カテゴリ:まわりの人たち( 107 )

정승혜 さんのこと(3)

スンヒェさんの言葉の端々から
チャングンソクを想起し、

スンヒェさんの
机の上に飾られた写真には、
実際にチャングンソクがいるよー。







정승혜 さんのこと

  vol 0
  vol 1
  vol 2





キム・エギョンが会う②
 映画会社アチム(朝)代表 ジョンスンヒェ


2008.05.26


d0266590_0331297.jpg



"天下のジョンスンヒェ"
と言うくらいだから、

天下の恐ろしい人も、
天下の気難しい人も、
天下の自分より優秀な人も、
天下の自分より醜い人も、
天下の親しくなりにくい人も、
絶対にいないパワーウーマンだ。

大韓民国の映画界
"公認・広い人脈を誇る人"であり、
"客間兼書斎の主人"である彼女。

やわらかいカリスマと
愉快なエネルギーで、

ほんの数分で、
誰もを魅了してしまう彼女は、

私にとって、
人生のメンターだ。


<トカゲ>から始まった彼女の映画製作は、以後、
<ラジオ スター> <楽しき人生> <宮女>、
そして封切り待機中の、
スエ主演<あなたは遠いところに>につながる。

しかし、
彼女の手を経た映画は
これだけではない。

そっと遡ってみよう。

映画会社シネワールド三人衆。
中心にイ・ジュンイク監督、
左の青龍がチョ・チョルヒョン常務
 (現タイガーピクチャーズ代表)
右の白虎にジョンスンヒェ理事
(現在、映画会社アチム/朝の代表)のことだ。

この三人衆が
一つになってつくりだした作品は、
<王の男> <達磨よ遊ぼう> <達磨よソウルへ>
<黄土ヶ原> <恐怖タクシー>などがある。

彼女は、
これらの映画で、

製作理事、または、
プロデューサーとして
クレジットを上げた。

しかし、
これが全部ではないのだ。

広告デザイナーとして
映画での経歴を積み始めた彼女は、

デザインだけでは満足できず、
映画のコピーを書き始め、

その最近作を挙げるだけでも、
<角砂糖> <사랑을 놓치다> <韓半島> <シルミド>
<My Boss, My Hero 2> <美しき野獣> <親切なクンジャさん>などなど。

1編や
2編ではないのだ。

彼女が残したコピーと、
その後日話だけを集めても、
軽く、本一冊ができてしまうほどだ。

映画界に青春を捧げた、
という功績により、

2006年度には
"今年の女性映画関係者賞"を受賞もした。


映画作業だけをしているかって?

Oh NO!!!

朝鮮&中央&ハンギョレなどの新聞、
そして、あらゆる雑誌にコラムも書き、
ラジオ放送のパネラーもする。

様々な場所で講演もすれば、
<ジョンスンヒェの사자우리> <노는 여자>という単行本も出版した。

おそらく、
分身の術を使えるのではないか。

でなければ、これほどに
多様多種(その上、その結果まで立派で!)なことを
やり遂げるなんてできないはずだ。

24時間を区分して生きる日常は、
誰にとっても全く同じことなのに。


とにかく、
傍点をつけなければならない大きなテーマは、

 彼女が、
 忙しいなかで、
 同時に多くのことをやり遂げる、

 という事実ではなく、

 忙しく、
 たくさんのことをやり遂げながらも、
 他人に対して、
 ただの一瞬だって、
 疲れた顔や大変そうな憂いの表情をみせることがない、
 という事実だ。


彼女はいつも、
エネルギッシュで、愉快で、
自分で楽しむと同時に、
周りの人までもを楽しませる。

彼女に魅了されずにはおれない理由は、
まさにここにある。

私は彼女を大好きだ。

と同時に、
尊敬もしている。

キャリアウーマンとして、
私が40代になった時には、

ぜひとも、
彼女のようでありたい、と、

ものすごく望んで、
望んで、望んでいる。

d0266590_183153.jpg



<プレミア>の年中企画、
"2001年、最も創造的な人物20人"などの
特集記事でのインタビューを受ける側と、

そのインタビュアーとして出会ったのが、
私たちの最初の出会いだったと記憶している。

会うやいなや、私は、
磁石に惹きつけられるように、
彼女の愉快なエネルギーに
ピッタリとくっついてしまった。

ひとつの井戸を掘って、
暇さえあれば、
脇見をしてきた彼女とは違って、

乱雑な井戸を掘って、
疲れるとまた別の井戸を掘って、
退屈になるとまたまた、
別の井戸を掘ったりしてきたのが私だ。

ところが、
掘る井戸ごとに、結構水が溜まる。

彼女には、
わたしのそのような"スコップ作業"が、
だんだんと可愛くみえてきたようだ。

そんな縁で、
私たちの間柄は、

映画界から離れても、
継続してつながってきた。

そして私は、

彼女が出席した、
記者の結婚式3組のうちの1組に記録される、

という栄光をも手にした。

それなのに、
別居だと?

はい。別居だ。
そう言ったじゃないか。

映画界において、
彼女は、

「彼女を知らなければ、モグリだ」

といわれるほどの、
広い人脈を誇る人物であり、

彼女が知る(さらに親しくつきある)記者の数も、
手足の指をすべて動員しても足りない、というくらいだ。

要するに、
自慢するだけのことだ、
と、わたしは思う。ハハ

d0266590_1234691.jpg



社説が長くなってしまった。

彼女を好きにならずにいられない理由を
書こうと思っていた。

私が、
どうして彼女を好きなのか。

いつも
おもしろく生きているからだ。


実際の話、
熾烈に生きる、
ということは真似することができる。

それは、
ちょっとだけ努力すれば、
誰にでもできることだから。

しかし、

激しく、
忙しく生きながら、

いつも愉快に人生を楽しむことができる人は
多くない。

そのためには、
途方もないほどの
内面の経験値が必要とされるのだ。


人々が
彼女に投げかける共通の質問がある。

「そんなにたくさんのことを
      一体いつするんですか?」

「お忙しいんでしょう?
 それなのに、どうして、
 忙しそうな素振りが見えないんですか?」

すると彼女は答える。

「遊んで、
  で、ときどき仕事をします」

「遊ぶのが、すなわち仕事でしょう」

「忙しくないです。
 いや、忙しいことは忙しいが、

 忙しい忙しい。
 という素振りをみせて、
 それが、
 なんの役にたつんですか?」


その通りだ。

私も、
友達から携帯電話に電話をかけてきたり、
メッセンジャーで話しかけられる時には、

いつも、
「忙しいでしょう?」で始まる。

私は、
「おお、忙しい。
 用件だけ簡単に」

という感じで返事したりする。

だから、
私は下手くそだっていうことだ。

いつだったか、
「本当にお忙しくないんですか?」と問い直した私に、

彼女が
言ってくれたアドバイスがある。

「どれほど忙しくたって、
 忙しいような素振りを見せないのが
 上級者なんだよ。

 忙しい、と返事して、
 話かけた人々に話をさせないの?
 それは違うでしょう」


その通りだ。

どんなに忙しかろうが、
話すべきことは話して、

区別する対話は
ちゃんと区別しなければならない。

そして、
どうせなら、
愉快な対話をしなければならない。

忙しい、
心が慌ただしい、といって、

相手に
イライラしたポーズを漂わせてしまえば、

戻ってくるエネルギーも、
あまり愉快でないものになる。

ああ。
戦略をちゃんと伝授してもらったのに、
まともに実践できずに生きている私は、
どれほど足りない人間なことか。

d0266590_144559.jpg

 ↑ 彼女が愛する男たち。机の前にきれいに飾ってある。


今回の出会いでも、
学んだばかりだ。

私は最近、

何かに集中して没頭する、

という考えで殺気だっている。

私、
私のもの、
私の家族、
私の健康、

といったものは、
すべて後回しにして生きてきたのだ。

一日休めないことぐらい、
家族をしばらく後回しにすることくらい、
封切りの映画を全部見逃して生きるくらい、
朝夕、吐き気でゲーゲーするくらい・・・

今すぐにしなければならないことを
ある程度済ませた後で、

振り返ってみれば充分だろう、

そう思っていた。

しかし、

生きる中で、
優先順位を置くべきもの、

というのは明確にある。

私は
それを逃していたのだ。

彼女と会ったその翌日、
私はたくさんのことを悟った。

そして、

それこそ数ヶ月ぶりに有休をとり、
電話機をつかんで振り回したまま、
一日中ごろごろとしながら過ごした。

彼女と会わなかったならば、
"自分自身を振り返ってみるのが大切だ"という
彼女の言葉を聞かなかったならば、

そんなふうに、

休息をとる、
という考えなど、
絶対に浮かばなかっただろう。

それだけではない。

ちょっとでも
電話機を手にすれば、
せっかちな性質が出る私が、

そんなふうに電話機をオフにして、
のんきにゴロゴロすることもできなかっただろう。

とにかく。

いつも、

こんなふうに、
もらってばかりだから、

私は、
この方に、
何を差し上げたらいいのか..



*****


永遠の映画人、
ジョンスンヒェを追慕して/ 2009.05.18










*****



私の友達 ジョンスンヒェ

http://www.bookino.net/m/post/304
2009/05/19 23:38


d0266590_22555141.jpg




 좋아져라 좋아져라…
 よくなれ よくなれ…


彼女がミニホームページに
最後に掲げたフレーズでした。

私の友人정승혜 (ジョンスンヒェ)

今日、
彼女の最後の道を見送って帰ってきました。

自身が記憶した呪文のとおり、
もっとよくなろう、と、
苦痛のない世界に向かって急いで旅立ったのか…

すごく風吹く日に亡くなって、
心が痛かったけれど、

今日のように、
日差しのよい日に、
見送ることができて、

それでも幸いだ、
と言うべきなんでしょうね..

夕暮れに日が沈む頃、
彼女を下におろして、

長いお別れの儀式が終わったとき、
その場にいた人々はお互いを見つめて驚きました。

万障繰り合わせて、
彼女を見送ろうと、
長い道のりをやってきた人が、
100人を超えていました。

私のように、
休暇を出してやってきた人はともかく、

出張で出かけていたカンヌ映画祭から、
残りの日程をキャンセルして駆けつけた友人がいれば、

今日の空港から
チャンジに直行した人もいました。

彼女と
20年来の知己であるイ·ジュンイク監督は、
最後のあいさつをしながら声を詰まらせ…

 周りを一度見回してみてください。
 ジョンスンヒェがどのような人だったのか、
 それを、今、みなさんが見ていらっしゃる。


そう、おっしゃられましたね。

まだ、
彼女の笑顔を
うるむことのない目で眺める自信がないが、

整頓された文を書く自信もなくて、
彼女の追慕特集を載せる媒体の原稿依頼も遠慮したが、

戻ってきて、
しどろもどろちんぷんかんぷんなことでも
彼女に対して言いたくなりますね.....

10年以上前に、
記者と取材ソースとして
初めて出会ったけれど、

彼女は私のともだちです。

年齢が、
年上であれ年下であれ、

彼女をともだち、と
呼ぶ人間は私だけではありません。

どこの誰に会っても、
(上下関係でない) 水平の友情関係を結ぶ、

そんな不思議な能力を
彼女はもっていました。

彼女は、
私が直接知っている人の中で、
最も強い人でした。

2006年、
病気を発見した時、

医師から、
長くもって1年ちょっと、
と言われた人生を、

彼女は、
3年を超えて生き延びました。

やはり彼女と20年の親交があり、
イ監督とともに、喪主役をつとめられた、
チョ・チョルヒョン代表は、一昨日葬儀室で

 ジョンヒェは、
 仕事に対してだろうと、
 人に対してだとうと、

 さらには 
 病気に立ち向かうことであろうと、

 ただの一度だって、
 卑怯(臆病)だったことがない。


そうおっしゃいました。


そんな彼女を
立派で、誇らしく思います。

彼女が
私に友達として接してくれたことは、
私の人生にとって稀で光栄なこととして、
いつまでもいつまでも記憶するでしょう。

数多くの関係の痕跡がふり積もって
「私」というものをつくっている、

そんな私の考えが、
まったくのでたらめでないならば、

私の中で、
ジョンスンヒェの痕跡は
いまだはっきりと鮮やかです。

ジョンスンヒェ、
イ・ジュンイク監督、
チョ・チョルヒョン代表を含む、
シネワールド3人衆がいなかったならば、

4年前の私は、
あえて本を書いてみる、
など思いもよらなかったはずで、

そうだったら、
今の私は大いに違っていたでしょう。

無謀にも、
初めて本を書いたのだって、

この3人衆の強烈な
"プッシュ(押し出し)"があったからこそであり、

さらに、ジョンスンヒェは、
本のイラストと表紙を描いてくれ、
タイトルまでつくってくれました。

初めての本が出版されるやいなや、
私が一番最初に走って行ったところも、
彼ら3人のところだったんです。

彼女自身が、
3冊の本の著者であり、

文章を書くことに
誰より強く魅了されていた人だったので、

私たちは会えばお互いに、
描きたい本の話をしょっちゅうやりとりしていました。

彼女は、
映画のコピーライターになる方法も書きたかったし、
中篇小説も書きたかったし、

いちばん最近だと、
病床日記を書いて、
その印税を子供癌患者のために
寄付することも望んでいました。

去年の今ごろ、
スペイン、サンティアゴから
私が送ったハガキを見て、

彼女は、

 自分も健康が回復したら、
      その道を歩いてみたい、


と、
言ったことがあります。

私が、

"サンティアゴ旅行記が4月に出版されるから"

とウソをついたせいで、

1ヶ月余り前、電話で、

 さっさとサインして持ってきて〜!

と言った彼女の声が
生き生きとよみがえります。


こんなに早くいってしまうんだと、
知ってさえいたら、
もっともっと急いだのに..

彼女からもらったものにくらべて、
何とも、なにもしてあげることがなかった、
無駄な友達である私は、
一歩遅れた後悔で胸を打ちます。

涙でぐちゃぐちゃになった愚かな私を
そのままじっと見守ってくれた
チョ・チョルヒョン代表は、

今日、
私のつまらない本一冊を
彼女の足の上にのせて、
一緒に天国に送ってくださいました。

遠い道のりを行く彼女と、
少しの間でも共にある
旅の仲間になるんだとしたら、

その本は、
この世界に生まれた私の使命を
果たしてくれることになるでしょう。

私の友達、
ジョンスンヒェ、

どうか、
苦しみのないところで、

ゆっくり
リラックスして休まれますように・・・




*****


정승혜 /ジョンスンヒェ

1965.03~2009.05.17。

出生地:ソウル特別市
経 歴:映画社アチム(朝)代表
    シネワールド映画広告デザイナー、コピーライター、マーケティング
    シーンシネ映画マーケティング

人 物:コピーライター、コラムニストとしてより有名な
    ジョンスンヒェは、1989年にシンシネにて、
    映画<행복은 성적순이 아니잖아요>の
    マーケティングを担当して、忠武路(映画の街)と縁を結んだ。
    1991年シネワールド入社後、企画製作理事として活動、
    <간첩 리철진><アナーキスト><達磨よ遊ぼう><黄山ケ原>等を製作した。
    以後、映画会社アチム(朝)を設立して、
    初めての作品でカンヘジョン、チョスンウ主演の<とかげ>を製作。
    2006年大腸癌の宣告を受け、3年間の闘病生活の後、



   ジョンスンヒェさんは、

   イジュンイク監督の映画作品のうち4作品を製作。
      「王の男」(2005)
      「ラジオススター」(2006)
      「楽しき人生」(2007)
      「あなたは遠いところへ」(2008)

    チョンジニョンさん出演作品のうち4作品製作。
      「達磨よ,ソウルに行こう!」(2004)
      「王の男」(2005)
      「楽しき人生」(2007)
      「あなたは遠いところへ」(2008)

  


 



*****

2009年5月、
チョンジニョンさんとグンソクさんの、
映画「イテウォン殺人事件」の撮影の最中、

ジョンスンヒェさんは
5月17日享年44才でお亡くなりになりました。



最後。
グンソクさんの言葉へつづく。







   
by aloetree | 2015-12-29 09:14 | まわりの人たち

정승혜 さんのこと(2)

정승혜 さんのこと

  vol 0
  vol 1





外部の人たちから見たトリオ


"<三国志>の劉備、諸葛公明、関羽を見るようだ”


キム・ドンジュ/ ショウイースト代表)

私は彼らについて映画を学んだ。

イ・ジュンイク社長を含む3人は、
私の師匠であるわけだ。
映画だけでなく人生でも。

映画界から離れようとする時に
勇気をくれたのも彼らだった。

私の転機にはいつも、
彼らは私に力を集中してくれた。

私の映画は、
他の製作会社が企画できない映画を作り出そうとする彼らの
後を追ったも同然だ。

彼らの半分まででも、
真似ることができたらうれしいと思う。

彼ら3人を見ていると、
三国志が浮かんで来る。

イ・ジュンイク社長が劉備、
チョ・チョルヒョン代表は諸葛公明、
ジョンスンヒェ理事は、趙雲、あるいは関羽だ。

映画班として
3年以上を共にする人々にはほとんど会ったことがないが、
彼らは10年を越える歳月の間、同じ船に乗っている。

<ファンサンボル>は彼らの本格的な開始だと見る。

本当にとんでもなく素晴らしい。
彼らは、忠武路で最も光る、企画映画集団になるだろう。


カン・ウソク/シネマサービス監督)

一言でいえば、三人は映画の導師だ。
イ・ジュンイク社長との縁は20年にもなるが、
成功する映画と成功しない映画を見る目が格別だ。

誰も100%当てることはできないが、
すごい能力がある。

彼から、
私の映画が大丈夫だ、という言葉を聞けば、
勇気を得るほどだ。

他の製作者より、
長く残るのではないだろうか。

外貨よりも韓国映画に集中すれば
息の長い製作者だ。

そして私は、
彼は監督も上手くやるだろう、と昔から思っていた。

<ファンサンボル>が
それをを証明してるんじゃないのか。

ジョンスンヒェは、
彼女が<幸福は成績順ではないでしょう>
のコピーを書いたときに、初めて会ったが、

なかなか付き合うのが難しいキャラクターだ。

天才だ。
天才。

企画能力にしても、コピーにしてもとても非凡。

もしジョンスンヒェが去ってしまうとしたら、
シネワールドが滅びるのは明らか。

私は普段は、
コピーライターやらそういうのは信頼しないんだが。
ジョンスンヒェはちがう。

<妻失脚>。
これらの映画もすべて、彼女がコピーを選んだ。

ジョンスンヒェが私の仕事を助けてくれれば、
それは全部大ヒットだ。

他の人の場合、
みんな"代案"を持っているが、

ジョンスンヒェには、
"代案"はない。

チョ・チョルヒョン代表は、
個人的には詳しく分からないが、馬鹿正直さがすごい。
一言でいえば、おとなだ。

企画したものを見ても、
すごいアイディアマンという気がする。

全く、私心がない人のようだ。

映画をみて判断する能力にも優れ、
企画能力も優れている。

どうであろうが、
彼らのうち1人でも抜けてしまったら、
シネワールドは持ちこたえることができないだろう。



シムジェミョン/ミョンフィルム代表)
映画界に入ってきた草創期から三人に接してきた。
イ・ジュンイク代表は、
私がソウル劇場に入社した時宣伝部長だった。
彼から映画に関しとても多くのことを学んだ。

シネシティ時期にも、
マーケティングでとても多くのことを実らせた。

シネワールドは、
韓国映画界において、特別な存在という気がする。

製作をすることにおいて、
処理方法がほかの人々と異なる。

一言でいえば、
"正面突破意志"だ。

イ・ジュンイク代表の言葉にあるように、
彼らは有名監督を迎えたりしないし、
お金で、映画や人をとらえない。

その上、すべての映画の企画は、
シネワールドで自主的に企画したものだ。

外部の監督や
プロデューサーが持って来たアイテムを活用しない。

彼らの正面突破境地の極限は、
製作者が監督となったことじゃないだろうか。

3人の、
10年超えて同じ釜の飯を食べて、
忠武路(チュンムロ)を守ろうとそる人間的信頼は、
確かに普通ではない。

クラシックなスタイルだが、
自分たちの考えと努力だけで
状況を正面突破する姿を見ていると、
驚くし、うらやましい。

いつかイ・ジュンイク社長が
「お金のために映画をする」と話すのを見たことがあるが、

私は、
そうじゃないんだろうな、と思っている。

24時間ずっと映画に関する話をしているのを見てもそうだ。
自分の金で映画の輸入と製作をして苦労する姿を見てもそうだ。

本当に映画が好きでなければ、
喜んでいるのでなければ、
あんなことは不可能なことだ。

だから、
彼らは私たちの映画界で特別で大切な存在なんだ。







*****
by aloetree | 2015-12-28 18:12 | まわりの人たち

정승혜 さんのこと(1)

ひとつ前の
日記
にも書いたけど、

私の中では、
リンクする部分がたくさんある、
グンソクさんとスンヒェさんです。





私の場合は、

チャングンソクそのものに、
近く近く接近して、
そのものずばりを
直接的に追いかけたり、働きかけたり、
声を届けたりするよりも、

距離をおいて、できるだけ遠巻きに、
間接的に、迂回したり、
チャングンソクをとりまく全体像を
拡げるだけ拡げて、観察する方が

胸が躍るというか、
ワクワクハンパないし、
自分の性分に合っているようで。




そんな私と、
同じような感覚の方が、
万が一、いらしたらば、

どうぞ、
熟読してみてくださいね。




長い!
地味!
グンソクさん話ほとんどない!

(vol 3 にグンソクさんのカケラがぽっちり)

ですけどもwww

















정승혜さん。

読み方を勝手に
ジョンスンヒェ、としてあります。






*****

シネワールドトリオ
イ・ジュンイク・チョ・チョルヒョン・ジョンスンヒェ




元記事
元記事
2003-10-31





まあまあ、、では、
シネワールドトリオを防ぐことはできない!



d0266590_10474687.jpg



封切り最初の週末だけでも
全国で90万人を越える観客を動員した<黄土ヶ原>は、

「史劇を通じて現代の政治構図を痛烈に批判している」
という好評から、
「地域感情を刺激して、コメディとして一つも笑えない」
という批判まで、相反した反応を得ている。

この映画に関する論議の中でも、
ひとつだけ一致している評価は「ちがいがある」という点だ。

既存のコメディとは
相異なった出発点と結末を見せるという言葉。

この差別性の根底には
<간첩 리철진> <達磨よ遊ぼう>等、
色合いの明確なコメディをつくった、
シネワールドという製作会社が存在する。

シネワールドのこの独特の色は、
イジュンイク社長、チョチョルヒョン、
前の常務、ジョンスンヒェ、から成るトリオの
10年余りにわたる幽玄なチームワークがつくりあげた産物だ。

11年間、同じ釜の飯を食い、
屈することなく忠武路(映画の街の代名詞)
を守ってきたシネワールド3人衆を紹介する。


「だけど、、、シネワールドの映画はどこか違う」
忠武路の人々は、一様にこう語る。

イジュンイク、チョチョルヒョン、
ジョンスンヒェのトリオを個人的に知っていようがいまいが、だ。

彼らの代表作といえる、
<간첩 리철진> <達磨よ遊ぼう> <黄土ヶ原>だけでなく、

<키드캅> <アナーキスト> <恐怖タクシー>
のような"失敗作"までも企画した側面からみると、
非常に独創的である、といえる。

<神聖な血> <ベルベットゴールドマイン>
<メメント> <ヘドゥウィク> <ゼネラル>等、
輸入映画の品揃えもまた、
そんなシネワールドの色をより一層目立たせる要素だ。

あえて説明しようとするなら、

個性ある映画を尊重し、
流行に便乗することなく、
笑いのなかにも重たいなにかを込めようとする、
といった感じで分類される、これらの映画の色彩は、

性格も、背景も、志向するところも、
それぞれに違うトリオたちの幽玄な交流の中から出て来るものだ。

だから、この「色彩の配合」を理解するためには、
3人それぞれの個人史を把握する必要がある。




映画広告デザイナー、字幕翻訳者、そして広告コピーライター


イ・ジュンイク)
東洋画専攻。
1985年学院社の<主婦生活>デザイン アルバイト。
1986年学院社の他の雑誌<女性自身>の編集長だった
이세룡監督が、ソウル劇場企画室長に移動するにあたり、
宣伝部長兼デザイン担当として、ソウル劇場入社。
1987年映画広告代理店シネシティ創立。
1992年映画製作・広報・輸入・配給会社"シネワールド"設立。
全1500余編の映画広告に参加。


ジョンスンヒェ)
劇団"테멘"に勤務し、
1989年シンシネに入社。
1991年シネシティ入社。
1992年シネワールド企画室長。
1200余編の映画コピーおよび広報。


チョ・チョルヒョン)
英文学専攻。
放送会社プロデューサー試験9回不合格。
1987年韓国映画配給株式会社入社。
1991年オープンシネマ企画室長。
1992年シネワールド理事。
2003年タイガーピクチャーズ設立。
800編余り外国映画字幕翻訳。


d0266590_10555427.jpg



大学で東洋画を専攻したイジュンイク社長は、
あらゆる職業を転々とした。

政府総合庁舎から日用品商売まで
彼が経験してきた職業は数十種類にのぼる。

結局"生活のために"、
ある雑誌のデザインをしたことで、彼の人生は変化し始める。

同じ会社から出版している、他の雑誌の編集長だった
이세룡監督が86年ソウル劇場企画室長となり、
イジュンイクを宣伝部長兼デザイナーとしてスカウトしたのだ。

まだマーケティングが分業化されていなかった時期、
彼はポスター、新聞広告、ビラまで作って、
映画に関することを全般的に悟りはじめた。

イ・ファンリム監督から学んだノウハウに
若いマインドが結びついた彼の新鮮な感覚に噂がたち、
대한、명보 といった他の劇場からの仕事を請け負うことにもなった。

1987年、今はシネラインⅡの代表である
ソク・ミョンホンさんとともに、
映画広告代理店シネシティを準備したイジュンイク社長は、
一時は市場の80%を占有するほどに強力な勢いを誇った。

「ある年には、秋夕の時期に、
 封切り作7編のうち、6編を私がデザインした」

ソウル劇場の頃から、
シネワールドを整える時までに、
彼が処理した映画館は全1500編を超えた。


チョ・チョルヒョン、タイガーピクチャーズ代表
(前シネワールド常務だった彼は、最近独立したが、
実質的にはシネワールドとずっと共同作業している)は、
1987年韓国映画配給株式会社に入社。

入社の後、彼に初めて任せられたのは、
輸入映画<クロコダイルダンディ>の字幕の最終作業。

最初の字幕は、在米同胞が翻訳したせいで、
字数が字幕で消化できる範囲を超えており、
どこかぎこちないものだった。

オーストラリアの、
クロコダイルハンターが主人公ということで、
英語のスラングも飛び出すものだったが、
その味わいもきちんと生かされていかなかった。

主人公は、
"Don't Worry"でなく"No Warry"といったが、
私はこれを"心配するな"でなく"心配ご無用"と翻訳した。

全羅道地方の生え抜きの言葉使いのチョ代表らしい行動だった。
この字幕の反応は良く、彼には継続的に仕事が入るようになった。

会社を移る渦中にも、
字幕翻訳の仕事だけは手放さず、
現在までに彼が翻訳を手がけた映画は全800編を超える。


1989年、ジョンスンヒェ理事は、
劇団"테멘"で仕事をし、
ノヒョジョン監督などの紹介でシンシネに入社。

<幸福は成績順ではないでしょう>をはじめ、
彼女は広告コピーを選びまくり、
<ベルリンリポート>を最後にシンシネをあとにした。

「会社は製作サイドに糸口をつかんで動き出していたが、
 私は広告サイドを継続したかったので、
 当時最高だったシネシティにうつった」

シンシネからシネワールドまでに、
彼女が携わった映画広告、コピーは1200件余りだ。



シネワールド主要作品


製作映画)
<키드캅/キッズコップ>(1993,ソウル2万1454人)
<スパイ 리철진>(1999,ソウル17万2474人)
<アナーキスト>(2000,ソウル23万6990人)
<恐怖タクシー>(2000,ソウル1万4651人)
<達磨よ遊ぼう>(2001,ソウル130万4200人)
<黄土ケ原>(2003,10月23日までソウル??万名)


輸入作)
<神聖な血>(1995)
<タクシー>(1998)
<ベルベットゴールドマイン>(1999)
<ジェネラル>(1999)
<ナイン ヤード>(2000)
<メメント>(2001)
<ヘドゥウィク>(2002)



2人の天才と1人のヒューマニスト

d0266590_112728100.jpg



彼ら三人が最初に交差したのは、
ジョンスンヒェ理事がシネシティに入社した1991年7月。

当時チョ・チョルヒョン代表は、
オープンシネマという映画会社に在籍していたが、
"シネシティで出勤してシネシティで退勤する"生活をしていた場所だった。

当時シネシティは
映画広告のメーカーというだけでなく、
若い映画関係者の"巣窟"としても有名だった。

あまりにも多くの映画が出入りして、
情報が豊富だったし、

弁の達者なイ・ジュンイクがいたため、
ユ・インテク、アン・ドンギュ、
チョ・ミンファン、シムジェミョンなど、
当時の映画会社企画室に勤める若い映画関係者は、
ここを拠り所として、その豊富な話に夢中になった。

「イジュンイク代表は、
 新感覚の広告人たちにあまりに有名だったし、
 そこへ、文学的な感受性が優れた
 ジョンスンヒェが移動してきたものだから、
 しょっちゅう訪れたものだ」

と、
チョミンファン(ナビピクチャーズ代表)は振り返る。


1992年、
シネシティはシネワールドとシネラインに分かれる。

製作を前に打ち出したイジュンイク代表は
シネワールドをつくり、

広告代行業を守ろうとしたソク・ミョンホン代表は
シネラインを創立して、各自の道に向かったのだ。

シネワールド創立と同時に、
チョ・チョルヒョン代表も結合して、
この"トリオ"の体制が本格的にスタートする。

創立初期シネワールドは
表面的にはずっと映画広報をしていたが、
水面下では、創立作<キッズコップ>を準備していた。

<キッズコップ>は
「わたしたちの子供でも観れるような
 ファミリー映画を観せよう」という
イ・ジュンイク代表の意志が反映されていた。

イ・ジュンイク社長が監督を引き受けることになり、
チョ・チョルヒョン代表が製作室長として参加した。

二人の男が外へ回る間、
ジョンスンヒェ理事は、広告の仕事を継続して、
会社の経営面をサポートした。

ジョン理事の"소녀가장"の役割は、
この頃から<スパイ リチョルジン>をつくる1999年まで続く。

 ※소녀가장 
   幼くして親をなくして家計を支える年若い家長




<キッズコップ>以後、
シネワールドトリオは、本格的な企画作業に突入。

92年<結婚の話>を基点に、企画映画があふれ出し、
その中の大多数がロマンチックコメディだった。

だが、その当時から彼らは、
「わたしたちは違うんだ」と叫んでいた。

昼夜で鉢巻きをしたイジュンイクとチョチョルヒョンは、
歴史のなかに埋もれてしまった、
魅力ある主人公の物語を探し求め、
アナーキスト集団だった義烈団の話を作ることにしたという。

<スパイ リチョルジン>は
<アナーキスト>が諸処の条件があわず、
遅々として進展しない中で思いだしたものだ。

この映画もまた、
人文学的知識が豊富でシネワールドのアイデアの
90%を思い出させるというチョ・チョルヒョン代表の作品。

「何か新しいアイテムを
 準備しなければならない状況だったが、
 ある日、新聞に夫婦スパイ集団事件が掲載されたんです。

 読んでみると、夫は酒に酔って失敗を犯して、
 妻は生理用ナプキンが何かもよくわかっていない、
 ウブで、頭の悪いスパイだったんです」

無邪気なスパイの話は、
チョ代表の頭の中で一段階さらに発展して、
<スパイ リ・チョルジン>につながる。

<恐怖タクシー>は、
食堂で食事中に飛び出してきた映画だ。

前日に<月下の共同墓地>をみたジョンスンヒェ理事が、
「お墓がパカッと分かれて、
 お棺が飛び出してくるシーンは、
 めちゃめちゃ笑えた」と話して、

聞いていたチョ代表が、
「あ、そこでタクシーが飛び出してきたら、
 めちゃめちゃ面白いじゃないか」と
相づちを打ったことからスタートした作品だ。


<達磨よ遊ぼう>は、
いちばん苦労して考えだされたアイテムだ。

最も大変に開発されたアイテムだ。
この映画のアイデアもまた、チョ代表の頭から生まれた。

最初は、韓国僧侶がアメリカに渡っていく設定で、
相異なった文化が衝突する中で穏やかな笑いを生み出そう、
というものだった。

だが、条件上、舞台を国内に移さなければならず、
具体的なアイデアはまったく浮び上がらなかった。

その渦中に<シネ21>にのせられた
"이명석のシネコルラジュ"に接したことは本当に偶然だった。

「이명석さんが、
 "華厳コップ"というタイトルで、
 暴力団の組織が、
 寺に行ってサッカーをする話を書いていたが、
 読んだとたんに、後頭部が鳴った」

すぐさま走って行き、
이명석と契約したのは当然の成り行きだった。

<黄土ケ原/ファンサンボル>の開始は
97年までさかのぼる。

当時、大統領選挙の局面をむかえて、
DJを支持していたチョ代表は、周辺の人々に
「今回は一度、成し遂げなければならない」と
説得をしてまわった。

この過程で、
友人たちと戦ってまでしまう自分の姿をみて、彼は、
「どうして自分はこうなんだろう」と自分が情けなくなったという。

この地域感情の問題を思い起こして、彼は、
遠い過去の話を通して、これを提起するならば、
負担も大きくなくて大丈夫だろう、と考えたのだ。


このように
チョ・チョルヒョン代表の頭の中で始まった企画アイデアは
イ・ジュンイク社長に移って、さらに具体化されて生々しくなる。

つまり、チョ代表が概念を投げれば、
イ社長はこれを文章で、映画的場面として作り出すのだ。

このように具体化された映画は、
ジョンスンヒェ理事の、
動物的で感覚的な文面に力づけられて大衆の中に食い込むことになる。

<黄土ケ原/ ファンサンボル>に参加した、
パク・チュンフンは、彼らトリオをさして、

 2人の天才と、1人のヒューマニスト集団

と称した。

誰も想像できないアイデアを出すチョ代表と、
"地上の天才"ジョンスンヒェがつくりだす感覚的な広告コピー。

そして、
彼らを人間的に包容するイジュンイク代表の
チームワークをついたのだ。

キム・ドンジュ(ショイストゥ代表)によれば、
「イ・ジュンイクは豊富な経歴と人徳、
 チョ代表は非常なアイデアと人文学的教養を持っている。
 ここにジョンスンヒェ理事は、
 優れた能力だけでなく冷静さをもって、
 ほかの二人が完全に身動きできなくしてしまうパワーがある」
と話す。

だから、
シネワールドが「映画企画の名家」になったのには、
それぞれ異なる長所をもったトリオの
絶妙のチームワークがあったのだ。



シネワールドトリオが語る、企画の5戒律


1)新しいものでなければやらない

他の人々ができることをするな。
似たようなテーマの映画をはさんで、
先に始めたのは私たちだ、なんだ、と争いたくない。

他の人々が
10年内についてくることができるようなアイテムはするのをやめよう。



2)私のライバルは全国民だ

上手くいっている他の会社は
私たちのライバルではない。

数多くの大衆を、
刺激して、楽しくするのが肝心な部分だろう。

映画界の中で戦うことには意味がない。
私たちは全国民の中で競争する。



3)先に確実なコピーが出てこない映画はやらない

人々にどのように伝えられるかもわからない映画はダメだ。
すっきりしたコピーが出てくるような
明快なコンセプトが先に存在しなければならない。

なぜ作るか、何を作るか、どのように作るか、
これを先に確立しなければならない。



4)幸せになるために映画を作ろう

参加するすべての構成員が
幸せにならなければならない。

映画の興亡成績の盛衰からは離れて、
会社や現場の雰囲気が楽しくて、
興が沸くものでなければならない。



5)お金が映画を作るのでなく人が映画を作るのだ

映画には2種類の価値がある。
経済的価値と文化的価値。
これらのバランスが取れているように判断しなければならない。

お金を儲けるためだけにに企画された映画は、
一時的に成功するかもしれないが、決して長引くことはできない。




映画界の主流?世の中の主流!


d0266590_1214174.jpg



企画力という点で、独歩的だからといって、
彼らが常に常勝疾走したわけではない。

まず、上海で全撮影された<アナーキスト>は、
ドラマがテーマのスケールをつかみ出すのに失敗したし、

B急映画でも、
それなりの商業的成功を収められる、
と示そうとした<恐怖タクシー>は、
全般的な含有量が落ちる結果をかもした。

この二つの作品は、彼らにとって、
結局いくら企画が独創的で特異であっても、
大衆が消化できるように表現できないならば、
企画さえも色あせてしまう、というるという教訓になった。


特に<恐怖タクシー>の失敗は、
シネワールドにとって大きな打撃だった。

シネワールドは当時投資家がおらず、
<タクシー><ナイン ヤード>等作品からの、
外貨で稼いだ金を基に、この映画を製作したが、

回収できたのは、
総製作費13億中わずかに1億ウォン程度に終わった。

結局途方もない借金が重なり、
会社は大きな危機に陥った。

ここに泣きっ面にハチで、
海外で600万ドル外貨パッケージを持ってきたが、
大きな損失だけを残した。

30余億ウォンを稼いだ<達磨よ遊ぼう>がなかったならば、
シネワールドは今日まで存在していなかったかもしれない。

相変らず30億ウォンを越える借金を
残している状況の彼らにとって、
<黄土ケ原/ ファンサンボル>の成功は、
日照りに恵みの雨のような存在であるわけだ。


このように、
シネワールドが
持続的に借金に苦しめられるようになったのは、
明らかに、経営上の失敗、映画製作失敗など、
自らの誤りに起因したのが事実だが、

シムジェミョン(ミョンフィルム代表)の言葉のように、
"正面突破意志"の結果でもある。

他から資本を引っ張ってきて仕事をするより、
最大限自らの力で処理しようとする態度がなかったならば、

シネワールドは、
借金を負うこともなかっただろうが、
<達磨よ遊ぼう>や、<ファンサンボル>のような、
馬鹿力全開の成功もまた成し遂げることができなかっただろう。

だから<ファンサンボル>で、
これまでの借金を全部清算できたとしても
(全国400万人以上の興行があってこそ可能な話だが)、

シネワールドが、
今後、再び、いかなる"正面突破"を行うかもわからないのだから、
彼らの真の"安定化"は、はるかに遠い話かもしれない。

「3~5年前に企画したアイテムが、
 徐々に出てくる時期であるから、これからだ」

というジョンスンヒェ理事の言葉通りならば、
また変わってくることもあるだろうが。

シネワールドを見ていると、
保守的という感じがするのも事実だ。

シネマサービスの系列会社を除けば、
地理的な意味で、ほとんど唯一、
忠武路を守る最古参になってしまったという点でも、

製作・映画輸入・配給を
全部引き受ける、というスタイルでも、

巷にあふれるファンドを元に作る、
ということをしないスタイルから考えても、

もしかしたら、彼らは、
過去志向の組織なのかもしれない。


このような点に対して、
イジュンイク社長は、逆に、

「私たちは過去志向でも、
    未来志向でもある」と説明する。

忠武路の旧世代のもとで育った、
ということを否定せず、

反対に、
その遺産を継承する中で現在に臨む、
という意味だ。

彼の話は、
彼らトリオの全員が同意するものでもある。

だから、この言葉が事実だとすれば、

シネワールドは、
旧忠武路(チュンムロ)と
現在の忠武路の間の結び位置にある、

ということだ。

「今はだれもが、
 お金が映画を作る、と考える雰囲気だ。
 
 私たちは、
 今広まってしまっている資本の論理や
 金融の論理に、従うつもりがない」

という主張にまでたどり着くと、
彼らの色は、明らかだ。

d0266590_12315997.jpg




もう一つおもしろい点は、
彼らトリオのうち、
誰ひとりとして、映画狂出身でないという事実だ。

もちろん、
"映画界に入って以来、
映画以外のことを考えたことは一度もない"
という彼らだが、

自分たちを
シネフィルの殿堂の中に落としたことがないので、
本質的に映画とはある程度距離をおくほかはない。

イジュンイク社長は、
「映画との距離感は、
 映画界に入ってきた当初から、ずっと、
 一度だって縮まったことがない。

 だから、わたしたちは、
 決してマンネリズムに陥ることがない人間」

と力説の論理を展開する。

彼らの論理を総合すると、

映画の仕事をするのは、
自らの満足だけを大切にするからでも、
お金儲けのためだけでもない。

ということだ。

彼らの今後の映画の予定は、
都会にでてきた僧侶たちの物語を描く
<達磨よ遊ぼう2>と、
お笑い強迫時代を風刺する<コメディ クラブ殺人事件>等。

ここからも、
彼らが行っていこうとする路線を
はっきりとつかむ事が出来る。

大衆が反応し、
何かのメッセージが存在して、
笑いが豊富、

つまり、
良い大衆映画こそが、
このトリオが渇望してやまないものだ。

ここまでくると、
「シネワールドが、
 現在の映画界の主流でない、と、
 誰かが話してたとしても、仕方がない。

 その代わり、
 "わたしたちは世の中の主流"
 っていえるんじゃない?」

という、
イジュンイク社長の豪放なコメントも理解できる。

すでに、彼らトリオは、
お互いにもう少し独立性を付与する訓練をしている。

チョ・チョルヒョン代表が、
タイガーピクチャーズという映画会社を作り、

イ・ジュンイク監督が会社の中よりも
作品活動に没頭しようとしており、

ジョンスンヒェ理事が
外部の仕事にも時々参加しようとするのは、
そのような雰囲気から出る行動だ。

だとしても、
何か大きく変わることはないだろう。

タイガーピクチャーズが、
シネワールドの道の向かい側に位置する、
という事実からもわかるように、

彼らは相変わらず、
企画をつくって具体化させた後、
しびれるように知らせるためだ。

結局、10年後には、
このトリオが忠武路を変えるのだろうか?

それは分からないが、
確実な点が一つある。

彼らは3人は、

2013年にも
忠武路の裏路地のビアホールで映画を企画する、

と言って、

相変らず休みなく
話に花を咲かせている、ということだ。





    


   → ジョンスンヒェさんのこと(2)につづく。
by aloetree | 2015-12-28 18:12 | まわりの人たち

정승혜 さんのこと(0)

チャングンソクを通して、
知るようになった人たち。

本当に
たくさんいるけど。

なかでも、
私にとって、

印象深さが格別で、
スペシャルな人は二人。




お一方は、
これまでにも、
しつこくしつこく書いてきた、
写真作家 Zo Sun Hiさん。


もう一人、
スペシャルな存在感で
強烈に忘れられない人は、
정승혜 さん。






グンソクさんの
インタビューを
翻訳する作業のなかで、

一時期やたらと、この、
정승혜/ジョンスンヒェさん、
という方の名前が目についた。


「イテウォン殺人事件」
関連のインタビューで、

グンソクさんは、
ほとんど毎回
「故・정승혜/ジョンスンヒェさん」
という名前に触れていた。

「お?
 なんかグンソクさんが口にする、
 この名前に強調を感じるなー」


と。

もちろん、
これは私がそう受けとっただけで
真実はわからないが。
そんな雰囲気を感じて、

そこから、
この方の言葉を探して読むようになり〜、


だんだんと、

スンヒェさんの物言いを読むと、
グンソクさんが思い浮かび、

グンソクさんの言動を見ると、
スンヒェさんのことが浮かぶようになり〜、、


二人の間にある関連性を
勝手に感じるようになり〜、、、


結果、

スンヒェさんは、
私にとっても、
スペシャルな存在になってた。



ブログの区切りの日記を書くときは、
絶対に"スンヒェさんとグンソクさんのこと"。


と、これはもう、
何年も前からずっと決めていた。



私は、
地味で、マニアックで、
協調性に欠け、方向性も微妙な気がするので、


自分が
格別に思う存在である、
スンヒェさんの言葉を、

ほかのウナウナ様方が、
どうお感じになるか、
ちょっと想像がつかないけど。


私にはぴったりだと思う。

ジョンスンヒェさんとグンソクさん。
地味地味なこのふたりに関する日記。ほほほ。






まず、
スンヒェさんの記事を
3回にわけて。


そして最後の最後に、

非常に個人的で親密な表現で、
スンヒェさんのことを語っている、
グンソクさんの素敵な言葉を紹介。
by aloetree | 2015-12-28 18:11 | まわりの人たち
2015.12.05追記。










チソンさんの語るグンソクさん。
 (2014年雑誌「haru*hana」インタビューにて)
 
 「グンソクは本当に大事な弟(後輩)です
  親しくなったきっかけはふたりでお酒を飲んだ時。
  (僕の)ドラマが終わった後、
  すぐにお酒を飲みに行ったのですが、
  僕がすごく疲れていたみたいで、
  焼酎を少しのんだら寝てしまったんです。
  その日雨が降っていたのですが、
  グンソクが僕をおぶって、家まで連れて帰ってくれて。
  それでより親しくなりました。
  最近はお互い忙しくて会えないのでさびしいですが、
  遠くから仕事がうまくいくよう願っています」




2015.12.05
AsiaPrince_JKS Twitterより

so much busy in Korea!!

d0266590_22304023.jpg





d0266590_22323570.jpg


訳)
おつかれさまです 兄貴 ファイト!!!
俳優チャングンソク









*****


チソン。
チャン・グンソクために100人分ケータリングプレゼント‘ラブレイン’応援訪問



元記事

2012-03-30 10:41

チソンがチャン・グンソクのために100人分のケータリングをおくった。

d0266590_130764.jpg


チソンがKBS 2TV月火ドラマ'ラブレイン'撮影会場に登場した。
チソンは3月29日京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)で進行された
'ラブレイン'撮影会場に登場して100人分ケータリングをプレゼントした。
チソンは懇意な弟分であるチャン・グンソクを応援するために訪問した。

チャン・グンソクも、
やはり去年SBS 'ボスを守れ'撮影会場にチキンを持って訪問した。

チソン訪問は
チャン・グンソクにもあらかじめ知らされておらず、
サプライズプレゼントとなった。
チャン・グンソクはチソンの登場によろこび、
撮影時間を分けて食事をともにして温かい姿を見せた。

‘ラブレイン’のある関係者は
「チソンの訪問にみんながとびあがるほど驚いた。
 特に今回のご飯車プレゼントのために京畿道(キョンギド)撮影会場まで
 訪ねてきたチソンの姿に俳優はもちろんスタッフ皆が
 とても有り難く思ったし撮影会場の雰囲気が温みであふれた」と伝えた。

d0266590_1303691.jpg

d0266590_132980.jpg

d0266590_1334112.jpg



*****

チャン・グンソク
『ボスを守れ』にチキンの贈り物…チソンとの親密さ見せる



関連記事

2011年8月31日


チャン・グンソクが
SBS TV『ボスを守れ』にチキン40羽あまりをプレゼントして
主人公チソンとの親密な関係を見せた。

チャン・グンソクは30日夜11時30分頃、
イルサン制作センターで行われた『ボスを守れ』撮影現場に予告なしで現れ、
制作スタッフをびっくりさせた。
後でわかったことは、
普段から実の兄のように慕うチソンを応援するために、
チャン・グンソクが自らチキン約40羽を差し入れに撮影現場を訪問したものだった。

この日チャン・グンソクは
2009年に出演したドラマ『美男<イケメン>ですね』当時のスタッフを発見し、
うれしそうに挨拶を交わすかと思えば、
久しぶりに会ったというキム・ジェジュンに
「兄さん、お元気でしたか? ドラマよく見ています」と挨拶をした。
これにキム・ジェジュンは「元気だった? 久しぶりだね」と返事をした。

応援に来てくれたチャン・グンソクと写真を撮ったチソンは
8月31日の午前1時頃、自身のme2dayに
「今日…何日も徹夜をして苦労している僕たちのスタッフのために、
 グンソクがチキンを持って来てくれました。グンソクありがとう。
 けっこうお金かかっただろうね…」という文とともに写真をアップした。

この写真に接したインターネットユーザーは
「チソンお兄さん、グンソクお兄さん、ふたりは実の兄弟みたいに似てますね」
「今日いよいよ『ボス』の日だ。本放送、絶対見るぞ。チキン食べてファイト」
「ふたりともハンサムですが、性格まで良いです。類は友を呼ぶ、ですね」
などの反応を見せた。

現在、チャン・グンソクは
映画『きみはペット』の撮影を終わらせ、広告撮影などで忙しい毎日を送っている。

d0266590_1383687.jpg



*****

チソン、チャン・グンソクから政治家まで…幅広い人脈に“びっくり”

チャン・グンソク、チソンのために『ボスを守れ』現場に“フライドチキン差し入れ”

【韓流】チャン・グンソク、
チソンのために『ボスを守れ』現場に“フライドチキン差し入れ”

by aloetree | 2015-12-06 22:47 | まわりの人たち
翻訳手直し完了。


イジュンイク監督だいすきだ。
사도思悼。観たい。








下記のインタビュー中で、
ユアインさん(사도思悼を演じてらっしゃる)と、
グンソクさんに触れている箇所あり。

おもしろいなー。
チョソンヒさんの本でも、
同じ文脈のなかで、
やっぱり、この二人、
ユアインさんとグンソクさんに触れている。





映画のタイトル。
思悼。は、彼がなくなったあと、
父である英祖が、つけたもの。
(わたし詳しくないので、
 めちゃざっくりですいません)

意味としては、
哀しく思う、という意味だそうです。














'思悼'イ・ジュンイク監督
「年齢にふさわしい映画をつくりながらゆっくり老いていきたい」




元記事
2015-09-30




映画「사도 思悼」のイジュンイク監督が
18日三清洞のカフェでブリッジ経済新聞とインタビューをしている。

映画「사도 思悼」の雰囲気は最初から普通ではなかった。
言論試写会直後SNSには、

重厚な感動、
けちをつけるところのない俳優たちの演技、
監督の演出力など、
がテーマとなって、無数もコメントがあがってきた。


「사도思悼」はイジュンイク監督の
初めての1000万(人超え)映画「王の男」の、
封切り週末観客数130万人を超えて、181万人を記録した。

このスピードは
「광해 王になった男」(封切り第1週126万8473人),
「国際市場で会いましょう」(封切り第1週152万2008人)等、
歴代の興行大作の封切り第1週に似ている。

すでによく知られている話(使徒の物語)
であるにもかかわらず、
たびたび話題にあがってしまう
「사도思悼」のイ・ジュンイク監督の、
第一声は、「うれしい」ではなく「死にそうだ」だった。


彼は

 250年前、
 思悼が8日間閉じ込められて、死んだように、
 私もリレーインタビューの8日目だ。


として話し始めた。

質問の大部分に対して、
まるで俳優のようにセリフを詠じた。

実際、すでに様々な映画に
カメオ出演をしたりしてきた彼だ。

 今もまだソン・ガンホのセリフが忘れられません。
 「私も私に苛酷だったのだから、君も苛酷にしてみろ」
 と、 死にゆく息子に繰り返して言うでしょう。
 自身が王にならなかったならば死んでいたはずで、
 だとしたら、思悼も生まれることはできなかったはずだから。

 最近の世代の父親というものは、思悼に近いが、
 その父親の父親は、きもちはあっても強く育てようとする英祖でした。
 この映画を観る大人たちの反応が実に楽しみです。
 
 王家の悲劇を扱ったものですが、
 父親と息子の葛藤はどんな家庭にも常に存在します。
 
 おそらく年配の方々のトラウマに触れるかもしれませんね?



イ・ジュンイク監督は、
20代の早い時期に父親になった。
そのせいか、
息子とは今でも友人のように過ごすという。



「楽しき人生」のチャングンソクと
「사도 思悼」のユアイン。

イジュンイク監督は、
性格が強く(手強い)、こだわりが強い、という評判の
この男性俳優二人を料理(?)した首長
(指揮官みたいなニュアンス)だ。

  ※「性格が強く、こだわりが強い」
   の部分は翻訳機等で翻訳すると
   すこしちがった解釈&いろいろな解釈が出て来るので、
   韓国の方に、細かなニュアンスを確認してから翻訳しました。


彼は、

 どうして彼らのことをそんなふうに見るのかわからない。
 私は、彼らをいじったりせず、そのまま放っておいた。

 現場で、誠実であり、
 あらゆることを、演技にほとばしり出す(投入する)俳優たちだ。

 非常に親しいせいか、時々タメ口を使ったりするけどね。


といいながら少年のように笑った。



d0266590_11221221.jpg




イジュンイク監督の作品は
「人のにおいがする感動のるつぼ」と定義される。

マネジャーとトップスターの関係を扱った「ラジオ スター」
40代の家長たちの忘れられた夢を写実的に映し出した「楽しき人生」
がその代表作だ。

だが「あなたは遠い所に」と
「ソウォン願い」を除けば、
女優との作業や女優を素材にすることが
ほとんど無いようなものだ。

彼は
「どうして人間を男女に区分するのか」と反問した。


 もしかしたら女性というものに対して、
 関心もなく、よく分からなくて、
 映画にうまく表現してこなかったのかもしれない。

 「思悼」にも素敵な女優が出てきます。
  みんな、"主体的な人物"という共通点があります。

 キム・ヘスクとチョン・ヘジンなど、
 どこに出しても立派な俳優たちでしょう。
 そんな俳優たちと一緒に映画を撮る楽しさは、
 感じてみなければわからないです。
 人間的な魅力があふれていて!



この監督は、
詩人パブロ・ネルーダが残した句、

 僕だった、あの子供はどこにいるのか
 今も僕の中にいるのか。
 でなければ、消えてしまったのだろうか


という句のように、

 幼い정조の気持ちで「思悼」を撮った。

 同時に、
 僕の中の幼い子供はどこにいるのか、
 を探しながら幼い정조に寛大な使徒を追憶した。


と打ち明けた。


 不幸というものは、
 比較することから始まる。
 
 思悼は、40歳を超えてからできた息子だ。
 だが、行き過ぎた期待のせいで、
 その天才的な才能が去勢されてしまう。

 それにくらべて、정조は
 父親のおかげで、祖父からの期待値を
 フィルタリングされていた。 (軽減されていた)

 後世に広く知られる、立派な人物として
 地位を占めることができたのは、
 皮肉なことに、
 3代にわたった悲劇があったからこそだっだ。
 この事実を通して、現代の世代とコミニュケーションしたかった。




「思悼」は全面的にコンプレックスを扱う映画だ。

後宮の子供として生まれて、
歴史上最も長く君臨した英祖と、

誰からも愛されたものの、
ただ1人、
父親からの愛だけは受けることができなかった思悼。

その悲劇を見て育ちながら、
絶えず自分自身にムチ打つように生きなければならなかった정조。

これはすでに歴史で証明されている。

英祖は、
一歩遅れて、ついに後悔の涙を流すことになり、
思悼は死後40年してから墓に訪ねてきた妻、
혜경궁(出自) ホン氏の挨拶を受けた。

정조もまた、常に、暗殺の危機に
苦しめられ続けなければならなかった。



d0266590_11412368.jpg



イ・ジュンイク監督のトラウマは、
おそらく「言葉」なのではないだろうか。

彼は過去

 「평양성平壌城」が
 興行的に成功しなかったら、
 監督業を引退する。


と語り、
また、誰も挑戦したことのなかった、
児童に対する性的暴力をテーマにした
「ソウォン願い」で、「思悼」を撮影するだけのを力を得た。

用心深く "引退の翻意(取り消し)"についてきいてみたら、
すぐさま、やはり意外な返事が帰ってきた。


 私にとってのトラウマは、スコア(成績)だ。

 「王の男」が4ヶ月間200ヶ館で1000万人映画になりました。
 それは与えられたことであり、私がやったことではない。
 自慢するものではない。

 だから、「思悼」の目標値は500万人の観客動員です。
 
 いろいろな監督がたくさんいる時代に生きているから、
 自分の年齢にみあった映画を撮りながら年をとっていきたい。
 
 私の目標ですか?
 昨今の現実を無視したりせずに、
 コミニュケーションする映画を撮るんだってことだよね。







思悼世子についてwiki











by aloetree | 2015-09-30 11:54 | まわりの人たち | Comments(8)
1万ウォンの幸せ
ステファニーさんの回/ チャングンソクゲスト





http://tvcast.naver.com/v/522779


いいかげんです。
拙訳。





1万ウォンの幸せ、をこうやって私がスタートする前に
私がすでに約束があったんです
先に約束したことだから、私が、キャンセルができなくて・・・
ついてらっしゃいますか?



ついていきますよ

「一体誰に会うのか?」


チャングンソクさんです~



「まさに、チャングンソク」


1万ウォンの幸せ、の視聴者の皆さんに~


あ!1万ウォン。
あ~1万ウォンの幸せ、やってるんだ?!



やったことあるでしょー。アナタ。


ボクは~、、、
46回(?)だったかな、、、、??(←
ここ微妙)


「グンソクは"1万ウォンの幸せ" 16期 挑戦者」


「食事が登場」


すごく早くでてきたんだね~


「食事がでてきて興奮するステファニー」


一番重要なことはだな~
こうして食べるものがたくさんあるけど~



はい~


チキンやらそんなの
必要がおありにならない方ですから~(←微妙)



「スプーンとフォークを奪い取るグンソク」


くださいよ~
ボクに~



私、どうしたらいいんでしょうか


最近、こういうのがたくさんあるじゃないですか
こう、なんていうの?

個人技?みたいなものを?見せたりして、
インターネットで話題になったりするでしょう~

"ステファニーのポールダンス"?



「インターネットで話題になる
 ステファニーのポールダンス」


ポールがないから~
この、、、エアコン、
エアコンダンスに昇華させてくださいよ、、、



ひゅーーーーー
ぱちぱちぱち


「ステファニーのエアコンダンス」


WAVE!!! じゃーんっ!!!!


PD「おしまいですか?」


ありがとうございました!!!


正直いって、
ボクのほうがもっとうまくやれるぞ



ボクがやるよ~


「グンソク バージョン エアコンダンス」
「なにをやってもかっこいいね~」


わあああああ


じゃあ、それなら、
6回のWAVEをおみせしましょう!!!



「確かなるWAVEをみせてあげるステファニー」


いや~ちがうよ
回数が重要なんじゃなくて
いっしょうけんめいやってるかどうか・・・



「すべるステファニー」
「つるりんっ」


(グンソク爆笑)


「身体で笑いをとれるね」


「エアコンダンス 再登場」


うわあああああ


どうよ!!!!!


わかりました
約束だから、あげましょう
ボクが食べたやつまでこうやって・・・(←ちびり微妙)



コレっ捨てるやつじゃないさ~


捨てるんじゃないだろ~


「エアコンダンスを踊って
 食事をすこし。
 200ウォンで購入」


おいしく召し上がれ~


「ステファニーへのミッションは、
 パクミョンスの ZYO ZYO ダンス」

「グンソクヘ
 ミッションをしようとする」


すごく・・・・・・・・(←微妙)


「ブツブツいうステファニー」


うるさいよ
早くなさってくださいよ



「パクミョンスのZYO ZYO ダンスを踊るステファニー」

「はずかしがるステファニー」

「小心なZYO ZYO ダンス」


こんなふうに・・・


テクノダンス!

あ!あ!あれ!?
パクミョンス兄の・・・



そうよ!


ZYO ZYO ダンス


1回感じてみましょう
せ~のっ!!!



「一緒にZYOZYOダンスを踊るふたり」

「紆余曲折の末、
 あとをついてマネをさせられたら成功」


ミッション成功~


は?何が?


ああ!
あとについて一緒にやるってこと~!?
ただ?

なら、
ミッション成功を記念して、一緒にやろう!?



「ミッション成功記念 
 みんなで一緒にZYO ZYOダンス」


ハナっ
ドゥルっ
セッ
ネッ



(めちゃ楽しそうwwwww)



必ずや、このゲームで成功して、
ボクに・・・・・(←微妙)



「ステファニーの勝利を祈願するグンソク」


チャングンソク!!!


キムボギョ~~ンっ!!!


やぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!


(爆笑)


「ステファニーの本名は、"キムボミョン"という」






*****


www

だいすきこれ




だいすきすぎて
仕事場からぱちぽち...



遅刻したうえさらに
このていたらくwww


植木等大先生も
ハナ肇大先生も
まっつぁおじゃwww

某グンソク様の会社だったら
とっくにクビのクビのクビの助なワタクシ♡
by aloetree | 2015-09-10 15:59 | まわりの人たち | Comments(4)
「ラジオスター」
ステファニー、チャン・グンソクとの特別な縁
"学費もだしてもらった"にびっくり。どんな関係?



ラジオスター、
ステファニー、チャン・グンソクと12年の友達、登録料渡した



ステファニー
"チャン・グンソクと12年の友達、学費こっそりと用意した"



ステファニー
「12年の友達チャン・グンソク、学費もこっそりと準備してくれた」



ラス・ステファニー
"チャン・グンソクと12年の友達、学費まで準備してくれて"



「ラジオスター」ステファニー、
チャングンソクと12年友情、学費も用意してくれて



ステファニー
"12年の友達チャングンソク、学費こっそりと準備した"ほかほか



ラジオスター’ステファニー“チャングンソクが学費こっそりと渡した”


ステファニー"チャングンソク、こっそりと学費準備してくれて"


'ラス'ステファニー"チャングンソクと12年の友達、学費まで準備して"


ステファニー、'チャングンソクと12年の友達'特級友情


ステファニー、親しいチャングンソク"学費こっそりと渡すことも…"


ステファニー、チャングンソクが登録料も渡してくれた
‘チャングンソクとどんな関係?’



ステファニー、チャングンソクと初めてのミーティング以後
12年間の友達で"チャングンソクが学費だしてくれた"



ステファニー“12年の友達チャングンソク、学費準備してくれた”


ステファニー"チャングンソクが後から学費準備してくれた"


ステファニー、チャングンソクと長い間の縁...“大学登録料準備してくれた”


ステファニー・チャングンソク、厚い友愛…"12年親交"






*****


「ラジオスター」
ステファニー、チャン・グンソクとの特別な縁
"学費もだしてもらった"にびっくり。どんな関係?




「ラジオスター」で
ステファニーが俳優チャングンソクとの特別な縁を公開する。

9日に放送されるMBC芸能プログラム
「黄金漁場-ラジオスター」では
オジョンヨン、ステファニー、コウリ、オナミが出演。

去る録画で、
3年ぶりにソロで出撃した、
한예종の舞踊科出身ステファニーは、
格別なトークの実力を誇った。

モーターをつけたかのような
トーク術をアピールしたステファニーは、

俳優チャングンソクとの縁を公開して、
関心をひいた。

ステファニーは

 チャングンソクが学費も渡してくれた。

と公開。

果たして、ステファニーとチャングンソクの特別な縁が、
どんなものなのか期待させた。


また、
国内3大企画会社の中の一つである、
SM所属ステファニーはデビュー10年目の歌手として、
所属会社について暴露した、

と知らされて、
関心を誘発している。

ステファニーの国宝級バレエの実力も公開される。

ステファニーは四人のMCの要請で、
直接トゥシューズを履き、
バレー時点を見せて驚きをかもし出した。

さらに、
とぼけた話し方で、トークを支配して、
バラエティ感覚もアピールした。



*****

ラジオスター、
ステファニー、チャン・グンソクと12年の友達、登録料渡した



2015.09.10



歌手ステファニーが
俳優チャングンソクと親密なよしみを誇示した。

・・・

この日MCは

「チャングンソクさんは、
 大学登録料も渡す関係か」

と質問すると、
ステファニーは、

 12年の友人だ。

として
親密なよしみをアピールした。

引き続きステファニーは

 最初の出会いで、
 周りの人たちから、

 ふたり、うまくいくだろう。
 年頃も同じみたいだし。

 といわれた。

 お互いに異性として感じることはなかった。
 その日からずっと友人として過ごしてきた。


と説明。

また、ステファニーは

 仕事がない時ふてくされていたら、
 チャングンソクさんが電話をかけてきて、

 僕、日本ツアーをするんだけど、
 (一緒に)来て、フィーチャリングして、

 と言ったんです。

 お金はもらわない、といったけど、
 学費を準備してくれた


と語って、
エピソードを公開した。



*****

ステファニー
"チャン・グンソクと12年の友達、学費こっそりと用意した"


2015-09-10

ステファニーが
チャングンソクとの友情について話した。

ステファニーは
9日夜11時15分放送されたMBC 「ラジオスター」で
チャングンソクと親密なよしみについて、

 グンソクとは12年の友達だ。

と話した。

ステファニーは

 人々が、
 二人は同じ年頃だから、うまくやってみろ、
 と言って、
 雰囲気が私たちのミーティングのようになった。
 異性としては感じられず、
 その日からずっと友達だった。

と話した。

旨くしてみろと言って雰囲気が私たちのミーティングのようになったことだ。 異性(理性)で感じられないでその日からずっと友達であった"とした。


引き続き

 私が仕事がなくて、ふてくされていた時に、
 電話をかけてきて、

 日本ツアーをするから来て歌え、
 と言った。

 身体だけで行ってツアーを一緒にやった。
 ギャランティーはもらわない、といったが、
 後から学費を準備してくれた。
 そのままもらったようなものだ。

として、
ありがたさを語った。



*****

ステファニー
「12年の友達チャン・グンソク、学費もこっそりと準備してくれた」



ステファニーがチャングンソクの義理男の面目を伝えた。

以下同じような内容。



d0266590_16186.jpg






*****

グンソクさんも
いいヤツやけど、

お金いらない、
って言った

ステファニーさんも
なんか男前かっこいいなー。






関連の日記


  パクソヒョンさんとステファニーさんとグンソクさんと。

  ステファニーさん「Prisoner」紹介するプリンス


  ステファニー近況「グンソクと共にした日本ツアー」


  ステファニーさんとグンソクさん。


  天上智喜 Stephanie、
   チャングンソクとの特別な縁を公開「合コンで初めて出会った」

by aloetree | 2015-09-10 01:06 | まわりの人たち | Comments(2)
パクソヒョンさんと
ステファニーさんと。

グンソクさんwww


ああああ
もうもう
たまらん

チャングンソク
おもろいーー。




まずは、
過去の日記から〜。
全部で7つだwww

どーん。
どーん。

どどーーーん!!
どぞーーー!!!









  1)パクソヒョンさんとグンソクさん


  2)パクソヒョンさん&グンソクさん@GOLDMISS

    ( ☝☝☝これ。
     個人的にだいすき動画!!!
     
     こういうグンソクさんだいすきで
     翻訳しながら、うきゃきゃきゃ〜〜!!!
     楽しかった動画っす。     
     好きなタイピの話とか
     そういうのイヤな方は見ないでちょ。
     わたしゃ責任とらーーんwww)




  3)ステファニーさん「Prisoner」紹介するプリンス


  4)ステファニー近況「グンソクと共にした日本ツアー」


  5)ステファニーさんとグンソクさん。


  6)天上智喜 Stephanie、
   チャングンソクとの特別な縁を公開「合コンで初めて出会った」




  


それから。
ちょっと脱線するけどwww

パクソヒョンさんの
ラジオを訪問したとき、

巻き込まれ事故的に、
電話番号を渡すはめになった、
チョへリョンさんとのエピソード。

これも。。。
だいすきwww

グンソクさんの
頭の回転&沈着冷静&勝ちに行く!!!姿勢。

だいすき動画ばっかじゃ。
ぴょーーん✨


     ☟ ☟ ☟

  チョへリョンさん「セバキ」出演。声のゲスト/ チャングンソク ver。







*****

[SBS]
パクソヒョン LOVE GAME。
ステファニー「チャン・グンソクと12年目のベストフレンド」


 ※절친・・・親友以上に親しい間柄の友人、の意。







以下。
拙訳。

0:21〜。




パクソヒョン:みどり
ステファニー:ピンク


その話聞かせてください。
チャングンソクさんと"ソゲッティン"で
出会ったっていう話〜。


 ※ソゲッティン・・・1対1の合コン。みたいなもの。

ああ、
グンソギとは、、
ですね〜

ソゲッティン、、、
で、出会ったんじゃなくて、

人が、
もっのすごーーくたくさんいる〜
そういうグループがあるんですけど、


あああ。

その中で、
私たちふたりが、
いちばん年下だったんですよ〜


うんうん。

それでー、
なんというか、
なんていうの、

オッパたち(兄たち)やら、
ヒョンたち(兄たち)やらが、

男女一緒になって、
うまく合うと思うと、

絶対に、
そういうふうに、

こう、連結しようと(くっつけようと)
しだすじゃないですか〜。



(テヤンさんと
 ソヒョンさん同時に。)

 そうだね。
 ある!ある〜。

 そうねー。


だけど、また〜、

グンソクさんは、
その頃も〜、
年上の〜、


はい。

ちょっと、
年上を好きなタイプだったし〜。


はいはい。
そうですね。


で、
私の場合でいったら、
"オッパ"(年上の男性)を望んでいたから〜、

そんな風だったから、


ああ。はい。

ふたりで、
「おお。1987年生まれ。卯年だね〜」
って話になって、


ええ。

それから、
12年目の〜


ええ。

ベストフレンドとして
続いています。


なるほど〜。
by aloetree | 2015-09-04 17:20 | まわりの人たち | Comments(4)
2015.08.12


@AsiaPrince_JKS

오.. 스테파니.. 나이 먹어도 아직이네..

お.. ステファニー..
年食っても相変わらずだな..







Stephanie Kim ‏@stephk1016

칭찬이지?
고맙다 아시아 프린스

誉めてんだよね? どうも プリンス







*****

ステファニーさん
新曲 Prisoner 発売。

おめでとごじゃいます。



d0266590_23105677.jpg

by aloetree | 2015-08-13 20:03 | まわりの人たち

JKSさん酔狂。


by aloetree