデアから、
実際の作品、公演という完成品が
完了するところまで、
に必要とされる

交渉。
時間。
労力。
人間関係。

一言でいったら、

エネルギーみたいなもの。

計り知れない膨大なものだ、
と想像してます。

私たちファンが
みることができるのは、
その膨大なエネルギーをかけたものの、
最終的な完成品。
氷山の一角みたいなものだけ。

もちろん、
それが当たり前。

そして、
すべて、
お金になるものだし、
ファンあってこそ、のものですが、

だからこそ、

そのときそのときの
チャングンソクを
きれいごとで飾らずに、
等身大の自分のスタイルを
ぶつけて創った、

そういう作品。

それだけが唯一、
ファンとアーティストと
呼ばれる人たちを結ぶもの。

彼のいうところの、

真心。
だと感じてます。


真心って、

ファンの言いなりになることでも、
個人的に縁のない互いの人生に関与する何かでもない。

お辞儀を深くすることでも、
ていねいにお礼をいったり、
あやまったりすることでもない。

すべてを説明したり、
謙虚な言葉を重ねることでも、
もちろん、ない。

そう思っているので。

そんで、
その、

真心=作品。
が、自分にとって、
さほど響かなければ、
それでおわり。
そんだけ。

それでいいと思ってます。

チャングンソクも、
自分の仕事への、

そういう覚悟は
20年間の古狸らしく(笑)
持っている気がするし、

実際に、
これまでも、
失敗の責任は何度も負ってきているようだし。


ファンに対しては、
とても大事にしてる感じがします。

彼が大事にしてる言葉のごとく、
ファンを、
上におくこともなく、下におくこともなく、
同じ高さでぶつかってきてる気がします。
その独特のスタイルだからこそ、
疲れることは正直ありますが、


そういうのも含めて、

好みでなければ、
おわり。そんだけ。

そんなものだろうと思うし、
あちらも思ってるのではないかと。





私の場合は、

作品、
ひとつひとつがどう、
というよりも、

もし、
チャングンソクが、

作品や、
仕事を

「他人の気に入りそうなものを量産する」

「納得いかなくても、
忘れられないように俳優作品に出続ける」

「自分のスタイルではないけれども、
人目によく思ってもらえるようにやった」

「自分はイヤイヤ、しごとをやってるんだ。
人のためにやってるんだ。ファンや会社のためだけにやってるんだ」

「もう面倒だから、人のアイデアだけでお仕着せでやる」

「ああしたら成功したから、
あの人が成功したから、っていう保証ある安全なやり方だけやる」

と。
そんなふうにだけ、
言ったとしたら、

チャングンソクの。
真心。

感じられなくなるのかも。。。

そしたら、
笑って
オサラバ。
そんだけです。

ただ、
オサラバする、
としても

これまでに過ごした、
たのしい時間や
その他モロモロ。

すべては
他の誰でもない、
私の宝物なので、
感謝は消しません。





この1年間だけだけど、
これらの仕事。

ワーカホリックなんじゃないか、
と思ったりするので、

(多くのアーティストと呼ばれる人たちも
同じですねー)

彼の個人的な人生については、
もっとやれやれ、
もっとやりつくせ、
と思うようになりました。

仕事と個人的人生の
線引きについてのいろいろな
意見もありますが、

私にとっては、
身近にいるいろんなタイプの人をみながら、
そういう例もふくめて、
あのスタイルが×、とは感じられないので、

それよりも、

この人は、
こうやって、
スムーズじゃない道の中で、
表現者としてのエネルギーの出処。
を探っているかな、ととらえているので、

それにフタをしたら、
枯渇しちゃうかな、と。

そんな気がすることが多くて、

あ、
でも、特にこの部分に関しては、
私の考え方特有ですね。
違う考え方もたくさんあると思います。








最近少し変わってきましたが、
それでも基本的には、
俳優、がすきなので、

俳優作品を待ち望んでますが、

これは、
ただ待つだけ。

量産するために演じる、のは見たくない。

そんで、
なにより、

本人が、
俳優の仕事を大事にしてるのが伝わってくるし、
誰より、出会いを待ち望んでいる気がするから、

もう、あとは、
待つだけでいます。







これ。
全部。

チャングンソクのためじゃなくて、
自分のため、に持っている、
私のスタンスです。


チャングンソクが、
表現するもの、
いろんな経験を通して、
得た感情をつかって創るもの、
新しいもの、

を見つづけたいので。

全部、そういう、
自分の欲求のためです。



もっと、
管理統制されたアーティストも
たくさんいると思います。

どこまでが、
本人たちの希望なのかはわかりませんが、
そういう環境の中で、
作品をみせてくれるアーティストたちは、
もうちょっと、安心して、ハラハラせずに付き合えることもあるのかもな、
と思うことがあります。

だからって、
そういう人たちの魅力や努力が劣る、
とかは思ってなくて、

どの人も、
自分の今いる環境の中で、
ベストをつくして、
一生懸命活動しているアーティストたち。

であれば、
見ると、
心がじーんとします。





ただ、
私の場合は、

自分の感覚にぴったりくる、
興味深い、
チャングンソクを発見してしまったので、

この人の、
ジェットコースターに乗る、って
決めて、それでまあ幸せです。


そして、
私が、
こういうスタンス、自分のため。
ってしてるように、


チャングンソクにも
全部のこと、
最終的には
「他の誰でもない、自分のため」にやってる!!!
「それで、まあ幸せ」という、
スタンスでいてほしいなと。
これも願望です。








といいつつ、
最後に、

ここまで、
くどくどと
説明くさく、
書いたこと、

全部パアにするようですが、

一番信じてるのは、

自分の感覚。
です。^^;




いろいろな批判をする人。

と、

チャングンソク。



それぞれを想像したり、
感じたりしてみて、


どっちの感じが好きか、、、
どっちの顔、態度をコピーしたいか、、、
どっちの生き方をしたいか、、、


と感じると、

こたえは、
さら〜っ。
ぱぁ〜っ。

とでます。


あの、

こどもがそのまーんま大人になっちゃったような、
アメーバーみたいに自在にのびちぢみするような、
といいつつすごく経験しつくしてる老人のような、

究極の、
ひらたい(笑)
平和顔。

なんにでも
自在に変身しそうな
不思議人間。

ここでこそ、
使おう。
「すっとこどっこいな生き方」の芸能人。

チャングンソク。


理由のない、
感覚だけの答え。笑。

これだから、
ダメなんかもですね〜。私は。

また、、
嵐が起きるか。。。ㅜㅜ

まあ、
自業自得だ。。。。









「蓮のように
きれいな花が咲きますように。。。」


という言葉に、
本当に涙がでたし、

きっと、
いろいろ感じてらっしゃるんだろうなあ、

ともっとお話したいような気持ちになりました。


が、、、

お話するどころか、
わたしの話だけを書いてしまって、
ごめんなさいーー。ですね。




蓮って、
どろんどろんの中でも、
咲くんですよね。


咲き開く、
蓮の花は、


チャングンソク。
その人ではなくて。


私たち、
ひとりひとりの心の中で、

「わたし」っていう、

蓮の花が
きれいに咲き開いていったら、

それで、
もしかしたら、それが
チャングンソクにも同じように起きたら、


すてきなことだな
と思いました。


いただいたメッセージ。
大事にしますね。
by aloetree | 2013-05-04 21:29 | 私のスタンス | Comments(9)

2013/04/19

チャングンソクは
チャングンソクをやーめた、
とは、、、
なかなかできない。


と思うが、


うなぎは、
上にくらべたら、
いつでも、
やーめた、が可能。




そんで、

やめると決めたなら、
潔く、カッコよく去り。

その別れ際こそ、

美しい、
情の深い、
日本の女性、
ならではの魅力を
発揮~♡

d0266590_0595264.jpg




見続ける、
と決めたなら、

自分の選択だ、
という決意からこそ、
得られる、
誇りを大事に感じて、

自分から
愛ある時間をたくさん創っていく。


愛と感情をたっぷりもって、

正しいことばっか言わなくても
いいから、

自分が感じたこと大事にして
いいから、

そのかわり、
無駄とか思わずに、

ぶつかるときは、
他の誰でもなく、
直接本人に、

攻撃のかわりに、
尊重するきもちをもって、

正直にぶつかって、
時々はすっころんだりして、

愛情注ぐときも、
直接本人にがーっと注いで、

そんなふうな、
直進。




したら、

この先、
いつか、

今の時間を
振り返る日がきたときに、



ああ。

あの頃、
楽しかったなあ。
生きてる実感で満ちていたなあ。




そんなふうに
きっと、なる。





そんな関係。



もちろん、
逆もまた真なり。

で、

チャングンソクさん。。。

去る瞬間、
続ける瞬間、

いずれのときにも、
あなたも、
同じように、
してください。




PSY氏の新曲MVが、
韓国のテレビで放送禁止に。

チャングンソクくんが、
Twitterで、合計7回、
このMVのYouTube動画をRTしよう、
とうなぎたちに呼びかけてたですね。

PSYさんは、
君が歌送っても、いっぺんもRTしたことないが^^;

역시, 장근석......
Going My Way の 바보 남자.

그러나, 자신의 행동은 스스로 정한다.
그 스타일은 귀중해요.
사랑해요....













d0266590_0494594.jpg






画像 twitter より
by aloetree | 2013-04-20 00:57 | 私のスタンス | Comments(0)
ひさしぶりに、
ひとりでぶらぶら。

近所を散歩して、
だいすきな本をもって、
喫茶店に〜。

喫茶店だいすき!



実は、
たばこもすきで、

こんな日は、
ぷかぷか、、、がやめられないもので。

おしゃれカフェはだめで、
おやじ喫茶店専門なんだけど。。。

う〜〜〜ん♡

これぞまさしく、

最高の贅沢♡
心の洗濯(ばばくさい言い方じゃ。く)♡




むかーし、昔に、
まだまだ感受性も若々しく、
いや、実際に自分が若くて、

つきあう男の人との
デートにも初々しく、
きゃらきゃらとのぞんでいた頃から、

最高に、
うっとりと自己満足に浸れたのは、

おやじ喫茶店デートだた!!!


ひねくれものなので、

遊園地とか。
映画とか。

いかにも。な場所には
あまり心はずまず、

あんまり特別っぽい場所や旅行だと、
なんか風情がないし、、、


でも、
なーーんも特別感もない、
(おやじ喫茶店主さまごめんなさい)
競馬新聞とかおいてあるよーな、

そんな平凡な喫茶店で
一緒にコーヒーとか飲めるなんて、

それこそ、
特別な関係だからこそなのら♡

と、
とびきりの自己満足に浸れて、

ありゃあ、
最高の贅沢だった。。。

うひひひひ。


完全回想気分で
ニタニタしてて、



あ、、、

グンソク氏は、
そんな時間の過ごし方。

できてんのかなあ。

と考えたら。


急転直下。
やるせなく。




たまの休息のときに、

特別にすきな人と、
心許せる特別な人と、

なんの変哲もなーい、
喫茶店とかでお茶飲むときの

幸福感。


味わっててほしい。

けど、

もう無理なんかなー。。。


前から時々、

ツイッターとかで、
グンソク氏のプライベートについて、
その真偽はともかく、

いろいろな意見が
流れてくるのを
みるたびに、

心が痛い。




「俳優としての彼をみたいだけであって、
 プライベートには全然関心がないのに、
 本人がでたらめで、ツメがあまいから、
 見たくもないのに、いろいろ流れてくる。
 プライベートは興味がないんです。
 プライベートは絶対みせないで!
 確たる証拠があるんだから。。。」

などなど。

あれこれ思いを
綴ったものが、

それこそ、
なぜに???と、
どこからともなく、
わたしのツイタに
流れてくることが最近多く、



そうか。
そうか。と。

確たる証拠。
というからには、
単なる文字や言葉、
だれだれさんがこう言った、風の噂話や
ぼんやりどうにでもとれる写真、などの
なまぬるい類いではなく、

確・た・る・証・拠。


恥をしのんで書きますが、


私は、
ひとりひっそり
たのしむ、
下世話な覗き趣味も、
まあふふふ、あり!

恐怖を
味わわせるだろから、
本人には、
口が裂けても言えないけど、
(まあ、わかってるだろけど)

グンソク氏に、
異性としても
悲しい秋波を送っているので、

かぶりつきや〜〜、と

やおら、
数時間をついやして、

私が
納得できるだけの
情報を♡と、

必死の検索、
血眼の捜索作業に、
没頭してみたことがある。

が、
残念無念。

私が納得できるだけの、
「確たる証拠」といえる、
収穫は今だにえられない。

ほわん、
ほわん、
ほわん。
ほわんほわわわ〜〜〜ん。。。


これは
一体どういうことじゃろか。。。


プライベートに一切関心がないと言い切り、
そんなものには見向きもしないと言い切る人が、
目にしたくなくても溢れてて、目につく、といっている情報が、

(興味がないといいながら、
 なぜか、プライベートに対する思い、内容について
 圧倒的に記述されてるのも、不思議だよ。。。
 わたしって嫌味っぽいね、だけど、そう思う)


プライベートに若干は興味があり、
見れるもんなら、おやつがわりに、
つまみ食いする気もちょっとあり、
自らすすんで!検索までしてる、
(かつ、この日記を始めてから、
 自分の検索能力に、恥ずべき自負心すら覚え始めてる、、、)

この、
ワタクシのもとには、

その確たる証拠とやらが
得られない、、とは、

神様。
どんな不公平.....

いったい、どんな怪奇現象じゃ??

それこそ、
一気に白髪が増えるような
虚無感を覚えたり。




でも、
もしか、
そのような、
確たる証拠をつかんだところで、
じゃあ、、、、どうなんだろか?



少なくとも、
アジアの中の、
私が感じる地域では、

圧倒的にたくさんの人が、

カメラ機能付きの携帯電話を所持し、
瞬時に、リアルタイムに、
世界に情報をながせる、

インターネット、
SNS、
ツイッター、、、??


だれもが、
その気にさえなれば、

即座に
特ダネ記者に変身できるような、
(それも卑怯にも、
自分の正体を明かさないまま。あ、わたしもだ^^;)
この世界で、

グンソク氏に限らず、
たくさんの人の注目を集める人々は、

いつも
いつも、

その
「プライベート」な時間、空間まで
不特定多数に追い求められ、追いかけられ、さらされ。


本人側がオープンだったり、
油断があるやなきや、

ということと、

だからといって、

わたしたちの側も、
なんでも、さらしていい、
なにを発言、発信てもいい、ということとは、

まったく次元のちがう、
人としての「品性」のお話。



覗き見しよーとしといて、
なに言ってる、な話だけどもね^^;


そんな環境を
わたしたち誰もが
暮らしていると、
わかりつつ、


「プライベートを絶対に見せるな」

って言葉。

時々
じーーっと感じてみると、、、


「プライベートをつくるな」
「プライベートを生きるな」

そして
「プライベートを殺せ」


そんな響きを
含んでいるように感じられて、


ほんとに
ほんとに

涙がでるよ。



どっからどこまでが
自分の、
プライベートで、
プライベートじゃないか、

その線引きは、

自分本人にしかわからないから、
それは置いておくとして、


プライベートを生きない、、、、

それは、

人間性を殺す、

そんなことに
つながっていくんじゃないだろか。

そんなことしたら、
俳優としての表現なんて
カスッカスになっちゃうよーー。。。
↑結局、自分がみたいものがみれなくなるのがイヤなだけ。。ううう。



グンソク氏は
本来、
オープンハート傾向を
望んでいる人間だと思う。


だけど、
本当に大事な人のことは、ださない、
と以前言ってたこともある。

そのためには、

一見、
「本当をみせない」
「本当を隠す」

必要があるときも、
必ずやってくる。


でも、
ある程度までは、
彼自身、オープンでないと
窒息する人のような気がする。


「妄想電波」を発信してる私は、

もしか、
彼から、
そういう「いちばん大事なひと♡」電波を
キャッチした日には、

「ううううっ。。。かかかか〜〜〜っ!!!!???」

と、絶叫を
感じる日もあるかもしれないけど、

それでも、

じぶんが、
選んで、すきと決めた人が、
人間的に死んでしまうことの方が
くらべようもないほど、おそろしい。


人間性をたっぷり感じて、
人間らしい自分だけの空間を呼吸して、
しあわせになってほしいよ。





これも、
真偽は不明だけど、


以前は、

韓国の中では、
それが友達か恋人かは不明なれど、
一緒に、
ごく普通の若者のように出歩いているグンソク氏が
見かけられた、と。

信頼があったのねー。

そういうのって、
いいなって、

そういうところもあって、
すきだな、って、

ずっと思っていたのにな。。。





もし、
本当に、

スターのグンソク氏も、
そのファンである私たちも、
お互いに、オープン!!!!
でいられたら、


たとえば、

私が
ソウルのおやじ喫茶店で、
ぷかぷかしてるところに、

グンソク氏が、
彼にとって特別な人と入ってきた!!!!!!
として、


「お。私はあなたのファンですよ」と私。

「あ。いつもありがとうね。こちらは、僕の大事な人です」とスター。

(がびーーーーーん。。。。。しくしくしく。
 まあ、なんてスタイルがよいの、、
 まあ、なんて若いの、、、、、、、
 まあ、なんて幸せそうなの、、、、
 きいいいいいいいいいいいいっっっっ〜〜〜)

 となりつつも、

「そうなんですね〜。
 この人、私の大事なスターです。
 変態ですけども、、、、
 どうぞ、よくしてやってくださいね。
 あ、ちょっと、
 かまってちゃんですけども、辛抱してやってくださいね。
 あ、ちょっと、
 ぽにょ腹ですけども、あ、知ってるか。。。」

とかおしゃべりして、、、


そしたら、
そらあ、
失恋気分もありつつも、

なんか、
大事な人に大事な人を紹介される特別気分と、
大事な人を大事にできた自分、えらい!!って
自分ほめる気分と、

きっと、
帰り道は、

ほくほく幸せ。


そんでもって、

後日、
また別の喫茶店でぷかぷかしてるところに、

グンソク氏が
彼にとって特別なほかの人と!!!!
入ってきたとして、

「お。私は、こないだのファンですよ」と私。

「あ。はじめまして。
 いつもありがとうね。こちらは、僕の大事な人です」とスター。

(がびーーーーーん。。。。。しくしくしく。
 こいつ、私のこと覚えてないしーーー!!!!
 ってか、こないだの相手とちがうやんかーー。
 きいいいいいいいいいいいいっっっっ〜〜〜)

 となりつつも、

「そうなんですね〜。
 この人、私の大事なスターです。
 変態ですけども、、、、
 あ、ちょっと失礼。。。」

 と、グンソク氏をトイレの前かなんかにひっぱってって、

「こないだの相手とちがうやんかっ!!???」と私。

「あ、えーと、えっとー。えへへ」とカワイコぶって切り抜けようとするスター。

 この絶好の機会こそ、確たる証拠をネタに、グンソク氏に小言をいい、
 しっかり、つながりをつくり、私を印象づける、チャーーーンス!!!

 そう、その時、はじめて、お説教できたりして。
 なにせ、今や、私は、直接に彼の人生の時間と関わりをもって
 確・た・る・証・拠・人。となったわけですから。
 うくくくく。




アホみたいですね。
すいません。


けど、

そんなふうな日が起きることは
やっぱり無理なんでしょうか、、、




どんなふうに感じるのも、思うのも、
その人それぞれの選択。

だけど、
必ず肝で感じていてほしい。
「それは、他でもない、自分の選択なんだ」
ってこと。

他の人にも影響を与えるような行動、
自分の外に、ソレを流す可能性があるときは、

少なくとも
じぶんが選んで好きになった人の人生に、
圧倒的な「孤独」を生み出すようなことは、


それは、
グンソク氏のため、というよりも、

「ひとをとってもすきになった」
そんなすてきな思いを抱くようになった、
自分自身をいちばん傷つけてしまう気がする。


そんなん、
悲しいやんか。。。

余計なお世話か。


いつも、
両極端のどっちも経験したい私なので、

わたしの中には、

「だいすきー!」と一緒に、「だいっきらーい!」も共存。

だけど、それはあくまで、私の中のお話で、
私が、自分で、じっくりどっちも味わって、
いつか、ああ、そうか、と腑に落とせばいいだけであって、

実際の人間、チャングンソクとは、全然関係ないお話。

ましてや、

「お。グンソク氏、最近、いい気分で、幸せそうにしちゃって」
「じゃ、反対の、孤独をあなたに プレゼントフォーユー♪」

なんて、自分の外部の人を巻き込んだり、提供しちゃう、なんて、
必要は全然ないお話。



いっつも
流れてくるたび、
悲しいのと同時に、
思うんだけど、

きっと、
こういうことばを流すひとたちって、

同時に、だいすきーーー、もいっぱいあるんやろうな。
愛情の容量もでっかい人たちなんやろうなって。
なにせ、両極端は必ず共存してる気がしてるから、、、

いつか、
こういうひとたちの、
「だいすきー」方向のお話、
聞いてみたいし。

きっと、
すごい長年の
マニアックで濃い!
愛情話がきけるんとちがうやろか。


愛情たっぷりに、
人目も気にせず、
だいすき話をしてるときって、

みるみる、
お肌がツヤツヤしだして、

なんだか、
その人自体が、
キラキラしだして、

ありゃあ、
ぜったい、
特別なホルモンがやっぱり出てるんじゃよ。


あのような、、、

超変態俳優。
に関わっちゃったんなら、

どうせなら、
じぶんの美容効果のために
利用しつくしたほうが、

お得ですじぇ。



ともあれ、

人間性をたっぷり生きる、
空間、時間、隙間を
もっとたくさんふやしてもらって、

そしたらば、

それ全部、
アーティスト活動、
俳優活動に、

つやつや、
いっそう、
磨きがかかることまちがいなしだからして。


そんでもって、
もっと、無防備になってもいい信頼関係ができたら、

もしかしたら、
さっき書いたような妄想も現実になったりする可能性もふえるからして。


見せない部分を必死に
覗きみようとして、

その願いは未だ達せず、
だったけれど、

ひとつの公演、
ひとつの作品、
を人前に見せるまでに、
どれだけの時間と努力を費やしているか、

やっぱり、
それも、
見せないようにしている彼らの、

プライベート空間は、

たぶん、

アジアのプリンスどころか、
住んでる町内会ですら、
名前も知られてない、

無名の私の、

プライベート空間にくらべて、

ずっとずっと、

せまーく、
ちいさーく、
きゅうくつ。

なんだろう、と想像します。


そんな、
めっちゃ限られた空間と
めっちゃ限られた自由を

必死で
生きてる

彼らに、

のびのび、
人間性たっぷりの時間を
プレゼントして、、、



なんというか、

見せるか、
見せないか、

覗くか、
覗かないか、

丁々発止のツナワタリ〜、
みたいなことじゃなく、


そんな
「隙間」
「スペース」を

心の中につくって、
プレゼントして、、、




そんな日が起きることは、
やっぱりもうムリなんじゃろかな。。。





d0266590_2121282.jpg





より
でぃーぷな。
あーだこーだ話もあるでしょうけど、

んで、
それについても
わたしも「こうだ」と思うことは
あるけんども、

それ書き出すと、
レポート用紙100枚分くらいに
なっちゃうから自粛。。。

by aloetree | 2013-04-15 16:32 | 私のスタンス | Comments(14)
d0266590_209955.jpg




時間が
たつにつれて、


歳とっていくこと。



d0266590_19262982.png


こんなふうに進んでいくのじゃなくて、



d0266590_19304465.jpg


こんなふう?
に進んでいくんがいいなあ。









A→Bにいって、
次は、B→C、、、、

そんなふうにいくんじゃなくて、




Aだったところに、
Bがやってきて、
そこへ、
超嫌われ者のCも乱入して、

「オイオイ、新入りはでてけよっ」って
喧嘩してる間に、

ふとみたら、
得体のしれないDやらEやらも混じってて、、、

そんなの繰り返して、
なにがなにやら訳わからんうちに、
だんだん、しっくりしてきて、、





そんなふうに、

「うずまき」みたいに?

d0266590_2010536.jpg






道の途中で

過ぎるいろんな地点、
起きるいろんなこと、
浮かんでくる考え方、
出会ういろんなひと、

いっさいがっさい、
ぐるんぐるんに、
まきこんで、

全部のみこんで、

いつまでたっても
巻き巻き作業におわりがこない、
ロールケーキのように、、というか。

そんなふうに。





とっても、
ちくしょー、
なことに、

わたしにはこどもが
できなかったじゃんねーん!!!

だけど、

もしか、
じぶんのこどもがいたら、

d0266590_20111142.jpg



そんなふうに
歳をとってほしい。
と、言う気合いが
あったらいいな、と、
いつも思う。





便利だから、
つい使っちゃうけど、

「成長する」
という言葉は、

なーんか、
信用できへん、、
怪しい、、
、、、と思っていて。




それよりは、

「含んでいく」
という言葉がぴったり!!!!




「含め煮」
……むちゃ、、、おいしーーーっ!!!
がんもも高野豆腐もすごいです。
好き嫌いなく、いい悪いいわず、
なんでも味含みます。
…しびれる存在感



ふくんでいく中身は、


大変だけど、

たーくさん、
種々様々、
玉石混合、

なほうがいい。




汚らわしいものと美しいもの、
平和と暴力、
不幸と幸福、
不誠実さと誠実さ、
変化と不変化、
被害者と加害者、
幼稚と成熟、
美しいことばとみにくい言葉、
いじわるの限りと親切、
ほんとうとうそ、
わけあうこととひとりじめすること、

(いっつも同じ書いてる。くくく。
 両極端のどっちか、じゃなくて、
 両極端のどっちもたべる、のが
 すきなんだな、わたしは)


d0266590_20115257.jpg

d0266590_19583670.jpg



なにが「善」で
なにが「悪」か、

は、
そのひとの感覚によって
まったくちがうと思うけど、

だからこそ、
よけいに、

いろんなものを
のみこんで、

含んでいく。

常に、
自分っていうひとりの中に、
あらゆる側面がある、ことを
自覚している。




そんで、
含んで含んで、
ぷーっっとはちきれそうに、
混沌としてる中から、



今は「これ」。
今日のじぶんは「あれ」。

そやって
選択していくときに、

責任と自由が
うまれるんだろーなー。


そういう、
含め煮人生送ってきた、
匂いのする、

じいちゃん、
ばあちゃんは、

とにかく、
かっちょいい~~~!!!!!!



清濁なんでも
飲みこんできたから、

どんな経験にも、
どんな相手にも、

耐性ができてて、
タフだし。






もちろん、
わたしにはわたしの
「なにが○」
「なにが×」があるので、

その、
わたしのお気に入りのワクの範囲に
全部くるっとおさまるように、

人や、
出来事に

変われよ。
あわせろよ。
こっちが正しいよー。

と相手を
こねくりまわしたくなること満載だけど、


たぶん、
本当にそれをやっちゃって、
その結果をみた日には、

死ぬ程、
後悔するのを知ってるので。
(いっぱいやったから)


相手に、
自分の思うように変わってほしい、

とは、
つきつめていくと、
それがすごいコワイことと知ってるので、

思わないようになってきた。





そんなふうだもんで、
これがすきだもんで。

d0266590_20214444.jpg


本人は、
ZikZin 精神を
かかげてるけど、

この場合の
ZikZin は、

太い太い、
まっすぐひたむき矢印のなかを
よーく覗き込んでみると、

なかに、
無数の
うずまきがびっしり!!!!!!!
(あ。ちょっとキモチワルイ。。。)


そんな、
特上太巻きレベルの
うずまきZikZin。


これの行く末が、
異常に、非常に、
きょうみ深いもんで。



でも、
疲れるわー。

ひ。

d0266590_2014158.jpg











この写真家さんのブログ → 丁振杰さん ありがとうございます。



いちばん
こころに残ったの、
この2枚。

d0266590_20151850.jpg

d0266590_20163071.jpg




画像twitter&丁振杰氏ブログ
by aloetree | 2013-03-30 20:17 | 私のスタンス | Comments(2)
先日の日記。
I JUST WANNA HAVE FUN..
に書いたことにウソは一個もないけど、

あの結果にいきつくまでの、
きもちを素直に感じてみました。


・・・・


・・・・


・・・・





としばらく考えて、
脳の限界に^^;


結局。

ただ、

だいすきや。


しかでてきませんでした。
すいません。


だいすきに理由はなくて、

あえていうなら、
おもしろいから、くらいしかなく。


いろいろあるたび、

そりゃあ、
へこんだり、
ジャブくらったり、
がびーーんってなったり
最初はするんですが、

そんなふうにいろいろ感じてしまうのも、
おもしろくてだいすきだから、、、で ^^;


バカみたいな
堂々巡りしかできない単細胞か、

と、きづいただけだったので、
もうやめました。

でも、
こんな単細胞になれる自分はめずらしいから、
大事にしようと思います。


なんでもかんでもYESなわけではなくて、私も。

明らかに傷つけ、危害を与えるという、
悪意ある意図をもったことをされたら、もちろん、NO。


が、今までのところ、
そんなことは1つも起きてないのです。

これは私の考え方なだけなので、
いろんな考え方はあると思いますが。


悪意がないときは、、

そこに配慮がないことがあったとしても、
それは「失敗」

失敗は、、、

ああ、
私は失敗したな、
配慮がなかったんだな、

と自分で感じるもの。
でいいんじゃないかなと。

その理由や原因をさぐったり、
あやまったり、あやまらせたり、
とことん、失敗が悪いことなんだ、
と思い知らせたりすることは、

相手を傷つけるだけじゃなくて、
自分ももっと傷ついて、

かなしさが
どんどん大きくなる気がしてかなしいです。

今までそういうこといっぱいやった性悪実体験から(笑)



でも、ほんと、

ああいうときのこと、
思い出すたびに、

そのときの
相手の表情を思い出すたびに、

ぎゅうううっっと、
今でも胸が痛いです。


すっかり
萎縮してしまってる相手をみたときの
あのいやな感じ、忘れられない。


だいすきだから、
傷つくときもあるけど、
相手もなにかの傷を感じてるなら、

実はいちばん共感しあえる気がします。


わたしはディナーショウにはいけません。

前は、
ディナーショウなんて、
ただの抽選の結果だし、と思ってましたが、
最近はちがう風に感じるようになりました。

もちろん、
抽選の結果なんだけど、

今回のディナーショウに参加されることになったうなぎさんは、
大事な場をみんなで共有する、
そういう意味をもったうなぎさんたちなんかもしれへんなあ、って。

もし、
このブログを通りすがったうなぎさんでディナーショウに
参加される方がいらしたら、

どうぞ、
楽しんできてくださいね。


無言の相身互いで、
「心がちょっと痛かったわ」
「きみも心がちょっと痛かったんやね」って目配せして、

「まあ、いろいろいいたいこともあるけど、
 心痛いっていう気分は、お互い、共感できるっちゃあできるな」って

そんな、
でっかいイキなうなぎ心で、
その場所をくるんできてください。

参加されるうなぎさんたち、
かっこいい日本うなぎ、と思います。
応援してます。
もう、ひがんでません(笑)



なんの、
情報も
知識も
データも
力もないままで、

ただ、すきなんだ!!!!

って弱々しくいえる人が、
私はうらやましいです。

私は、
ただすき、とはいっても、

自己顕示欲がかなり強くて。。。
途方に暮れる。



あれこれ
押し合いへし合いしながらも、
一緒に未知をかけわけ、
考えながら進んでいく、

そんな、うなぎとグンソクさんの関係が、
ほんとうはいちばんだいすきなのかもしれないです。


すなおになると、
わたしもおとめちっくだー。


読んでくださってありがとうございました。
これで、おしまいです。たぶん。。。


d0266590_014128.jpg

by aloetree | 2013-01-18 23:57 | 私のスタンス
その後、いろいろ感じてみたり、
これまでいただいたコメントを読み返させていただいたり、
全然ブログとは関係ない人と話したり、


そうして、結果、、、

あたたかい感動。ざざーん。

d0266590_0565171.jpg


もしかしたら、
たくさんのうなぎさんは、

グンソクさんの作品や、
アーティスト活動や、
1つ1つの行動に、

あくまで、
ファンとして受け身の体制で、
リアクションとして、

はじけたり、
つっこみをいれたり、
一緒にたのしんだり、

・・・そうしながらも、



心の中には、

たくさん考えたり、
自分の人生と重ね合わせてらしたり、
自分のこととして思いをはせていたり、
表面にみえない、背景にあることまで考えてみたり、


とにかくたくさんの深い思いを育みながら、


リアクションじゃなく、
自分主体のアクションとして、

応援のきもちやメッセージを発信しているのかもなあ、

と感動してしまった巻でした。


こちらからは、
何も主体的にコトを起こせない、
のがファンの常、であるようにみえて、

実は、うなぎは、、、、

ただ、待つ。
待っている。

ということも、
ひとつの主体的なアクションとして選択してる人たち??
と、思ったら、


なんてなんて、ありがたい、、、


神様仏様うなぎ様なんでしょー。

d0266590_0571639.jpg

うなぎ様の上にのっかるフトドキモノ


ところで、不埒な私は、

そんな感動と裏腹に、

なぜかふと、
「私がうなぎでなくなるとしたら、どんなときかなー」
と考えだしたら、ワクワクしてしまい。



ピンとひらめいたのは…

「チャングンソクが、、、聖人君子!?、みたくなったらーーー!!!ぐるぐるぐるぐる。きれいさっぱりおしまいやわ」



グンソクさんが聖人君子、
みたくなったら、


わたしはさぞかし、
安心して、心安く(あ、同じ意味ですね)

彼を見守りつづけることができ、
すこやかな毎日が訪れると思われますが、



その途端に、

興味も関心もきれいさっぱり消えること、太鼓判。
身も心も、さわやかに、さよなら〜〜〜♪

d0266590_1154987.jpg

あああ。このブログにグンソク関連以外ではじめて載せる写真が、しんごちゃんとは・・・

こっちにしよう↓↓↓
d0266590_1145212.jpg




こうして振り返ると、

グンソクさんと
ともに過ごす日々の醍醐味は、


不安定を見守り、
過ぎ行く姿を見守る、よろこび?

決して、
順調すくすく満帆、とはいかないスリル、

賛否両論にハラハラするスリル、
を味わう、よろこび?

予測不能な流れに右往左往する、
よろこび?


これって、全部、、、、

一見、「M」のようでいて、、、、



もしか、

多くのうなぎがこれを望んじゃった場合、
それを期待されてる、
グンソクさんの日々に、うっとり安定は訪れない訳で、



もしや、うなぎは、

生粋の、
筋金入りの、
努力不要の、

ナチュラルS。。。。。



ごめんよー、グンソクさん。
がんばれよー、グンソクさん。

聖人君子にならないでね。

・・・・・ならないか。。。

d0266590_1115393.jpg




画像twitter&weiboよりお借りしました
by aloetree | 2013-01-08 01:05 | 私のスタンス | Comments(2)

毒をくらわば皿まで??

コメントを書いてくださる方々、
インタビュー記事をお読みくださってる方々、


いつもほんとうにありがとうございます。
d0266590_13303421.jpg



きのう、
厳しいご意見に触れることがあり、
最初ちょっとへこんでしまひました。
d0266590_14321256.jpg



みなさま、
お察しのことと思いますが、

いつも揺れながら、ふらふらぶれぶれで書いてます。
(しかも、ブログの対象者もけっこう揺れ揺れな変な人だし・笑)
d0266590_13493350.jpg

↑かわいいか!?これ。変だよねー。ゆで卵のおばけにしかみえない。。。

現実にはなんのつながりもない人をテーマにしたブログだから、
どうしても推測や憶測書いちゃう、、、

それをなるべく避けるべく、

ピュアで↓
d0266590_13521842.jpg

まっすぐな↓
d0266590_13524261.jpg

こんな時代もあったのだすね。遠い目・・・

言葉を尊重しようと、インタビュー記事を漁ってます。


うなぎの世界に不快なものを持ち込まないように、、
それはいつも思ってます。

でも、
わたし、偏屈で、
書きたくなると全開になってしまうこと多く、
そういうの、これからも変わらないと思う。。。

いろんな意見をいただくことはやはりありがたいので、
ちゃんと拝聴しながら、、

これからもよろしくお願いします。
再度、ちいさくペコリ。
d0266590_14441543.jpg



・・・にしても、
賛否両論まきおこしやすい、グンソクさんの巻き添え??
と思う部分もあるので、(←責任転嫁全開スタート)

そう思うと、くぅぅぅ。

まして、
そやつがクラブで遊び呆けてただどー(あ、また書いちゃった)となると、、

たわけものーー
d0266590_1447553.jpg


こやつのために、

政治問題で心折れそうだったときに、
サンフランシスコ講和条約やら、
領土問題に関する条約をよみふけったり、
女たちの戦争と平和資料館でどろどろんになったり・・・
(でも、ここは、価値ある場所でした)

そう思うと、余計、はらわたにえくりかえるわ。

たわけものめがー。
d0266590_14554729.jpg


へっぴり腰のたわけものめー
d0266590_14583251.jpg


実は、
わたしもできるものならやりたいそういうの。。。
というのもちょっとある。
から余計に、わたしができないことを〜〜、と
思うと、
メラメラメラごぉっーーー。


噂話でこんなにひっぱっちゃった。。。

噂は、、なんもないところにはたたないからな←腹黒うなぎ。
噂は、、でも、ハナシ半分にしといてやらないとな←上から目線うなぎ。





「せっかく世界にでていくのだから、
そんなこと考える自分は心が狭いのだろうか」

そうつぶやいていた、うなぎさんの
爪のあかを煎じて飲ませて・・・むにゃむにゃー!

ホントに、
うなぎはけなげでまじめな人が多いのだ。
日本のうなぎさんたちはひたむきなのだ。

爪のあかを煎じて飲まなきゃいけないのは、わたしか。


今年はきっと、

韓国・日本以外での活動の機会が増える。
(遊ぶ場所もふえますね。。。)
なにか新しい展開を絶対考えてる。
役者と歌手とTEAMHとのバランスも微妙に変化する。
国際情勢もまだまだ流動的。

同時に、グンソクさん特有の、

諸手をあげて万々歳!とはならないような、不思議なバランス。
ある国で盛り上がれど、ある国ではちーん。
支持する人と、否定的な人、賛否両論ばっさりわかれる。

この特有のバランスワールドだけは、今年も順調に継続。

・・・と、そんな1年だと予測されるので、ジェットコースターはつづく。


年初の「タフ」に「ドS」もくわえて、うなぎ道を邁進しないと、
やられっぱなしの敗北かもー。



と、このまま終わるとミモフタモナイので、擁護をちょこっと。


我らが、たわけもの氏は、常々、

プライベートのチャングンソクと、芸能人のチャングンソクはちがう。
からほっといてくれ。。とおっしゃってますが、

まあ、確かに、ちがうのでしょうけど、
この2つのアイデンティティに1つ共通点があるとしたら、それは、
「いつも全開全力投球でやってやる」とギラギラしてるとこでしょうか。

仕事も全力投球(これは大事)

遊びも、酒飲みも、クルマも、全部の情熱傾け(だからたわけもの)

ぶち切れるときも全開で、
だらけるときもだらけきり、
素のままでいることも、ちょっとどうよ、と思うくらい全力素顔で。


そいから、たちが悪いことに、

「やっちゃだめ!」と言われればいわれるほど、やる。
「やらないほうが・・・」ということは余計にやる。

どこまでやれるか、
どこまでひきはなせるか、で、自由を感じてる。ちがうだろうか?
d0266590_16553325.jpg


d0266590_1702418.jpg

d0266590_1732574.jpg


ゴン様の制止をふりきるときほど、生き生きしてるし。
d0266590_1763457.jpg

d0266590_16594748.jpg


ちゃらい、といわれることによろこび感じてる風だし。
d0266590_17254790.jpg

大丈夫。アピールしなくても十分チャラいから!



なんかただの、、、

d0266590_16572065.jpg

こどもかーーーーー!!!???


というわけで、
安定した大人の魅力にうっとり、ひたりきりたい時のための俳優さんは、
ちゃんと確保してる、わたし。某C・U氏とか、、、??


けど、不思議と、そういう人のこと、ブログにしようとは・・・
思わないんだよな。からきし。


昔から、
見ちゃだめだよ、っていわれるものほど、目が離せず、
触っちゃいけません、っていわれるものほど、触れずにいられなかったからなあ



毒をくらわばチャングンソク、、、

やっぱり、今年も、
「ドM」路線で完敗しちゃうのでしょうか。

このこどもに↓
d0266590_1722187.jpg


こんなのに↓
d0266590_1733512.jpg





仕事で結果だして、うなぎとわかちあってね。
d0266590_17335016.jpg




反省してるつもりが、支離滅裂日記になりました。
いつも、相手をしてくださるみなさんの大人な心に感謝です。



画像twitter&weiboよりお借りしました
by aloetree | 2013-01-06 14:03 | 私のスタンス | Comments(8)

あなたは遠いところに

님은먼곳에...「あなたは遠いところに」


イジュニク監督の2008年製作の韓国映画。
ソギの映画「楽しき人生」の監督、イジュニク監督の作品ということ、
それから、この題名、に魅かれて、すきな映画です。


………


最近、グンソクさんに思いをはせると、、、

この題名「あなたは遠いところに」ということばが
一緒に浮かび上がってくる。

d0266590_2320507.jpg



JKSに注目しだしてから
3〜4年?

この間、、、

ががががががーーーっとファン心が熱中時代的にもりあがり、

ただ一度だけ、ぐっと冷え込んだことあり
(スキャンダルがらみじゃありません。笑。
 もっと、おいお前〜〜!と冷えちゃった、個人的な思い込みもからんで…)


それが、
1つの心が暖まることがあって、完全復活し、

そのあとは、

ファン=うなぎ、としてのきもちは、
もう、がっしり安定して、

「チャングンソク大事なり〜〜〜」
と変わることなく思いつづけています。

冷え込み→復活、を経験した直後に、
自分の中で、個人的に腑に落としたことは、

グンソクくんのリアル、
その人生を実際に把握することはありえない、

(当たり前だけど。。。
 彼の個性からして、時々錯覚させられちゃうんだす。。。)

だから、自分の中で、ファンでいることの基準として、

チャングンソク本人が「どうであるか」よりも、
チャングンソクが作品として表現しているもの、を重視する、

グンソクくん本人がどんな経験をしているか、や、
彼からの発信がどうであるか、
ということに受動的に反応するよりも、

私自身が、
チャングンソクの作品をどう思うか、
好きかどうか、

その1点だけを基準にしていこう、
ということでした。

なにしろ、
決して、
実人生で触れあうことはありえない相手。
実人生に対しては、
憶測しかもつことがありえない相手。

それを相手にして、
受動的に反応しようとすると、
なにしろ自分が大変やわ、

と、
自分を守る意味も込めて。




そんなこんなで、今。

上に書いたことは本当なんだけど、、、

そうはいっても、

変だ!
さびしい、
心配じゃ〜〜、
なんか、なんか、
なんかあったんかな、
なんかあったにちがいない、、、

と、

ちょっとのことがあると、とりあえずの、
初期症状として、限りなく暴走する妄想ゴコロが出動。


それから、

ようやっと、
ちょっと息がつけるようになって、


ああ、そうか、
と落ち着きだす。


ここからは、
ウナ馬鹿全開の、
憶測バリバリの、戯れ言まじりで。

私にとって、

チャングンソクは
やっぱり圧倒的に唯一無二。

俳優としてだか、
歌手としてだか、

ま、とにかく、
ざっくりおおざっぱにいうと

「アーティスト」
として表現したものをみていると、

「なーんて、
 きれいなんだろう」

「美しい面でも、
 醜い面でも、
 喜怒哀楽、
 人の感情、
 人の存在って、
 こんなにも心を揺さぶるものなんかあ」

と感じさせられる。

その表現力こそが、
グンソクくんの魔力、
グンソクくんの「罠」の最たるもの。

ところが、

これまた私にとって、

チャングンソクの場合、
ここにもう1つ、
同じくらい強力な魔力を放つ「罠」があり。

(これが厄介なところ&魔力なところ)

作品、
という枠組みを離れたところで、
本人が発信する、

チャングンソクという人の、
個性的な存在の仕方。


ホントに近くにいると錯覚させられるような、
形じゃなくて、
生きている今をそのまま届けようとするような、
まわりの人や、
ウナギへのつながり方。

存在感。

ともすると、
作品以上に、
吸引力がある、グンソクくん本人の存在感。

(これをカリスマ性?っていうんだろか)


ファンでいつづけるための基準を決めたものの、

グンソクくんの
どっちの側面により魅力を感じてるのか、

境界線がかなり曖昧になることがあって、
それが、
よく機能するときもあれば、
面倒くさい機能をするときもある。


アーティストとしての魅力と、
グンソクくんが発信する、

人間チャングンソクとしての存在感と、

この2つの両立は、

パワフルな長所にもなるし、
状況によっては、
周囲から槍玉にあげられる、
格好の弱点にもなりうるかも。

と、
ひとり、余計なおせっかいに
ひたる秋の夕暮れもある。


でも、、、

本人が実際によく口にする言葉。


「平凡なことはしたくない」
「自分の人生はジェットコースターみたい」
「挑戦していく。
 安全にとどまることはしない。失敗しても、やり直せばいい」
「真心は伝わる」


よく世間でいうように、、、

その人の思いが、
その人の現実をつくる。

というのが本当ならば、

チャングンソクの言葉と、
チャングンソクが経験しているらしい現実は、
割とぴったり符号してるんじゃないか。
(ここらへん憶測100%)


大きなことに
向かえば向かっただけ、
荒波も大きいだろうし、

それを超えたときに発見する、
宝物も大きいだろうし、

超えられなかったときの、
挫折もとびきりだろー。

挑戦を重要視すればするだけ、
必ず、
以前には経験しなくてよかった、
失敗も経験するだろうし、

その分、
大きな視野を手に入れられる。

d0266590_2322947.jpg

・・・


荒波
大波
小波
横波
たて波
波平w

いっさいがっさいまぜこぜに、
どんぶらこ、、、みたいな、

今の、

アジアという地域の状況、

ここ数年、
激動変化の
芸能人チャングンソクをとりまく状況、

大切な自国・韓国での
変わらない状況、
変わりゆく状況、

なにより、
変化を重視する
チャングンソク本人の、

「人間的に〜」やら、
「リアルに〜」やら、

流動的に、
感じて生きようとするスタイル。

どれをとっても、

「次、どうなるのか、皆目、見当つかない」
「一寸先は、闇?光?」

みたいに思えるけれど、


ある程度までは、
チャングンソク本人の信念や思いが影響して
形づくられてる?のだとしたら。。。


グンソクくん本人のなかに、
そういう現実を形づくっていく「種」がある限り、

同時にそれは、

グンソクくん本人のなかに、
すべてを超えていく、
強さと信頼がある、ということを意味するのかもな。

そんなふうに思う瞬間もある。

(ただ、傍観して、みてるしかない側としては、
 きもちがキツくなることも多々あれど、、、)




ひとりのひとができることには、
やっぱり限界がある、

とは思うものの、

チャングンソクの中に、

挑戦しつづける「種」があり、
「真心は伝わる」という意思があり、

そして、

彼が人間的であり、

人情にみちたチャングンソクがだいすきでもうもう…という、
人情うなぎたちがいる限り、

きっと、

新しい
「次の時」がやってくると思う。

(次は、もっと、強烈な波、だったり、、したらどうしよう。ひぃ)


ツイッターやアプリの発信(の無さ)が、
最近「変化」してるから、どーのこーの、

と、
ヤキモキするきもちがない、
といったらウソだけど、、

変化のない人間なんて、逆に白々しいやろ。

時々刻々、
変化してなきゃリアルじゃないよな、というきもちも本当で、

ともあれ、

私はこれまでずっと
自分のスタイルを模索しつづける「思いの強さ」を
チャングンソクから受け取ってきた気がしてるから、

それを信じたいし、見ていたい。

百戦錬磨の
「男子たるもの…これを超えんでどうするか」
という、期待もたっぷり込めて。


乗るか、降りるか、
二つに一つの、
チャングンソク号。

うっかり乗っちゃった、
ウナギ一匹。



グンソクくんの
口癖を借りるなら、、



「しょうがないですね。。。」



チャングンソクは、

とっても近くて、とっても遠い。
とっても遠くて、やっぱり近い。


あれほどに、
感受性アンテナはってる、チャングンソクだから、
ウナギのきもちが伝わってないことは、おそらくありえない。

多分、

チャングンソクにとっても、
ウナギは、

とっても遠くて、とっても近い。
すんごく近くて、それでも遠い。


そんな、つながり。

不確かなようでいて、
互いに、いっしょうけんめい、相手に思いをはせて、
模索しつづける、そんな、つながりでいい、いい。


あなたは遠いところに、、、

案外、、、
すてきな言葉、かと思う。

d0266590_23223518.jpg








・・・とかいって、

本人は「ヘッ??なんのこと。キャキャキャ…」
ってことも十分あり得る、きゃつの場合。

なんたって、、、こんなだし↓↓
d0266590_23505852.jpg



…いいさいいさ。

移り気な自由と、
気ままな傲慢さは、
若さの特権だもの。

謙虚で慎み深くて安全な20代なんて、、、

いちばん、気味悪いわ。


ウナギは、いつも100%妄想天国。
それもまた味わい。


写真出処 twitterより
by aloetree | 2012-10-28 17:18 | 私のスタンス | Comments(0)

JKSさん酔狂。


by aloetree