カテゴリ:TEAM H( 73 )

TEAMH @ yoyogi 2016.12.15&16

by aloetree | 2016-12-17 00:49 | TEAM H
チムエチに
熱きエール贈るはずが、

うっかり、
グンソクさんの
「じろじろたん物語」に
ずれてしまったまま。

ブログをあけると、
トップにくる日記がアホ日記。
こんな状況は、
一刻も早く脱出せねばならぬ。


今度こそ贈るぞ!!
チムエチに!!
エールをば!

と、
ひとり孤独に
心に誓ったっきり。

なんのエールを
贈ったらええのんか、、
ぼんやりぼやぼや〜っとしとったら。

いつものごとく、
つきぬけた愉快なフレンズが、
いつものごとく、
愉快なインスピレーションの粒々を
ワタクシにぶっかけてくださった。

(最初の話題は、
 チムエチに全然関係ないものやったが。
 勝手にそこからインスパイアされまくったずら)


ありがたやー。
いつもありがとう。変な人たちwww
モナムール♡ジュテームモワノンプリュやん。




そうや。
思いだした。

わたし、
チムエチに、
ぜひともアレンジしてほしい!
チムエチver.で
ぜひとも演奏してほしいっ!!

聴かせてよっ✨✨
あの曲を。チムエチver.で〜♪

っていう曲が
いくつもあるのじゃ。





まずは。
なんといっても。
この曲です。



(あ。。。アレンジのお願いだから。
 チムエチ、というよりも、
 愛するチャングンソク様じゃなくって、
 残る1名の綺羅星、、、
 BigBrother様へのお願い、といった方が正確ですなwww)









世界に
わたしひとりだけでもいいや。
熱望します。熱烈願望です。

いい湯だな Remixed by TEAM H !!!!!!!!!




BigBrotherならば、
震えがくるようなアレンジをしてくれる予感✨

んで、
グンソクチャンならば、
震え笑いが止まらぬようなダンシングを魅せてくれる予感www

(マジメな話。
 ドリフターズのメロディ。
 グンソクチャンのワンダフルボイスの魅力が炸裂する予感)



しかし。

ひとりひとりに目を奪われる、
このドリフターズの5人様それぞれの存在感。
かっこよすぎる。



そうや。
数年前にも、、、
たしか書きました。
勝手な日記(遠い目)


Beautiful Changeの歌詞から
想起された、

The Drifters と
TEAM H という、

ふたつのグループについて。


最初に、
このふたつのグループをつなげて
しゃべりだしたのは、、、
我が家のじじぃでしたが。



いやー。

The Drifters は
この星の秘宝✨

TEAM H … は
この星の…謎…www









チムエチの、
ぐんさんカトさん。

「いい湯だな」

絶対に
好きなはずやっ??

カトさんなら、
すでに知ってる気もする。
ドリフの名曲全集。





ううううぉぉ。

聴きたい〜??
聴きたい〜??



はっきり言って。。。

ドリフの全曲!!!
やってほしい。

ドリフの全曲集 チムエチver.

とか、
CD出してくれたら絶対買うぜうち。
(うち以外売れそうにないけどww)


聴きたいよー。









ちなみにwww

"振り付け"で見たい 1等賞は、
問答無用でコレ♡


めちゃナチュラルに
目に浮かんできて浮かんできてたまらんwww

張り切って、完璧なる
ズンドコ節を披露する ダンサー・チャン♡












結局、
これまた、、
アホ日記(さらにKY日記www)っぽいけど、
本気で思ってることなんですよー。
本気のエール。嫌がらずに受けとってチムエチ。あろえの本気。








d0266590_2265270.jpg



存分に
いい湯につかれよーー。










追伸。

空気読まない。

先日。ある青年に怒鳴られたwww
空気は読むものじゃない。
空気は吸ったり吐いたりするもんだ。ってwww
はい。吸ったり吐いたり、
自分の思うまま私は私だけの道をZIKZINします日記。
目覚ましの青年よ。ありがとう。





追伸2。

Clemontineさんだと、
こげにオシャレよ「いい湯だな」


「いい湯だな」Clemontineさんver.
by aloetree | 2015-10-13 22:19 | TEAM H | Comments(24)
Twitter/ 2014.12.27


@AsiaPrince_JKS
잘가라 쿠쿠쿠

d0266590_12141271.jpg




*****

dlehdrjs18 様Instagram

d0266590_1156878.jpg




*****

関連の日記

 「だけど僕らはZIKZINだけを続けた vol.0」
by aloetree | 2014-12-29 12:16 | TEAM H

このふたり @ club pasha



✨✨✨



動画主様。
ありがとごじゃいます。





2009.12.19
@club Pasha






club pasha@ coooxxxx様



d0266590_063884.jpg

d0266590_072170.jpg

d0266590_17252172.jpg

d0266590_17253835.jpg

d0266590_17255590.jpg

d0266590_17261659.jpg

d0266590_17263090.jpg

d0266590_17264592.jpg

d0266590_1727382.jpg

d0266590_1727207.jpg

d0266590_17274044.jpg

d0266590_17275475.jpg

d0266590_1728325.jpg

d0266590_17325148.jpg

d0266590_17281341.jpg


***

d0266590_172941.jpg

d0266590_1729188.jpg


***

d0266590_17293719.jpg

d0266590_17295435.jpg

d0266590_17301540.jpg

d0266590_065100.jpg


***

d0266590_018201.jpg





***

d0266590_003946.jpg

by aloetree | 2014-12-06 00:08 | TEAM H | Comments(0)
@yumi_buu
チャン・グンソク&Big Brotherアリーナツアー
『TEAM H PARTY~Raining on the dance floor~』
覚書をトゥギャりました

 → http://togetter.com/li/741479


*****

@yumi_buuさんが
『TEAM H PARTY~Raining on the dance floor~』関係の情報を
まとめてくださっています。

大変な作業だったかと。
@yumi_buuさんありがとごじゃいますー!

このあと、
大阪編も追加される予定だとのこと。
こりゃまたホントにありがとごじゃいますー!

OKいただいたので、
リンクを貼らせていただきました。マルっ
by aloetree | 2014-11-05 19:07 | TEAM H
TEAM H PARTY
@SaitamaSuperArena。

相変わらず、
レポは書けないけど、
忘れられない瞬間のこと。
4つ。


d0266590_3395624.jpg




紫の光に浮かびあがる
BigBrotherというひと。

 あ〜〜、
 BigBrotherというひとは、
 こんなに切ない存在感を
 伝えてくれる人だったんだなぁ。

d0266590_1946245.jpg



TEAM Hの時間と空間のなか
ゴムまり みたいに伸びたり縮んだり、
飛んだり跳ねたりするグンソクさん。

こんなひとになれるもんなら、
こんなふうに在れるもんなら、
と、ずっとずっと、
意味不明な憧れを感じてきた意味がひとつ。
ふわぁぁぁっと腑に落ちた気がした。

 「チャングンソクは
  万華鏡のような存在だ」

 そうか。
 そうなんだ。



d0266590_1947447.jpg




ともだち2人と
うなじぃと
私と。

深夜まで
くっちゃべりまくってた。

ほとんど、このLIVEとは、、、
関係ないハナシだったけどw

けどw

そこで話された言葉。
私たちの幸せな結論。

「やはり。
 最終地点はチャングンソク~~!」

「もっともっと
 自由が拡がった感覚」


d0266590_19482188.jpg




4人で会話しながら、
帰り道運転しながら、
耳に残って、
何度も繰り返し脳内を流れる、
Welcome to my world の歌詞。

 내게와 재밌는걸 보여줄께
 더 미치는걸 보여줄께
 똑같은 인형따윈 필요없어
 나 재밌는걸 보여줄게


 こっちにおいでよ
 おもしろい光景をみせてあげる
 もっとクレイジーなことをみせてあげる
 同じ人形なんて必要ない
 僕がおもしろいものをみせてあげる


最初に聴いたときから、
奇妙に、耳について離れなかった歌詞の言葉。

だけど、

きのうのLIVE中に
この一節を聴いた瞬間、
ぶわっっっと鳥肌がたって震えた。

 待ってたのは、
 観たかったのは、
 そうだー。これだったんだー。


d0266590_19503115.jpg



行ってよかった。
待ちつづけてきてよかった。

これ。
感じたかったんだー。

この場所と時間を
共有できたこと、
やはりしあわせだー。


d0266590_19505657.jpg




不思議なことに、
いっつもいっつも
新しいきもちで発見するんだな。

 待ってたのは、
 観たかったのは、
 そうだー。これだったんだー。


d0266590_19514619.jpg



不思議。そして、
しあわせでありがたい感覚。



d0266590_453733.jpg




50 Years old 아저씨になった
TEAM H のふたりを
自由な心持ちで夢見つづけること。


きっと
どの会場の
どのLIVEに行ってても
同じこと感じたんだと思う。

TEAM H PARTY 2014。
昨夜は埼玉。

しあわせでありんした。



d0266590_445183.jpg

by aloetree | 2014-11-03 10:45 | TEAM H
TEAM H/チャン・グンソク
「50才になってもカッコよくDJ プレイをするチームであり続けたい」


元記事
2014.11.03


d0266590_10181867.jpg


俳優チャン・グンソクが自身の音楽パートナーである
BIG BROTHERと一緒に結成したプロジェクトグループ
TEAM Hが客席を圧倒するステージでファンを熱狂の渦に巻き込んだ。

11月1日から2日までの両日間、
さいたまスーパーアリーナで開催されたTEAM Hのパーティーツアー
<2014 TEAM H PARTY-Raining on the dance floor>は
毎回1万2,000人ずつ、
全2回公演で2万4,000人余りの観客を雲集させ、全席完売を記録した。 
更に、大型イベント会場をまるでクラブのような雰囲気にさせた
レベルの違う公演は、埼玉を熱く盛り上げた。

2010年のDJing SHOWから始まり、
公演を通じて客席と一緒に楽しい時間を過ごそう
という趣旨で結成されたTEAM Hは
いつの間にか結成5年目を向かえ、
3枚のアルバムを発売した。
更に、様々な企画公演を通じて誰にも真似できない
様々なコンテンツを作り上げ、
熱いステージを通じてファンとの疎通を図っている。

今回の公演もパーティーツアー形式を借りて
公演のクオリティを高めており、
ノンストップ公演を通じて全員で一緒に楽しもう
というコンセプトで観客をさらに熱狂させている。
座席があるにも関わらず公演が始まると同時に席から立ち上がり、
最後まで踊りながら全員で一つになる、
という恐ろしい中毒性を発揮しているとのこと。

特に、<2014 TEAM H PARTY-Raining on the dance floor>の
他の公演と異なる特徴は2時間ノンストップで公演が行われるという点だ。
衣装チェンジの時間にも衣装を着替えて再びステージに上がる過程を
VCRでリアルタイムで客席にお届けしているため、
体力に自信がなければ絶対にやり遂げられない公演形式であるという噂だ。

また、今回の公演はパーティー形式であるため、
ステージの全面を活用し、観客と至近距離で一緒に呼吸している。
更に、特殊効果やレーザーショー、噴水ショー、
様々なゲームイベントの他にもギター弾き語りパフォーマンスなど、
華麗なDJ音楽だけでなく彼の感性まで盛り込んだ多彩なショーを演出し、
誰よりもチャン・グンソクらしいショーを完成させたことに大きな意味がある。

更に、合計24曲を熱唱し、
会場をTEAM Hの色に染めていたチャン・グンソクは
アコースティックギターVer.の『Driving to the highway』を
歌いながらファンとのお約束である挨拶方法を曲のリズムに合わせて披露し、
関係者全員を驚かせたほど情熱的なステージを繰り広げていたという伝言だ。

何より、チャン・グンソクは現在進行中のTEAM Hの公演の他にも
ファンミーティングツアーを始めとするCRI SHOW、アレーナツアー、
直進フェスティバル、直進ZEPP ツアーなど、自身が企画した
様々なコンサートコンテンツを作り上げている
唯一無二の万能エンターテイナーとして認められており、
これからの彼の行方にも注目が集まっている。

公演直後、チャン・グンソクは
「僕らは立て続けに新しい試みをしており、
 日々息ピッタリになっているような気がしてとても嬉しい。
 また、我々が持っているコンテンツを更に広め、
 認められることが目標である」
とし、

「ファンの皆さんからの応援にいつも感謝している。
 40代、50代になっても格好良くDJingをするチームになりたい」

と伝えた。

続いてBig Brotherは
「毎回一緒に公演をしていくことにつれ、
 少しずつチームとして成長していることを感じている。
 各自の役割を分かっているからこそ、
 そういう部分からシナジー効果が生まれ、
 良いチームワークを見せられるのではないか」と語った。

チャン・グンソクの所属事務所であるTree J Companyの関係者は
「パーティーコンセプトに合わせて
 4面ステージにしたため、
 公演に参加できなかったファンが非常に多い。
 そのため、アンコール公演を考慮している」
と、ファンへの申し訳ない気持ちを伝えた。

一方、去る10月1日の名古屋公演を始めに
福岡・埼玉公演を盛大に終えたTEAM Hのパーティーツアーは、
11月の26日と27日、千秋楽を飾る大阪公演のみを残している。


*****

チャングンソク TEAM H、公演会場をクラブ化「年とってもDJプレイをしたい」

チャングンソク-TEAM H PARTY TOUR「埼玉揺らす」

チャングンソク、TEAM H 日本公演..二日の間2万4千人観客

チャングンソク2日間の日本公演に2万4000人集まって


日本語記事

チャン・グンソク率いるTEAM H、日本ツアー開催…2日間で2万4千人を動員

チャン・グンソク-TEAM H PARTY TOUR 盛況、埼玉ノリノリ



*****

微妙に誇張感じる
記事内容のふふんー。
ちょと違和感やんw

そのまんまでじゅうぶん、
そのまんまがいちばん、
すてきなのにw
by aloetree | 2014-11-03 10:29 | TEAM H
「TEAM H PARTY Raining on the dance floor」名古屋公演

元記事
2014.10.03


d0266590_2113584.jpg

d0266590_21141431.jpg



10月1、2日、名古屋 日本ガイシホールにて
「TEAM H PARTY Raining on the dance floor」名古屋公演が開催された。

チャン・グンソクと彼の音楽パートナーで
サウンドプロデューサーのBIG BROTHERのユニットグループ
TEAM Hの全国アリーナツアーの幕開けとなった今回の公演では

「Raining on the dance floor」
「Take me」等、
サードアルバム「Driving to the highway」
の収録曲を中心に

「I just wanna have fun」
「Shake it」
「Beautiful change」
といったナンバーにあわせて
TEAM Hの独特の世界観を感じられるパフォーマンスが
センターステージで繰り広げられた。

「TEAM H PARTY Raining on the dance floor」は、
10月11、12日にマリンメッセ福岡、
11月1、2日にさいたまスーパーアリーナ、
11月26、27日に大阪城ホールで開催される。

d0266590_21144679.jpg

d0266590_2115394.jpg

d0266590_2115251.jpg



*****

「イベントレポ」TEAM H全国アリーナツアー開始!

元記事
2014.10.03


d0266590_2117471.jpg


チャン・グンソクと
彼の音楽パートナーBigBrotherが一つになった
プロジェクトグループ”TEAM H”が

10/1(水)・10/2(木)の
日本ガイシホールでの名古屋公演を皮切りに
全国4都市8公演のアリーナツアー
『TEAM H PARTY~Raining on the dance floor~』のスタートを切った。

d0266590_21183970.jpg


1年4か月ぶりとなる7月にリリースした
通算3枚目のニュー・アルバム
『Driving to the highway』を携えた待望の全国ツアー。
センターステージからは四方に花道が伸び、
会場全体のファンをくまなく間近で感じることのできるステージ構成で、
無数の照明やレーザーがあらゆる角度からステージと会場を照らし、
華やかな空間を演出する中、

サウンド・プロデューサーでチャン・グンソクの友人でもある
BigBrotherによるDJプレイが始まるとすぐに
会場は一斉にジャンピングが始まり一瞬にしてダンスフロアと化した。

d0266590_21203281.jpg
_0001926

オープニングは
ニュー・アルバム『Driving to the highway』の中から
「OPEN THE DOOR」や「Do it on the speaker feat Joy.M」
を立て続けに披露し、会場は巨大なクラブと化した中、

2曲目の途中スモークの中から
チャン・グンソクが現れると会場のボルテージは更にアップ。

「名古屋、準備は出来てるかー!!」
というチャン・グンソクの呼びかけに対し、
グンソクとの再会を待ちわびたファン達は割れんばかりの声援で応えた。

そして
「I just wanna have fun」や
「What is your name?」などの過去のアルバムの中から
TEAM Hの代表曲をノンストップで披露した。


d0266590_21205273.jpg
1001_0487

公演の中盤では衣装替えのため
楽屋に移動するチャン・グンソクをカメラが追い、
着替える姿を会場内のスクリーンへ中継するサービスも。

そのまま楽屋でのMCが始まり、
最近マイブームという「アホゲーム」をスタッフと対戦する場面もあった。

負けたスタッフにはシャンパン一気飲みの罰ゲームをお見舞いするなど、
ユーモアな企画で笑いを誘った。続けて、客席の中からファンを選び、
会場に戻ると選ばれたファンをステージへ上げる粋な計らいも行われた。

d0266590_21215294.jpg
1001_1131

その後もチャン・グンソクは
ステージを縦横無尽に駆け回り、
水鉄砲などで客席のファンに近づくパフォーマンスを見せたり、
ターンステージやせり上がるステージなど
様々な趣向を凝らした演出でも会場を盛り上げた。

しかし一番の見どころは
ツアータイトル曲でもある「Raining on the dance floor」だろう。

水量のある噴水に囲まれ、
びしょ濡れになりながら踊り狂うチャン・グンソク。
迫力のあるミュージックビデオをステージ上で再現してしまったような
豪華で幻想的な光景は思わず観客の誰もが見入っていた。

d0266590_21241358.jpg
1001_1271

豪華なステージを見せながらも、
「Driving to the highway」では
アコースティックギターでしっとりと歌い上げ、
ファンへ教えた振付を会場全体で行いながら
一体感あふれる雰囲気の場面もあった。

そして公演は終盤になるにつれ更に勢いを増していく。

グンソクは
「このまま死んでもいいくらい、めっちゃ楽しいよ! 
 お前たちもそうでしょ?」

と本人も心から楽しんでいることを観客に語りかけた。

d0266590_9391293.jpg

d0266590_21234036.jpg
1001_1424

昨年のソロツアーでは、
ありのままの自分の姿を見せていきたい
と今後の抱負を語ったグンソクだったが、

TEAM Hの公演は
まさに彼がステージを楽しみ、
またそのことが伝わってくるような輝いた姿を見せた。

公演を通して全24曲を披露し、
最後まで勢いのあるパワフルなステージで幕を閉じた。

ファンと共に歌って踊るTEAM Hのパーティーは始まったばかり。
今月は11日(土)、12日(日)に福岡公演が、
11月は埼玉と大阪での公演を控えている。

d0266590_21242828.jpg



*****

チャン・グンソク率いるTEAM H、ダンスフロアと化した名古屋公演
「このまま死んでもいい、めっちゃ楽しい!」


チャン・グンソク&Big Brother
「TEAM H」アリーナツアー@日本ガイシホール


d0266590_21274646.jpg

d0266590_2128767.jpg

d0266590_21283186.jpg

d0266590_21285077.jpg

d0266590_21291277.jpg

by aloetree | 2014-10-04 21:31 | TEAM H
2014 TEAM Hの夏 ZUSHI FES&a-nation

chika8004h様すてきな思い出ありがとうございます。



*****


TEAM Hの夏フェスバックステージ写真を独占公開!
海辺のパーティを熱く盛り上げた2人




KSTYLE
2014年09月16日17時51分


d0266590_1862114.jpg


8月8日(金)
「MTV ZUSHI FES 14 supported by RIVIERA」の初日となるこの日、
Palm Tree Stageのトリを飾ったTEAM H。

夕暮れ時のステージに、
登場した2人は会場のボルテージを一気に最高潮に。
この日、チャン・グンソクは海に似合う白のシャツに
ボタニカル柄のハーフパンツ姿で登場。

パートナーである音楽プロデューサーBIG BROTHERと共に
エネルギッシュにステージを駆け回り、ステージ後半では
手にした水鉄砲を客席に向けるなど、観客を巻き込んで会場全体を盛り上げた。

TEAM Hは今年7月に発売された最新アルバム
「Driving to the highway」から
リード曲である「Raining on the dance floor (Japanese ver.)」や
6月に発売されたTEAM H初のシングル曲「Take me (Japanese ver.)」を
含む計10曲を披露、

うだるような暑さに負けない
“熱い”パフォーマンスで集まったオーディエンスを沸かせた。

今回、
「MTV ZUSHI FES 14 supported by RIVIERA」を熱く盛り上げた
TEAM Hのバックステージ写真をKstyleで初公開!


d0266590_1864658.jpg



「今日はどんなヘアスタイルをしてみようかな~?」


d0266590_187588.jpg



「お腹すいた~ご飯ください」


d0266590_187312.jpg



キレイな男たち、出動!


d0266590_188015.jpg




お客さんを盛り上げるために真剣


d0266590_1882152.jpg



「逗子のみんな、見ているか?この青い空を」


d0266590_1885679.jpg



熱く盛り上がるステージ!まさに海辺のパーティ!


d0266590_1891628.jpg

d0266590_1893129.jpg



「今日も真っ白に燃えつきた…次はTEAM H PARTYで会いましょう!」


d0266590_1895191.jpg



TEAM Hは、
7月16日に3rdアルバム「Driving to the highway」を発売し、
10月から全国アリーナツアー
「TEAM H PARTY ~Raining on the dance floor~」をスタート。

2014年10月1日の名古屋・日本ガイシホール公演を皮切りに、
福岡、埼玉、大阪の全国4都市8公演を駆け巡る。

さらに10月31日にはスペシャルプロジェクトとして
ハロウィンパーティーの開催も決定している。

夏フェスでセクシーでパワフルなステージを見せたTEAM Hが、
秋からのアリーナツアーでは、
どのような姿で盛り上げてくれるのか、期待したい。


*****

Take Me



Raining on the dance floor

by aloetree | 2014-09-18 18:15 | TEAM H
キレイな男アホ日記につづき、
アホ日記続行♫


いまさらながら。
TEAM H の新しいアルバム。

それはもちろん
Driving to the Highway~~♫

d0266590_2294943.jpg



それはもちろん、
ゴルゴ グンちゃんカトちゃん…
じゃないの。


わたし、
音楽もやっぱり詳しくない。

で "音楽に詳しい"
と私が一目おいている友達♡に、
感じる興奮のままに、

TEAM H の
新しいアルバムに感じたこと
ツバすっ飛ばしてしゃべったら、

彼女。
無言で笑ってたwww
彼女のあのアルカイックスマイルは
どーゆー意味やったんやろか?

わからんけど、
彼女に話したこと、
そのまんま記録。。。


*****

音楽無知なままに
興奮を記録するので、

主に
擬声語オンパレードで
つづっちゃうのよ~♪ 
許してなのよ~♪

グンちゃん
カトちゃんwww

d0266590_21305499.jpg



Driving to the Highway
発売前から、やたらドキドキハラハラ。

心なしか、
雑誌等での専門家の方々によるレビューも

おやびんのこれまでのCD関係の中で
もっとも高かったような気もして、



一体全体、
Driving to the Highway の全容やいかにっ!?!?!

で、
ハァハァドキドキとまらんかった。


ドキドキしすぎの刑で、
CD、うちに届いても
2−3日開封できへんかった。アホやwww

ついに、
勇気をもって
聴いてみたらば。


あ、
あ、
あ、

どーしよーっ!
どーしよーっ!
え、
え、
なんか全然よーわからんっ

けど、
こりゃあ、
カトさん
なんかスゴイんと違うんやろか??
なんかスゴイことやっちゃったんじゃないか??
あ、
全然よーわからんちんやけど、
 
あ、
あ、
でも、
とにかく、、、
あああああ、
どーしよーーーっ!!!


状態で、
身も心もグルグル??????


私にとっては、
I just wanna have fun のほうが、
すべての曲において、
耳なじみは断然はやかった。

けど、
Driving to the Highway は

カラダが、
ドっドっドっドッ。。。。反応とまらへん。

ちょっと困った作品やーん。

「なんもわからんけど、
 たいへんなことになってしまった。
 コレ、チョト、どーしたらええのか、
 どえらいこっちゃななんと違うか?」
な作品www


つまり、
理解不能。意味不能。


ずっとずっと
おとといもきのうもきょうも
毎日聴いとる。




Open the Door で
スタートと同時に、

「うお。
 どーしたらええん?
 なに?なに?」
ってなって、

そのまま
ワケワカメなまま
鳴門海峡の渦潮よろしく、

あーーーー
れーーーーっ


って、
どっか連れてかれて、

Take Me
Driving to the highway
As time goes by
のあたりで、

やっとちょっと
息がつける心地になって、
普通の人間っぽく、
一緒に口ずさんだりする風情になるも、、、


つかの間!!!

そのあとの怒涛の3曲、


Gold digger
I'm so ghetto
Listen to me mother

で、

頭も
内蔵も

あっひゃああああああっん
あーーーーれーーーーっん
おぅーーーのーーーーっー


ぐるんぐるんに
かきまぜられて、

そう、
それはまさに、

オープニング〜
30秒まであたりのこんな感じwww




で、
Sunshineで
再び、
普通の人間に戻るwww

d0266590_228224.jpg



このようにして、
日々、Driving to the Highway でもって、
??????の渦に巻かれる日々を繰り返す、
私は自分が不安です。


d0266590_21363585.jpg




私が
アワとばして
友達にくっちゃべった、その言葉。




「これまでは、
 BigBrotherとグンさんは、
 なんちゅーの、、、
 仲間!あ、バディ!
 そんな感じやったやんっ!!!

 けどーーーっ!!!
 このアルバム(Driving to the highway)さ。これさ、、、、

 もう、
 BBがどーとか、グンソクさんがどーとかじゃないやんっ!?
 もーもー、
 ただただふたりが渾然一体となって、
 ひとつの音楽世界をつくってるっちゅう印象だけやん!?
 
 BigBrotherとグンソクさんさ、、、、

 とうとう、いよいよ、

 契りを交わしたような気がするん…

 ふたりは
 契っちゃったんやんっ!!!

 たぶん、きっと、まちがいなく!
 BBとグンさんは、、、 
 契っちゃったのよぉぉぉぉ♡♡♡
 ひとつに結ばれちゃったのよぉ♡
 やや やん やんっ♫」


d0266590_22243272.jpg




とゆーわけで、
契っちゃったのよ♪
やややんやんっ♫

っちゅー曲は存在しないからして、

契りを交わした(←いや妄想やけどもw)
我らがBigBrotherとグンソク・チャンに
贈ります。


不朽の芸術作品。

演奏完璧。
爆笑完璧。
んでもって、
歌詞が実に、、
染みこんでこそ、なんだなぁ、コレがwww

「涙くん愛しちゃったのよ by ドリフターズ」





あほあろえの預言w

チムエチのふたりは、
かならずやいついつの日か、

ドリフの5人前を
呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーーん、
と跳び越える日がくるだしょうwww


d0266590_22255283.jpg



最後に
ひとつくらいマトモな話を。

その友達の彼女いわく
「BigBrotherってすばらしい。。。」
by aloetree | 2014-08-24 01:18 | TEAM H | Comments(4)

JKSさん酔狂。


by aloetree